オルタナティブ投資

資産運用とは

資産運用とは
おすすめ1億円運用

04 資産運用と将来への備え

-->

運用の世界における
リスクとリターンの意味を知ろう

リスクとリターンの関係(イメージ図)

預貯金は、リスクが低い分リターンも低くなります。債券は、基本的には償還まで待ち続ける必要があり、こちらもローリスク・ローリターンと言えます。投資信託は、商品によってリスク・リターンはさまざまです。株式はハイリスク・ハイリターンで、高いリターンが期待できますがその分リスクも高くなります。

リスクを抑えるキーワードは
長期・積立・分散

初めて資産運用をするなら、リスクを抑えるための3つのポイントである「長期」「積立」「分散」を踏まえた運用を心がけましょう。
金融商品は短い期間で価格が上下するため、5年や10年といったできるだけ「長い期間」、 定期的に一定額を「積み立て」て購入することで、短期的な相場変動の影響が少なくなります。また、投資先を一つに絞らずに 「分散する」ことでもリスクを抑えられます。
いきなり大きな利益をあげることを考えるのではなく、まずは少額からコツコツと長期でじっくり運用していきましょう。

リスクを抑えるための3つのポイント

資産運用に役立つ3つの制度、
iDeCo・つみたてNISA・NISAを覚えておこう

「iDeCo」と「つみたてNISA」は、「長期」「積立」「分散」に適した、資産運用の初心者に向いている制度です。
「iDeCo」は、老後資金を貯めたい人に向いています。老後の備えに特化した制度であるため原則60歳まで払出しはできませんが、掛金が全額所得控除となり所得税や住民税の負担が軽減されるほか、運用で得た利益が非課税となるなど、大きな税制優遇を受けることができます。
「つみたてNISA」も、運用で得た利益は非課税です。年間40万円まで、20年間非課税で運用することができるほか、「長期」「積立」「分散」に適した商品を低コストで運用することができます。
また、運用期間は短くなりますが、購入できる商品の選択肢が広く、まとまったお金を一括して運用できる「NISA」という制度もあります。

初心者におすすめの資産運用とは?投資予算は毎月の貯蓄額の何%位が目安か。

黒川ヤスヒト

・年代やタイプによるおすすめの資産運用
20代、30代では子どもの教育資金や、マイホームなど住宅購入へ向けたお金の準備に関心が高い と思います。こうしたお金の準備には、リスクの低い預貯金での運用がおすすめ。例えば子どもが大学進学する時期に、資金が大きく目減りしているといったことは避けたいものです。普通預金や定期預金の利用が良いと考えられます。全体的な資産に余裕があり、もう少し高い利回りを望むということであれば、公社債を中心とした投資信託も選択肢となるでしょう。

老後の生活資金へ向けた準備は、長期的な目標 となります。ここではリスクを取りながら資産を増やしていく、投資の考え方が必要で、20代・30代でも資産の一部を投資に配分しておきたいところです。本格的な 老後資金の準備は、40代を過ぎてから という場合も多いと思います。

画像

・長期投資でおすすめしたい運用方法
資産運用の解説では「長期・分散・積立」というフレーズがよく出てきます。「分散」は投資する資産の種類や銘柄を、ひとつではなく複数にしておくということです。目的はリスクの低減です。

そのようなリスクを避けるため、国内外の株式・債券・不動産など、数ある資産の中から適切に選んでリスクを分散します。 分散投資を自分で実行するのは難しいのですが、投資信託を活用することで解決できます 。資産の組み合わせによりリスク・リターンが変化するので、自分に合ったものを選択するのが良いでしょう。

・積立による時間の分散
「積立」は時間の分散とも考えられます。個別銘柄の株式よりもリスクが小さいとはいえ、投資信託も価格が大きく上下に変動します。こうしたときに役立つのが「ドルコスト平均法」という考え方です。これは 毎月一定の金額で、購入可能な口数の投資信託を積み立てていく手法 。価格が高いときには少ない口数を購入し、価格が安いときに多くの口数を購入することになります。これにより長期的な購入単価が平準化されていくのです。

資産運用の種類

資産運用の種類

・預貯金に向いた金融商品
収益よりも安全性を重視するのが預貯金。いつでも引き出して使える「流動性」もポイントです。この場合おすすめなのは銀行の 「普通預金」「定期預金」「積立定期預金」 などです。普通預金では、自由に預け入れと引き出しができます。利子が付きますが、あまり収益性は期待できません。定期預金では1年・3年など一定期間引き出せませんが、利子は普通預金よりやや高くなります。

これらの金融商品は 「預金保険制度」 の対象になっています。万が一金融機関が破綻した場合でも、金融機関ごとに預金者1人当たり1,000万円までの元本と、破綻日までの利息などが保護されるという制度です。安全・確実に準備したい資金は、こうした金融商品で運用するのが良いでしょう。

・投資に向いた金融商品
安全性よりも収益を重視するのが投資。 元本割れするリスクがあったとしても、長期的に大きな収益が期待できる金融商品で運用します。初心者におすすめするのは「投資信託」 。株式や債券などに分散投資したパッケージ商品で、運用は専門家がおこないます。

画像

投資予算は、貯蓄の何%程度が目安?

投資予算は、貯蓄の何%程度が目安?

・収入の何%を貯蓄するか
収入から支出を差し引いた黒字の部分が、貯蓄に回せる部分 です。ここには預貯金と投資が含まれます。支出や貯蓄の割合でよく知られているのが「50/30/20ルール」。収入のうち50%を必要なものの購入に、30%を欲しいものの購入に、残りの 20%を貯蓄にあてるという考え方 です。実際には貯めやすい時期と貯めにくい時期が存在します。たとえば子どもが大学進学するという時期には、ほとんど貯蓄ができないこともあります。

2019年全国家計構造調査の「勤労者世帯の実収入及び消費支出(総世帯)」のデータを確認してみましょう。世帯主の平均年齢46.6歳、平均世帯人員2.38人という世帯では、実収入が44万8,693円で、支出を差し引いた黒字が12万4,167円でした。黒字を貯蓄とすると、 収入の約28%が貯蓄に回せる分 とみることができます。

・貯蓄の何%を投資に向けるか
それでは貯蓄のうち、安全性重視の預貯金、収益性重視の投資にそれぞれどのくらい配分するかを考えてみましょう。 この割合は、年代やライフイベントの状況によって変化 します 。20代・30代は、教育費や住宅資金など、安全性を重視したい資金を準備する時期。確実に貯めたい部分を預貯金に回し、余裕があれば長期的な投資へ配分することができるでしょう。預貯金の割合が多くなる時期と考えられます。

『楽天証券のNISA・つみたてNISA』の情報はこちらをクリック

資産運用で失敗しないためには

資産運用で失敗しないためには

・資産運用で気を付けたいコスト・税金・金利
資産運用で投資を考える際には、投資信託の活用が便利です。しかしここで気を付けておきたいのが、年0.5~2.0%程度かかる「信託報酬」。運用にかかる費用として、信託財産から差し引かれるお金です。 投資信託を選ぶ際には信託報酬をチェック しましょう。高ければ高いほど、長期的な影響は大きくなります。

また資産運用では、税金への対策も必要です。 非課税制度の「NISA」と「つみたてNISA」、所得税・住民税の節税効果がある「iDeCo」といった、投資を有利にする制度 を使うと良いでしょう。こうした制度は、銀行や証券会社で利用できます。

預貯金については、金利が少しでも高い銀行を選びたいところ。たとえば楽天銀行では、楽天証券との連携で金利の優遇を受けられるマネーブリッジがあります。

・資産運用の方針は定期的に見直しを
資産運用では、毎月どれだけ貯蓄をするか、預貯金と投資の配分をどうするかといったことを管理していきます。年齢や家族構成、収入などの変化によって、最適な数字も変わってくるため、定期的な見直しが必要となるのです。

資産運用にはさまざまな金融サービスを利用します。普段使うお金や、すぐに使える形で貯めておきたいお金などは、楽天銀行などネット銀行での預貯金が便利です。そして投資で長期的に増やしたいお金については、楽天証券などネット証券の利用がおすすめです。さらには運用資金の出し入れなどでは、銀行と証券を連携させるマネーブリッジもあり、時間と手間を節約することができます。初心者の場合、まずは資産運用に対する考えをまとめ、使いやすいツールとして銀行・証券の口座を開設していきましょう。

誰でもできる!1億円を資産運用して利息だけで暮らすたった1つの方法とは

おすすめ1億円運用

しかし、 1億円を元手に資産運用していくことで利息だけで暮らすことができるのです。 資産運用とは

一昔前なら不動産投資がよかった

かつては富を築けた不動産投資

しかし、時代はかわってしまいました。不動産投資は今や儲からない投資になってしまったのです。

値上がりしている不動産価格

高い値段で買ってしまったら、その時点で負けが決まってしまうのです。

東京オリンピックなどの影響もあり不動産価格が上昇している今、不動産投資を選んではいけません。

配当ねらいの株式投資

安定的なインカムゲイン

平均配当利回りは2%とやや不十分

本当にただ必要最低限の生活費だけなら賄えるかもしれませんが、 ずっと月17万円で暮らしていくのは厳しいですよね。

株式の配当に加えて値上がり益もねらう方法

配当2%+値上がり益3%

年間500万円あれば、月々約42万円の収入です。42万円あれば十分に生活してくことができるでしょう。

難易度が高く初心者には難しい

ですが、 実際は 株式の運用で3%の利益を出すのはとても大変です。初心者が株を始めたらほとんどがマイナス運用となってしまうでしょう。

ヘッジファンドにまかせて資産運用する

初心者でもお任せで資産運用できる

一番いい方法はヘッジファンドでの運用です。ヘッジファンドであれば初心者の方でもプロと変わらないクオリティで資産運用を行うことができます。

初心者の方が自分で運用するよりも、ファンドマネージャーに運用してもらう方が間違いなく高い利回りを期待できるでしょう。

利回り5%~10%をねらえる

自分の資産運用の腕一本で独立しているわけですから、その実力は折り紙付きです。

仮に1億円を5%~10%で資産運用すれば、年間500万円~1000万円の利息がつくことになります。これだけ利息があれば十分ですよね。 資産運用とは

ヘッジファンドへ出資するには

紹介してもらうのが一番ですが、それが難しい場合は 直接ヘッジファンドに問い合わせるようにしましょう。ホームページから連絡できるヘッジファンドが多いですね。

資産運用相談ホームページの評判・口コミ、K2Investmentを検証

資産運用相談ホームページ

資産運用相談ホームページ

↓一度目の行政処分内容↓

しかもそれだけにとどまらず、金融庁に命じられた業務停止命令をシカトして運営を行っていた事に伴い「2014年3月5日」に 金融商品取引業者の登録を取り消された という“極悪非道”っぷりです。

資産運用相談ホームページ

↓二度目の行政処分内容↓

現在は国内の法が適用されない海外(香港)に拠点を移し、運営を続けるという大胆不敵な行動に出るなど、運営会社「K2 Investment」の「河合圭」は一切反省してないみたいですね。とんでもない男です…。久々に検証にも腕が鳴ります(笑)

行政処分→無視→行政処分→海外逃亡…悪事の限りを尽くすサイトがそんな過去を公表するわけもないですよね。本来ならば現在存在してはいけないレベルのサイトだと思います。

■入門書(マニュアル)
オフショア投資入門書や海外積立投資入門書など、計6種類の入門書が設置されていますが、1つ1つ登録フォームに必要情報(氏名・アドレス)を入力しない閲覧できない非常に面倒の仕様になっています。

試しに「オフショア投資入門書」をダウンロードしてみると金融商品取引業者であることをアピールする記載が…ただ更新を怠っているのか、まやかしか、どちらにせよアウトです。→実際の画像

■河合圭の無料メルマガ
最新投資情報とオフショア投資情報を具体的なファンド名を用いて公開するメルマガらしいです。実際に登録してみたところ、「 明日の朝6時に配信します 」と記載されたメルマガが届きました。香港の朝は早いんですかね?

■シルバー会員
会費は月1,000円で、経済イベント・マーケットコメント・投資相談・新しいオフショアファンド、4つのサービスを会員専用ページより利用・閲覧できるようです。月1,000円だと安すぎて興味を惹かれません…。

■ゴールド会員
ゴールド会員は代表の河合氏に直接相談できるのが強みの会員区分みたいです。また、毎月河合氏の動画セミナーや東京で開催される懇親会やセミナーにも参加できるとのこと。

会費は月5,000円とコチラも比較的安価ですが、既にご紹介している卑劣な行動を繰り返すような人物に相談など乗って欲しいとは微塵も思えません。

1回目の行政処分を受けたのは「2013年9月27日」なので、 僅か1年でお声が掛かった ということになります。河合圭本人もまさか1年で行政処分を受けるとは予想だにしていなかったでしょうね。お粗末様です。

資産運用相談ホームページ

続いて、問題の所在地の検証に移ります。所在地は「21 Whitfield Road,Hong Kong」で、Googleで詳しく調べてみると、オフィスビルでも何でもない“ ただのホテル ”であると判明しました↓

問答無用の【 悪徳サイト 】認定ですね。行政処分を無視した挙句、海外に所在地を移すなど言語道断です。悪の塊と言っても過言ではないでしょう。

悪徳サイト 】に疲れてしまった方、人の手が一切入らない 「循環物色アナライザー」 という銘柄選定ロボが良いかもしれません。悪徳も何もすべてAIがやってくれるので、騙す・騙されないという無駄な時間が省けますよ。

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
爆発的高騰銘柄を選別するAI!
最大株価上昇率1951.9% の衝撃。
至高の銘柄を次々に輩出!
⇒グローイングAIの記事を確認

誰でもできる!1億円を資産運用して利息だけで暮らすたった1つの方法とは

おすすめ1億円運用

しかし、 1億円を元手に資産運用していくことで利息だけで暮らすことができるのです。

一昔前なら不動産投資がよかった

かつては富を築けた不動産投資

しかし、時代はかわってしまいました。不動産投資は今や儲からない投資になってしまったのです。

値上がりしている不動産価格

高い値段で買ってしまったら、その時点で負けが決まってしまうのです。

東京オリンピックなどの影響もあり不動産価格が上昇している今、不動産投資を選んではいけません。

配当ねらいの株式投資

安定的なインカムゲイン

平均配当利回りは2%とやや不十分

本当にただ必要最低限の生活費だけなら賄えるかもしれませんが、 ずっと月17万円で暮らしていくのは厳しいですよね。

株式の配当に加えて値上がり益もねらう方法

配当2%+値上がり益3%

年間500万円あれば、月々約42万円の収入です。42万円あれば十分に生活してくことができるでしょう。

難易度が高く初心者には難しい

ですが、 実際は 株式の運用で3%の利益を出すのはとても大変です。初心者が株を始めたらほとんどがマイナス運用となってしまうでしょう。

ヘッジファンドにまかせて資産運用する

初心者でもお任せで資産運用できる

一番いい方法はヘッジファンドでの運用です。ヘッジファンドであれば初心者の方でもプロと変わらないクオリティで資産運用を行うことができます。

初心者の方が自分で運用するよりも、ファンドマネージャーに運用してもらう方が間違いなく高い利回りを期待できるでしょう。

利回り5%~10%をねらえる

自分の資産運用の腕一本で独立しているわけですから、その実力は折り紙付きです。

仮に1億円を5%~10%で資産運用すれば、年間500万円~1000万円の利息がつくことになります。これだけ利息があれば十分ですよね。

ヘッジファンドへ出資するには

紹介してもらうのが一番ですが、それが難しい場合は 直接ヘッジファンドに問い合わせるようにしましょう。ホームページから連絡できるヘッジファンドが多いですね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる