初心者に最適なトレーディングプラットフォーム

FXスワップポイント比較

FXスワップポイント比較
Twitter:https://twitter.com/IS6FX_official/status/1538681619422355457

IS6FXのスワップポイントは稼げる!計算方法&手法を解説

IS6FXの入金ボーナス

Twitter:https://twitter.com/IS6FX_official/status/1538681619422355457

IS6FXの口座開設方法・手順をわかりやすく解説【画像アリ】 IS6FXの口座開設方法を知りたい。 IS6FXの口座開設に必要な書類は?時間はどれくらいかかる? 早く口座を開設して実際にトレードしたい! 本記事はこのような方々の声に.

ユウ

IS6FXのスワップポイントの計算方法

EUR/ZARのスワップポイントの年間収益

経過月計算式スワップポイント
1ヶ月後157円 × 30日4,710円
2ヶ月後157円 × 60日9,420円

12ヶ月後

157円 × 365日

57,305 円
2022年6月29日時点のレートとスワップポイントで計算

ユウ

レバレッジ別 スワップポイントの年間収益

レバレッジ必要証拠金(0.1ロット = 10,000通貨)利回り(年間スワップ57,305円)
1倍1,424,443円4.02%
3倍474,814円12.06%
5倍284,FXスワップポイント比較 889円20.10%
25倍56,977円100.5%
2022年6月29日時点のレートとスワップポイントで計算

IS6FXでスワップが10ポイント以上の通貨ペア一覧

通貨ペア買いスワップ売りスワップ
EUR/ZAR-411.08186.47
USD/MXN-229.5854.29
USD/TRY-110.1649.06
USD/ZAR-144.1833.11
参考:IS6FX PC対応MT4 各通貨ペアの仕様(2022年6月29日時点)

スワップポイントを日本円に換算する計算式

(契約サイズ × 小数桁) × ロット数 × スワップポイント × (決済通貨レート ÷ 口座通貨レート)

参考:IS6FX PC対応MT4 USDJPYの取引条件

IS6FXのスタンダード口座は1ロット = 100,000通貨、マイクロ口座は1ロット = 1,000通貨です。
今回はスタンダード口座の100,000通貨で計算していきます。

クロス円のスワップポイントの計算方法

  • 契約サイズ100000
  • 小数桁:0.001
  • ロット数:1
  • 買いスワップポイント:0.53
  • 決済通貨レート ÷ 口座通貨レート = JPY/JPY = 1

(契約サイズ FXスワップポイント比較 × 小数桁) × ロット数 × スワップポイント × (決済通貨レート ÷ 口座通貨レート)
→(100000 × 0.001) × 1 × 0.53 FXスワップポイント比較 FXスワップポイント比較 × 1 = 53円

クロス円以外のスワップポイントの計算方法

  • 契約サイズ:100000
  • 小数桁:0.00001
  • ロット数:1
  • FXスワップポイント比較
  • 売りスワップポイント:186.47
  • 決済通貨レート ÷ 口座通貨レート = ZAR/JPY = 8.426

(契約サイズ × 小数桁) × ロット数 × スワップポイント × (決済通貨レート ÷ 口座通貨レート)
→(100000 × 0.00001) × 1 × 186.47 × 8.426 ≒ 1571.20円

マネーパートナーズの評判|超少額取引と高い約定率が魅力

マネーパートナーズはオールマイティー・アクティブ型

トレードレポートによる傾向

※トレードレポートの発行条件は月間約定数30回以上となっています。

「かんたんトレナビ」でチャート予想

このサービスは 今が買い時か売り時かを総合判断し教えてくれる、売買シグナル予想サービス FXスワップポイント比較 です。また新たに予測分析機能も追加され、専門知識がない初心者でも簡単に利用できます。

②スワップポイントがやや少ない

買い 売り
米ドル/円 1円 -143円
ポンド/円 3円 -143円
豪ドル/円 0円 -148円
NZドル/円 2円 -95円
トルコリラ/円 5円 -145円
南アフリカランド/円 2円 -27円
メキシコペソ/円 1円 -24円
*2022年1月18日に発生したマネーパートナーズのスワップ実績(パートナーズFX 1万通貨、1日あたり)

③サポートが24時間体制ではない

現在マネーパートナーズの電話、チャットによる問い合わせ対応は 月曜~金曜の9:00~17:00 となっています。

マネーパートナーズのメイン取引ツールを詳解

表を見て分かる通り コースによって利用できるツールが異なる ため、どの取引ツールを使いたいのか調べてからコース選択することも重要です。以下ではそれぞれの取引ツールの特徴について紹介します。

パートナーズFX パートナーズFX nano
PC取引ツール クイック発注ボード
HyperSpeed NEXT
クイック発注ボード
スマートフォン
取引ツール
クイック発注ボード
HyperSpeed Touch
クイック発注ボード
HyperSpeed Touch nano

クイック発注ボード

こちらのツールは パートナーズFX、パートナーズFX FXスワップポイント比較 nanoどちらでも使うことができ 、さらにPC・スマートフォンの両方に対応しています。

クイック発注ボード

新規・決済注文が1クリックでできる

他サイト閲覧中も他の発注ボードの表示が可能

発注エリア画面のみ表示することができ、他のサイトを閲覧中でも 常に画面横に表示することができる のでリアルタイムでレートを確認することができます。

HyperSpeed Touch

続いて、利用者の多いiPhoneに対応した パートナーズFX用 のスマホアプリの特徴も見ていきましょう。最小限のアクションで取引に必要な操作をまかなえるデザインで、 PC版ツールに引けを取らない分析・取引機能 を有しています。

パートナーズFX専用アプリHyperSpeed Touch

スマホでも連続予約注文を入れられる

ニュースや経済指標を即座に確認できる

HyperSpeed Touchのホーム画面

高性能PC版ツール HyperSpeed NEXT

高性能PC版ツール HyperSpeed NEXT

スピードに磨きをかけたパートナーズFX用のPCトレードツール。取引スタイルに合わせた細かいカスタマイズに加え、売買ルールの作成やストラテジー構築も可能で、上級者も納得の仕上がりに。

多彩で利便性に優れる発注機能

HyperSpeed NEXT発注機能

ストリーミング注文とトレール注文を同時に発注

HyperSpeed NEXT ストリーミング注文とトレール注文

お得なキャンペーン情報

スプレッド縮小キャンペーンを多数実施!

マネーパートナーズでは多くのスプレッド縮小キャンペーンを実施しています。 パートナーズFXとパートナーズFX nanoでキャンペーン情報も異なる ので、どちらのコースで取引しようか迷っている人必見です。

FXの比較・口座開設ならFX比較ナビゲーター

初心者がFXで注文をすると、投資金額が大きくなることで怖くなって正常な判断ができなくなってしまいます。 FXスワップポイント比較
たとえば、ドル円で1万通貨をトレードしようと思って取引きを成立させると、その後の値動きが気になって気になってかなり動揺してしまいます。
1万通貨を投資した場合、1円動けば1万円動くことになりますので、最初の頃は動揺して当然かもしれません。
しかし、1000通貨を投資した場合は、1円動いても1000円しか動きませんので、最初の頃でも動揺せずに取引きができます。
つまり、 1000通貨単位で取引きをしていくことで、正常な判断を行えて勉強することもできます。
FXを始めたばかりの時期は、簡単に稼げる訳ではありませんし、自分自身の取引きのやり方や勝ち方について勉強していかなければいけない時期でもあります。
この最初の時期に大きな金額で取引きをして大きく負けると取り返すのはしんどいですし、さらに新たな資金を投入しなくてはいけなくなります。
そうならないためにも、少ない投資金額で取引きができるFX業者を選ぶことです。
FX業者ごとに最低の投資金額が決められているのですが、1万通貨単位や1000通貨単位を最低の取引き通貨の単位として決められています。
まず最初は、1000通貨単位からポジションが持てる業者を選んでおくと、大怪我がなく取引きができます。

初心者がFX業者を選ぶ際に抑えておきたい2つのポイント

オンラインセミナーでFXを比較する

・相場がどういう時に動くのか

・チャートのテクニカル指標にはどのような種類があるのか

・テクニカル指標を組み合わせるとどういった効果があるのか

セミナーの動画の視聴は会員限定となっている内容もありますので、 オンラインセミナー頻繁に開催しているFX業者に口座開設をしておくと、無料でFXについて勉強ができます。 また、セミナーの動画の本数が多いことから、興味のあるテクニカル分析やファンダメンタルなど勉強したい内容を探しやすいメリットがあります。

ニュース・レポートの充実度で比較する

FXは時には大きく動くことがあります。
なぜその動きをしたのか、何が起きて急に動いているのかはニュースをチェックすれば分かります。 FXスワップポイント比較
ニュース配信をしている会社は多くありますが、 FX業者が複数のニュース配信会社と契約していると、多くの情報を手に入れることができます。

同じニュースでも違った角度から分析していることもあるので、今後のトレードに生かせることができます。
これがニュース配信をしている会社が少ないFX業者だと、欲しい情報が手に入らないこともあります。
FX業者で口座開設をする前には、FX業者がどのニュース配信会社と契約をしているのかは、ホームページで確認できます。
複数社と契約しているところを選びたいですね。
例えば、外為オンラインはロイター、FX WAVE、Market Win24と契約しています。 FXスワップポイント比較
外為どっとコムもロイターを含む3社と契約しており、契約数が多いのはこのあたりになります。

他には、ニュースの以外にもレポートが充実しているFX業者に口座開設をするのをおすすめします。
レポートの内容は、その日の主要通貨のトレードについて、昨日にどのような理由で相場が動いたかなどの多種多様なレポートがあります。
特に、初心者のうちに参考にしたいレポートは、重要なイベントや経済指標が控えているという説明をしているレポートは参考になります。
これらのレポートを読むことによって、何に注目したらいいのかある程度は分かりますので、最初の頃は複数のレポートに目を通すようにしたいものです。

SBI FXトレードとSBI証券の違いは? スプレッド、スワップポイント、メリットを徹底解説

・取引通貨単位:1通貨単位
・取扱通貨ペア:34種類
・口座開設・維持手数料:無料
・取引手数料:無料
・レバレッジ:最大25倍(一部通貨ペアを除く)
・スプレッド(原則固定・例外あり):
米ドル/円 1〜1,FXスワップポイント比較 000通貨0.09銭 1,001〜100万通貨 0.19銭
ユーロ/円 1〜1,000通貨0.FXスワップポイント比較 FXスワップポイント比較 30銭 1,001〜100万通貨 0.40銭
豪ドル/円 1〜1,000通貨0.40銭 1,001〜100万通貨 0.60銭
・スワップポイント(1万通貨単位)
米ドル/円 買い30円 売り−34円
ユーロ/円 買い−13円 売り8円
ポンド/円 買い6円 売り−11円

>> SBI FXトレードの口座開設はこちら

SBI FXトレードとSBI証券の違いは?

SBIグループのFXのサービスは、SBI FXトレードだけではありません。ネット証券のSBI証券にもFXのサービス(SBI FX α)があります。

●SBI証券「SBI FX α」の基本情報

・取引通貨単位:1万通貨単位(一部通貨ペアは1,000通貨単位で取引可能)
・取扱通貨ペア:28種類
・口座開設・管理手数料:無料
・取引手数料:無料
・レバレッジ:最大25倍(一部通貨ペアを除く)
・スプレッド(原則固定・例外あり):
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
豪ドル/円 0.7銭
・スワップポイント(1万通貨単位)
米ドル/円 買い30円 売り−34円
ユーロ/円 買い−13円 売り8円
ポンド/円 買い6円 売り−11円

SBI FXトレードとSBI証券のSBI FX αの違いは、次のところにあります。

●取扱通貨ペアの違い

SBI FXトレードの取扱通貨ペアは34種類です。SBI FX αの取扱通貨ペアは28種類。SBI FXトレードの方が多くの通貨ペアを扱っています。もっとも、日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・NZドルといった、主要な取引通貨ペアはどちらも網羅していますので、大きな差ではありません。

●最低取引単位の違い

SBI FXトレードの最低取引単位はなんと1通貨から。SBI FX αの最低取引単位は1000通貨から(米ドル/円、ユーロ/円など6通貨ペア)となっていますので、SBI FXトレードのほうがより少額からFXをスタートできます。

●スプレッドの違い

スプレッドはFXの買値と売値の差額のこと。スプレッドの差額が小さいほど、低コストで取引ができます。
SBI FXトレードのスプレッドは1,000通貨以下と1,001通貨以上で異なります。SBI FXトレードのスプレッドは、1,000通貨までの少額の取引のほうが安く設定されています。また、米ドル/円のスプレッド(1万通貨)で比較すると、SBI FXトレードのスプレッドは0.19銭、SBI FXスワップポイント比較 FX αのスプレッドは0.2銭と、わずかながらSBI FXトレードのほうが安くなっています。

●スワップポイントは同じ

スワップポイントは2つの通貨の金利差相当分。高金利の通貨を買う(低金利の通貨を売る)と、スワップポイントをもらえます。SBI FXトレードとSBI FX αのスワップポイントは、今回調査した米ドル/円・ユーロ/円・豪ドル/円とも同じでした。

SBI FXトレードとSBI証券のFXのサービスは、どちらもSBIグループのサービスですが、別のサービスです。SBI FXトレードでFXをしたい場合、SBI証券の口座を仮に持っていたとしても、別にSBI FXトレードでの口座開設が必要です。

>> SBI FXトレードの口座開設はこちら

SBI FXトレードの3つのメリット

SBI FXトレードと他のFX会社を比較したときに際立つ、SBI FXトレードの3つのメリットを紹介します。

●SBI FXトレードのメリット1:1通貨単位で取引できる

その点、SBI FXトレードでは1通貨単位から取引ができますので、数百円〜1000円程度の少額からでもスタート可能。とくにFXが初めてならば、少ない資金で取り組んで、値動きの感覚や利益・損失が出る感覚をつかみたいですよね。SBI FXトレードならば、少額から本格的なFXができるので、感覚をつかむのにぴったりです。

●SBI FXトレードのメリット2:少額取引のスプレッドが特に安い

上でも少し触れましたが、SBI FXトレードのスプレッドは1,000通貨以下と1,001通貨以上で異なります。しかも、SBI FXトレードのスプレッドは、1,000通貨までの少額の取引のほうが安く設定されています。スプレッドが安いと、より少ない値動きでも利益が出せるようになります。もちろん、1,001通貨以上のスプレッドも安いので、長く続けてより大口の取引をするようになったときにも役立ちます。

●SBI FXトレードのメリット3:「積立FX」でコツコツ外貨を買える

>> SBI FXトレードの口座開設はこちら

SBI FXトレードで新規口座開設すると500円もらえる!

SBI FXスワップポイント比較 FXトレードの特徴、SBI FXトレードとSBI証券の違い、SBI FXトレードのスワップポイントやスプレッド、そしてSBI FXトレードのメリットまでご紹介してきました。SBI FXトレードは、少額・低コストでFXをスタートでき、積立FXまでできるおすすめのFX会社です。

しかも、SBI FXトレードで新規口座開設を行い、対象期間内にログインした場合、全員に500円がプレゼントされます。SBI FXトレードならば、500円でも十分FXの取引を試すことができます。これを機にぜひSBI FXトレードに口座開設を行い、FXに取り組んでみてくださいね。

FXスワップポイント比較

FX初心者にぴったり合う最適の

FX会社おすすめ!

「初心者にすすめのFX会社比較サイト」では各FX業者の情報や特徴(スプレッド、スワップ、通貨ペア数、取引単位、キャンペーンなど)を独自に調査し、 徹底的に比較し、総合的に評価しています。「どの業者が良いのか分からない」と迷っている方に詳細かつ専門的な情報を提供し、 業者選定の時間を削減させます。
当サイトの評価内容は信頼できるデータと公式情報によるものです。FX口座の選び方はぜひ当サイトを利用して、 あなたにぴったり合う最適のFX会社を見つけましょう。

youtube

FX会社総合比較!

1.取引コストで比較 2.スワップで比較 3.キャンペーンで比較 4.最小取引単位で比較 5.通貨ペアを比較 6.取引ツールで比較 7.スマホアプリで比較 8.注文機能で比較 9.情報力で比較 10.会社の信頼性で比較

失敗しないFX会社の評価の仕方は?
取引コスト 20%

FXの取引コストは大きく「手数料」と「スプレッド」の二つがあるが、取引手数料が無料もしくは非常に小さいFX取引にお
いて、スプレッドの狭さは注目されています。スプレッドが狭ければ狭いほど、取引利用者にとっては有利となります。
スプレッドはFX会社選びにおいて初心者からプロトレーダーまで重要視する項目の1つでです。

キャンペーン 20%

FXでは、多くの会社でキャンペーンを実施中です。主流は「キャッシュバックキャンペーン」ですが、近年は食品プレゼントキャンペーンも人気です。 最近では、ほとんどのFX会社でスマホ対応やスプレッド縮小が進んでいます。 キャンペーンの豊かさは初心者にとって重要のポイントです。そこで、キャンペーンでFX会社を比較してみましょう。

取引ツール 20%

FX会社の取引ツールはWEB版とPCインストール版に分かれます。ここではそれらを比較できるほか、Macでも使えるかどうか、 FXスワップポイント比較 FXスワップポイント比較 取引サポートツール「売買シグナル」、自動売買ツール「システムトレード」、 取引ツールの体験ができる「デモトレード」の有無などについても比較してみます。

FXトレーダーにとって、情報が命、情報の早さも質も量も全てがトレード結果に直結しています。 FX会社ではニュースと配信会社と提携してニュース提供を行っているが、業者によって、提携数が変わるため、情報が豊富なFX業者とそうでない業者があります。 ここでニュース配信数、情報の質、情報の早さについてFX業者を評価してみます。

スワップは、2つの通貨を交換するときに生じる金利差調整分のことをいい、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売った場合、 その金利差分をスワップとして受け取ることができます。同じ通貨ペアのスワップポイントでも、FX会社によって異なります。 スワップポイントはFXにおいては非常に重要なポイントです。

スマホアプリ

いつでもどこでもスマートフォンを持っている人が多くなります。また、為替は24時間動くものなので、 スマホでチャートなど見ると便利です。特に画面が大きくて見やすいスマートフォンだと取引はしやすいです。 多数のFX業者中でスマートフォン対応のFX会社を比較しましょう。

カスタマーサポート

FX初心者の方にとってFXはわからないことばかり、いざ取引を始めるとなるとボタン一つ押すのも不安ですよね。そんな時に役立つのが、 各FX会社が提供しているサポートサービスです。平日24時間取引ができるFXなので、できればサポート時間は長い方が良いですし問い合わせ手段も多い方が良いです。 また、時間との戦いでもあるFXは繋がりやすさも重要です。そこで、対応時間や問い合わせ手段などを元にfx業者を比較してみます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる