FX初心者必見

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ

左からトーマス・ラッジ(Gt)、ヴィクトリア・デ・アンジェリス(Ba)、ダミアーノ・デイヴィッド(Vo)、イーサン・トルキオ(Dr)

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

初心者が難しいと敬遠しがちなテクニカル分析の「どこまで動く?」の知見をインジケーター化し、

事前に一貫した手仕舞いポイントを裁量トレーダーに提供します。

蓄積することで、結果として裁量トレードがドンドン勝ちやすくなっていきます

結果が出ていない裁量トレーダー達へ今を変える新発想のインジケーター

ポジションを取ってみたものの・・・

だからといって、勉強をしようとしても・・・

仕事で疲れてしまって
続かない

時間が無い
覚えられない

今までインジケーターを試してみたが・・・

どうもしっくりこない

やっぱり、システムより裁量で勝負したい

相場の原理原則インジケーターは

期待に応えることが可能です。

全く知識がない人でもこの相場、どこまで動く?がわかるようになるその理由

初心者でもワンクリックで有名トレーダー並みの尺度で目標値がわかる!

移動平均線やRSI、MACDといった

テクニカル指標のことではありません

テクニカル指標はテクニカル分析の中の

ほんの一部にすぎません。

テクニカル分析=テクニカル指標と考えている方だと思います。

テクニカル分析の中でも最も重要度が低いと私は考えています。

チャート分析では、テクニカル指標は、ほとんど登場しません

私は迷いなくエリオット波動と答えるでしょう。

エリオット波動理論とは ラルフ・ネルソン・エリオットさんが提唱した バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 相場のサイクル理論のことで、上昇トレンドの場合 1サイクルで上昇5波下降3波の8波で構成される という波動理論です。

<エリオット波動のイメージ図>

エリオット波動の原理原則①

エリオット波動の原理原則②

エリオット波動の原理原則③

●トレードは第3波を狙うことが効率的だな。

●第3波を狙う場合のロスカットは、第1波の始点だな。

●第1波高値は、第3波発生後は、サポートとして機能するな。

といった相場の値動きのリズムが事前にわかるようになったり、

また、ある程度、どう動くか、どこまで動くかという尺度も持つことができます。

ザラ場中の銘柄の値動きを的中させまくっていました。

エリオット波動理論の波動のリズムの法則性を、

偶然、発見し、熟知していたからです。

偶然発見したようなエリオット波動の法則性で、

どのくらいのレベルで値動きがわかるのか?

ドルウォンでエリオット波動第3波を予想

ドルウォンでエリオット波動第5波を予想

動画投稿後のドルウォン日足チャート

確かなロジックで数々の予想を的中

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ

値動き予想ロジックを目の当たりにした視聴者の反応

ワンクリックでチャート上にアウトプットできる

ツールを開発しました。

歴史的な原油先物相場もワンクリックで的中

エリオット波動だけでなく、フラッグやペナントなどのチャートパターンの目標値やフィボナッチリトレイスメントもアウトプットすることが可能です。

ペアトレードブログ

LawOfOnePrice

経済学における概念で、「自由な市場経済において同一の市場の同一時点における同一の商品は同一の価格である」という理論が成り立つという経験則がある。これを、「一物一価の法則」と言う。

ところが、上記のような同一の性質を持つ 2 つの商品の間であっても、需要と供給の不一致などにより価格が乖離することがある(一物二価の状態) [1] 。このような場合、割安な商品を買い建て、割高な商品を売り建てることにより、理論上リスクなしに収益を確定させることができる。 つまり、「①一物一価の商品」であっても、需給の不一致等により「②価格が乖離」した場合、「③理論価格に近づき、価格差が収斂」していくことによって、「④割高・割安な状態が解消」された場合に、「⑤反対売買を行なうことによって理論上リスクなしに収益化する」ことができるという理論である。なお、「⑥同一商品同士の両建て取引となるため、マーケットの変動によるβリスクを完全に排除できる」という特徴がある。 上記①~⑥が「裁定取引(アービトラージ)」のメカニズムである。

異銘柄間の価格差取引(ストラドル)→ 【ニ物二価】

2 つの異なる確率変数の間の相関関係(連動性)を示す統計学的手法に「相関分析」がある(【相関分析と相関係数】参照)。上記の 1-1. で述べた「裁定取引(アービトラージ)」は相関係数が理論上は 1.0 の値となる(- 1.0 になる取引もあるが、私自身は取引経験がない)。 これに対して、ここで説明しているペアトレード、すなわち「異銘柄間の価格差取引(ストラドル)」は相関係数が 1.0 にはならない。そのため、相関係数が「 0 ~+ 0.99 …」(正確に言えば「- 0.99 …~+ 0.99 …」)の範囲内にある銘柄ペアを同時に両建して取引することになる。 言い換えれば、一物一価の価格差を取引対象とする「裁定取引(アービトラージ)」に対して、「異銘柄間の価格差取引(ストラドル)」はニ物二価の価格差を収益源とする取引形態となる。多くの投資家が認識しているペアトレードは、裁定取引(アービトラージ)とマーケットニュートラルを根底とした考え方は一緒であるが、両者が決定的に異なる点は、「異なる商品同士の組み合わせのため、価格差が必ず収斂するわけではない」ということである。 あくまでも「相関の高さ」を担保とした確率論の取引にすぎないため、価格差が収斂するという保証はどこにも存在しない(【ペアトレードの本質】 1.2. 参照)。

裁定取引(アービトラージ)と異銘柄間の価格差取引(ストラドル)の違い

・裁定取引(アービトラージ)

・異銘柄間の価格差取引(ストラドル)

ペアトレードが失敗するケースとしては、裁定取引(アービトラージ)との前提条件がそもそも違う点を認識できていないため、「価格差が高確率で収斂することを期待して資金の全額あるいはハイレバレッジで投資した結果、又裂きに遭ってしまい、証拠金が維持できずにロスカットせざるを得ない」ケースが多いように思う。 また、「十分に銘柄を分散せずに、 1 対 1 の銘柄ペアにかなりの比率で投資した結果、個別銘柄の変動リスクに対処しきれず、ポートフォリオ全体が巨額の損失になってしまった」ケースが多いように思う。 これは、何も個人投資家に限った話ではなく、ペアトレード( ≒ ロングショート)戦略を多用するヘッジファンドについても同様のことが言える。 「ペアトレードはヘッジファンドが行っているから信頼できる投資方法である」。 この解釈は「正解」であると同時に「不正解」でもあるだろう。 ヘッジファンドと聞くと、何だかボロ儲けしているイメージがあるが、実態はその多くが数年以内に廃業に追い込まれているという事実があることをご存じだろうか? 破綻の原因としては、高いレバレッジをかけすぎて又裂き現象に耐えきれず、莫大な含み損を出してしまったケースが多いと聞く。裁定取引(アービトラージ)では 3 ~ 5 倍くらいのレバレッジをかけているヘッジファンドもあるようだが、ペアトレード(≒ロングショート)でレバレッジをかけて運用を行っているヘッジファンドは破綻する傾向が多いように見受けられる。 ペアトレードはシンプルな投資方法であるがゆえに、アマチュアもプロも大差はないと考えている。
結局のところ、資金管理が十分にできていなければ、「片張り投資」も「両建て投資」もリスクはあまり変わらないと思う。 金融取引で継続的に利益を上げ続けることは決して簡単なことではない、安易に取引して大やけどを負わないようくれぐれも注意してほしい。

[1] 裁定取引(アービトラージ)の例として以下の 2 点を例に説明したい。

①「株価指数」と「 ETF (連動型上場投資信託)」の乖離について

TOPIX や日経 225 などの株価指数の取引において、「株価指数」と「 ETF (連動型上場投資信託)」との価格差が一定水準以上に乖離することがある。両者の間で乖離が起こる理由は、「トラッキングエラー( Tracking Error バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ )」によって値動きにズレが生じてしまうことが原因である。トラッキングエラーとは、簡単に言えば、株価指数と同様な値動きをするように作ったバスケット(ポートフォリオ)がヒストリカルデータを元に設計されているために、実際の株価指数との間に値動きのズレが生じてしまう現象である(参考【トラッキングエラー】)。このような場合、価格差の収斂を期待して、先物市場と現物市場の間で割高な商品を売り建て、割安な商品を買い付けることにより、割高・割安な状態が解消された場合に、反対売買を行って決済すれば、理論上リスクなしに収益化することができる(実際には株価指数には先物を使う)。「先物」が割高で、「 ETF 」が割安の場合、「先物売り+ ETF 買い」の執行を同時に行うことにより、両者の価格差が期待利益となる。反対に、「先物」が割安で、「 ETF 」が割高の場合、「先物買い+ ETF 売り」の執行を同時に行うことにより、両者の価格差が期待利益となる。なお、現物価格となる株価指数( INDEX 指数)は、個人投資家がバスケット注文で発注しようとすると莫大な資金が必要となるため、上記のような取引には「 TOPIX バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 連動型上場投資信託(銘柄コード: 1306 )」、「日経 225 連動型上場投資信託(銘柄コード: 1321 )」などの ETF バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ を活用すれば、比較的投資が容易である。※なお、私の使っている業務端末でも、相関係数 1.バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 0 で抽出すると ETF 同士の任意組み合わせも多数表示される(パラメータを四捨五入しているため)。期待利益は 50 円程度で少ないようだが、「①終日終値で価格差が乖離した翌日に、寄り付き指値注文で執行がうまく通り」、「②終日終値で価格差が収斂した翌日に、寄り付き指値注文で反対決済がうまく通れば」、確実に利益になる。ただし、手数料を差し引くとたいして儲からないが。

②「先物価格」と「先物価格+オプション価格」の乖離について

TOPIX 先物や日経 225 先物などの先物市場において、「先物価格」と「合成先物価格(オプション価格)」との価格差が一定水準以上に乖離することがある。代表的な取引手法としては、先物とオプションを組み合わせた「コンバージョン戦略」「リバーサル戦略」がある(詳しくはマネックスラウンジ【裁定取引(コンバージョンとリバーサル)】参照)。コンバージョン戦略は、「(合成先物価格)-(先物価格)」のスプレッドを取りに行くトレード手法のことを言う。「合成先物価格」が割高で、「先物価格」が割安の場合、「先物買い+(コール買い+プット売り)」 の執行を同時に行うことにより、両者の価格差が期待利益となる。リバーサル戦略は、「(先物価格)-(合成先物価格)」のスプレッドを取りに行くトレード手法のことを言う。反対に、「先物価格」が割高で「合成先物価格」が割安の場合、「先物売り+(プット買い+コール売り)」の執行を同時に行うことにより、両者の価格差が期待利益となる。上記のようなケースの場合、拡大した価格差のポジションは、当該限月の SQ (清算日)まで持ち続ければ「必ず」収斂する(もちろん途中で決済しても OK である)。

上記 2 点が価格裁定(アービトラージ)のイメージである。統計学的に表現すれば、相関係数は 1.0 となり、β値は 1.バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 0 となるため市場変動によるβリスクを完全に排除でき、αのみを追求する裁定行為が可能となる。この取引は 100 %確実に成功する。もっとも、「①価格が乖離した段階で注文を執行させる」ことができ、「②どれだけ価格差が乖離しても証拠金不足に陥らないくらいの資金」が用意できるならば …


にほんブログ村

金融・投資 ブログランキングへ

マネスキンが語るロックバンドとしての信条、よりよい社会のために声を上げる意味


左からトーマス・ラッジ(Gt)、ヴィクトリア・デ・アンジェリス(Ba)、ダミアーノ・デイヴィッド(Vo)、イーサン・トルキオ(Dr)

「激動の1年」とバンドの哲学

―今年4月にはコーチェラへの出演もありましたが、パンデミックを経てライブツアーに戻ってきた実感はいかがですか?

―2021年5月のユーロビジョン・コンテストの優勝から激動の1年だったと思いますが、バンドのアイデンティティは揺るがず強固になっているように思います。この1年、自分たちが失わずにいようとしてきたことは何でしょうか。

―ダミアーノがユーロビジョンの優勝スピーチで「Rock and roll never dies!」と言ったのも話題になりましたが、その後の自分たちのブレイクが「ロックの復権」の象徴のように受け止められたことについては、どんな風に捉えていた?

―実際に生楽器を鳴らす音楽がまた活気を取り戻してきているという実感はありますか?

―フォー・シーズンズのカバー曲「Beggin」がTikTokでバイラルしたこともバンドをスターダムに押し上げる役割を果たしたわけですが、TikTokというプラットフォームやそこでの音楽の広まり方に対してはどんな印象を持っていますか?

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

初心者が難しいと敬遠しがちなテクニカル分析の「どこまで動く?」の知見をインジケーター化し、

事前に一貫した手仕舞いポイントを裁量トレーダーに提供します。

蓄積することで、結果として裁量トレードがドンドン勝ちやすくなっていきます

結果が出ていない裁量トレーダー達へ今を変える新発想のインジケーター

ポジションを取ってみたものの・・・

だからといって、勉強をしようとしても・・・

仕事で疲れてしまって
続かない

時間が無い
覚えられない

今までインジケーターを試してみたが・・・

どうもしっくりこない

やっぱり、システムより裁量で勝負したい

相場の原理原則インジケーターは

期待に応えることが可能です。

全く知識がない人でもこの相場、どこまで動く?がわかるようになるその理由

初心者でもワンクリックで有名トレーダー並みの尺度で目標値がわかる!

移動平均線やRSI、MACDといった

テクニカル指標のことではありません

テクニカル指標はテクニカル分析の中の

ほんの一部にすぎません。

テクニカル分析=テクニカル指標と考えている方だと思います。

テクニカル分析の中でも最も重要度が低いと私は考えています。

チャート分析では、テクニカル指標は、ほとんど登場しません

私は迷いなくエリオット波動と答えるでしょう。

エリオット波動理論とは ラルフ・ネルソン・エリオットさんが提唱した 相場のサイクル理論のことで、上昇トレンドの場合 1サイクルで上昇5波下降3波の8波で構成される という波動理論です。

<エリオット波動のイメージ図>

エリオット波動の原理原則①

エリオット波動の原理原則②

エリオット波動の原理原則③

●トレードは第3波を狙うことが効率的だな。

●第3波を狙う場合のロスカットは、第1波の始点だな。

●第1波高値は、第3波発生後は、サポートとして機能するな。

といった相場の値動きのリズムが事前にわかるようになったり、

また、ある程度、どう動くか、どこまで動くかという尺度も持つことができます。

ザラ場中の銘柄の値動きを的中させまくっていました。

エリオット波動理論の波動のリズムの法則性を、

偶然、発見し、熟知していたからです。

偶然発見したようなエリオット波動の法則性で、

どのくらいのレベルで値動きがわかるのか?

ドルウォンでエリオット波動第3波を予想

ドルウォンでエリオット波動第5波を予想

動画投稿後のドルウォン日足チャート

確かなロジックで数々の予想を的中

値動き予想ロジックを目の当たりにした視聴者の反応

ワンクリックでチャート上にアウトプットできる

ツールを開発しました。

歴史的な原油先物相場もワンクリックで的中

エリオット波動だけでなく、フラッグやペナントなどのチャートパターンの目標値やフィボナッチリトレイスメントもアウトプットすることが可能です。

7つの素敵な鳥の求愛行動

インドクジャク 写真提供: © Percom/Shutterstock

よく読まれている記事

寄付のお願い

交尾よりも前に求愛の期間があります。ほとんどの人は鳥がどのようにして相手の目を引いているかを知りません。雄の鳥は雌を魅了するために意図された多くの素晴らしいディスプレーを進化させ、ペアの絆を強め、パートナー候補が幼鳥を育てるのにふさわしい資質があることを証明するのです。ここでは私たちの目に留まった7つの例を紹介します。

そのとおりです!

フラッシュモブ・ダンス

鏡の中のマイコドリ

雪上のバレリーナ

水上歩行

無鉄砲

ピンクのパレード

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる