FX初心者スレ

バイナリーオプションの今後の方向性

バイナリーオプションの今後の方向性
通貨ペア、時間、いついかなる時も全く同じ動きは皆無です。

パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目

-パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目-
本日のイベントは、豪小売売上高、独消費者物価指数(CPI)、米GDP・個人消費、パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁、カルステンスBIS総支配人のパネルディスカッション(ECBフォーラム)、メスター・クリープランド連銀総裁発言、ブラード・セントルイス連銀総裁発言、日米韓首脳会談、NATO首脳会談が予定されています。特に注目すべきは、ECBフォーラムで行われるパネルディスカッションです。
米英欧の中銀が直面している共通の課題として、インフレを抑えるための金融引締め政策をどのように進めていくかということが挙げられます。各国地域のインフレ率は、以下の通りです。

・米国:+8.3%(5月CPI・前年比、6月10日発表)
・欧州:+8.1%(5月HICP・前年比、6月17日発表)
・英国:+9.1%(5月CPI・前年比、6月22日発表)

7月突入、近づく米FOMCに向けた思惑とシナリオは

米PCE、7月の75bp利上げを後押しするか バイナリーオプションの今後の方向性

G7首脳陣の記者会見、インフレ材料には注意

米利上げとリセッション懸念

日米イベントから推察するドル・円の方向感

各国イベント豊富な1日、ドル円は高値圏での攻防に注目

ドル円は136円台に到達、本日からのパウエルFRB議長発言に注目

米国休場明け、豪RBA総裁と米FRB要人発言に注目

広がる日米金利差

日銀金融政策決定会合から再度円安へシフトするか

0.75%利上げがもたらす各国中銀の積極的な利上げ観測

FOMC 注目集まる利上げ幅の行方

FOMC利上げ予想・激変中

米インフレピークアウトならず、さらなる円安進行か バイナリーオプションの今後の方向性

米消費者物価指数(CPI)、ドル円の見通し

ECB政策金利、予想は来月から利上げ開始、年内1.25%利上げ

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 バイナリーオプションの今後の方向性 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目

-パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁らのECBフォーラム討論に注目-
本日のイベントは、豪小売売上高、独消費者物価指数(CPI)、米GDP・個人消費、パウエルFRB議長・ラガルドECB総裁・ベイリーBOE総裁、カルステンスBIS総支配人のパネルディスカッション(ECBフォーラム)、メスター・クリープランド連銀総裁発言、ブラード・セントルイス連銀総裁発言、日米韓首脳会談、NATO首脳会談が予定されています。特に注目すべきは、ECBフォーラムで行われるパネルディスカッションです。
米英欧の中銀が直面している共通の課題として、インフレを抑えるための金融引締め政策をどのように進めていくかということが挙げられます。各国地域のインフレ率は、以下の通りです。

・米国:+8.3%(5月CPI・前年比、6月10日発表)
・欧州:+8.1%(5月HICP・前年比、6月17日発表)
・英国:+9.1%(5月CPI・前年比、6月22日発表)

7月突入、近づく米FOMCに向けた思惑とシナリオは

米PCE、7月の75bp利上げを後押しするか

G7首脳陣の記者会見、インフレ材料には注意

米利上げとリセッション懸念

バイナリーオプションの今後の方向性 日米イベントから推察するドル・円の方向感

各国イベント豊富な1日、ドル円は高値圏での攻防に注目

ドル円は136円台に到達、本日からのパウエルFRB議長発言に注目

米国休場明け、豪RBA総裁と米FRB要人発言に注目

広がる日米金利差

日銀金融政策決定会合から再度円安へシフトするか

0.75%利上げがもたらす各国中銀の積極的な利上げ観測

FOMC 注目集まる利上げ幅の行方

FOMC利上げ予想・激変中

米インフレピークアウトならず、さらなる円安進行か

米消費者物価指数(CPI)、ドル円の見通し

ECB政策金利、予想は来月から利上げ開始、年内1.25%利上げ

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン バイナリーオプションの今後の方向性 Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。 バイナリーオプションの今後の方向性 バイナリーオプションの今後の方向性
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

2022年6月のIASB会議(IFRS第9号:分類と測定のPIR)

IFRS 第 9 号の金融資産の分類において、資本性金融商品を有する保有者は、当該資本性金融商品の保有目的がトレーディング(売買目的)である場合を除いて、当初認識時に公正価値変動を OCI で認識する取消不能な選択( OCI オプション)をすることが認められています。 OCI オプションの適用対象である資本性金融商品に該当するためには、当該金融商品が IAS 第 32 号に基づき発行者側で資本の定義に該当する必要があります。発行者側で資本の定義に該当する金融商品は限定されており、基本的には上場・非上場の株式が該当します。

株式である資本性金融商品は契約上の CF テスト要件( SPPI 要件)を満たさないため即座に FVTPL に分類されることになりますが、 FVTPL に分類される場合は毎期の公正価値の変動が PL で認識され、企業の業績を表すはずの PL が金融マーケットの変動により影響を受けることになります。株式を保有する目的は企業によって様々ですが、公正価値変動を PL で認識することを回避するという目的で、 OCI オプションの規定が設けられました。

OCI オプションが適用された資本性金融商品の会計処理としては、保有時に生じる配当については原則 PL で認識し、公正価値変動は OCI で認識します。そして、売却時の OCI バイナリーオプションの今後の方向性 の PL へのリサイクルは禁止されています。減損の検討も不要です。

このような資本性金融商品は、 IFRS 第 9 号の従前基準である IAS 第 39 号では売却可能金融商品( AFS )に分類されていました。 AFS の会計処理は、公正価値変動は OCI で認識し、売却時には累積公正価値変動は OCI から PL へリサイクルがされていました。ただし、売却時の PL リサイクルは公正価値下落時における損失の PL 認識(減損)とセットである必要があり、資本性金融商品の減損モデルの複雑性は実務で問題になっていました。

IFRS 第 9 号は IAS 第 39 号の複雑性を軽減するという目的に開発された基準であるため、 OCI オプションは、売却時の PL リサイクルを行わない代わりに、減損も行わないことにすることで、 IAS 第 39 号で存在した複雑性を回避しています。

OCI オプションの適用スコープが狭まる可能性

IFRS 第 9 号 5.7.5 によれば、 OCI オプションの適用対象はトレーディングに該当しない資本性金融商品とされていますが、関係者からのコメントにより、 OCI オプションの適用は資本性金融商品の公正価値変動が企業の業績を表さない場合に限定されるという解釈が一部でなされていることが明らかにされました。当該見解によれば、資本性金融商品の会計処理は、当該資本性金融商品の公正価値変動が企業の業績を表すものか否かという判断に基づき、以下の通りとなります。

n 当該資本性金融商品の公正価値変動が企業の業績を表す: FVTPL で会計処理すべきであり、 OCI オプションは選択できない。

n 当該資本性金融商品の公正価値変動が企業の業績を表さない: OCI オプションを選択可能

スタッフペーパーによれば、 IASB が OCI オプションを設けた趣旨は IFRS 第 9 号の結論の背景に記載されており、それによれば、ある資本性金融商品の公正価値変動が PL で認識される場合には、 PL が企業の業績を表さなくなってしまう可能性があり、そのような状況を回避するために OCI オプションを認めたとされています。トレーディング(売買目的)については公正価値の変動は企業の業績を表すため、公正価値変動を PL で認識すべきであり、したがって基準上も OCI オプションは選択できないとされています。ただし、明確に禁止されているのはトレーディング(売買目的)だけであり、公正価値変動が企業の業績を反映しない場合に限り OCI オプションが選択適用できるという見解は IFRS 基準自体には反映されておらず、したがって、解釈にばらつきが生じてしまっているようです。

私は上記の解釈は初めて聞きましたが、今後、 IFRS9 号が改訂され、 OCI オプションの適用対象に制限がかかる可能性もあるかもしれません。

OCI オプションの適用スコープが広まる可能性

現行基準では、 OCI オプションの適用対象は資本性金融商品とされ、資本性金融商品か否かは発行者の会計処理として当該金融商品が資本の定義を満たすか否かにより判断するとされています。

関係者からのコメントでは、 OCI オプションの適用対象として、発行者側で資本の定義を満たすか否かにより判断するのではなく、資本又は資本の特徴を有する金融商品か否かを保有者側で判断し、保有者側で資本又は資本の特徴を有する金融商品については OCI オプションを選択適用できるようにすべきであるというコメントがされています。

売却時の PL リサイクル

OCI オプションは IASB の意図したとおりに適用されており、実務で大きな問題は発生していないというのが多くの関係者からのコメントですが、一部の関係者からは売却時の PL へのリサイクルを認めるべきであるという強い主張がなされています。そのような主張は PL リサイクルが減損モデルの検討とセットになることを理解したうえで、それでもなお売却における“実現した”公正価値変動を PL で認識することが企業の業績を最も良く表すという見解を支持しています。

現行の IFRS 第 バイナリーオプションの今後の方向性 9 号でも、 OCI オプションを適用した資本性金融商品を売却した際には、( a )売却の理由、( b )認識の中止時の公正価値、( c )売却時の累積公正価値変動額の開示が要求されていますが( IFRS7.11B )、 PL リサイクルを主張する関係者によれば、 PL が提供する情報価値と注記が提供する情報価値は異なる(注記よりも PL が提供する情報価値の方が高い)と考えているようです。

OCI オプションに対する多くの関係者の受け止めとしては、上記のとおり、 IASB の意図したとおりに機能しているということなので、一部の関係者からのコメントを受けて OCI オプションの会計処理を変更し、 PL リサイクル+減損モデルに変更するようなことは起きないとは思いますが、少なくとも今後の会議で議論がされていくのではないかと思います。

バイナリーオプションの今後の方向性

こんな悩みはありませんか?

そんな方にお役立ていただけるのが

このバイナリーオプションです。

上の映像では、取引のほんの一例をご覧いただきました。

通貨ペア、時間、いついかなる時も全く同じ動きは皆無です。

この教材「サーファー」のテクニックとは、、、

だから、、、

エントリー方法は、、、

バイナリーオプションの今後の方向性 上の映像でご覧頂いたように、まずは通貨ペアを切り替

勝利の秘訣、、、

これがあなたを強い投資家に実現する方法です。

よって、初心者さんから自称上級者の方にも、決めつけず、屁理屈言わず、無意味な能書きを忘れていただきまして初心に戻って素直にこのテクニックを学んでください。

何事も素直と健全と意欲を忘れたところに、成功などありませんから、満足に稼げていない方は、無垢な素直な心に戻って、再起動してください。

投資詐欺に騙されないために

  • 資金を預けて有利な運用という嘘に載せられて運用資金を渡さない。
  • 今や投資のプロは、AI利用で一般投資家の心理や投資タイミングを捉えて自動で売り買いしていますから簡単に大口投資家の餌食になるのです。
  • 努力無しでいつでも誰でも簡単に大儲けの言葉に乗らないこと。
  • バイナリーオプションには、そのような危険がなく健全な意識で挑めば安全です。

弊社の教材は、理解が早い映像教材

  • 映画でも楽しむようにあなたの勝利を脳裏に描きながらご覧ください。
  • 誰にも見ればわかります。
    どなたも見る都度新たな発見があるとおっしゃいますので、複数回の視聴はあなたの投資力を高めます。
  • 見てわかったとなったら、デモエントリーでご自身の理解力、投資力を試していただき、自信が持てたら実践エントリー。
  • 言葉や思いは、あなたの人生のナビ設定。
    否定、批判、決めつけのところに好ましい現象など生じるはずがありません。
  • 常に肯定、夢実現の近未来の歓喜を感じつつ映像やエントリーを楽しんでいただき、人生をより豊かに実現下さい。

疑問解消と提言

特典とは

「収入の柱は多い方がいい」

特典とは

この「収益化活用術 ワーククラブ」の参加条件が特別条件になります。

※その期間は、無料且つ好条件報酬は、1年間有効です。

年会費: 1年間 33,バイナリーオプションの今後の方向性 000円を無料 と致します。

報 酬: 販売価格の50% ご提供します。

アドバイス:販売方法のご質問をチャットでお受けします。

つまり、 収益化ネット活用術 ワーククラブの会費が1年間無料の上、

販売報酬が販売価格の50% になりますので、

以下の一般会員さんの報酬30%の例と比較しますと

(例)仮に39,バイナリーオプションの今後の方向性 000円の商品をひと月に100件販売いただければ、117万円の報酬になります。
少なく見てひと月に半分の50件だとしても585,000円の報酬になります。
本業として取り組んでご努力いただける方なら、500件の販売は現実的です。

これが、50%報酬というサーファーの特典では、以下の好条件になります。

(例)仮に39,000円の商品をひと月に100件販売いただければ、195万円の報酬になります。
少なく見てひと月に半分の50件だとしても975,000円の報酬になります。
本業として取り組んでご努力いただける方なら、500件の販売は現実的です。

健全で意欲的なあなたのために、繁栄策をご用意しました。

意欲的な方には、開業費用なしで起業するのと同様な可能性を秘めた

弊社がご提供する特別なアフィリエイトにご参加いただき、収入の柱を増やして

さらなるご繁栄にお役立て下さい。

サーファーの教材とは

合計収録時間 69分65秒と、通常教材の17本分というじゅうぶんな内容です。

短期特別価格第2弾 (特典付き)

■6月28日~30日(木)中までにご入金の方は・・・ 18,000円限り (消費税免除)

定価販売 (特典なし)

■7月1日(金)から定価・・・54,000円+消費税5,400円 合計59,400円 特典なし

【ご注文の流れと教材のお届け】

1.申仕込みフォームにご記入いただき送信下さい。

2.お申込み後速やかにお支払いを完了ください。

3.ご入金いただきますと、ご入金の御礼メールのあと、教材ご案内のメールをお届けいたします。

4.教材お届けの方法

バイナリーオプションの今後の方向性 5.特典について

通常は・・・

(例)平日の午後5時以降にご入金の場合、翌平日の午後5時までにご案内申し上げます。

ご繁栄のための初期投資です。

即座に代金を回収してさらに利益実現してください。

万が一教材をお届けできていない際は、以下までご連絡ください。

★ご入金いただきながら、教材をお届けしないことは100%ございません。

必ず、お約束の期日に 間違いなく お届けしております。

1.着信をご確認いただけない場合は 「迷惑メールフォルダー」を御覧ください。

2.それでもご確認いただけない場合は、受信側のサーバーが受信拒否しております。

↓こちらのフォームは商品のご注文フォームではございません。

あなたのご繁栄のために

これで、都合のいい勝利場面だけをお見せしているのではないことが明白。

貧困の原因は、

繁栄の秘訣は、

収益例

教材購入後転売してもいいですか?
バイナリーオプションの今後の方向性

バイナリーオプションの今後の方向性
教材を買えば、私にも簡単に年収億超えを果たせますか?

いろいろ販売される教材の中でどの教材が簡単でしょうか?

どのテクニックが簡単なのかは、それぞれ皆様の感覚ですから誠に申し訳ございませんが、こちらでは限定が出来ません。
私どもの教材は、常にシンプルですからどなたにもご理解いただけるものと思っております。
ある人は、30秒テクニックが難しくてどうしても好きになれないとおっしゃいますし
ある人は、簡単でわかりやすくて助かるとおっしゃいます。
人それぞれ、お好みや感覚は、ひじょうに大きな差がありますのでご自身でご判断いだだくことが最良です。そのためにYouTube映像を公開しておりますので バイナリーオプションの今後の方向性
ぜひ、YouTube映像をご覧いただいてご判断いただきますようお願い申し上げます。

2022年6月のIASB会議(IFRS第9号:分類と測定のPIR)

IFRS 第 9 号の金融資産の分類において、資本性金融商品を有する保有者は、当該資本性金融商品の保有目的がトレーディング(売買目的)である場合を除いて、当初認識時に公正価値変動を OCI で認識する取消不能な選択( OCI オプション)をすることが認められています。 OCI オプションの適用対象である資本性金融商品に該当するためには、当該金融商品が IAS 第 32 号に基づき発行者側で資本の定義に該当する必要があります。発行者側で資本の定義に該当する金融商品は限定されており、基本的には上場・非上場の株式が該当します。

株式である資本性金融商品は契約上の CF テスト要件( SPPI 要件)を満たさないため即座に FVTPL に分類されることになりますが、 バイナリーオプションの今後の方向性 FVTPL に分類される場合は毎期の公正価値の変動が PL で認識され、企業の業績を表すはずの PL が金融マーケットの変動により影響を受けることになります。株式を保有する目的は企業によって様々ですが、公正価値変動を PL で認識することを回避するという目的で、 OCI オプションの規定が設けられました。

OCI オプションが適用された資本性金融商品の会計処理としては、保有時に生じる配当については原則 PL で認識し、公正価値変動は OCI バイナリーオプションの今後の方向性 バイナリーオプションの今後の方向性 で認識します。そして、売却時の OCI の PL へのリサイクルは禁止されています。減損の検討も不要です。

このような資本性金融商品は、 IFRS 第 9 号の従前基準である IAS 第 39 号では売却可能金融商品( バイナリーオプションの今後の方向性 バイナリーオプションの今後の方向性 AFS )に分類されていました。 AFS の会計処理は、公正価値変動は OCI で認識し、売却時には累積公正価値変動は OCI から PL へリサイクルがされていました。ただし、売却時の PL リサイクルは公正価値下落時における損失の PL 認識(減損)とセットである必要があり、資本性金融商品の減損モデルの複雑性は実務で問題になっていました。

IFRS 第 9 号は IAS 第 39 号の複雑性を軽減するという目的に開発された基準であるため、 OCI オプションは、売却時の PL リサイクルを行わない代わりに、減損も行わないことにすることで、 IAS 第 バイナリーオプションの今後の方向性 39 号で存在した複雑性を回避しています。

OCI オプションの適用スコープが狭まる可能性

IFRS 第 9 号 5.7.5 によれば、 OCI オプションの適用対象はトレーディングに該当しない資本性金融商品とされていますが、関係者からのコメントにより、 OCI オプションの適用は資本性金融商品の公正価値変動が企業の業績を表さない場合に限定されるという解釈が一部でなされていることが明らかにされました。当該見解によれば、資本性金融商品の会計処理は、当該資本性金融商品の公正価値変動が企業の業績を表すものか否かという判断に基づき、以下の通りとなります。

n 当該資本性金融商品の公正価値変動が企業の業績を表す: FVTPL で会計処理すべきであり、 OCI バイナリーオプションの今後の方向性 オプションは選択できない。

n 当該資本性金融商品の公正価値変動が企業の業績を表さない: OCI オプションを選択可能

スタッフペーパーによれば、 IASB が バイナリーオプションの今後の方向性 OCI オプションを設けた趣旨は IFRS 第 9 号の結論の背景に記載されており、それによれば、ある資本性金融商品の公正価値変動が PL で認識される場合には、 PL が企業の業績を表さなくなってしまう可能性があり、そのような状況を回避するために OCI オプションを認めたとされています。トレーディング(売買目的)については公正価値の変動は企業の業績を表すため、公正価値変動を PL で認識すべきであり、したがって基準上も バイナリーオプションの今後の方向性 OCI オプションは選択できないとされています。ただし、明確に禁止されているのはトレーディング(売買目的)だけであり、公正価値変動が企業の業績を反映しない場合に限り OCI オプションが選択適用できるという見解は IFRS 基準自体には反映されておらず、したがって、解釈にばらつきが生じてしまっているようです。

私は上記の解釈は初めて聞きましたが、今後、 IFRS9 号が改訂され、 OCI オプションの適用対象に制限がかかる可能性もあるかもしれません。

OCI オプションの適用スコープが広まる可能性

現行基準では、 OCI オプションの適用対象は資本性金融商品とされ、資本性金融商品か否かは発行者の会計処理として当該金融商品が資本の定義を満たすか否かにより判断するとされています。

関係者からのコメントでは、 OCI オプションの適用対象として、発行者側で資本の定義を満たすか否かにより判断するのではなく、資本又は資本の特徴を有する金融商品か否かを保有者側で判断し、保有者側で資本又は資本の特徴を有する金融商品については OCI オプションを選択適用できるようにすべきであるというコメントがされています。

売却時の PL リサイクル

OCI オプションは IASB の意図したとおりに適用されており、実務で大きな問題は発生していないというのが多くの関係者からのコメントですが、一部の関係者からは売却時の PL へのリサイクルを認めるべきであるという強い主張がなされています。そのような主張は PL リサイクルが減損モデルの検討とセットになることを理解したうえで、それでもなお売却における“実現した”公正価値変動を PL で認識することが企業の業績を最も良く表すという見解を支持しています。

現行の バイナリーオプションの今後の方向性 IFRS 第 9 号でも、 OCI オプションを適用した資本性金融商品を売却した際には、( a )売却の理由、( b )認識の中止時の公正価値、( c )売却時の累積公正価値変動額の開示が要求されていますが( IFRS7.11B )、 PL リサイクルを主張する関係者によれば、 PL が提供する情報価値と注記が提供する情報価値は異なる(注記よりも PL が提供する情報価値の方が高い)と考えているようです。

OCI オプションに対する多くの関係者の受け止めとしては、上記のとおり、 IASB の意図したとおりに機能しているということなので、一部の関係者からのコメントを受けて OCI オプションの会計処理を変更し、 PL リサイクル+減損モデルに変更するようなことは起きないとは思いますが、少なくとも今後の会議で議論がされていくのではないかと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる