お取引ガイド

チャートで練習問題

チャートで練習問題
D

【日本語教育能力検定試験 音声分野】口腔断面図の練習問題51

音声分野

前の問題はこちら

下線部の子音に該当する「口腔断面図」を選びましょう。

※ 同じ口腔断面図が該当する場合もあります。
※ 「カナと音声記号が紐づいていなくて難しい」という場合は、
音声記号の練習問題の38番まで取り組んでから チャートで練習問題
チャレンジしてみてください。

A

B

C

D

E

F

次の問題はこちら

「調音点」を見分けるポイント

① まずは、上顎の調音点をすべて覚えましょう。

② 調音法が鼻音・破裂音(破擦音)であれば、閉じてているところが「調音点」

③ 調音法が「摩擦音」であれば、狭まっているところが「調音点」

「調音法」を見分けるポイント

① 鼻腔への通路が開いているか?

開いている → 鼻音

開いていない → 鼻音以外

② 調音点が完全に閉鎖されているか?

閉鎖されている → 破裂音 or 破擦音

閉鎖されていない → 摩擦音

唇・歯茎・硬口蓋などの「調音点」で呼気(息の流れ)が完全に閉鎖されている場合の「調音法」は 「破裂音」 もしくは 「破擦音」 です。

「破裂音」 は
・ 鼻腔への通路を閉じる (鼻へは呼気が流れない)
・ 調音点を閉じる
状態から、 閉鎖を開放 することで音を発生させます。

また チャートで練習問題 「破擦音」 は、上記の破裂音+αで
・ 鼻腔への通路を閉じる (鼻へは呼気が流れない)
・ 調音点を閉じる
・ 閉鎖→開放直後に、摩擦音が続く
ことで音を発生させます。

口腔断面図は 「発音する直前の状態」 を表しているので、発音してからの状態(「破裂音」で終わっているのか?それとも摩擦音が続いて「破擦音」になったのか?)はわかりません。

唇・歯茎・硬口蓋などの「調音点」で呼気(息の流れ)が完全に閉鎖されていない場合の「調音法」は 「摩擦音」 です。

「摩擦音」 は
・ 鼻腔への通路を閉じる (鼻へは呼気が流れない)
・ 調音点で呼気の通り道を狭める チャートで練習問題
ことで音を発生させます。

Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。


図1 スミスチャート(左:市販のグラフ用紙※1、 右:画像ファイル(フリー)※2)
※1 https://www.sakaetp.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=51
※2 https://www.kisspng.com/png-smith-chart-with-scale-full-color-stub-electrical-798866/

(1)スミスチャートの目盛りは正規化インピーダンス
スミスチャートとは「伝送線路の反射係数とインピーダンス値を関連付けたチャート」です。このためスミスチャートのインピーダンス目盛りは扱う線路の特性インピーダンスZo(または整合設計を行う際の基準インピーダンス)で正規化(Z/Zo)して表示されています。図2に①で示す通りチャートの中心は「1.0」と書かれており、ここをZo[Ω]と読み替えることになります。

(2)直列Rの目盛り:等リアクタンス円
図2においてオレンジの矢印と吹き出しで示した放射状の目盛りが等リアクタンス円です。「円ではないじゃないか」というご意見も出そうですが、チャートの外側に中心がある大きな円の一部です。ちなみにチャートの外側も負性抵抗領域として意味のある領域ですが、今は割愛します。

まずチャートの中央を左右に貫くライン(図2の②)がjX=0Ωの目盛りつまり純抵抗のラインとなります。右端(③)が∞Ω(Open)、左端(④)が0Ω(Short)で直列に抵抗Rを接続するとインピーダンスはこの目盛り上を右に移動してゆきます。何がしかのリアクタンス成分(jX)が接続された状態のときは上下に広がる目盛り上にプロットされます。この時、誘導性リアクタンス(Lが直列接続されている→ +jX)の場合は⑤(代表)で示す上半分の目盛り、容量性リアクタンス(Cが直列接続されている→-jX)の場合は⑥(代表)で示す下半分の目盛り上にプロットされます。そしてR+jXΩのインピーダンスに直列にRを接続すると、合成インピーダンスはこの等リアクタンス目盛り上を③の∞Ωの方向に向かって移動してゆきます。この動きはMr. Smithで簡単に確認することができます。→図3参照

(3)直列jXの目盛り:等レジスタンス円
図2において赤の矢印と吹き出しで示したOpenの点(図2の③)に接する円形の目盛り⑦(代表)チャートで練習問題 が等レジスタンス円です。この目盛りはjX=0Ωの目盛り(図2の②)と接する点が0Ωで、上半分が+jX、下半分が-jXの正規化リアクタンス(jX/Zo)を示し、時計回りに値が大きくなります。+側と-側はOpen(図2の③)の点でそれぞれ+j∞Ω、-j∞Ωとなって合流します。

(4)インピーダンスを並列接続したときの動き
次にR+jXΩにあるインピーダンスを並列接続したときのチャート上の動きを説明します。R+jXΩに別のインピーダンスを並列接続したときの合成インピーダンスは、スミスチャートの目盛り上を移動しません。並列接続したときの合成インピーダンスは図5に示すようにチャートを左右反転した目盛りに沿って変化します。この左右反転したチャートの事をアドミッタンスチャートと呼びます。これに対して(1)~(3)で説明してきたチャートの事をインピーダンスチャートと呼びます。一般に「スミスチャート」というと、インピーダンスチャートの事を示す場合が多いですが、実際にはインピーダンスチャート/アドミッタンスチャートをセットで使用します。

(5)並列R(直列G)の目盛り:等サセプタンス円
図5においてオレンジの矢印と吹き出しで示した放射状の目盛りが等サセプタンス円です。まずチャートの中央を左右に貫くライン(図5の②)がjB=0Sの目盛り、つまり純抵抗のラインとなります。右端(③)が0S(Open)、左端(④)が∞S(Short)で、並列に抵抗Rを接続(すなわち直列にGを接続)するとアドミッタンスはこの目盛り上を左に移動してゆきます。何がしかのサセプタンス成分(jB=1/(jX))が接続された状態のときは上下に広がる目盛り上にプロットされます。この時、誘導性サセプタンス(Lが並列接続されている→ -jB)の場合は⑤(代表)で示す上半分の目盛り、容量性サセプタンス(Cが並列接続されている→+jB)の場合は⑥(代表)で示す下半分の目盛り上にプロットされます。そしてR+jXΩのインピーダンスに並列にRを接続(すなわちG+jBのアドミッタンスに直列にGを接続)すると、合成アドミッタンスはこの等リアクタンス目盛り上を④の∞Sの方向に向かって移動してゆきます。この動きはMr. Smithで簡単に確認することができます。→図6参照

(6)並列jX(直列jB)の目盛り :等コンダクタンス円
図5において赤の矢印と吹き出しで示したShortの点(図5の④)に接する円形の目盛り⑦(代表)が等コンダクタンス円です。この目盛りはjB=0Sの目盛り(図5の②)と接する点が0Sで、上半分が-jB、下半分が+jBの正規化リアクタンス(jB/Yo = jB・Zo)を示し、時計回りに値が大きくなります。+側と-側はShort(図5の④)の点でそれぞれ+j∞S、-j∞Sとなって合流します。

2. 第2話の振り返り

チャートで練習問題
図8 練習問題2(第2話から再掲)

(1)正規化インピーダンス、アドミッタンスを導出する
信号源と負荷のインピーダンスをスミスチャートにプロットできるようにチャートの中心のインピーダンス(Zo:ここでは従来通り50Ωとします)で正規化します。計算式は図9の(1)に記載の通りです。図9ではアドミッタンスチャートしか示していませんが、インピーダンスチャートとアドミッタンスチャートの両方にプロットしましょう。
なおMr.Smithでは正規化計算は自動で処理されるので必要ありませんでした。

(2)等レジスタンス円、等コンダクタンス円を書き込む
コンパスを使用して両チャート上に図9②の点を通る等コンダクタンス円と①の点を通る等レジスタンス円をそれぞれ書き込みます。②の点を通る等コンダクタンス円はインピーダンスチャート上でjX=0のレジスタンスメモリ上に中心があり、0Ωと1.5Ω(②の点)を結ぶ線の大きさが直径となる円、①の点を通る等レジスタンス円はインピーダンスチャート上でjX=0のレジスタンスメモリ上に中心があり、1.0Ω(①の点)と∞Ωを結ぶ線の大きさが直径となる円です。円の中心はコンパスを使用して各直径区間を2等分することで導出してください。インピーダンスチャート上での作図は図9を、アドミッタンスチャート上での作図は図10を参考にしてください。なおMr.SmithではMarker listから通過させたいマーカを選択して、カーソル(C)→Constant G(等コンダクタンス円)、カーソル(C)→Constant R(等レジスタンス円)で表示することができました。

(3)サセプタンス素子の導出
負荷インピーダンスにサセプタンス素子を接続して、等コンダクタンス円と等レジスタンス円の交点までインピーダンスを変換し、そこからリアクタンス素子を接続して負荷の共役インピーダンス(50Ω)までインピーダンスを変換します。
サセプタンス素子の大きさは図9に示す通り、等コンダクタンス円上の②から等レジスタンス円との交点④までの大きさをアドミッタンスチャートの目盛りを読み取って求めます。
Mr.Smithでは目盛りを読む代わりに、接続する「並列素子」の大きさを変化させて交点までインピーダンスを変化させました。

(4)リアクタンス素子の導出
リアクタンス素子の大きさはインピーダンスチャートを用いて求めます。図10に示す通り、等レジスタンス円と等コンダクタンス円の交点④から負荷の共役インピーダンス②までの大きさをインピーダンスチャートの目盛りを読み取って求めます。

(5)サセプタンス素子、リアクタンス素子をインダクタンス、キャパシタンスに変換
ステップ(4)まででインピーダンス変換の操作は完了しましたが、実際の回路図にするためには正規化インピーダンス/アドミッタンスを実インピーダンス/アドミタンスに変換→サセプタンスを並列リアクタンスに変換→リアクタンスを設計周波数でL,Cに変換という操作を経る必要があります。これらの操作を図11に纏めます。Mr. Smithではこれらの計算はすべて自動化していますので、リアクタンス、サセプタンスを意識せず、直接L,Cの直並列接続で整合設計を行うことができました。→図12


図11 練習問題の解法 ステップ(5)~(7)


図12 Mr. Smithを用いた整合回路設計(Step3)(第2話から再掲)

3. 改めてインピーダンスマッチングの基本

インピーダンスマッチング(整合)とは「負荷インピーダンスZ L を電源インピーダンスZ L の複素共益に変換する」インピーダンス変換操作です。練習問題2では簡単化のためZ S 、Z L 共に実数値の事例で説明してきました。今度は図13に複素インピーダンス同士の整合設計例を示します。図13①、②に示すようにインピーダンスZの複素共役インピーダンスZ (CONJ) はjX=0の等リアクタンス目盛りを挟んで上下対称の点となります。Mr. Smithでは「カーソル(C)」→「Conjugate」でアクティブマーカの複素共役点を表示できます。

③に示すように、Z L をZ S の複素共役インピーダンスZ S (CONJ) に変換する回路は逆から辿ると、④に示すようにZ S をZ L の複素共役インピーダンスに変換するように働きます。従って電源側、負荷側どちらからインピーダンス変換を行っても、相手側が自身の複素共役の関係になって整合条件は満足することになります。しかし実数値どうしのインピーダンスマッチングと異なり、始点と終点のどちらを複素共役にするかを間違えると結果がでたらめになります。(例えば図13でZ L (チャートで練習問題 CONJ) から変換を行うと同じ定数ではZ S に戻りませんので確認してみて下さい)このため初歩的な間違いを避ける観点で、インピーダンス整合は「負荷インピーダンスを電源インピーダンスの複素共役に変換する」と覚えて常に電源側、負荷側と始点、終点を意識するように心がけることをお勧めします。

4. 第3話のまとめ

第3話は本来のスミスチャートの読み方と使い方についてご説明しました。またMr. Smithとの違いについても触れました。伝送線路の話をせずに解説しているので少々モヤモヤ感が残っているかもしれませんが、少なくとも第2話の練習問題で何をやったのかはご理解いただけたのではないかと思います。要点をまとめると、
① スミスチャートとは伝送線路の反射係数とインピーダンス値を関連付けたチャートである。
② スミスチャートの目盛りはZoで正規化されている。
③ スミスチャートにはインピーダンスチャートとアドミッタンスチャートがあり、インピーダンスの直列接続はインピーダンスチャート、アドミッタンスの直列接続(インピーダンスの並列接続)はアドミッタンスチャートの目盛りに沿ってインピーダンス/アドミッタンスが変化する。
④ 2種類のチャートは重ね合わせて使用することができる。
⑤ 複素インピーダンス相互の整合回路は逆にたどると相手のインピーダンスの複素共役インピーダンスへの変換回路として機能する。
⑥ 間違いを避ける観点で「負荷インピーダンスを電源インピーダンスの複素共役に変換」の手順を守る。

わえなび ワード&エクセル問題集 waenavi

当サイトはWordとExcelの実力を鍛える最高水準の特訓問題集です。リンクを張るのは自由です。みんなで勉強しましょう!

テキストボックス完全マスター!練習問題で学ぶテキストボックス総まとめ

そこで、「 テキストボックスの正しい使い方 」というテーマで当ブログの記事を、作成例とともにまとめてご紹介します。

*補足*

すべてWordの画面で説明していますが、 ExcelやPowerPointもほぼ同じです。 WordとExcelの違いは、行グリッド、インデント、改行記号の有無です。Excelにはこれらの設定が無いので読み飛ばしてください。

1.図形描画の基本

2.テキストボックスの書式と行間の調整

Wordは行グリッドによる行間の拘束があるので、行グリッドを解除するか、行間を固定値として設定することによって行間を変えます(参考:【Word】行グリッドが存在する理由と、行間と行の高さを調節する方法)。ExcelやPowerPointの場合も同様です。 テキストボックス内部の段落書式と行間の調整 をすることは、テキストボックスの基本中の基本です!!

わえなび ワード&エクセル問題集

f:id:waenavi:20190304224749j:plain

3.テキストボックス内部の余白

テキストボックスの内部には 上下左右の余白 があります。これは外側の枠線と文字列がくっつきすぎることによって文字が見にくくなるのを防ぐためのものです。しかし、場合によってはこの余白が邪魔になることもあります。その場合は上下左右の余白をすべて「0mm」にします。余白を調整することによって、記入欄としての空欄を作ることができ、テキストボックス内部の記入するスペースを増やすことができます。

わえなび ワード&エクセル問題集

f:id:waenavi:20200306214748j:plain

4.穴埋め式問題の伸縮自在の空欄(Wordのみ)

Wordで試験問題の問題文や文章中の空欄を作るには「 行内テキストボックス 」を使います。透明なテキストボックスを使えば、文章中に伸縮自在のカッコや下線の空欄を入れることもできます。

わえなび ワード&エクセル問題集

5.レイアウトオプション(Wordのみ)

Wordのレイアウトオプションは、おもに「前面に貼り付けたテキストボックス」のページ内の位置をミリ単位で指定するときに使います。用紙の上からの距離、左からの距離、縦と横の長さを入力することによって、テキストボックスを 用紙の特定の位置に印刷 することができます。白紙だけでなく、すでに枠が印刷されている用紙にさらに印字するときにも使えます。

わえなび ワード&エクセル問題集

f:id:waenavi:20190108101450j:plain

6.OCRフォントでマス目に印字する(Wordのみ)

郵便番号のマス目や振込用紙(払込取扱票)のマス目の位置は決まっているため、レイアウトオプションを使えば、マス目の中に数字を印字することができます。 均等割り付けと余白を使って位置合わせ をすることも可能です。数字を印字するには機械で読み取りやすいOCR用フォントを使います。

わえなび ワード&エクセル問題集

f:id:waenavi:20190119060830j:plain

7.封筒に直接印刷する方法

ラベルシールの普及に伴い、封筒に直接印刷をすることが少なくなりましたが、宛名ではなく返信用封筒や差出人を印刷するときには 直接封筒に印刷 したほうが良いでしょう。封筒の大きさはJIS規格で統一されているため、Wordのテキストボックスを用いて印刷することが可能です。封筒をプリンタ(または複合機)に差し込んで印刷するときの注意点についても解説しています。詳しくは下記の記事をご覧ください。

わえなび ワード&エクセル問題集

f:id:waenavi:20181102101908j:plain

8.テキストボックスへの差し込み印刷

わえなび ワード&エクセル問題集

f:id:waenavi:20190525110701j:plain

f:id:waenavi:20190525104831j:plain

9.ワードアートの正しい使い方

(1)テキストボックスと統合されたワードアート

初心者がワードアートを学ぶには、まずテキストボックス(図形)としてのワードアートの塗りつぶしと枠線、文字効果としての塗りつぶしと枠線の違いを理解しなければなりません。そのためには、背景色を設定した 白抜き の手法と、文字を重ねて作る 袋文字 を最初に学習するべきです。詳しくは下記の記事をご覧ください。

【日本語教育能力検定試験 音声分野】口腔断面図の練習問題51

音声分野

前の問題はこちら

下線部の子音に該当する「口腔断面図」を選びましょう。

※ 同じ口腔断面図が該当する場合もあります。
※ 「カナと音声記号が紐づいていなくて難しい」という場合は、
音声記号の練習問題の38番まで取り組んでから
チャレンジしてみてください。

A

B

C

D

E

F

次の問題はこちら

「調音点」を見分けるポイント

① まずは、上顎の調音点をすべて覚えましょう。

② 調音法が鼻音・破裂音(破擦音)であれば、閉じてているところが「調音点」

③ 調音法が「摩擦音」であれば、狭まっているところが「調音点」

「調音法」を見分けるポイント

① 鼻腔への通路が開いているか?

開いている → 鼻音

開いていない → 鼻音以外

② 調音点が完全に閉鎖されているか?

閉鎖されている → 破裂音 or 破擦音

閉鎖されていない → 摩擦音

唇・歯茎・硬口蓋などの「調音点」で呼気(息の流れ)が完全に閉鎖されている場合の「調音法」は 「破裂音」 もしくは 「破擦音」 です。

「破裂音」 は
・ 鼻腔への通路を閉じる (鼻へは呼気が流れない)
・ 調音点を閉じる
状態から、 閉鎖を開放 することで音を発生させます。

また 「破擦音」 は、上記の破裂音+αで
・ 鼻腔への通路を閉じる (鼻へは呼気が流れない)
・ 調音点を閉じる
・ 閉鎖→開放直後に、摩擦音が続く
ことで音を発生させます。

口腔断面図は 「発音する直前の状態」 を表しているので、発音してからの状態(「破裂音」で終わっているのか?それとも摩擦音が続いて「破擦音」になったのか?)はわかりません。

唇・歯茎・硬口蓋などの「調音点」で呼気(息の流れ)が完全に閉鎖されていない場合の「調音法」は 「摩擦音」 です。

「摩擦音」 は
・ 鼻腔への通路を閉じる (鼻へは呼気が流れない)
・ 調音点で呼気の通り道を狭める
ことで音を発生させます。

バイナリーオプションの練習アプリでおすすめは?初心者が効率的に練習できる方法も紹介!

バイナリー

  • バイナリーオプションの練習アプリがなにか分かる
  • 練習アプリがおすすめできない理由が分かる
  • おすすめの練習法が分かる

確かにアプリを使ってバイナリーオプションの練習をすることはいいことですが、実はそれよりも 効果的な方法が存在する ことをご存じでしょうか。

今回の記事では、 バイナリーオプションの練習ができるアプリ を紹介するとともに、練習アプリよりも効果的な方法についてもくわしく解説します。

  • 1 バイナリーオプションの練習はアプリで大丈夫?
    • 1.1 バイナリーオプションの練習アプリとはなにか?
    • 1.2 どんなアプリがあるの?
    • 1.3 アプリでは取引の練習にならない
    • 2.1 実際の取引と全く違う
    • 2.2 相場を読む練習ができない
    • 2.3 詐欺アプリが多く出回っている
    • 3.1 本番に近い形でトレードの練習できる
    • 3.2 慣れてきたらリアルトレードにスムーズに移行できる
    • 4.1 ハイローオーストラリアの取引方法が理解できる
    • 4.2 スマホでも手軽にできる
    • 4.3 【注意点】土日や取引の時間外などは利用できない

    バイナリーオプションの練習はアプリで大丈夫?

    バイナリーオプションの練習アプリとはなにか?

    まずバイナリーオプションの練習アプリとは、 バイナリーオプション取引を疑似的に体験できるアプリ のことをいいます。

    どんなアプリがあるの?

    • スマートフォンでダウンロードして使用する(アプリケーション型)
    • インターネットブラウザでそのままシミュレーションする

    仕様や特徴はアプリによって違うものの、バイナリーオプションを 初心者でも始めやすいようゲーム感覚で出来るものが多い です。

    練習アプリアプリの特徴
    かるFXFXについての基礎知識を学べる講座付きで、初心者でも知識を身につけてからの練習が可能です。また、ユーザー同士の意見交換ができるのも特徴のアプリです。
    IQ Forexチャートがリアルタイムの市場シグナルに基づいているため、実際の取引を想定した練習が可能です。
    FXミリオンバトル100万円の軍資金を使用してFXのトレードを行うシミュレーションができるデモ アプリです。実践的なトレードで本番さながらの緊張感を味わえます。

    アプリでは取引の練習にならない

    バイナリーオプションの練習アプリは、はっきり言っておすすめできません。

    なぜなら、練習アプリは、 「練習のためにあるのであって実践を想定しているわけではない」 からです。

    バイナリーオプションの練習アプリをおすすめできない理由

    ここでは、その理由を詳しく紹介します。根本的な理由としては 「あくまで実践的ではない」 という理由に落ち着きますが、大きく3つの理由があります。

    • 実際の取引と全く違う
    • 相場を読む練習ができない
    • 詐欺アプリが多く出回っている

    実際の取引と全く違う

    しかし、練習アプリの場合にはこの 「為替レート」自体に問題がある ケースが多くなっています。そのため、実際の取引とは全く違う可能性が高いです。

    • シミュレーションされたものを扱っている事が多い
    • 対応通貨ペアが限られている

    もちろん、レンジオプションやラダーオプションなどの基本的な取引方法は理解できますが、取引方法を知った後はあまり アプリを使って練習する意味はない と言えます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる