外国為替証拠金取引

TradingView(トレーディングビュー)とは

TradingView(トレーディングビュー)とは
FX

TradingViewの投資戦略テスター完全解剖マニュアル

様々な銘柄のチャートを見たり、インジケータを適用して可視化を行ったり、簡単な投資戦略の作成を行う際の便利なチャートシステムにTradingView(トレーディングビュー)と呼ばれるものがあります。
TradingViewの便利な機能のひとつが「投資戦略テスター」です。投資戦略テスターとは、投資戦略(ストラテジー)を作成してバックテスト(過去の数値を元にした売買シミュレーション)を行った結果を損益グラフや数値で示してくれるものです。

そこで今日は「投資戦略テスター」にある項目を1つずつ分解していき、ある戦略が使えそうか否かの判断を行う際の材料にしていただけるような『TradingViewの投資戦略テスター完全解剖マニュアル』を作成しました。

投資戦略テスターって何?

1. ストラテジーの設定画面

2.損益グラフ

3.パフォーマンスサマリー

4.トレード一覧

ストラテジーの設定画面について

この設定画面には、pine scriptで指定したものが表示されます。何も指定していない場合にはデフォルト値が表示されます。pine scriptで指定していても、設定画面で数値を変更すればバックテスト結果に反映されるので、逐一pine scriptに戻って記述しなおす必要はありません。

①初期資金
バックテスト開始時の資金量を設定します。デフォルトだと100,000になっています。この数値によって純利益や最大ドローダウンの値が変わってきます。初期資金が少なければ少ないほど、純利益や最大ドローダウンは大きくなります。

②基準通貨
バックテストで使用する通貨を選択します。

➂発注サイズ
取引における発注を数量、約定金額、口座資産に対する割合のどれで行うのかを指定します。通常は数量1のままで構いません。どれを選択するのかによってバックテスト結果は変わってきます。たとえば発注サイズを1円に設定すると、1円以下の銘柄は売買できないので、売買銘柄の価格が1円より大きい場合には取引が行えません。

④ピラミッティング
ピラミッティングを行う回数を指定します。ピラミッティングとは同じ方向に注文を重ねて行うことです。ピラミッティングを複数行うことのできるpine scriptのときに有効になります。

⑤手数料
手数料を設定できます。約定金額に対するパーセンテージ、注文や約定に対する絶対額で指定することができます。

⑥指値価格の厳密性
指定したティック数離れたところで指値約定するとみなす場合に設定するものです。指値注文を行うように指定したストラテジーで、バックテストの精度を上げたいときに使用します。

⑦スリップページ
スリップページを想定して、指定したティック数だけ不利な価格で約定したことにするための設定です。

⑧再計算
注文約定後やティックごとに計算を行うストラテジーで有効する項目です。通常は無視で構いません。

初心者の方が特に着目すべきなのは「初期資金」「発注サイズ」「手数料」の3つです。特に初期資金の金額が変わることで損益グラフの形は変わらないのに純利益や最大ドローダウンが変わることを理解していないと混乱してしまいます。

TradingView(トレーディングビュー)とは

考えてみれば当たり前のことではありますが、わかっていないと混乱してしまうので注意してください。
厳密性には欠けますが、 簡単に見ることのできる範囲でリアリティのあるシミュレーション結果が見たいときには、トレード一覧を見て最初にトレードしたときの金額を初期資金の金額として設定してください。
価格は変化するのでこれでも不十分ではありますが、デフォルト金額のままよりは参考になる結果が出てきます。

損益グラフについて

①損益グラフ
損益グラフの表示画面です。資産がどのように推移するのかを視覚的に表したものになります。横軸は取引回数であり、時間の長さを表したものではないことに注意してください。⑨~⑫の項目を変更することによって表示形式は変わります。

②純利益
損益額と損益率です。損益率は初期資金の設定によって変化します。純利益となっていますが、これはTradingView日本語版の翻訳が正しくありません。

➂終了したトレードの合計
何回のトレードを行ったのかを表示しています。このトレード回数は新規注文→決済注文で1回としてカウントされるものであり、新規注文を行った時点ではカウントされません。そのためたとえば100回の買い注文を行って、1回の決済注文ですべて決済を行ったときには、トレード回数は1回になります。トレードのロジックによってはこの数字と実際の取引回数に大きな乖離が生じるので注意してください。常にドテン売買を行うロジックであれば注文回数は一致、新規注文と決済注文が必ず1:1の対応になるロジックでは注文回数はこの数字を2倍した数字になります。

④勝率
勝率です。決済注文を行ったときにその注文が利確だったらプラス、損失だったらマイナスとしてカウントされます。初心者の場合、勝率が高ければ高いほど良い戦略であると思ってしまいがちですが、勝率はひとつの要素でしかありません。勝率99%でも破産する戦略もあれば、勝率20%でも優秀な戦略もあります。勝率だけを見ず、他の項目も合わせて見るようにしてください。
また後述するペイオフレシオと合わせて見ることが非常に重要です。

⑤プロフィットファクター
「勝ちトレードの総利益 / 負けトレードの総損失」で計算される項目です。PEとも表記します。取引回数が一定数以上ありプロフィットファクターが高い戦略は一般的に優秀であるとされています。プロフィットファクターが1.0以上ならバックテストでは利益を生んだ戦略、1.0未満なら損をする戦略です。
1.5~2.0ぐらいあれば優秀な戦略であると言えます。10以上など極端に数値が大きいものについては、カーブフィッティングの可能性が高くなるので危険です。たとえば数値をよく見せることだけを目的にすれば、ナンピンを使ったりしてプロフィットファクターが100以上の戦略を作ることも簡単にできてしまいます。
また、取引回数が一定数以上というのは具体的に何回なら良いのか?については、どの銘柄を扱うのか、その銘柄を取り巻く状況はどうか、といった要素に左右されるものであり一概には言えません。その上で目安をあげるとしたら100回以上は欲しいところです。

⑥最大ドローダウン
純資産価値のピークから谷までの損失の中の最大値のことを指します。最大ドローダウンが50%なら、バックテストの中でピーク時の資産から50%する瞬間があったことを意味します。たいていは最悪のシナリオを想定するときに用いられます。
初期資金の設定によって最大ドローダウン率は変化することに注意してください。初期資金の設定を行っても厳密な値は計算できないので、TradingViewの最大ドローダウン率はあくまでも参考値としてみてください。
そのため最悪のシナリオの想定としてTradingViewの最大ドローダウン率を信じることは非常に危険です。バックテスト期間として切り取る期間によっても変化します。初期資金を最初にトレードしたときの金額に設定した上で最大ドローダウン率を見て、その最大ドローダウン率を2倍にした値を想定するぐらいがちょうどよいです。

⑦平均トレード
平均トレードの損益額と損益率を示したものです。1回のトレードは決済注文単位でカウントされることに注意してください。

⑧トレードでの平均バー数
1回のトレードにかかった時間をローソク足の数で表示しているものです。画像ですと45本となっています。この戦略は1時間足の戦略なので、新規注文から決済注文までにかかる平均時間は45時間であるということになります。戦略がどのような性質を持つものなのかがこの数値を見ることで何となくわかります。

⑨ドローダウン
クリックするとドローダウンを①の領域に描写します。

⑩資産
クリックすると資産を①の領域に描写します。

⑪バイ・アンド・ホールドでの資産増減
売買銘柄をバックテスト期間中に保有していたときの資産推移と投資戦略による資産推移を比較することのできるものです。バイ・アンド・ホールドよりも劣っているのであれば微妙な戦略だ、と判断する際などに使用する便利な機能です。ただしシャープレシオを重視してバイ・アンド・ホールドによる乱高下を回避しつつ資産増を目指す戦略だったり、複数の戦略を組み合わせることを前提にした戦略を取る場合などは、バイ・アンド・ホールドに劣っているからと言って必ずしも悪いわけではありません。

⑫絶対値/パーセンテージ
損益グラフの縦軸を絶対値/パーセンテージで切り替えることができます。

損益グラフの項目はすべて重要です 。損益グラフの形やプロフィットファクターに注目してしまいがちですが、それ以外の項目もしっかりと見るようにしましょう。また、 最大ドローダウン率については初期資金の設定を行った上で見るとともに、TradingViewでの表示には限界があることにも注意してください。

パフォーマンスサマリー

①純利益/純利益/純損失
損益額(率)合計、純利益(率)、純損失(率)をそれぞれ表したものです。1つ目が純利益となっているのはTradingView日本語版の表記が間違っているためです。純利益と純損失を合わせたものがトータルの損益額になります。

②最大ドローダウン
最大ドローダウンです。詳細は損益グラフの記載を参考にしてください。

➂バイ・アンド・ホールドでのリターン
バックテスト期間でバイ・アンド・ホールドしたときの損益額(率)を表示しています。

④シャープレシオ
シャープレシオは資産が効率的に運用されているのかを示す指標です。投資戦略の平均リターンをリスク(標準偏差)で割った値として計算されます。リターンを得るためにどれだけのリスクを取っているのかを数値化した指標です。金融機関で非常によく使われています。SRと表記することが多いです。
一般的には0.5未満だと悪い、0.5以上~1.0未満だと普通、1.0以上~1.9未満だと優秀、2.0以上だと極めて優秀とされることがあります。ただし、基本的に同種の投資対象の投資戦略で比較する際に用いるのが効果的であるため、絶対値を見るよりも相対的に見ることをオススメします。
ちなみにトレンドフォロータイプの戦略だと基本的にシャープレシオは悪くなります。

⑤プロフィットファクター
プロフィットファクターです。詳細は損益グラフの記載を参考にしてください。

⑥最大保有数
バックテスト期間中に最大でいくつのポジションを持ったのかを表しています。ピラミッティングを行わないロジックの場合には必ず1になります。

⑦未決済の損益
現在の未決済の損益額(率)を表したものです。損益グラフがきれいでも、実は塩漬けにしてしまっているだけで、未決済の損益が赤字で溜まっている、というケースもあります。

⑧支払い済み手数料
設定画面で設定した手数料を合計でいくら支払っているのかを計算したものです。びっくりするほど払っているものです。必ず確認するようにしましょう。

⑨終了したトレードの合計
トレードの合計数です。詳細は損益グラフの記載を参考にしてください。

⑩未決済トレードの合計
まだ決済していないトレードの合計数です。

⑪勝ちトレードの数/負けトレードの数
決済のたびに勝ちか負けかをカウントして表示したものです。

⑫勝率
勝率です。「勝ちトレードの数/終了したトレードの合計」で計算されます。

⑬平均トレード/平均勝ちトレード/平均負けトレード
合計の平均トレードと勝ちトレードと負けトレードにわけたときの平均トレードです。詳細は損益グラフの記載を参考にしてください。

⑭ペイオフレシオ(平均勝ち/平均負けの比率)
利益が出たトレードの利益額と損失が出たトレードの損失額の比率です。リスクリワードレシオとも言います。ペイオフレシオは勝率と合わせて見ることが非常に重要です。勝率とペイオフレシオでその戦略の損益分岐点がわかるので、戦略の特性を把握したり、戦略改善を行うための材料にするための重要な情報になります。戦略改善を行うときにロジックの核を変えない場合には、勝率をあげるか、ペイオフレシオを上げるかを考えることになります。
たとえば勝率が80%あってもペイオフレシオが0.1しかなかったら損をしてしまいます。(平均負けの金額が平均勝ちの金額の10倍)

⑮最大勝ちトレード/最大負けトレード
勝ちトレードと負けトレードのうち、それぞれの最大値をピックアップしたものだと思うのですが、数値がおかしいです。この例ですと純損失の全合計値が-480%なのに、最大負けトレードは-2012%になっています。見ていない項目でわかりません。どういうことなんでしょうか。ご存じの方がいたら教えてください。

⑯トレードでの平均バー数/勝ちトレードでの平均バー数/負けトレードでの平均バー数
トレードでの平均バー数と、それを勝ちトレードと負けトレードに分解して表したものです。損失を長く抱えずに利益を伸ばす戦略になっているかどうかなど、戦略の特性を把握するための重要な項目です。ここでは表示されませんが、勝ちトレードでの平均バー数と負けトレードでの平均バー数の比率に着目するのもオススメです。

損益グラフに表示されている項目を除外すると、ここで 特に重要なのは「シャープレシオ」「支払い済み手数料」「ペイオフレシオ」「勝ちトレードでの平均バー数/負けトレードでの平均バー数」 です。
それぞれ戦略の特性を把握する上で重要で参考になる項目です。

「Trading View」を使うメリット、登録方法から初期設定まで分かりやすく!!

FX

FX取引や株取引を始めたばかりという方の中には、取引している FX/証券会社の取引画面のチャートだけをみて取引しているという人 も多いのではないでしょうか?

しかし、各会社の提供している取引ツールはけっこう使いづらかったりするものです。
そこで今回は、 投資を行う全ての人が絶対に使うべき最強のチャートツール「Trading View」 についてご紹介します!!

Trading Viewとは?

トレーディングビューとは、TradingView Inc.が提供する世界中の株価や為替の動きを確認できるブラウザ版チャートツールです。

有料版だとより多くの分析ツールを使えるのですが、初心者の方は無料版で十分です!

世界中のトレーダーや投資家が毎月3,000万人以上が利用し、 世界で最も多くの人に利用されている投資関連サイト です(2021年7月、SimilarWeb data)。

Trading Viewを使うメリット

トレーディングビューを使うメリットは一言で言うと、 圧倒的に使いやすい ことでしょう。
もう少し詳しく見ていくと、以下の4点が大きなメリットです。

  • あらゆるチャート機能が使える
  • あらゆる銘柄のチャートが揃っている
  • チャート画面が圧倒的に見やすい
  • 実際の値動きに近い値動きをする

まず、「あらゆるチャート機能が使える」についてですが、皆さんはいまどんなチャート分析機能を使っていますか?
平行線やトレンドライン、平均線、フィボナッチ、RSIなど人によって使っているツールはさまざまかと思いますが、トレーディングビューにはあらゆるツールが揃っています。
さらに、単に揃っているだけではなく、線の色や数値の設定などが非常に感覚的に分かりやすいです。なので、投資を始めたばかりだという方にとっても使いやすいです!

次に、「あらゆる銘柄のチャートが揃って」いて、日本のソフトバンクやファーストリテイリング、米国のGAFAなどはもちろん、大小さまざまな企業の株価チャートが揃っています。
主要通貨の為替チャートに加え、国債やS&P500、インデックス指標も全てトレーディングビューで確認できます。
あらゆるチャートを一つのサイトで確認できるので、簡単に複数の値動きをチェックすることができ、とっても楽チンです!

また、チャートの拡大・縮小によってチャート画面が変になることなくチャートの分析が可能です。
証券会社やFX会社の提供しているチャートよりも、大きくズームアウトできるので、自分の見やすい範囲に調節することが簡単にできます。

最後に、これが一番重要なのですが、トレーディングビューの為替チャートは実際の値動きにより近い動きをします。
主にFXにおける話ですが、トレーディングビューではOANDAやFXCMなど世界的に大手のFX会社の値動きが見られます。もちろん、それらの中から自分が取引しているFX会社に値動きの近いチャートを見るべきですが、より多くの人が取引していてより実際に値動きが近いチャートを見ることで、 各会社ごとの変なダマシの動きなどに翻弄されることなくトレード することができます。

trading view(トレーディングビュー)はFXや仮想通貨トレードで便利!《評判・口コミ》

trading view(トレーディングビュー)

今回は、実体験をもとに、トレーディングビューとMT4どちらが使い易いのか、検証していきます。Trading view(トレーディングビュー)とMT4どちらがいい?!まず、ずばり先に結果を言ってしまうと、チャートを見てラインを引いたりするならば、Trading view(トレーディングビュー)が圧倒的にやり易いと思います。trading view(トレーディングビュー)の公式HPはこちら!ビジュアルはトレーディングビューMT4は、このように非常にシンプルな表示になっています。それに対して、trading view(トレーディングビュー)はカラフルで、背.

本気でトレーディングビュー使うなら有料版で

もし、trading view(トレーディングビュー)を使うならば、有料版を使った方が良いと思います。トレーディングビューの有料版にしかできないことなぜならば、trading view(トレーディングビュー)では有料版でしかできないことが、たくさんあるからです。有料版で利用できること 広告の非表示が可能 タブ毎に異なるチャート表示が可能 同時に複数のデバイスでアクセスが可能 チャートレイアウトの複数保存が可能 秒足表示が可能 チャート毎のインジケーターを5個以上表示可能上記のことが、トレーディングビューの有料版で利用するこ.TradingView(トレーディングビュー)とは

自分のオリジナルテンプレートを作成することも可能

オリジナルテンプレート作成

これから仮想通貨を始めるひとへ!

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、 東証一部上場のGMOインターネットグループ なので、安心感があります。

また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、 専用スマホアプリ『ビットレ君』 で本格的に取引を行うことができます。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、 TradingView(トレーディングビュー)とは アジア圏で最大級のビットコイン取引所 になります。

通貨ペア数53種類に対応 しており、 BTCJPY取引率手数料無料 (但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引、ETH取引は除く)です。

また、「QUOINE」は 金融庁認可の日本初、仮想通貨交換業者 (関東財務局長 第00002号 登録済)になります。

また、 TradingView(トレーディングビュー)とは ビットコイン価格が他取引所より低い と評判であり、 スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android) です。

仮想通貨の投資に便利なツール

仮想通貨 便利 ツール

ツール

仮想通貨の投資に便利なツール

  • TradingView(トレーディングビュー)
  • GlassNode(グラスノード)
  • CryptoQuant(クリプトクワント)
  • The Block
  • 世界の株価
  • Bitcoin日本語情報サイト
  • Look Into BitCoin
  • ビットコインチェッカー
  • Messari
  • BITCOIN相場 in 日本
  • Bitcoin Futures Quotes

TradingView(トレーディングビュー)

仮想通貨 TradingView(トレーディングビュー)

TradingView(トレーディングビュー)とは、株式やFX、CFD、仮想通貨などのテクニカル分析が行える高性能なチャートツールです。 仮想通貨を分析するためにTradingView(トレーディングビュー)とのチャートツールは、トレーダ欠かせないものです。 今回は、TradingView(トレーディングビュー)とは?使い方やメリットやデメリットについて徹底解説してみました。

GlassNode(グラスノード)

仮想通貨 GlassNode(グラスノード)

GlassNode(グラスノード)とは、仮想通貨データアグリゲーターです。 GlassNode(グラスノード)には独自の指標がありそれらを分析することでより精度の高い投資をすることができます。 今回は、仮想通貨データアグリゲーターのGlassNode(グラスノード)とは?使い方やそれぞれの指標の見方などわかりやすく説明してみました。

CryptoQuant(クリプトクワント)

仮想通貨 CryptoQuant(クリプトクワント)

CryptoQuant(クリプトクワント)とは、様々な指標のチャートが提供されているサイトです。 リアルタイムなデータ取得や、API経由での取得も可能で指標によってよりトレードの質が上がります。 今回はCryptoQuant(クリプトクワント)とは?見方や使い方についてわかりやすく説明してみました。

The Block

Bitcoin(ビットコイン) サイト オススメ

世界の株価

Bitcoin(ビットコイン) サイト オススメ

Bitcoin日本語情報サイト

Bitcoin(ビットコイン) サイト オススメ

Look Into BitCoin

Look Into BitCoin

Look Into TradingView(トレーディングビュー)とは BitCoinとはBitCoinの分析ツールです。

Look Into BitCoinでオンチェーン分析や様々な分析などを行うことができます。

ビットコインチェッカー

ビットコインチェッカー

Messari

BITCOIN相場 in 日本

BITCOIN相場 in 日本

Bitcoin Futures Quotes

masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの TradingView(トレーディングビュー)とは
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!! TradingView(トレーディングビュー)とは
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

【激白】TradeView(トレードビュー)の利用者が訴えるデメリット3選!

TradeView(トレードビュー)の知られざるデメリット3選を利用者が激白


本サイトでは、出金拒否する取引所など、悪質な海外FX取引所を注意喚起しております。読者様がなるべく不利益を被らないよう細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。当サイトではあくまでも情報提供を目的としており、特定のFX会社に勧誘をするものではございません。お申込みにあたっては、事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

1. TradeView(トレードビュー)とはケイマン諸島のライセンスを持つ海外FX業者

TradeView(トレードビュー)
運営会社Tradeview Ltd
設立2004年
金融ライセンスCIMA License No. 585163
HPhttps://www.tradeviewforex.com/ja/

TradeViewのライセンスや資産管理には信頼性・安全性が高いため、多額の資金を預けても安心できます

TradeView(トレードビュー)とはケイマン諸島のライセンスを持つ海外FX業者 TradingView(トレーディングビュー)とは TradingView(トレーディングビュー)とは TradingView(トレーディングビュー)とは TradingView(トレーディングビュー)とは
最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 100%
マージンコールなし
最大保有ポジション 制限なし
最低入金額 10万円
(MT4 Standard口座のみ1万円)
ロット単位 1lot=10万通貨
最小取引量 ・ILC、MT5:10,000通貨
・MT4 Standard、cTrader、Currenex:1000通貨
最大取引量 制限なし
口座維持費 3ヶ月間取引がない場合、毎月50ドルの手数料が発生
通貨ペア 71種類
コモディティ 5種類
仮想通貨 6種類
主要指数CFD 7種類
複数口座開設 お一人様5口座まで
両建て
スキャルピング
自動売買
日本語サポート
ボーナス

TradingView(トレーディングビュー)とは
ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル
LANDFX 0.8pips 1.5pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips
GemForex1.2pips 1.4pips 1.9pips 1.6pips1.2pips
Milton Markets1.2pips1.1pips1.9pips1.4pips1.0pips
TitanFX1.33pips1.74pips2.45pips2.12pips1.2pips
AXIORY1.5pips1.7pips2.7pips2.1pips1.3pips
Bigboss1.5pips1.9pips2.5pips1.8pips1.7pips
iFOREX0.9pips1.7pips2.5pips3.5pips 0.8pips
HotForex1.7pips1.7pips3.0pips2.3pips1.2pips
TradeView1.8pips1.9pips2.3pips2.6pips1.7pips
XM1.6pips2.TradingView(トレーディングビュー)とは 6pips3.5pips3.0pips1.6pips
FXpro1.8pips2.4pips3.6pips3.0pips1.7pips
FBS2.0pips3.0pips4.0pips3.0pips1.1pips
TradersTrust2.0pips3.2pips3.7pips3.5pips1.8pips
FXDD2.3pips3.0pips3.8pips3.5pips1.8pips
instaforex3.0pips3.0pips7.0pips8.0pips3.0pips

※スタンダード口座の平均値で比較
※ 赤字 =比較上の最大値

2. TradeView(TradingView(トレーディングビュー)とは トレードビュー)の7つの特徴・メリット

TradeView(トレードビュー)の6つの特徴・メリット

実際に、 他社ECN口座のスプレッドを比較してみても、NDD方式の業者の中ではダントツに狭く設定されています。

2-1. NDD方式の採用でクリーンな取引ができる

TradeView(トレードビュー)はNDD方式の採用でクリーンな取引ができる

FX業者側が利益を優先するあまり、トレーダーの決済操作を行うことは不可能。 です

2-2. 顧客資金に3万5000ドルの補償がある

TradeView(トレードビュー)は顧客資金に3万5000ドルの補償がある

そのため、 380万円以上の資金を預けることがなければ、TradeViewは十分安心して利用できる でしょう。

2-3. ILC口座(ECN)のスプレッドが狭い

TradeView(トレードビュー)はILC口座(ECN)のスプレッドが狭い

ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル手数料往復
ILC口座0.6pips0.9pips1.0pips1.0pips0.6pips5ドル
(+0.5pips)
スタンダード口座1.8pips1.9pips2.3pips2.TradingView(トレーディングビュー)とは 6pips1.7pipsなし

ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル手数料往復
TradeView
(cTrader・ILC口座)
0.6pips 0.9pips 1.0pips 1.0pips 0.TradingView(トレーディングビュー)とは 6pips 5ドル (0.5pips)
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
0.8pips1.0pips1.3pips1.3pips0.8pips6ドル (0.6pips)
FBS
(ECN口座)
0.9pips1.1pips1.7pips1.1pips 0.6pips 6ドル
(0.6pips)TradingView(トレーディングビュー)とは
Milton Markets
(プレミアム口座)
0.9pips 0.9pips 1.8pips1.2pips0.9pips8ドル
(0.8pips)
LANDFX
(ECN口座)
0.59pip 1.5pips1.8pips1.6pips0.8pips7ドル (0.7pips)
XM
(ゼロ口座)
1.1pips 2.1pips 1.1pips1.3pips 1.6pips 10ドル (1.0pips)
TitanFX
(ブレード口座)
1.03pips1.44pips2.15pips1.82pips0.TradingView(トレーディングビュー)とは 9pips7ドル (0.7pips)
HotForex
(ゼロ口座)
1.0pips1.6pips 2.2pips 2.2pips 0.9pips 8~12ドル (0.8~1.2pips)

実際、他社のECN口座と比較してみても、 TradeViewのILC口座は業界で最もスプレッドが狭い ことがわかります。

  • 最低入金額が10万円
  • レバレッジは最大200倍まで
  • 取引手数料が1lot=5ドル(往復)かかる

しかし実際、スタンダード口座との取引コストを比較すると、 取引手数料を払っても狭いスプレッドで取引できるILC口座の方が格段にコストを安くできます。 取引手数料往復5ドルは、0.5pips相当です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる