ビットコインの始め方

レバレッジ取引

レバレッジ取引

レバレッジ取引の場合、「買い注文」を「ロング」といい、「売り注文」を「ショート(空売り)」と呼びます。

CFTC建玉報告 主要通貨 レバレッジ・ファンドは円の売り越し減少

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang レバレッジ取引 Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

CFTC建玉報告 主要通貨 レバレッジ・ファンドは円の売り越し減少

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data レバレッジ取引 Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

CryptoFuturesはビットコインが22,000ドルを破ったときに2億8000万ドルのフラッシュを観察過去24時間に清算されたクリプトフューチャーズのポジションは不足していました「清算」が何であるかを知らない人がいる場合は、最初に証拠金取引の簡単な説明を確認することをお勧めします。 投資家がデリバティブ取引所で契約を結ぶときはいつでも、最初にマージンと呼ばれる初期担保を提示する必要があります。 このマージンに対して、投資家はレバレッジを選択できます。これはローンです。多くの場合、初期ポジションの何倍もの金額です。 レバレッジ取引の利点は、得られる利益がレバレッジ値と同じ要因で増えることです。 ただし、それも事実です。資産の価格が投資家が賭けた方向と反対の方向に移動した場合、発生した損失も複数になります関連資料|ビットコインの取引量は再びクロールまで減速します これらの損失がマージンの一定の割合を占めると、取引所は強制的にポジションを閉じます。これがまさに清算です。下の表は、過去1日間の暗号先物市場の清算データを示しています。過去に先物市場から大量の清算が行われたようです。日|出典: CoinGlass 上記のように、暗号市場での清算は過去20年間で2億8000万ドルを超えました。-4時間。これらは、デリバティブ取引所の65,000を少し超えるトレーダーに属していました。過去12時間以内に約1億3600万ドルの清算が清算されました。関連資料|ダンペーニャはビットコイン(BTC)が死んでいるのは正しいですか? Gnox(GNOX)のような小規模で質の高いプロジェクトは新しい暗号VCヘブンになりそうです レバレッジ取引 過去24時間のポジションの76%はショートトレーダーに属していました。これらの清算のほとんどはビットコインのようなコインの価格の高騰によって引き起こされたため、これは理にかなっています。 ほとんどのコインとレバレッジの不安定な性質のため、大規模なレバレッジフラッシュは暗号通貨の世界では珍しい光景ではありません多くの取引所で100倍ものオプションが利用可能です。ビットコインの価格執筆時点では、ビットコインの価格は約$ 21.5kで、過去7日間で11%上昇しています。過去1か月で、暗号の価値は31%減少しました。 下のグラフは、過去5日間のコインの価格の傾向を示しています。暗号の価値は過去数日間で急激な増加が見られました|出典:TradingViewのBTCUSD数週間のほとんど横向きの動きの後、ビットコインは暗号通貨が上向きの勢いを増しているため、過去数日間。Unsplash.comのDmitryDemidkoの注目画像、TradingView.comのチャート

Solana投資家は、ブロックチェーンのネイティブコインであるSOLから利益を得たとして、Solanaネットワークの主要な利害関係者に対して集団訴訟を起こした。は規制されていないセキュリティです。 この申請は、住宅所有者を代表する法律顧問によってカリフォルニアで行われました。訴状の詳細に基づいて、今月初めに原告としてマーク・ヤングに提訴されました。 被告の中には、人気のベンチャーキャピタル会社であるマルチコインキャピタルとその最高経営責任者であるカイルサマニが含まれていました。熱心なソラナ支持者。 訴訟によると、「ソラナラボ、ソラナファウンデーション、および[アナトリー]ヤコベンコによるソラナブロックチェーンの管理と開発は、SOL株式の価値の基盤です。」 推奨読書|アバター-医師の機密性:UAEで第1メタバース病院が台頭する予定です 画像:Changelly 法的文書なしで提供されるソラナトークン? カリフォルニア地方裁判所は次のように主張しています被告は、おそらく未登録の証券を販売し、それらを合法的に登録せずに証券としてSOL暗号通貨を提供しました。 訴訟は、SOLを、通常の投資家を犠牲にしてその内部者を支持する高度に集中化された暗号通貨として特徴づけました。 2020年4月以降、裁判所の記録に基づいて、被告は米国でSOLを宣伝するために贅沢な金額を費やしたとされており、昨年11月5日時点でその価格はトークンあたり258ドルに、市場価値は770億ドルに上昇したようです。 「これらのプロモーション活動により、SOL証券は比較的マイナーな暗号資産から世界有数の暗号資産の1つに引き上げられました」とYoung氏は述べています。決定する SOLは2021年に最高のパフォーマンスを示したトークンのひとつでしたが、過去最高の259ドルはすでに現在の価格から85%以上下落しています。現在は36.83ドルで、過去24時間から0.6%下落しています。 SOLの時価総額は日足チャートで128億ドル|出典: TradingView.com 市場の低迷にもかかわらずソラナは無傷 何年にもわたって、主張他の多くの暗号通貨会社に対して証券違反が行われています。この場合、原告は、彼が損害賠償を経験したため、訴訟を起こす必要があると主張します。 最近の市場の低迷は、多くの暗号通貨ベンチャーに損害を与えましたが、ソラナはその中にはいないようです。 推奨読書| FTXビッグボスは暗号通貨の災難の一部が終わったと言います シリーズBの投資家グループは最近、ソラナに拠点を置くNFTマーケットプレイスであるMagicEdenに1億3000万ドルを投じました。さらに、ブロックチェーンでのNFTの売上は記録的な20億ドルに達しました。 訴訟が始まると、暗号市場とソラナの流通に悪影響を与える可能性があります。 トークンが証券であると裁判所が判断した場合、暗号交換の大部分はそれを除外します。 2020年にXRPが米国証券取引委員会との法的紛争に関与したとき、同じ行動が撮影。 Fierce Pharmaの注目の画像、TradingView.comのチャート

IT Info

米国財務省が国際暗号規制のフレームワークを公開した理由

プレスリリースごと米国財務省から、暗号資産とデジタル資産は同等の国際規制を持つ必要があります。政府機関は、米国大統領ジョー・バイデンからの大統領命令(EO)に続いて、「デジタル資産に関する国際的関与の枠組み」を発表しました。 関連資料| U.S.BankはEthereumのMakerDAOと接続して1億ドルを借りる 2022年3月9日に発行された大統領命令は、暗号資産とデジタル資産の「可能性を活用」し、その潜在的なリスクを軽減することを目的としています。 EOは、これらの問題に対処するための国際協力の重要性を強調しました。 米国財務省のフレームワークは、消費者、投資家、企業がデジタル資産のリスクから「保護」され、金融システムが維持することを「保証」しようとしています。その「安全性と健全性」。したがって、中央銀行デジタル通貨(CBDC)やその他の「当社の価値観と法的要件に一致する技術」の採用と開発を促進します。 政府機関は、「不均一な」規制、監督、コンプライアンスが貢献していると主張していますデジタル資産に関連する疑惑のリスクに、そして金融システムの安定性に脅威をもたらす可能性があります。特に、米国は「不十分なマネーロンダリング防止」ポリシーを懸念しています。 これにより、暗号通貨に関連する違法行為の調査能力が弱まり、違法な資金が「海外に飛び出す」のを防ぐことができなくなります。 」。フレームワークは次のように主張しています。 したがって、公的機関、民間部門、およびその他の利害関係者間の国際協力は、高い規制基準と公平な競争の場を維持し、安全で手頃な金融サービスへのアクセスを拡大するために重要です。公的決済システムの継続的な近代化などを通じて、国内および国境を越えた決済のコストを削減します。 米国は、世界中のいくつかの機関や国際機関と協力して、デジタル資産。これには、世界銀行、G7およびG20、金融安定理事会(FSB)、金融活動タスクフォース(FATF)などが含まれます。追加されたフレームワーク: 急速に進化するデジタル資産エコシステムの標準設定は、プライバシーから民主的価値の尊重、相互運用性を低下させる相互運用性まで、主要なポリシーの優先事項の多くを確保するために重要です。国境の摩擦と安全で手頃な金融サービスへのアクセスの増加–新しいシステムに組み込まれます。 米国は国際暗号規制に影響を与えることができますか? フレームワークは上記のように、消費者と投資家を保護し、「手頃な金融サービス」へのアクセスを促進し、金融および技術革新を促進します。文書は、デジタル資産の規制が現政権の優先事項であることを何度か強調しています。 しかし、米国は、その領土内のデジタル資産に関する規制の明確さを提供できていません。 2つの主要な金融規制機関である証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)は、初期の資産クラスに対する管轄権を決定できません。 SECは次のことを望んでいます。ゲイリー・ゲンスラー会長によると、暗号通貨をビットコイン以外の証券として分類します。この委員会は、財務省の枠組みで提案された目的を達成するための議論ではなく、暗号業界との法廷闘争に従事することを選択しました。 関連資料| SOL投資家が違法な利益を上げたとして訴えられたSolanaLabs 執筆時点で、暗号通貨の時価総額は9,300億ドルで、4時間チャートで下落傾向が見られます。以下。 出典: Tradingview

IT Info

レバレッジ取引 レバレッジ取引 リップル事件:SECが被告の専門家の証言を打ち消そうとする理由

米国証券取引委員会と、サンフランシスコを拠点とするブロックチェーン技術の革新者であるリップルラボ社との間の法的な論争は、新たな紆余曲折を目撃し続けています。 先週、リップルの弁護士であるジョンE.ディートンは、アミチキュリアエに対する会社の反論を封印しようとする規制当局の試みを拒否するよう求める申し立てを提出しました。 その立場で、会社は次のように主張しました。 SECの立場は、国民の「幅広い公共の利益の場合に実質的な法的議論にアクセスする権利」に反しています。 今回は、SECがオムニバス訴訟を提起して、リップルおよび/またはその被告、現在のCEOブラッドガーリングハウスおよび共同創設者クリスチャンラーセンによって保持された最大10人のアナリストの証言。 推奨読書|アバター-医師の機密保持:UAEで第1メタバース病院が台頭する 画像:リップルコインニュース SEC戦術:リップル弁護士に圧力をかける 専門家は原告は、会社の防衛チームに圧力をかけ、専門家が目撃したさまざまなトピックに関する最初の報告や反論を除外するために、この申し立てを提出することに傾倒しています。 オムニバスの申し立てには複数の要求が含まれています。法的申し立てにより、当事者は、事件に関連する追加の懸念事項を体系的に提示または提起することができます。 SECによると、被告は、同じ長さの条件で、120ページを超えないオムニバスに同意しています。反対の反応には制限が適用されます。 SECにも異議はありませんでした。 弁護士のFredRispoliは、次のように述べてこれの重要性について説明しています。 「リップルもSECの専門家に反対します。これで、リップルが最近2人の追加の弁護士を雇った理由がわかりました。」 この事件は、すでに激しい法廷紛争がエスカレートし、繰り返し話題を呼んでいます。 締め切り動議の判決は7月12日に設定されています。 XRPの時価総額は日次チャートで165億ドル|出典: TradingView.com ケースの結果:Crypto Awaits 暗号通貨の未来は、SECがフィンテック企業リップルに対して提起した特定の訴訟にかかっています。リップルは、150億ドルのXRP通貨が市場価値で7位にランクされています。 12月22日に提起された訴訟2020年、リップルは13億ドル以上を違法に確保したと主張しています。 SECは、ラーセンとガーリングハウスが投資家へのXRPの提供と販売を合法的にリストすることを怠り、潜在的な購入者が暗号通貨とリップルの操作の性質。 推奨読書| FTXビッグボスは暗号通貨の損害の一部が終わったと言います SECがリップルとの法的な対決で勝った場合、XRPは米国ではデジタル通貨ではなくセキュリティとして分類されます。 これは、他の暗号通貨を証券として分類することにつながる法的前例を設定する可能性があります。 今、この永遠の法廷乱闘がいつ終わるかについての質問は誰の推測でもあります。 一方、XRPの価格は前週に比べて8%上昇しており、アナリストはアルトコインの上昇傾向が続くと予想しています。 Watcher レバレッジ取引 Guruの注目の画像、 TradingView.com

Exness 仮想通貨CFD

Exnessでは、仮想通貨CFDを 業界水準を下回る低スプレッド環境で最大400倍のハイレバレッジをかけてお取引頂けます 。ゼロカットシステムによって証拠金以上の損失が発生しないため、安心してボラティリティ(価格変動率)が高くエキサイティングな仮想通貨CFDトレードに集中して頂けます。また、Exnessでは全ての仮想通貨CFDでスワップポイントが発生しないスワップフリーが適用されます。マイナススワップによる損失を回避できるため長期トレードにも最適です。

Exness 仮想通貨CFD

Exnessの仮想通貨CFDについて

CFD(Contract For Difference)とは、取引開始時と終了時の価格差により発生した損益だけをやり取りする「差金決済取引」のことを指します。取引で利益が発生したら利益分のみが証拠金に加算され、損失が発生したら損失分のみが証拠金から差し引かれます。

Exnessの仮想通貨CFDの特徴

4つの口座タイプで取引可能

Exness(エクスネス)の仮想通貨CFDは、スタンダードセント口座を除く「スタンダード口座」、「ロースプレッド口座」、「ゼロ口座」、「プロ口座」でお取引頂くことが可能です。但し、取引可能な銘柄数は口座タイプと取引プラットフォームMT4(Meta Trader4)/MT5(Meta Trader5)毎に異なりますのでご注意ください。

Exness 仮想通貨CFDの口座タイプ別取引可能銘柄数
レバレッジ取引 レバレッジ取引
スタンダード ロースプレッド口座 プロ ゼロ口座
MT4 MT5 MT4 MT5 MT4 MT5MT4 MT5
23 35 22 3422 34 23 35
スタンダード口座
MT4 MT5
23 35
ロースプレッド口座
MT4 MT5
22 34
ゼロ口座
MT4 MT5
22 34
プロ口座
MT4 MT5
23 35

Exness 口座タイプ | Exness(エクスネス)

Exness 口座タイプ | レバレッジ取引 Exness(エクスネス)

最大400倍のハイレバレッジを提供

Exness(エクスネス)の仮想通貨CFDは、 最大400倍のハイレバレッジでお取引頂くことが可能 です。「イーサリアム(ETH)」と、USD(米ドル)やJPY(日本円)、XAG(シルバー)、XAU(ゴールド)など9種類の通貨ペアでお取引頂ける「ビットコイン(BTC)」は最大400倍、その他のアルトコインは最大200倍または20倍と銘柄によって異なります。

Exness 仮想通貨CFDの最大レバレッジ
最大レバレッジ 証拠金率 対象銘柄
400倍 0.25% BTC/AUD、BTC/CNH、BTC/JPY、BTC/KRW、BTC/THB、BTC/USD、BTC/XAG、BTC/XAU、BTC/ZAR、ETH/USD
200倍 0.5% BCH/USD、LTC/USD、XRP/USD
20倍 5% 1INCHUSD、AAVEUSD、ADAUSD、BATUSD、BNBUSD、CAKEUSD、COMPUSD、DOGEUSD、DOTUSD、ENJUSD、FILUSD、HBARUSD、HTUSD、IOSTUSD、LINKUSD、MANAUSD、MATICUSD、SNXUSD、SOLUSD、THETAUSD、UNIUSD、XTZUSD
400倍
証拠金率 0.25%
対象銘柄 BTC/AUD、BTC/CNH、BTC/JPY、BTC/KRW、BTC/THB、BTC/USD、BTC/XAG、BTC/XAU、BTC/ZAR、ETH/USD
200倍
証拠金率 0.5%
対象銘柄 BCH/USD、LTC/USD、XRP/USD
20倍
証拠金率 5%
対象銘柄 1INCHUSD、AAVEUSD、ADAUSD、BATUSD、BNBUSD、CAKEUSD、COMPUSD、DOGEUSD、DOTUSD、ENJUSD、FILUSD、HBARUSD、HTUSD、IOSTUSD、LINKUSD、MANAUSD、MATICUSD、SNXUSD、SOLUSD、THETAUSD、UNIUSD、XTZUSD
  • Exnessではレバレッジの上限を撤廃した「無制限レバレッジ」を提供していますが、仮想通貨CFDではご利用頂くことができません。

追証なしのゼロカットシステムを採用

Exness(エクスネス)では、 ゼロカットシステムを採用しているため、ボラティリティが高い仮想通貨CFDも安全にお取引頂けます。 ゼロカットシステムとは、相場の急激な変動などにより取引口座の証拠金を上回る損失が発生した際に、Exnessがマイナス残高を"0"にリセットするシステムです。仮想通貨はボラティリティ(価格変動率)が高く、短期間で大きな利益を獲得できるチャンスが多い反面、予想と異なる方向へ相場が動くと大きな損失が発生する可能性もあります。Exnessでは、追証(追加証拠金)なしのゼロカットシステムを採用しているため、損失を証拠金までに限定しながら、利益は上限なく追求することが可能です。

業界水準を下回る低スプレッドを実現

Exness(エクスネス)では、 仮想通貨CFDを業界水準を下回る低スプレッドでお取引頂くことが可能 です。仮想通貨CFDのお取引が可能な「スタンダード口座」、「ロースプレッド口座」、「ゼロ口座」、「プロ口座」全ての口座タイプで低スプレッドを提供していますので、トレードスタイルに合わせて最良の取引口座をお選び頂けます。但し、銘柄によって最も低いスプレッドでお取引頂ける口座タイプが異なりますのでご留意ください。

メジャー仮想通貨CFD銘柄の口座タイプ別スプレッド比較
レバレッジ取引 レバレッジ取引
銘柄 スタンダード口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座 プロ口座
BTC/USD
(ビットコイン/米ドル)
平均スプレッド 235.7pips 62.8pips 62.8pips 147.9pips
取引手数料 なし 7ドル 7ドル なし
実質コスト 235.7pips 132.8pips 132.8pips 147.9pips
ETH/USD
(イーサリアム/米ドル)
平均スプレッド 18.2pips 1.7pips 3.6pips 11.4pips
取引手数料 なし 1ドル 0.8ドル なし
実質コスト 18.2pips 11.7pips 11.6pips 11.4pips
LTC/USD
(ライトコイン/米ドル)
平均スプレッド 9.9pips 1.0pips 2.0pips 6.2pips
取引手数料
(往復)
なし 0.5ドル 0.4ドル なし
実質コスト 9.9pips 6.0pips 6.0pips 6.2pips
レバレッジ取引 レバレッジ取引
BTC/USD
スタンダード口座
平均スプレッド 235.7pips
取引手数料 なし
実質コスト 235.7pips
ロースプレッド口座
平均スプレッド 62.8pips
取引手数料 7ドル
実質コスト 132.レバレッジ取引 8pips
ゼロ口座
平均スプレッド 62.8pips
取引手数料 7ドル
実質コスト 132.8pips
プロ口座
平均スプレッド 147.9pips
取引手数料 なし
実質コスト 147.9pips
レバレッジ取引
ETH/USD
スタンダード口座
平均スプレッド 18.2pips
取引手数料 なし
実質コスト 18.2pips
ロースプレッド口座
平均スプレッド 1.7pips
取引手数料 1ドル
実質コスト 11.7pips
ゼロ口座
平均スプレッド 3.6pips
取引手数料 0.8ドル
実質コスト 11.6pips
プロ口座
平均スプレッド11.4pips
取引手数料 なし
実質コスト 11.4pips
LTC/USD
スタンダード口座
平均スプレッド 9.9pips
取引手数料
(往復)
なし
実質コスト 9.9pips
ロースプレッド口座
平均スプレッド 1.0pips
取引手数料
(往復)
0.5ドル
実質コスト 6.0pips
ゼロ口座
平均スプレッド 2.0pips
取引手数料
(往復)
0.4ドル
実質コスト 6.0pips
プロ口座
平均スプレッド 6.2pips
取引手数料
(往復)
なし
実質コスト 6.2pips

Exness スプレッド | Exness(エクスネス)

Exness スプレッド | Exness(エクスネス)

スタンダードスワップフリーの対象

Exness(エクスネス)では、仮想通貨CFDを スワップポイントが発生しない「スワップフリー」でお取引頂くことが可能 レバレッジ取引 です。FX取引における長期トレードにおいて、スワップポイントは注視すべきスペックの一つとなります。特に、マイナススワップはポジションを保有しているだけで損失を積み上げることになるため、長期的な値上がりを期待してポジションを建てる際にはスワップポイントの確認は必須です。

24時間365日いつでも取引可能

Exness(エクスネス)の仮想通貨CFDは、 24時間365日お取引頂くことが可能 です。FX通貨ペアやその他のCFD銘柄が休場となる土日や、クリスマス・年末年始等の世界的な祝日でも、Exnessの仮想通貨CFDはお好きなタイミングでいつでもお取引頂けます。但し、Exnessのサーバーメンテナンス中にはお取引頂くことができません。サーバーメンテナンスを実施する場合には、ご登録頂いているメールアドレスへ事前にご案内を送付いたします。

【初心者必読】仮想通貨におけるポジションってなに?現物取引とレバレッジ取引のポジションを解説!

【初心者必読】仮想通貨におけるポジションってなに?現物取引とレバレッジ取引のポジションを解説!


仮想通貨における「ポジション」とは、定義が曖昧ではありますが、広義に 「仮想通貨を持っている状態」 のことを指します。

  • ノーポジション(ノーポジ)→仮想通貨を保有していない状態
  • レバレッジ取引
  • ポジションを建てる(とる)→新しく通貨の売買を行うこと
  • ポジションを解消した(外した)→仮想通貨を売って保有していない状態
  • ポジションを集中させる→一定の通貨のみ保有すること

ポジショントークとは? 自身の保有している仮想通貨に対し、SNSなどを用いてPRして値が上がるように操作すること。 略して「ポジトーク」ともいう。特に影響力のある人物がポジショントークをすると相場に影響が出ることも。

仮想通貨のレバレッジ取引における「ポジション」


まず先に「現物取引」と「レバレッジ取引」の違いをおさらいしましょう。

・現物取引 → 保有している資産と同じ対価の仮想通貨を取引をすること。 持っている資産の範囲内でしか取引ができないが、借金をするリスクはない。

・レバレッジ取引 → 仮想通貨交換業者に証拠金となる通貨を預け、ビットコインを借りて運用して取引をすること。 レバレッジを何倍も効かせることにより、保有している資産より大きい金額で取引ができる一方で、借金を抱えることになるリスクもある。 信用取引・FXとも呼ぶ。

レバレッジ取引では ポジションのことを、「建玉(たてぎょく)」 とも呼びます。

レバレッジ取引例 【買い注文の場合】
買い注文をだす →買い注文が成立→ 建玉(ポジション)を持つ →買った時より値が高くなるのを待つ→値が上がる→売り注文で決済する・・・一般的な現物取引の投資法。 レバレッジ取引においてこのような買い注文の仕方を「ロングポジション」という。

【売り注文の場合】
売り注文を出す→売り注文が成立→ 建玉(ポジション)を持つ →売った時より値が下がるのを待つ→値が下がる→買い注文で決済する・・・ レバレッジ取引においてこのような売り注文の仕方を「ショートポジション」もしくは「空売り」と呼ぶ。

レバレッジ取引における建玉(ポジション)「ロング」と「ショート(空売り)」とは?

レバレッジ取引
レバレッジ取引の場合、「買い注文」を「ロング」といい、「売り注文」を「ショート(空売り)」と呼びます。

「ロング」と「ショート」の違い ロング ・・・ 買い注文を出し、値が上がるのを待って売りに出すこと。 通貨の価値が上がった分だけ利益を得る。 現物取引において一般的な投資法。
ロングの例・・・現金で1BTCを買い、BTCが5倍に値が上がった際に売りに出した。利益は5-1で4BTCの利益を得ることとなる。

ショート(空売り) ・・・ 仮想通貨交換業者に対し一定の証拠金を担保にして通貨を借り、その通貨を使って売り注文を出すこと。 高く売って安く買い戻すことで利益を得る。
ショートの例・・・1BTC=5万円で空売りし、1BTC=4万円に値が下がった時に買い戻した。利益は5-4=1万円の利益を得ることとなる。 証拠金とは? レバレッジ取引において一定の額を取引所に担保として預ける必要がある。 その資金を「証拠金」と呼び、適用するレバレッジにより資金額は異なる。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる