FX取引の利点

ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント

ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント
上ヒゲが長いローソク足

為替相場を予想する2つの視点 ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント 知っておきたいドル円相場のアノマリー

為替相場を予想する2つの視点 知っておきたいドル円相場のアノマリー

為替相場を予想するためには、大きく分けてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という2つの大きな視点が必要になる。また、「夏は円高になりやすい」、「米中間選にむけては円高になりやすい」など、季節やイベントによって為替が動きやすいとされているアノマリー (理論的な根拠はないが、経験則的に起こりうるとされている事象) を把握することが見通しを考える上で役に立つ。為替相場の見通しを考える上で必要なポイントを紹介しよう。

最低限知っておきたい「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の中身

為替の動きはグローバルな資金の動きを表しているとも言え、教科書的には国の景気が強い国に資金が集まりやすいとされている。たとえば、米国と日本の景気の強さや方向性を国内総生産 (GDP) 等の経済指標で比較する。米国の経済が日本より高いならば、ドル高・円安になりやすいというのが基本の考え方だ。

各国の通貨政策や金利動向も大切だ。グローバルな投資資金は少しでも利回りの高いところに集まりやすい。米国の金利が日本より高ければ、資金は日本円から米ドルに向かい、ドル高・円安になりやすい。特に、米国の政策金利や通貨政策を決める米連邦準備制度理事会 (FRB) の米連邦公開市場委員会 (FOMC) や日銀の金融政策決定会合における発言や内容が為替相場で重要なイベントとなる。

これらは完全に綺麗に分けて分析するものではなく、例えば移動平均乖離率やMACD (移動平均収束拡散手法:短期と長期の移動平均線の動きから売買タイミングを読み取る指標。2本のラインだけで表すため売買サインの見やすさに利点がある) 、ボリンジャーバンド (統計学的観点から価格の変動範囲を予測してチャート上に表示する指標。株価移動平均線からの振れ幅をラインで表示し、値動きが収まりやすい範囲が一目で分かる利点がある) は順張り指標にも逆張り指標としても使用されることが多い。

↓ここをクリックすると YouTube の視聴ページに移動します↓

←パンローリング公式LINEを友だち追加で、録画アーカイブをプレゼント

先着240名様 新規募集開始!
卒業することを前提に学ぶオンライン講座!

満員御礼!お申込みを締め切りました。

満席御礼の通信スクール「【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース」の8月開講・第4期生(2022年8月1日~2022年1月31日)募集にあたり「お試し入門セミナー」を開催!
「【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース 2022年8月開講」を受講される方は、セミナー受講料をキャッシュバックいたします。

早期割引中!
7/23(土)10:00開催の入門セミナーに無料ご招待します。

99%の確率で年率15%の収益を安定的に稼ぐことを目的としています。
成功へのカギは確率統計とリスク管理だけ!(エクセルシート付き)

無料メルマガ「グレイ・リノ通信」

次回開催セミナーなど、メルマガご登録者様に先行・優先でお知らせいたします
また日経OP売坊さんのここでしか読めないインタビュー記事などを配信中。
補足Q&Aやオプション取引に関する情報も配信しておりますので、ぜひぜひご活用ください!

4月11日(月)フォローアップセミナー開催予定

●主な内容
〇なりた・ひろゆき
(主要株価指数や通貨などの短期トレードテクニック)
・COTレポート分析
・トレードパターンやセットアップ
・出来高分析
・サイクル分析
・ファンダメンタルズ分析

〇ジェフリー・A・ハーシュ
(米市場の株やセクター、ポートフォリオ戦略)
・米株式市場のアノマリーカレンダー
・アラートレポート
・ベスト・ワーストの取引日
・データ、指標、季節パターンなどの株式市場
・米株銘柄やETFのトレードアイデアや戦略

6か月使用できるインジケータ付!

大相場を逃さないトレンドフォロー
細かいノイズを排除したドテンシステムを採用
損小利大を実現するトレードロジック

■プログラム(目次)
・売買シグナルの例
・カスタムチャートの例
・STOPATRというインディケーター
・長期に安定したパフォーマンスを上げるには、取引商品の「分散」が必要
・トレードの基本姿勢
・相場に絶対の法則はない!

↓ここをクリックすると YouTube の視聴ページに移動します↓

出演者(敬称略):相場師朗、アミン・アズムデ、石原順、井村俊哉、岩間剛一、岩本祐介、大場紀章、鎌田傳、坂本慎太郎、田代岳、中原圭介、成田博之、日経OP売坊、はっしゃん
お申し込み後すぐに自動返信で確認メールをお届けしますので「[email protected]」のドメインの受信許可設定をお願いします。
開催日の2日前までにご登録の電子メールで視聴ページをお知らせします。

←パンローリング公式LINEを友だち追加で、前回の録画アーカイブをプレゼント

2022年8月開講予定

ウィザードたちの現在(いま)を徹底検証!

岩本祐介の無料メルマガ
「トレードパターンの傾向分析」

ここでしか読めないバイアス(傾向分析)レポートと、メルマガ限定動画を不定期配信中。
・日経225ミニ先物 朝の逆張りストラテジー
・ドル円のバイアス再検証 現在の急激な円安に対応可能なシンプルなストラテジー
・ユーロドルのバイアス再検証 ~ユーロドルのシンプルなストラテジー
・米国株インデックス ETF のバイアスと長く機能してきたトレードアイデア など

新規購読キャンペーン!~6月末まで

6月28日(火)会員限定フォローアップセミナー

1日が始まる前に押さえておきたい主なニュースや市場のポイントを毎朝お届けします。
各新聞紙やNY市場から市場に影響のある主なニュースや国策銘柄、売買動向など
多くの投資のヒントをお届けしたいと思いながら配信しています。

早期割引 6月30日(木)まで

満席御礼の通信スクール「【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース」の8月開講・第4期生(2022年8月1日~2023年1月31日まで)募集にあたり「お試し入門セミナー」を開催!
「【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース 2022年8月開講」を受講される方は、セミナー受講料をキャッシュバックいたします。

先着20名様限定!早期割引中

99%の確率で年率15%の収益を安定的に稼ぐことを目的としています。
成功へのカギは確率統計とリスク管理だけ!(エクセルシート付き)

無料メルマガ「グレイ・リノ通信」

次回開催セミナーなど、メルマガご登録者様に先行・優先でお知らせいたします
また日経OP売坊さんのここでしか読めないインタビュー記事などを配信中。
補足Q&Aやオプション取引に関する情報も配信しておりますので、ぜひぜひご活用ください!

4月11日(月)フォローアップセミナー開催

●主な内容
○なりた・ひろゆき
(主要株価指数や通貨などの短期トレードテクニック)
・COTレポート分析
・トレードパターンやセットアップ
・出来高分析
・サイクル分析
・ファンダメンタルズ分析

○ジェフリー・A・ハーシュ
(米市場の株やセクター、ポートフォリオ戦略)
・米株式市場のアノマリーカレンダー
・アラートレポート
・ベスト・ワーストの取引日
・データ、指標、季節パターンなどの株式市場
・米株銘柄やETFのトレードアイデアや戦略 ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント

半年以上ぶりの再募集!

相場つきに関係なく売買機会がある
相場の上げ下げと相関性のない売買ができる
相場を動かす理由の数だけ手法がある
長期の投資法に比べて、出口戦略が分かりやすい。
需給の変化という利益の源泉がアイデア次第で無数に生まれる
場中に相場に張り付いて見続ける必要がない
資金に応じた売買が可能です。

ゴールド価格の上昇(下降)と経済の関係性

アメリカ10年債利回りとゴールドの逆相関

▼ゴールドと米10年債利回りの週足チャート(クリックで拡大します)

サブウィンドウには相関係数を表示するインジを出してます。

この1枚のチャートが全てを物語っています。

・米10年債利回りが上昇 → ゴールド下降
・米10年債利回りが下降 → ゴールド上昇

景気と安全資産

その安全資産の代表選手が「国債」です。

アメリカ10年債利回りが上昇している時は、国債が売られる好景気の時
アメリカ10年債利回りが下降している時は、国債が買われる不景気の時

これが基本的な景気と国債利回りの関係性です。

FX侍です、こんにちは。 今回はバブル相場におけるゴールドについての話。 ちょっと難しいかもしれませんが、原理原則を覚えておくと必ず役立ちます。 昨日2月16日にゴールドが久しぶりに大きな下落を見せました。 ▼ゴールド30分足 明らかに上値が重たい状態から一気.

話を「利回り上昇=好景気・利回り低下=不景気」という基本に戻します。

アメリカ10年債利回りとゴールドの逆相関

▼ゴールドと米10年債利回りの週足チャート(クリックで拡大します)

FX侍です、こんにちは。 今回はTradingviewで異なる通貨ペアのチャートを重ねて表示する方法を図解で分かりやすく解説します。 こういう感じのチャートですね。 ▼ドルインデックスとユーロドルを重ねた比較チャート こうした異なる銘柄を1つのチャートで比較する.

【初心者向け】FXチャートの見方を解説します

もんご

【初心者が押さえておきたい】FXチャートのローソク足とは

ローソク足チャート画像

ローソク足での表示例

FXローソク足の4つの特徴

ローソク足1時間チャート全体像

ローソク足1時間チャート全体像

1.具体的な期間を決めて見れる

2.4種類の値動きを時系列に示してくれる

3.陽線(青色)と陰線(赤色)がある

わかりやすい十字線の例

わかりやすい十字線の例

4.実体、上ヒゲ、下ヒゲがある

  • 上ヒゲが長い:下降してきたことを示し、下落傾向にある
  • 下ヒゲが長い:上昇してきたことを示し、上昇傾向にある

上ヒゲが長いローソク足

上ヒゲが長いローソク足

下ヒゲが長いローソク足

下ヒゲが長いローソク足

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる