FXニュース

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは

経営を安定させる「キャッシュフロー経営」が注目される理由

株式公開企業に連結キャッシュフロー計算書が義務づけられたのが2000年3月期からで、当初フリーキャッシュフロー(以下FCF)の重要性が言われました。 キャッシュフローとは FCFは営業キャッシュフロー(以下営業CF)マイナス投資キャッシュフロー(以下投資CF)ですから、FCFをプラスにするためには、営業CFの範囲で投資を行なわなければならなくなります。そうすると企業は投資を抑制したりしますが、これを継続すると企業の競争力がなくなってしまいます。 こうしたことから、キャッシュフローは単年度で見るのではなく、複数年度の期間で評価するべきだとなりました。 営業CFは、稼ぐ力を示していますから、売上高に対して一定程度の額・割合が必要です。営業CF÷売上高を営業CFマージンといいますが、メーカーのような競争力維持のための投資が必要な企業では、10%以上が目安とされます。営業CFマージンの推移を見ると、自社の稼ぐ力の変化が掴めるわけです。 この稼いだ営業CFから投資を行いますが、投資を営業CFの範囲内で抑えていると、だんだんお金(キャッシュ)が貯まってきます。このお金で借入金の返済や社債の償還を行うことができます。キャシュフローの期末残高が借入金の額を超えると、いわゆる実質無借金経営となります。 90年代2000年代の日本企業は借金まみれでしたが、こうしたキャッシュフロー経営の導入で借入金を返済し、実質無借金経営の企業の比率が高くなりました。このため、コロナ禍でも自前の資金で持ちこたえられるところが多く、企業の倒産数は少なくて済みました。 企業買収や大規模投資が必要な場合には、営業CFの枠を超えて投資を行う必要が出てきます。そして自前の資金が不足すれば、借入金を増やして投資に回します。 企業は赤字では倒産しませんが、支払うべきキャッシュがなくなると倒産してしまいます。ですから手元で自由になるキャッシュがどれだけあるか、常にウォッチしておく必要があります。 下表は、ある企業の6年分のCFの推移をグラフにしたものですが、投資に積極的な年と借入金返済に積極的な年とがあり、複数年で見ることで、キャッシュの動きがよく分かります。 企業の財務を健全に保つには、一定程度のキャッシュが必要ですが、競争力を保つには、積極的な投資も必要なのです。 ポイント キャッシュフロー管理は、財務の安全性と企業の競争力維持のバランスを取る

経営を安定させる「キャッシュフロー経営」が注目される理由

株式公開企業に連結キャッシュフロー計算書が義務づけられたのが2000年3月期からで、当初フリーキャッシュフロー(以下FCF)の重要性が言われました。 FCFは営業キャッシュフロー(以下営業CF)マイナス投資キャッシュフロー(以下投資CF)ですから、FCFをプラスにするためには、営業CFの範囲で投資を行なわなければならなくなります。そうすると企業は投資を抑制したりしますが、これを継続すると企業の競争力がなくなってしまいます。 こうしたことから、キャッシュフローは単年度で見るのではなく、複数年度の期間で評価するべきだとなりました。 営業CFは、稼ぐ力を示していますから、売上高に対して一定程度の額・割合が必要です。営業CF÷売上高を営業CFマージンといいますが、メーカーのような競争力維持のための投資が必要な企業では、10%以上が目安とされます。営業CFマージンの推移を見ると、自社の稼ぐ力の変化が掴めるわけです。 この稼いだ営業CFから投資を行いますが、投資を営業CFの範囲内で抑えていると、だんだんお金(キャッシュ)が貯まってきます。このお金で借入金の返済や社債の償還を行うことができます。キャシュフローの期末残高が借入金の額を超えると、いわゆる実質無借金経営となります。 90年代2000年代の日本企業は借金まみれでしたが、こうしたキャッシュフロー経営の導入で借入金を返済し、実質無借金経営の企業の比率が高くなりました。このため、コロナ禍でも自前の資金で持ちこたえられるところが多く、企業の倒産数は少なくて済みました。 企業買収や大規模投資が必要な場合には、営業CFの枠を超えて投資を行う必要が出てきます。そして自前の資金が不足すれば、借入金を増やして投資に回します。 企業は赤字では倒産しませんが、支払うべきキャッシュがなくなると倒産してしまいます。ですから手元で自由になるキャッシュがどれだけあるか、常にウォッチしておく必要があります。 下表は、ある企業の6年分のCFの推移をグラフにしたものですが、投資に積極的な年と借入金返済に積極的な年とがあり、複数年で見ることで、キャッシュの動きがよく分かります。 企業の財務を健全に保つには、一定程度のキャッシュが必要ですが、競争力を保つには、積極的な投資も必要なのです。 ポイント キャッシュフロー管理は、財務の安全性と企業の競争力維持のバランスを取る

経営を安定させる「キャッシュフロー経営」が注目される理由

株式公開企業に連結キャッシュフロー計算書が義務づけられたのが2000年3月期からで、当初フリーキャッシュフロー(以下FCF)の重要性が言われました。 FCFは営業キャッシュフロー(以下営業CF)マイナス投資キャッシュフロー(以下投資CF)ですから、FCFをプラスにするためには、営業CFの範囲で投資を行なわなければならなくなります。そうすると企業は投資を抑制したりしますが、これを継続すると企業の競争力がなくなってしまいます。 こうしたことから、キャッシュフローは単年度で見るのではなく、複数年度の期間で評価するべきだとなりました。 営業CFは、稼ぐ力を示していますから、売上高に対して一定程度の額・割合が必要です。営業CF÷売上高を営業CFマージンといいますが、メーカーのような競争力維持のための投資が必要な企業では、10%以上が目安とされます。営業CFマージンの推移を見ると、自社の稼ぐ力の変化が掴めるわけです。 この稼いだ営業CFから投資を行いますが、投資を営業CFの範囲内で抑えていると、だんだんお金(キャッシュ)が貯まってきます。このお金で借入金の返済や社債の償還を行うことができます。キャシュフローの期末残高が借入金の額を超えると、いわゆる実質無借金経営となります。 90年代2000年代の日本企業は借金まみれでしたが、こうしたキャッシュフロー経営の導入で借入金を返済し、実質無借金経営の企業の比率が高くなりました。このため、コロナ禍でも自前の資金で持ちこたえられるところが多く、企業の倒産数は少なくて済みました。 企業買収や大規模投資が必要な場合には、営業CFの枠を超えて投資を行う必要が出てきます。そして自前の資金が不足すれば、借入金を増やして投資に回します。 企業は赤字では倒産しませんが、支払うべきキャッシュがなくなると倒産してしまいます。ですから手元で自由になるキャッシュがどれだけあるか、常にウォッチしておく必要があります。 下表は、ある企業の6年分のCFの推移をグラフにしたものですが、投資に積極的な年と借入金返済に積極的な年とがあり、複数年で見ることで、キャッシュの動きがよく分かります。 企業の財務を健全に保つには、一定程度のキャッシュが必要ですが、競争力を保つには、積極的な投資も必要なのです。 ポイント キャッシュフロー管理は、財務の安全性と企業の競争力維持のバランスを取る

ライフイベントに基づく“キャッシュフロー表”の作成で、人生が上手く回る!

2. 教育資金(1人):1,414.5万円から2,872.2万円
教育資金は公立と私立で差が大きく、また自宅通学か自宅外通学かによっても大きく変わってきます。さらに、大学は私立の場合、理系か文系か、医・歯・薬学部かによっても大きく変わります。上記の金額の1,414.5万円は、幼稚園から大学まですべて国公立で、かつ自宅外通学で学生がアルバイトをして親の負担を軽減しない場合に必要になる金額です。2,キャッシュフローとは 872.2万円は同条件ですべて私立に通い、大学は理系学部へ進学した場合の金額です(医・歯・薬学部を除く)。

2-1 幼稚園
公立:22.2万円/年間
私立:49.8万円/年間

2-2 小学校
公立:32.2万円/年間
私立:153.6万円/年間

2-3 中学校
公立:48.2万円/年間
私立:133.9万円/年間

2-4 高校
公立:41.0万円/年間
私立:99.5万円/年間

2-5 大学
国公立:268.8万円/初年度、198.7万円/初年度以降の年間
私立(文系):309.6万円/初年度、219.7万円/初年度以降の年間
私立(理系):351.0万円/初年度、250.0万円/初年度以降の年間

3. 住宅資金:3,319.5万円から4,キャッシュフローとは 249.7万円
3-1 建売住宅:購入資金3,319.5万円(1カ月の返済額9.7万円)
3-2 マンション:購入資金4,249.7万円(1カ月の返済額11.9万円)
*上記の条件はフラット35を利用した35年返済の場合です。

4. 老後資金:1,680万円
1カ月の支出額:27.7万円(60歳から69歳の高齢者夫婦)
1カ月の収入:22.1万円(平均的な夫婦の国民年金、厚生年金の受給額)
*上記の金額は1カ月の収支の差5.6万円×12カ月×25年、つまり60歳から85歳まで生存した場合の不足資金を老後資金としています。

5. 出産費用(1人):8.6万円
出産費用:50.6万円(国民健康保険中央会が公表する正常分娩での入院費と出産費用)
なお、出産育児一時金補助が42.0万円支給されます。

6. お墓・葬儀費用:482万円
お墓費用:286万円
葬儀費:196万円

7. その他の費用
その他にも一生涯の医療費は約2,600万円と推定され、車の購入・買い替え費用、介護費用(親の介護費用を含む)、リフォーム費用、海外旅行費用なども必要に応じて加える必要があります。

キャッシュフローとは

キャッシュフロー計算書は何を示してくれるのか

キャッシュフロー計算書の目的と役割

  • 現金
  • 当座預金、普通預金、通知預金など短期間で引き出せる預金
  • 現金同等物(簡単に換金できて、価値変動が少ないもの)
  • 3カ月以内に現金に換金できるもの(預金、手形、公社債、投資信託など)
  • 単に資金繰りの把握だけでなく、キャッシュを基準にして事業を把握し、施策策定や経営判断を行う。 たとえば、キャッシュフローの観点から在庫の実態や費用を把握することで、「キャッシュを生む製品は何か」を明らかにし対策したり、「いくら投資 して、いくら儲かったか、いつキャッシュを生むか」を評価して投資判断を行う。
  • その結果として、金融機関や投資家にとって魅力的な融資先・投資先となり、資金調達力の強化を計る。
  • 損益計算書で扱う利益や損失は、個別の会計ルールや会計処理方法によって数値が変化します。これは、現物とは関係なく、帳簿にどのように記載するかという解釈が一つだけではないからです。答えが人によって違うので比較しづらいものとなっています。
  • たとえば、商品の売れ行き悪化や必要以上の仕入れ等により過剰在庫となった場合、資金が在庫として滞留するため、通常はキャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローがマイナスとなります。しかし、損益計算書では売れ残った在庫は資産となるため、過剰在庫は損益計算上全く考慮されません。その弊害が黒字倒産に繋がったりします。つまり、キャッシュフロー計算書の営業活動によるキャッシュフローのマイナス状態がその会社の実態であって、損益計算書上の黒字は実態とは異なるのです。

損益計算書と貸借対照表との関係

tsukurikata1

  • 期首のキャッシュは貸借対照表からキャッシュフロー計算書に引き継がれる (①)
  • 期中の損益計算書の収益はキャッシュのみが(35)、キャッシュフロー計算書で計上される (②)
  • 収益のうち、キャッシュ以外(40-35=5)は売掛金として今期末の貸借対照表に計上される (②)
  • 期中のキャッシュ増分は、キャッシュフロー計算書の期首残高と合算されて今期末の貸借対照表に引き継がれる (③)
  • 損益計算書の当期純利益は、利益余剰金として、今期末の貸借対照表に計上される (④)

tsukurikata2

キャッシュフロー計算書には何が書いてあるのか

  1. 営業活動によるキャッシュフロー
  2. 投資活動によるキャッシュフロー
  3. 財務活動によるキャッシュフロー
  • 営業活動によるキャッシュフロー ・・・「儲けたお金」を明らかにしたもの
  • 投資活動によるキャッシュフロー ・・・「使ったお金」を明らかにしたもの
  • 財務活動によるキャッシュフロー ・・・「借りたお金、返したお金」を明らかにしたもの

資金調達(借入)や借入金返済などによるキャッシュの増減を表します。 営業活動と投資活動によって生じたお金の過不足の調整を行うものです。 借入と返済、増資・社債などの資金調達、配当金の支払などによるキャッシュの流れ、増減

tsukurikata3

どんな人がキャッシュフロー計算書をつくる必要があるか

  • 常にキャッシュが不足ぎみ、支払いが多い
  • 売り上げても入金がすぐに入ってこない、それに対して仕入は早期に支払う必要がある
  • 多くの事業があり、全体の資金の流れが掴みづらい
  • 金融機関との融資取り引きが多い、取引額が大きい
  • 金融機関からの融資を計画している、投資家からの出資を計画している
  • キャッシュフローとは
  • 株式公開(上場)を計画している
  • 財務体質を改善したい

キャッシュフロー計算書を作ってみる

何を準備すればよいか

最低限必要なもの

  • 前期の貸借対照表
  • 当期の貸借対照表
  • 当期の損益計算書

取引があれば必要なもの

  • 固定資産の取得や譲渡に関する資料
  • 有価証券の取得や譲渡に関する資料
  • 新株の発行に関する資料

作り方の手順

税引前当期純利益 ± 実際のお金の増減がない項目(減価償却費、引当金など帳簿上だけで計算されるもの)± 発生時点で計上されているが、まだお金が動いていない項目(売掛金、買掛金、棚卸資産など)

  1. 損益計算書に記載されている「税引前当期純利益」を転記する
  2. 営業活動によるキャッシュフローを調整する項目を加減する
  3. 営業活動によるキャッシュフローを調整する項目を加減する
  4. 営業活動によるキャッシュフローを調整する項目を加減する

tsukurikata4

キャッシュフロー計算書を作る上での4つの注意点

これまで見てきたように、算出式は、「税引前当期純利益 ± 調整項目」というとてもシンプルなものです。 ただ、キャッシュフローは営業、投資、財務という3つに分類されていますので、どこで調整を行うかという点で特に注意したい取り引きを4つに絞って紹介します。

処理方法: お金を借りて資産を購入したのと同じとみなして、資産と債務に分類して扱います。 所有権が移転しない賃貸借の場合には、オペレーティングリースと同様に支払いリース料を「営業活動によるキャッシュフロー」として処理します。 所有権が移転する場合は、実質的に固定資産を割賦購入しているとみなし、支払いリース料を「財務活動によるキャッシュフロー」として処理します。

キャッシュフロー計算書を活用する

キャッシュフローの状態を分類する

営業活動によるキャッシュフロー

  • プラスになっていることが大前提、額が大きいほど良い
  • 同業界、リーディング企業と比較してどうかをみる
  • 事業立ち上げ時期は一時的にマイナスになることもあるが、その場合はプラスに転じるまでの事業計画を評価する

投資活動によるキャッシュフロー

  • 営業活動によるキャッシュフローを超えていないか、超えている場合は投資対効果の計画を評価する
  • 将来の投資は必要なのでマイナスである方が健全といえる

財務活動によるキャッシュフロー

  • プラスの場合は資金不足ということ、必要に応じて調達計画を見直す
  • マイナスの場合は借金を返済しているので好ましい状態

フリーキャッシュフロー

  • プラスになっていることが大前提、額が大きいほど良い、金融機関や投資家も重視する
  • 使い道はどうか、「事業への投資」、「株主への配当金支払」、「借入金の返済」など、何に使ったかによって経営の方向性が見える

tsukurikata5

tsukurikata6

キャッシュフロー計算書の見るべきポイント

  • 営業キャッシュフローとフリーキャッシュフローの総額が多いこと(もちろんプラスになっていること)
  • キャッシュフローとは
  • 投資活動キャッシュフローがマイナスであること
  • 前期(過去数年)および同業他社に比べて、営業キャッシュフローと フリーキャッシュフローが増えている(多い)こと

tsukurikata7

tsukurikata8

A.営業活動によるキャッシュフロー
B.投資活動によるキャッシュフロー
C.財務活動によるキャッシュフロー

⑥売上債権の額は大きくないか せっかく売る上げたのにキャッシュを獲得できていない状態 売掛金の管理・回収がうまくいっていないのでは?

⑦棚卸資産の額は大きくないか 在庫が増えてキャッシュに換えられていない状態 売れないものをつくって(仕入れて)いないか?、仕入・製造・在庫は適正か?

⑬有形固定資産の取得額は妥当か、少なくないか これがマイナスでないと、現在および将来の成長のために必要な投資をしていないということ 売却による収入が増えていたら、単に資金調達のために必要な資産を売却していないかを見る

キャッシュフローを把握して経営の健全性を高める取り組み

この章は、企業経営者や事業責任者など主に経営改善を担う方々向けの内容です。 キャッシュフロー経営では、帳簿上ではなく現実に動いたキャッシュの増減に注目して経営を強化していきます。 目指す方向は以下の4つです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる