FX戦略編

2022にFantom (FTM)を購入する方法

2022にFantom (FTM)を購入する方法
\ 期間限定で初回入金キャンペーン実施中 /

仮想通貨ファントム(FTM/Fantom)の特徴や将来性・購入方法【暗号資産・仮想通貨】

仮想通貨ファントム(FTM/Fantom)の特徴や将来性・購入方法【暗号資産・仮想通貨】

暗号資産(仮想通貨)

Fantom(FTM/ファントム)とは?概要

トークン名称FTM
総発行枚数2,545,006,273 FTM
通貨ベースERC20
公式サイトFantom公式サイト
公式TwitterFantom公式Twitter
公式BlogFantom公式Blog

2019年に韓国のブロックチェーン開発科学者であるAhn Byung Ik博士によって立ち上げられました。その後、現在CEO/CIOであるマイケル・コングや、DeFiの開発に大きく貢献してきたアンドレ・クロンジェのような他の技術の第一人者が参加しました。

Fantom(FTM/ファントム)を保持しているとされる有名人・芸能人・投資家など

Fantom(FTM/ファントム)の最新情報まとめ・速報

Fantom(FTM/ファントム)の特徴

ファントムは、指向性非環グラフ (DAG) ベースのスマート コントラクト 2022にFantom (FTM)を購入する方法 プラットフォームと、分散型台帳テクノロジーに見られるスケーラビリティの問題を解決することを目的としたレイヤ ー1 スケーリング ソリューションです。このプロトコルは、分散型金融に大きく焦点を当てており、独自のオーダーメイドのコンセンサスアルゴリズムを使用してDeFiサービスを提供しています。

Lachesi(ラチェシス)

DAG(Directed Acyclic Graph/有向非巡回グラフ)

DAGは、長年にわたって数学的およびコンピュータの世界で知られている構造です。DAG テクノロジーは、ブロックチェーン テクノロジーよりもずっと古いものでありながらブロックチェーンを使用して作成されたものと同じ分散システムを構築する技術的な可能性のために、最近脚光を浴びています。

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

どこでブリッジできるか?

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

※ ブリッジ手数料は各所で異なります。取引によるガス代がかかる場合もあります。例えば ETH(BSC)→ ETH(Polygon)の場合、少量のMATICがガス代として必要です。

Celer cBridge

Celer cBridge

取扱チェーンEthereum、BSC、Polygon
Avalanche、Fantomなど多数
取扱通貨ETH、USDT、USDC
WETHなど多数

ブリッジ例

▼ETH(Ethereum) → WETH(Polygon)
ブリッジ手数料:通貨により異なる
送金限度:通貨により異なる
送金時間:5 – 20分

AnySwap

取扱チェーンEthereum、BSC、Polygon
Fantom、Avalanche、Heco
Harmony、Celo など多数
取扱通貨ETH、USDT、USDC
WBTC、WETH、JPYC
OMG、POLS など大多数

ブリッジ例

▼BNB(BSC) → BNB(FTM)
ブリッジ手数料:なし
送金限度:7500BNB
送金時間:10〜30分、12時間(1500BNB以上)

EvoDeFi

EvoDefi

取扱チェーンBSC、Polygon、Fantom
Avalanche、Heco など多数
取扱通貨ETH、WBTC、GNFT
WBTC、WETH

ブリッジ例

▼USDC(BSC) → USDC(Polygon)
ブリッジ手数料:ブリッジ額の0.5%
送金限度:?
送金時間:?

xPollinate

xPollinate

取扱チェーンBSC、ETH、Polygon
Avalanche、Fantom など多数
取扱通貨ETH、WBTC、WETH
USDT、USDC、DAI
GRT、GTH、FEI

ブリッジ例

▼USDT(2022にFantom (FTM)を購入する方法 BSC) → USDT(Polygon)
ブリッジ手数料:0.05%
送金限度:?
送金時間:1分前後

Aavegotchi

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

取扱チェーンEthereum、Polygon
取扱通貨USDC、DAI、GHST

ブリッジ例

▼USDC(Ethereum) → USDC(Polygon)
ブリッジ手数料:約3〜5ドル
送金限度:?
送金時間:約7〜8分

SUPRA (BUSD、SUPRA)

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

取扱チェーンBSC、Polygon、Fantom、Celo
取扱通貨BUSD、SUPRA

ブリッジ例

▼BUSD(BSC) → wBUSD(Polygon)
ブリッジ手数料:3BUSD
送金限度:最大2000BUSD / 1回
送金時間:30秒〜20分

▼SUPRA(BSC) → SUPRA(FTM)
ブリッジ手数料:0.04SUPRA
送金限度:最大10SUPRA / 1回
送金時間:30秒〜20分

Polygon Bridge

Polygon Bridge

取扱チェーンEthereum、Polygon
取扱通貨ETH、USDT

ブリッジ例

▼ETH(Ethereum) → ETH(Polygon)
ブリッジ手数料:約$5
送金限度:?
送金時間:3〜5分

▼ETH(Polygon) → ETH(Ethereum)
ブリッジ手数料:約$10以上
送金限度:?
送金時間:3時間(2022にFantom (FTM)を購入する方法 Posの場合)、7日(Plasmaの場合)

Avalanche Bridge

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

取扱チェーンAvalanche、Ethereum
取扱通貨ETH、INCH、AAVE
BUSD、SUSHI、UNI
USDT、WBTC、WETH
ZRXなど多数

ブリッジ例

▼AAVE(Ethereum) → AAVE(Avalanche)
ブリッジ手数料:イーサリアムの推定取引手数料の一定割合に、価格変動を考慮した一定額(現在は5ドル)を加えたもの
送金限度:?
送金時間:?

仮想通貨スペック・ランキング 🪙 使い勝手が一番いいのはどのコイン!!? 最強の通貨を決めよう【2022年最新版】

【第11位】 ベーシック・アテンション・トークン/ Basic Attention Token(BAT)

通貨単位BAT
発行年2017年5月
発行上限15億枚(全て発行済み)
知名度⭐️⭐️⭐️
ブロック生成速度不明
取引処理件数(TPS)不明
平均ガス代/件不明
バリデータ数
コンセンサスアルゴリズムPoW
公式サイトURL
CoinMarketCapURL

💎 BATの購入方法

【第12位】 ネム/ NEM(XEM)

通貨単位XEM
発行年2015年3月
発行上限89億9,999万9,999枚(全て発行済み)
知名度⭐️⭐️⭐️⭐️
ブロック生成速度60秒
取引処理件数(TPS)不明
平均ガス代/件不明
バリデータ数
コンセンサスアルゴリズム*PoI(Proof of Importance)
公式サイトURL
CoinMarketCapURL

💎 XEMの購入方法

【第13位】 エンジン・コイン/ Enjin Coin(ENJ)

通貨単位ENJ
発行年2017年11月
発行上限10億枚
知名度⭐️⭐️
ブロック生成速度不明
取引処理件数(TPS)不明
平均ガス代/件不明
バリデータ数不明
コンセンサスアルゴリズム不明
公式サイトURL
CoinMarketCapURL

💎 ENJの購入方法

⬇️
(4)入金の確認出来たら、まずUSDTを入手する。
→ ETHの場合はENJは直接買えないので、取引の【ETH / USDT】を選び、ETHを売却

【第14位】 ブロック/ BLOK(BLOK)

通貨単位BLOK
発行年2021年10月
発行上限2,000億枚(全て発行済)
知名度⭐️⭐️
ブロック生成速度不明
取引処理件数(TPS)不明
平均ガス代/件不明
バリデータ数不明
コンセンサスアルゴリズムPolygonネットワーク
公式サイトURL
CoinMarketCapURL

💎 BLOKの購入方法

2022にFantom (FTM)を購入する方法

【第15位】 メタヒーロー/ Metahero(HERO)

通貨単位HERO
発行年2021年7月
発行上限100億枚
知名度⭐️
ブロック生成速度不明
取引処理件数(TPS)不明
平均ガス代/件不明
バリデータ数不明
コンセンサスアルゴリズム不明
公式サイトURL
CoinMarketCapURL

💎 HEROの購入方法

【第16位】 シダス・ヒーローズ/ SIDUS HEROES(SIDUS) 2022にFantom (FTM)を購入する方法

通貨単位SIDUS
発行年2021年12月
発行上限300億枚
知名度⭐️
ブロック生成速度不明
取引処理件数(TPS)不明
平均ガス代/件不明
バリデータ数不明
コンセンサスアルゴリズムEthereumネットワーク
公式サイトURL
CoinMarketCapURL

💎 SIDUSの購入方法

⬇️
(4)入金の確認出来たら、まずUSDTを入手する。
→ ETHの場合はSIDUSは直接買えないので、取引の【ETH / USDT】を選び、ETHを売却

*TPS = Transaction Per Second
1秒あたりに処理できる取引件数

*コンセンサスアルゴリズム = Consensus Algorithm
取引承認方式のこと。通貨の取引記録や取引の承認権を、「特定の人に与え」さらに報酬を支払う仕組みを、コンセンサスアルゴリズムと言います。コンセンサスアルゴリズムは、さまざまな種類があります。

*PoW = Proof of Work
多大な計算量を要する問題をCPUで最初に解いた者に発言権が与えられる仕組み。

*PoS = Proof of Stake
利害関係に基づき発言権を与えるモデルで、大まかにいうとコインの保有量に応じて発言権を認めるというもの。PoS では PoW と違って無駄な電力消費を抑えるというメリットがあります。

*PoH = Proof of History
ソラナは、独自のコンセンサスアルゴリズムであるプルーフオブヒストリー(Proof of History、PoH)を採用することで、セカンドレイヤーに頼ることなく高いスケーリング性能を実現しています。これにより全てのトランザクションをオンチェーンで処理することができるのです。トランザクションをオンチェーンで処理できるということは、ネットワークの透明性が高いことを意味します。セカンドレイヤーのようなオフチェーンまたはサイドチェーンを使用する場合、全てのトランザクションをオンチェーンで処理することはできません。つまり、ブロックチェーンの特徴である透明性を高い水準で維持できないのです。

*PoC = Proof of Consensus
ビットコインを初めとした、その多くの仮想通貨は、中央に管理者を置かず、取引の記録、承認が行われていますが、PoCでは、特定の管理者が存在しています。PoCを採用している通貨の例に、「リップル」がありますが、リップルでは、その管理者をリップル社自身が選出します。その選ばれた管理者はバリデーター(承認者)と呼ばれており、バリデーターの90%以上が承認した取引のみが、台帳に記録されていく仕組みとなっています。バリデーターのリストは、ユニークノードリストと呼ばれており、リップル社の指定によって、構成されています。つまり、リップル社によって選ばれた組織から構成された「特定の人達」によって、リップルは運用されているわけです。

*PoIProof of Importance)
NEM(XEM)で導入されているコンセンサスアルゴリズムで、NEMネットワーク内における経済活動の貢献度を重要視したコンセンサス・アルゴリズムを指します。

*NPoS = Nominated Proof-of-Stake
NPoSでは、ValidatorとNominatorのStakeの合計が多い上位50〜1,000人がValidatorプールとして選ばれます。ValidatorとNominatorをValidator選別のスキームに取り入れることによって、ネットワーク全体のセキュリティを担保することが可能になります。この仕組みにより単体の大量DOT保持者へのシステムの依存を回避することができ、DOT保持者全員が参加できることにより悪意を持つユーザーがValidatorになることを困難にします(Nominatorに選ばれるには信頼を築く必要があるため)。

*DPoS = Delegated Proof-of-Stake Consensus
投票権を持つ人によって委任された人が、ブロックの生成を行うという仕組みのこと。

*ガス代
取引手数料のこと

※ 当サイトは不定期に更新されます。
更新通知が必要な方は「メルマガ登録」をお願いします。絶対に広告やスパムは送りません。

STEPN【 ロードマップ 】今後実装される内容・ロードマップ通りに開発を進めるSTEPNの努力

In STEPN, your steps are worth more than you think -- exercising and moving outdoors can now 2022にFantom (FTM)を購入する方法 earn anyone tokens anytime, anywhere. We believe this simple desi.

ロードマップ

既に実装されてきた内容

・Move to eranのコンセプト誕生

今後実装される予定の内容

仮想通貨の一種【 ポルカドットとは 】分かりやすく解説

今回は、仮想通貨の一種「ポルカドット」について解説します。 ポルカドットとは ポルカドットは、仮想通貨の一種です。 Web3.0を実現させようとしている仮想通貨です。 Web3.0の詳細→【 Web1.0・.

仮想通貨【 ICPとは 】Dfinityのトークン

今回は、Dfinityのトークンである「ICP」について解説します。 ICPとは ICPとは、Dftinityによるインターネットコンピューターの経済圏で利用されるトークンです。 Dfinityとは→【 Dfin.

メタバース【 Cryptovoxelsとは 】所有者ができること・始め方・操作方法・将来性についても解説

今回は、「Cryptovoxels」について解説します。 Cryptocoxelsとは・所有者ができること・始め方・操作方法の順で説明します。 Cryptovoxelsとは Cryptovoxelsとは、イーサリ.

仮想通貨における【 ダップス(DApps)とは 】分かりやすく解説

今回は、仮想通貨における「ダップス(DApps)」について分かりやすく解説します。 ダップス(DApps)とは DAppsとは、ブロックチェーンを用いたサービス・ゲームを提供するアプリの総称です。 DAppsとは.

仮想通貨【 2022にFantom (FTM)を購入する方法 Maker(MKR)とは 】創設者・特徴・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性についても解説

今回は、仮想通貨「Maker」(MKR)について解説します。 Makerとは・創設者・特徴・上場している仮想通貨取引所・投資における将来性の順で説明します。 Maker(MKR)とは Maker(MKR)とは、M.

仮想通貨における【 パラチェーンとは 】分かりやすく解説

今回は、仮想通貨における「パラチェーン」について解説します。 パラチェーンとは パラチェーンとは、Polkadotに接続する、独立した個々のブロックチェーンのことです。 各パラチェーンが接続され、ネットワークで中心的な役.

Bybit (バイビット) の取り扱い通貨一覧を紹介! 仮想通貨を購入できる法定通貨と購入方法についても解説

bybit 評判

\ 期間限定で初回入金キャンペーン実施中 /

Bybit (バイビット) の取り扱い通貨は130種類以上

2022年1月現在、取引所Bybitでは130種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

一方、Bybitで取り扱っている通貨の多くはすでに人気のある銘柄ばかり 。そのためライトユーザーからの評判も良く、現在は120万人以上のユーザーを抱える人気取引所になってきました。

デリバティブ取引

USDT無期限契約

USDT無期限契約とは、 仮想通貨テザー (USDT) を使って建値や決済を行う取引方法になります。

仮想通貨テザー (USDT) は米ドルと価値が連動しているステーブルコインです。そのため、一般的な仮想通貨に比べてボラリティが安定しており、投資に使う際にとても向いています。

契約自体は2種類あり、強制決済を防止する目的でトレーダーが持つ対応通貨ペアの利用残高を私用し、維持証拠金を基準に決済する「クロスマージン」、トレーダーの口座残高から証拠金を分離する「分離マージン」から選択することができます。

分離マージンはロング・ショートポジションどちらでも最大100倍のレバレッジを利用することができ、設定幅も1倍ずつ細かく調整ができます。

  • BIT/USDT
  • 2022にFantom (FTM)を購入する方法
  • BTC/USDT
  • ETH/USDT
  • MANA/USDT
  • SAND/USDT
  • SHIB1000/USDT
  • ADA/USDT
  • BNB/USDT
  • XRP/USDT
  • SOL/USDT
  • DOT/USDT
  • DOGE/USDT
  • UNI/USDT
  • LUNA/USDT
  • AVAX/USDT
  • LINK/USDT
  • LTC/USDT
  • ALGO/USDT
  • BCH/USDT
  • 2022にFantom (FTM)を購入する方法
  • ATOM/USDT
  • MATIC/USDT
  • FIL/USDT
  • ICP/USDT
  • ETC/USDT
  • XLM/USDT
  • VET/USDT
  • AXS/USDT
  • TRX/USDT
  • FTT/USDT
  • XTZ/USDT
  • THETA/USDT
  • HBAR/USDT
  • EOS/USDT
  • AAVE/USDT
  • NEAR/USDT
  • FTM/USDT
  • KSM/USDT
  • OMG/USDT
  • IOTX/USDT
  • DASH/USDT
  • COMP/USDT
  • ONE/USDT
  • CHZ/USDT
  • LRC/USDT
  • ENJ/USDT
  • XEM/USDT
  • SUSHI/USDT
  • DYDX/USDT
  • SRM/USDT
  • CRV/USDT
  • IOST/USDT
  • CELR/USDT
  • CHR/USDT
  • WOO/USDT
  • ALICE/USDT
  • ENS/USDT
  • C98/USDT
  • GALA/USDT
  • KEEP/USDT
  • SLP/USDT
  • ANT/USDT
  • ROSE/USDT
  • CROU/USDT
  • TFI/USDT
  • KNC/USDT
  • SXP/USDT
  • AR/USDT
  • STORJUSDT
  • 2022にFantom (FTM)を購入する方法
  • SPELL/USDT
  • BSV/USDT
  • CREAM/USDT
  • COTIUSDT
  • 2022にFantom (FTM)を購入する方法
  • 1INCHI/USDT
  • TLM/USDT
  • EGLD/USDT
  • PEOPLE/USDT
  • FLOW/USDT
  • COMP/USDT
  • CELOU/USDT
  • BAT/USDT
  • ZEN/USDT
  • STX/USDT
  • SNX/USDT
  • XMR/USDT
  • SRM/USDT
  • DUSK/USDT
  • WAVES/USDT
  • YGG/USDT
  • DENT/USDT
  • IOTA/USDT
  • RVN/USDT
  • ANKR/USDT
  • KAVA/USDT
  • RNDRU/USDT
  • RUNE/USDT
  • ILVU/USDT
  • QTUM/USDT
  • CTK/USDT
  • ZEC/USDT
  • BTT/USDT
  • LOOKS/USDT
  • KLAY/USDT
  • SFP/USDT
  • 2022にFantom (FTM)を購入する方法
  • GTC/USDT
  • REQ/USDT
  • GRT/USDT
  • MASK/USDT
  • AUDIO/USDT
  • LPY/USDT
  • IMX/USDT
  • HNT/USDT
  • CVC/USDT
  • JASMY/USDT
  • BICO/USDT
  • RSR/USDT
  • REN/USDT
  • LIT/USDT
  • 2022にFantom (FTM)を購入する方法
  • SCU/USDT

インバース無期限契約

インバース無期限契約は、ビットコイン (BTC) などの仮想通貨と米ドルの組み合わせによる取引のことで、通常の取引と同じルールが適用されています。

米ドルと価格が連動しているテザー (USDT) を利用したUSDT無期限契約に比べ、ボラリティの高い仮想通貨を使っているので、取引以前に保有している通貨が価格変動する可能性を常に抱えており、一定のリスクがある代わりに大きな利益も狙いやすいです。

ビットコイン (BTC) のみ最大レバレッジ100倍で取引することができ、その他は最大で50倍のレバレッジになっています。

  • BIT/USD
  • BTC/USD
  • ETH/USD
  • EOS/USD
  • XRP/USD
  • DOT/USD

インバース先物契約

インバース先物契約は、 決まった価格をあらかじめ設定し、特定の日時に売買を行う契約方式です。 インバース無期限契約と同様、基軸通貨は米ドルで行われ、仮想通貨を使った取引になるため価格変動も大きいです。

  • BTC/USD
  • ETH/USD

現物取引とは、 投資家が持っている資金や所有する通貨の範囲内で売買を行う取引方法になります 。株式取引などでも使われる言葉であり、最も基本的な取引方法です。

Bybitは近年現物取引にも力を入れており、話題となった通貨をすぐに上場させる傾向にあります。2022年1月現在、Bybitの現物取引で取り扱われている通貨は以下の131種類です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる