日本のバイナリーオプション業者

海外FXの移動平均線乖離率とは

海外FXの移動平均線乖離率とは

出所:日足、単位はドル

テクニカルポイント ポンドドル、短期下降トレンド強まる

テクニカルポイント ポンドドル、短期下降トレンド強まる
1.3254 200日移動平均
1.2972 100日移動平均
1.2849 一目均衡表・雲(上限)
1.2762 ボリンジャーバンド 2σ上限(21日間)
1.2582 一目均衡表・雲(下限)
1.2558 エンベロープ1%上限(10日間)
1.2490 21日移動平均
1.2434 10日移動平均
1.2388 一目均衡表・基準線
1.2354 一目均衡表・転換線
1.2309 エンベロープ1%下限(10日間)
1.2219 ボリンジャーバンド 2σ下限(21日間)
1.2180 現値

執筆者 : 海外FXの移動平均線乖離率とは MINKABU PRESS

為替ニュース/コラム

要人発言 06/14(火) 18:54

要人発言 06/14(火) 18:49

要人発言 06/14(火) 18:25

要人発言 06/14(火) 15:28

要人発言 06/14(火) 10:00

要人発言 06/14(火) 07:21

要人発言 06/13(月) 20:42

要人発言 06/13(月) 15:42

要人発言 06/13(海外FXの移動平均線乖離率とは 月) 15:28

経済指標 06/14(火) 21:47

経済指標 06/14(火) 21:42

経済指標 06/14(火) 21:40

経済指標 06/14(火) 海外FXの移動平均線乖離率とは 21:40

経済指標 06/14(火) 21:11

経済指標 06/14(火) 海外FXの移動平均線乖離率とは 18:13

経済指標 06/14(火) 18:10

経済指標 06/14(火) 17:海外FXの移動平均線乖離率とは 51

経済指標 06/14(火) 17:43

NY他市場 0時台 ダウ平均は65ドル安 ナスダックは横ばい

ユーロ圏 10年債利回り格差 伊239bpと拡大傾向続く

NY金 時間外取引 1832ドル付近、下げを消す動き

NY原油 時間外取引 堅調、一時122ドル近辺

日銀 指値オペ落札額 2兆2126億円 過去最高に(固定利回り方式・残存期間5年超10年以下)

マネ育チャンネル 06/14(火) 15:56

FX/為替「ドル/円、24年ぶり高値圏で日米金融政策睨み神経質な展開」 外為トゥデイ 2022年6月14日号

マネ育チャンネル 06/14(火) 09:20

FX/為替「ドル/円、135円突破の可能性高まる」 外為トゥデイ 2022年6月13日号

マネ育チャンネル 06/13(月) 09:02

FX/為替「ドル/円、あらためて135円を窺う展開へ」 外為トゥデイ 2022年6月10日号

マネ育チャンネル 06/10(金) 09:03

FX/為替「1ドル=135円の攻防に」 外為トゥデイ 2022年6月9日号

マネ育チャンネル 06/09(木) 09:49

FX/為替「ドル/円、20年ぶり高値圏で米長期金利睨みの展開に」 外為トゥデイ 2022年6月8日号

マネ育チャンネル 06/08(水) 09:18

マネ育チャンネル 海外FXの移動平均線乖離率とは 06/07(火) 15:29

FX/為替「円ひとり負けで133円も」 外為トゥデイ 2022年6月7日号

マネ育チャンネル 06/07(火) 海外FXの移動平均線乖離率とは 09:09

FX/為替「ドル/円、20年ぶり高値131.35円の更新が視野に」 外為トゥデイ 2022年6月6日号

マネ育チャンネル 06/06(月) 09:13

今日の為替 06/14(火) 20:25

今日の為替 06/14(火) 15:23

今日の為替 06/14(火) 05:58

今日の為替 06/13(月) 20:20

今日の為替 06/13(月) 15:18

今日の為替 06/11(土) 06:33

今日の為替 06/10(金) 20:22

今日の為替 06/10(金) 14:53

今日の為替 06/10(金) 05:58

注目ニュース

今日の為替 06/14(火) 20:25

要人発言 06/14(火) 15:28

経済指標 06/14(火) 15:25

今日の為替 06/14(火) 15:23

新着ニュース

NY他市場 0時台 ダウ平均は65ドル安 ナスダックは横ばい

外貨ex byGMO
取引アプリが使いやすい

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

テクニカルポイント ポンドドル、短期下降トレンド強まる

テクニカルポイント ポンドドル、短期下降トレンド強まる
1.3254 200日移動平均
1.2972 100日移動平均
1.2849 一目均衡表・雲(上限)
1.2762 ボリンジャーバンド 2σ上限(21日間)
1.2582 海外FXの移動平均線乖離率とは 一目均衡表・雲(下限)
1.2558 エンベロープ1%上限(10日間)
1.2490 21日移動平均
1.2434 10日移動平均
1.2388 一目均衡表・基準線
1.2354 一目均衡表・転換線
1.2309 エンベロープ1%下限(10日間)
1.2219 ボリンジャーバンド 2σ下限(21日間)
1.2180 海外FXの移動平均線乖離率とは 現値

執筆者 : MINKABU PRESS

為替ニュース/コラム

要人発言 06/14(火) 18:54

要人発言 06/14(火) 18:49

要人発言 06/14(火) 18:25

要人発言 06/14(火) 15:28

要人発言 06/14(火) 10:00

要人発言 06/14(火) 海外FXの移動平均線乖離率とは 07:21

要人発言 06/13(月) 20:42

要人発言 06/13(月) 15:42

要人発言 06/13(月) 15:28

経済指標 06/14(火) 21:海外FXの移動平均線乖離率とは 47

経済指標 06/14(火) 21:42

経済指標 06/14(火) 21:40

経済指標 06/14(火) 21:40

経済指標 06/14(火) 21:11

経済指標 06/14(火) 18:13

経済指標 06/14(火) 18:10

経済指標 06/14(火) 17:51

経済指標 06/14(火) 17:43

NY他市場 0時台 ダウ平均は65ドル安 ナスダックは横ばい

ユーロ圏 10年債利回り格差 伊239bpと拡大傾向続く

NY金 時間外取引 1832ドル付近、下げを消す動き

NY原油 時間外取引 堅調、一時122ドル近辺

日銀 指値オペ落札額 2兆2126億円 過去最高に(固定利回り方式・残存期間5年超10年以下)

マネ育チャンネル 06/14(火) 15:56

FX/為替「ドル/円、24年ぶり高値圏で日米金融政策睨み神経質な展開」 外為トゥデイ 2022年6月14日号

マネ育チャンネル 06/14(火) 09:20

FX/為替「ドル/円、135円突破の可能性高まる」 外為トゥデイ 2022年6月13日号

マネ育チャンネル 06/13(月) 09:海外FXの移動平均線乖離率とは 02

FX/為替「ドル/円、あらためて135円を窺う展開へ」 外為トゥデイ 2022年6月10日号

マネ育チャンネル 06/10(金) 09:03

FX/為替「1ドル=135円の攻防に」 外為トゥデイ 2022年6月9日号

マネ育チャンネル 06/09(木) 09:49

FX/為替「ドル/円、20年ぶり高値圏で米長期金利睨みの展開に」 外為トゥデイ 2022年6月8日号

マネ育チャンネル 06/08(水) 09:18

マネ育チャンネル 06/07(火) 15:29

FX/為替「円ひとり負けで133円も」 外為トゥデイ 2022年6月7日号

マネ育チャンネル 06/07(海外FXの移動平均線乖離率とは 火) 09:09

FX/為替「ドル/円、20年ぶり高値131.35円の更新が視野に」 外為トゥデイ 2022年6月6日号

マネ育チャンネル 06/06(月) 09:13

今日の為替 06/14(火) 20:25

今日の為替 06/14(火) 15:23

今日の為替 06/14(火) 05:58

今日の為替 06/13(月) 20:20

今日の為替 06/13(月) 15:18

今日の為替 06/11(土) 06:33

今日の為替 海外FXの移動平均線乖離率とは 06/10(金) 20:22

今日の為替 06/10(金) 14:53

今日の為替 06/10(金) 05:58

注目ニュース

今日の為替 06/14(火) 20:25

要人発言 06/14(火) 海外FXの移動平均線乖離率とは 15:28

経済指標 06/14(火) 15:25

今日の為替 06/14(火) 15:23

新着ニュース

NY他市場 0時台 ダウ平均は65ドル安 ナスダックは横ばい

ドル円 0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.4 銭(原則固定・例外あり)

海外FXの移動平均線乖離率とは
ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.88 銭(原則固定・例外あり)

ドル円 29 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 23 円

海外FXの移動平均線乖離率とは
ドル円30 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 23 円

ドル円 31 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 22 円
FX口座 スワップ比較

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ 海外FXの移動平均線乖離率とは OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

リー・エインズリー(前編)―デリバティブを奏でる男たち【29】―

急落する代表的な米成長株


出所:日足、いずれもNY市場の価格、単位はドル

◆マーベリックとは

加えて、美術品店から6つのアート&クラフト店を買収し、全国的な芸術品と工芸品の小売業者に成長させて売却。これらで巨万の富を築いたようです。ところが、脱税で内国歳入庁(IRS、Internal Revenue Service)から、証券詐欺で証券取引委員会(SEC、Securities and Exchange Commission)から起訴され、賠償金を一部支払った後の2014年に破産してしまいました。今ではテキサス州北部のダラスにある老人ホームで静かな余生を送っているとのこと。ちなみに、彼の娘クリスティアナは、電気自動車大手テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスクの弟キンバルと結婚しました。

テスラも代表的な米成長株


出所:日足、単位はドル

◆エインズリーのマーベリック

このコラムの著者

MINKABU PRESSに関連するコラム

アクセス増減率ランキング

おすすめ情報

小次郎講師テクニカルコラム

  • 第1回、ファンダメンタル分析とテクニカル分析
  • 第2回、トレンド系分析とオシレーター系分析
  • 第3回、トレンドラインとチャネルライン、その1
  • 第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2
  • 第5回、移動平均線 その1、『 移動平均線の役割 』
  • 第6回、移動平均線 その2、『 グランビルの法則 』前編
  • 第7回、移動平均線 その3、『 グランビルの法則 』後編&『 移動平均乖離率 』
  • 第8回、移動平均線 その4、『 海外FXの移動平均線乖離率とは 移動平均線の複数使い 』前編
  • 第9回、移動平均線 その5、『 移動平均線の複数使い 』中編
  • 第10回、移動平均線 その6、『 移動平均線の複数使い 』後編
  • 第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』
  • 第12回、MACD(移動平均収束拡散法) その1
  • 第13回、MACDその2、オリジナルMACDの本質!
  • 第14回、MACDその3、MACD最大の買いシグナルとは?
  • 第15回、MACDその4、MACD2とは?
  • 第16回、MACDその5、MACDの売りサイン買いサイン =前編=
  • 第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編= そしてMACD活用の最大の極意!
  • 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編= 海外FXの移動平均線乖離率とは ダイバージェンシー!
  • 第19回 MACDその8、『MACDの複数使い』いよいよMACD最終回!
  • 第20回 ストキャスその1、『買われすぎ売られすぎシグナルに騙されるな!』
  • 第21回 ストキャスその2、『ファーストストキャスとスローストキャスとは?』
  • 第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』
  • 海外FXの移動平均線乖離率とは
  • 第23回 ストキャスその4、『ストキャス名脇役、%D、Slow%Dを極める!』
  • 第24回 ストキャスその5、『パラメーターの調整!』
  • 第25回 ストキャスその6、『ストキャスティクスの正しい使い方!』
  • 第26回 ストキャスその7、『ストキャスティクスの具体的仕掛け時と騙しへの対応!』
  • 第27回 ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』
  • 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』
  • 第29回 ストキャスその10、『ストキャスティクス最終回、ブルベア・セットアップとは?』
  • 第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』
  • 第31回 海外FXの移動平均線乖離率とは 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』
  • 第32回、一目均衡表その3、「三役好転を中心に世間一般的に言われる一目均衡表の買いシグナル売りシグナルを検証。」
  • 第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」
  • 第34回、一目均衡表その5、「転換線を極める!」
  • 第35回、一目均衡表その6、「基準線を極める!」
  • 第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」
  • 第37回、一目均衡表その8、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?中編、もみあい相場での仕掛け方」
  • 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」
  • 第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」
  • 第40回、一目均衡表その11、「先行スパン1を極める。」
  • 第41回、一目均衡表その12、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!前編」
  • 第42回、一目均衡表その13、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!後編、雲のねじれの秘密!」
  • 第43回、一目均衡表その14、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、前編」
  • 第44回、一目均衡表その15、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、後編」
  • 第45回、一目均衡表その16、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、前編」
  • 第46回、一目均衡表その17、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、後編」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その1、「RSIの計算式は超簡単!」
  • 海外FXの移動平均線乖離率とは 海外FXの移動平均線乖離率とは
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その2、「RSIの計算式からわかること!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その5、「ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その6、「RSIの代表的シグナル、失敗したスイングって知ってますか?」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その1、「ボリンジャーバンドの基礎知識」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その4、「バンドワイズチャート、%bチャートの秘密」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その5、「ミッドバンド研究」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その6、「ボージとスクイーズを究めよ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その8、「バンドワイズチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その9、「%bチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その10、「%bチャート!」後編
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その11、「ボリバンまとめ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その12、「ボリバン極意の書!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その13、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その14、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「資金管理編」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「まとめ」
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2

ニュースアクセスランキング

関連サイト

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group 海外FXの移動平均線乖離率とは Inc.、大阪取引所、堂島取引所、S&P Global、S&P Dow Jones In dices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services、JPX総研等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金相場|2022年6月11日チャート今後の予想

今回の動画では、 トレンド/レンジ相場の両方で安定成績を出すための方法を考察していきます。 どの商品の相場であってもトレンド相場、レンジ相場という2つのタイプに大別されるので、両方の相場の攻略をテクニカル分析で出来れば大きな武器にな.

という感じで、またしても中期レンジ底辺の1832ドルに到着しましたが、ここで注目のCPI、 消費者物価指数が公表 されました。

金曜日の21:30に公表されたこの経済指標ですが、まずは総括として 「予想外に物価高」 という感じでした。


(参照元:Trading Economics)

しかし、 その慎重な市場予想すら、今回の値は越えてくる ことになりました。

結果の値は8.6%ということで、せっかく直前に8.5%から8.3%という折り返し感を見せたにもかかわらず、再度上昇感を匂わせる形になり、値としても、8.5%よりも高い 8.6%という直近での最高値更新 という状況を生み出しました。

この結果を受けて、政策金利の引き上げ観測が加速して ドル高株安 という状況が生まれました。

いかにこのグレーの 中期レンジが堅いかを思い知る1週間 となりました。

ただし、 1832ドル辺りはかなりロング勢に対して信頼感を高めてきている 印象なので、そこを固めつつ推移してくる可能性が出てきております。

ゴールド相場(GOLD)_今後のトレンド見通し

長期では上寄りに見つつまだ強気には材料が足りない

トレンドの概要が前回と変わっていないのでサボっているように認識されるかもしれませんが、長期トレンドで 強気の上目線になるにはあと少し足りない 印象です。

そのため、ダウ理論のトレンド継続の条件を当てはめたときに、 「高値と安値の更新で言えば一応下降トレンド」 と取れてしまうのが現状です。

ファンダメンタルは急にゴールド追い風

物価高がどれだけ今回脅威に映ったのかは、CME Fed Watchさんの政策金利の見通しにきれいに反映されております。

簡潔に言えば、 「政策金利の見通しは加速」 しております。

特に顕著なのが9月の見通しで、一時は0.25%の利上げでよさそうと見通されていたものが、 「少なくとも0.5%は利上げしないと」 という雰囲気の見通し構成に切り替わっております。


(参照元:FRED)

結局は中期レンジ内

いろいろとトレンド系のお話をしておりますが、 結局は1875~1832ドルの中期レンジを脱することなく今週も着地 をしております。

期待できるのは 6月FOMC で、来週の木曜日午前3:00ごろから声明などが始まります。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

長期下降トレンドライン

ただし、 2000ドルの高値が一度キレイについているのである程度は意識されてくる と踏んでおります。

現状がレンジ相場なので、レンジ上辺の 1875ドルが抜かれると損切り多発のエネルギーによってこのトレンドラインもまとめてブレイク というのがあり得ます。

1875ドルのレジスタンスエリア

一応、テクニカル的には レンジ上辺としての水平線がメイン になってきます。

1850ドルのエリア

こちらはもはやネタ枠というぐらいに 値動きを止められない価格として認識 をしております。

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じていることは大変良いこと です。
リスクをしっかりと把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、基本的に海外業者のご利用を推奨いたします。
理由としては、海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。
10年間貯金した資産が一瞬で溶けたら、落ち込むどころではないかと思います。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無くて、
「どこの業者でも同じだからボーナスが多いほうがいい!」という方がいると危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私個人の話をすると、 ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

「TariTali(タリタリ)」って、Twitterなんかでたまに見かけるけど、いったいなんなの?って思ったことありませんか?

キャッシュバックサイトらしいけど、どういう仕組なんだろうって思いますよね。

今回は、FXキャッシュバックサイトとして有名な「TariTali(タリタリ)」の仕組みについて以下の3点について解説していきます。

  1. キャッシュバックサイトとは?
  2. キャッシュバックサイトの仕組みは?どのようにして還元されるのか?
  3. TariTali(タリタリ)の評判・評価とは?

FX博士

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバック業者を大雑把に述べると、アフィリエイト業者のようなものです。厳密に述べるならばIB(Introducing Broker)業者。IB業者によるスプレッドバックの仕組みは古くから存在します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる