フォレックス

ストップロスとしての逆指値注文とは

ストップロスとしての逆指値注文とは
*アークン(3927)の3分足チャート

ストップ・リミット注文

ここではティッカーBACを99,000株、ショート・ポジションとして保有し、資本の維持を目的として注文を出しつつも、買戻しの価格は制限 ストップロスとしての逆指値注文とは ストップロスとしての逆指値注文とは したいとします。ストップ・リミット注文タイプを使うことにより、事前指定されたレベルでのストップをトリガーし、 さらにティッカーBACを買い戻す価格に上限を設けることができます。これによる欠点もまたあります。変化の速いマーケットにおいてはストップが買い注文をトリガーすることもありますが、注文全部が約定する前に株価が指値価格を超えて変動することもあります。

ストップロスとしての逆指値注文とは
仮定
BUY
数量 99,000
注文タイプ STP LMT
市場価格 15.72
ストップ価格 15.ストップロスとしての逆指値注文とは 80
指値価格 15.84

売りのストップ・リミット注文

クラシックTWS例

売りのストップ・リミット注文

注文タイプの詳細 - 売りのストップ・リミット注文

ステップ 1 – 売りのストップ・リミット注文の入力
ステップ 2 – 注文の発注
仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格(ビッド価格) 14.20
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
ステップ 3 – 市場価格がストップ価格まで下がり、リミット注文がトリガーされる
仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格 14.10
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
  • 直近の取引価格がストップ価格以下または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット売り注文は、指値注文になります。
  • 直近の取引価格がストップ価格以上または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット買い注文は、指値注文になります。

別の指定をしない限り、株用のシミュレーションされたストップ・リミット注文は、NYSEの通常取引時間( 米国東部標準時において月曜から金曜の9:30 a.m. から4 p.m.まで)の間のみトリガーされます。弊社のデフォルト設定のトリガー方法には、取引する商品タイプにより変わる追加条件があります。デフォルト設定のトリガー方法の変更の仕方を含め、弊社のトリガー方法に関する詳細は、TWSユーザーガイド内のトリガー・メソッドの項目をご覧ください。

Interactive Brokers ®, IB SM , InteractiveBrokers.com ®, Interactive Analytics ®, IB Options Analytics SM , IB ストップロスとしての逆指値注文とは SmartRouting SM , PortfolioAnalyst ®, IB Trader Workstation SM およびOne World, One Account SM はInteractive Brokers LLCの登録商標です。統計情報等をはじめとする上記の内容の裏付けは別途ご依頼いただければご案内致します。表示される取引のティッカーシンボルは説明目的で使用するものであり、特定の銘柄を推奨するものではありません。

Binance Futures先物の使い方と登録。手数料や追証について

仮想通貨

Binance Futures先物の登録方法

Binance Futures(バイナンスの先物取引)で取引がしたいという方はBinance Futuresに登録しておく必要があります。

Binance Futuresの登録方法の手順・流れ

  1. Binanceの登録・アカウント作成
  2. 仮想通貨をバイナンスへ入金
  3. Futures用アカウント開設
  4. Futuresのウォレットへ仮想通貨を送金

Binanceの登録・アカウント作成

バイナンスへのログイン方法

アカウントを作成したら、バイナンスにログインしましょう。
先ほど登録した「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「Log In(ログイン)」をクリック。
パズルのピースを適切な場所へ移動させて、確認項目にすべてチェックをれてから、「I understand continue」をクリックします。

セキュリティ設定(2段階認証設定)方法について

まずGoogle Authenticatorでの設定方法は、画面右上の人型アイコン>「Account」をクリックし、その先のページの右下にあるGoogle Authentication欄内にある「Enable」をから設定を進めることができます。

仮想通貨をバイナンスへ入金

仮想通貨をバイナンスへ入金する手順

  1. Binanceの入金先アドレスを確認する
  2. Binanceの入金先アドレスに仮想通貨を送金する

Binanceの入金先アドレスを確認する

Binanceの入金先アドレスに仮想通貨を送金する

Futures用アカウント開設

Futures用アカウントを開設するには、まずBinanceトップページの画面上部にある「デリバティブ」から、「USDT-M Futures」または「COIN-M Futures」のいずれかを選択します。(証拠金をUSDTにしたい場合はUSDT-M、それ以外の仮想通貨にしたい場合はCOIN-Mを選択)

するとFuturesの画面(チャートが表示されているページ)へ移るので、そこの右側にある「Open Futures Account」メニュー内にある「Open Now」をクリックします。これでFutures用アカウントの開設ができます。

Futuresのウォレットへ仮想通貨を移す

Futures用アカウントを作成したら、Futuresのウォレットへ仮想通貨を移しましょう。
仮想通貨をFuturesのウォレットへ移すには、まずFutures画面の右下にある「Assets」欄にある「Buy Crypto」「Convert」「Transfer」のいずれかをクリックします。

Binance Futures先物の使い方

BinanceFuturesの画面の見方について

BinanceFuturesの画面の見方について

メニュー画面

チャート・オーダーブック画面

ポジション管理画面

マージン画面

BinanceFuturesで取引する方法

  1. 画面左上にある通貨ペアで取引したい通貨ペアを選択する
  2. 注文画面で注文方法を選択する
  3. 希望売買価格を記入する(成行注文(マーケット)の場合は不要)
  4. 希望取引数量を記入する

注文方法 特徴
指値注文(リミット) 値段を指定して注文する
成行注文(マーケット) 値段を指定しないで注文する。成行の買い注文では最も低い価格の売り注文で約定し、成行の売り注文は最も高い価格の買い注文で約定する
ストップリミット注文 事前に指定したストップ(逆指値)価格になったら指値注文する注文
ストップマーケット注文 事前に指定したストップ(逆指値)価格になったら成行注文する注文
トレーリングストップ注文 事前に指定したストップ価格を、価格が有利に変動したら有利な方向へ自動的に更新させる注文

BinanceFuturesでレバレッジ取引をする方法

BinanceFuturesでレバレッジ取引をする方法①

BinanceFuturesでレバレッジ取引をする方法

Binance Futures先物の手数料は?

Binance Futuresでは「USDS-M 先物(永久先物取引)」と「COIN-M 先物(四半期先物取引)」の2つの種類の先物がありますが、それぞれで取引手数料が変わってきます。

ストップロスとしての逆指値注文とは

成行注文で表示されるリアルタイムのレートのイメージは図のようになります。(上図はUSDJPYのケース)
BID119.773とはGMOクリック証券がドルを買うレートをお客様に提示しているものです(お客様が売るレート)。
また、ASK119.776とはGMOクリック証券がドルを売るレートをお客様に提示しているものです(お客様が買うレート)。

  • ※ お客様の端末から当社のサーバーまでの通信時間と、当社サーバー内での約定処理時間により、成行注文を出した時に画面で確認したレートと異なるレートで約定する場合があります。これをスリッページと言います。
  • ※ 「許容スリッページ」を設定していただきますと、設定した範囲以上にレートが変化した場合には注文は成立いたしません。
  • ※ 決済同時発注指値・逆指値幅は+5pips以上から注文を受け付けます。

逆指値注文

OCO注文

Aさんは先日ドル円を119円で買いました。現在ドル円は120円に上昇し利益が出ています。Aさんは更にドル円が上昇することを予想する一方、レートが下落することも考え、損失を限定的にしておきたいと考えました。 そこでAさんは121円で利益確定の売り指値注文をした(1)と同時に、119円で売り逆指値注文(2)を出します。 ストップロスとしての逆指値注文とは ストップロスとしての逆指値注文とは
(1)が先に約定すれば(2)が自動的にキャンセルされ、逆に(2)が先に約定すれば(1)はキャンセルされることにより、2重に約定してしまうリスクを回避することができます。

IFD注文

IFD-OCO注文

現在ドル円は120.500円とします。Aさんはドル円の為替レートが短期的には下がるかもしれないが、将来的には121円になると予想しました。為替レートが下がったところで買いたいと思ったので、120円で買う方針を固めました。
Aさんは基本的にはドル円が上昇することを予想する一方、予想が外れた場合の事も考慮し、119円で損失限定の注文も同時に発注したいと考えました。
ドル円はAさんの予想通り120円まで下落し新規注文(IFD注文)が約定となり、自動的に決済注文(OCO注文・121円指値売り/119円逆指値売り)が発注されました。その後ドル円は121円まで回復しOCO注文のうち121円指値が約定され、もう一方のOCO注文119円逆指値売りが自動的にキャンセルされました。

ストップ・リミット注文

ここではティッカーBACを99,000株、ショート・ポジションとして保有し、資本の維持を目的として注文を出しつつも、買戻しの価格は制限 したいとします。ストップ・リミット注文タイプを使うことにより、事前指定されたレベルでのストップをトリガーし、 さらにティッカーBACを買い戻す価格に上限を設けることができます。これによる欠点もまたあります。変化の速いマーケットにおいてはストップが買い注文をトリガーすることもありますが、注文全部が約定する前に株価が指値価格を超えて変動することもあります。

ストップロスとしての逆指値注文とは
仮定
BUY
数量 99,000
注文タイプ STP LMT
市場価格 15.72
ストップ価格 15.80
指値価格 15.84

売りのストップ・リミット注文

クラシックTWS例

売りのストップ・リミット注文

注文タイプの詳細 - 売りのストップ・リミット注文

ステップ 1 – 売りのストップ・リミット注文の入力
ステップ 2 – 注文の発注
ストップロスとしての逆指値注文とは
仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格(ビッド価格) 14.20
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
ステップ 3 – 市場価格がストップ価格まで下がり、リミット注文がトリガーされる
仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格 14.10
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
  • 直近の取引価格がストップ価格以下または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット売り注文は、指値注文になります。
  • 直近の取引価格がストップ価格以上または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット買い注文は、指値注文になります。

別の指定をしない限り、株用のシミュレーションされたストップ・リミット注文は、NYSEの通常取引時間( 米国東部標準時において月曜から金曜の9:30 ストップロスとしての逆指値注文とは a.m. から4 p.m.まで)の間のみトリガーされます。弊社のデフォルト設定のトリガー方法には、取引する商品タイプにより変わる追加条件があります。デフォルト設定のトリガー方法の変更の仕方を含め、弊社のトリガー方法に関する詳細は、TWSユーザーガイド内のトリガー・メソッドの項目をご覧ください。

Interactive Brokers ®, IB SM , InteractiveBrokers.com ®, Interactive Analytics ストップロスとしての逆指値注文とは ®, IB Options Analytics SM , IB SmartRouting SM , PortfolioAnalyst ®, IB Trader Workstation SM およびOne World, One Account SM はInteractive Brokers LLCの登録商標です。統計情報等をはじめとする上記の内容の裏付けは別途ご依頼いただければご案内致します。表示される取引のティッカーシンボルは説明目的で使用するものであり、特定の銘柄を推奨するものではありません。

【株式投資】逆指値で損切り注文を入れる時の注意点|ストップ狩りとは?

自覚はなくても、まるで魚の群れのように同じ行動を取っているのです。

そして、 相場の巨人はそんなカモの魂胆など全てお見通し なのです。

アークン(3927)で解説します

*アークン(3927)の3分足チャート

再度の三角持合いの末、株価はストップ高に達しました。

上昇開始の早い段階でリスクを取りに行けた人は「もう十分」と考え、どこかで利確した人もいるでしょう。 *デイトレ戦略の一例

そして、そんな人はたいてい次のような黒線2本で挟まれた価格帯にストップ注文を逆指値で仕込みます。 なぜそのような行動をとるのでしょうか?

あなたは普段、エントリーする時に、彼ら巨人たちの存在を意識していないかもしれません。

もし彼らがこの銘柄の株価を明日も吊り上げるつもりでいるのなら、 上昇後に売り圧となる、現在買いホールド中の個人投資家は極めて邪魔な存在 になります。

こういったスパイクはよく見かける光景ですが、もちろん偶然出ているわけではありません。

これこそが相場の巨人が得意とする仕掛けの 「ストップ狩り」 なのです。

一転、上昇に向かうのです。

何の工夫もない戦略では巨人の思う壺なので 「カモられて終わり」 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる