海外FXお役立ちガイド

リスクとリターンの関係

リスクとリターンの関係

不動産投資はある程度の金額を頭金として銀行ローンを活用することで、プラスの家賃収入を期待することが可能です。仮に上記のポートフォリオを1,000万円の資産額で作成すると、不動産投資の部分は500万円になります。

「リスクとリターンの関係について」

人力検索はてな - 「リスクとリターンの関係について」 一般に、大きなリターンを期待できるものはリスクが高く、小さなリターンしか期待できないものはリスクが低いといわれます。 ↑これ、..

先の定義に従えば、期待収益率が同じで、リスクが高い A 社の株とリスクが低い B 社の株では、期待より大きいリターンが得られる確率は、A 社の方が大きくなります。また重要なことは、この定義に従えば、期待より小さいリターンしか得られない確率も A 社の株のほうが大きいわけです。一方、リスクが小さいとされる B 社の場合、極端に大きなリターンを得る確率が小さいという意味では、「小さいリターンしか期待できない」というのは正しいことになります。ですが、B社の場合ですと、極端に小さなリターンとなる確率も小さいわけです。つまり、期待される収益付近となる確率が高いわけです。

hiroyuki21 37 2 2006/01/22 01:08:30

何をリスクと考えるかで状況は変わりますので一概に言えませんが数学的統計的なもの以外での証明は無理でしょう。 ローリスク・ハイリターンは寡占状態でのビジネスなどがそうですが、その状態を得ることが難しいのです。 金融でもヘッジファンドなどローリスク・ハイリターンの物もありますが最低投資額の問題や私募(私的に知人のみに販売)のため個人で買うことは難しいのが現実です。 つまり、不可能なのではなくその状態を得ること、が難しいのではないでしょうか? ちなみに回答にあった万引きの例ですが、軽いとはいえ犯罪歴は残りますし、社会的なリスクは大きいといえます。 特に社会的地位が高い人ほど軽犯罪でのリスクはリターン(得るもの)が少ない割りに、リスク(失うもの、地位や職業など)が大きいのではないでしょうか?

hiroyuki21 37 2 2006/01/22 22:40:12

Behavioral Finance Online Laboratory

統計学的・数学的にリスクリターンの話は証明されるべきものであり、証明されていないものではないかと思います。 金融の世界ではリスクリターンの関係は常に変化しそこに『ゆがみ』が生じることが前提となり取引が成立しています。 そのために投機家と裁定取引者が存在しリスクリターンの(正しい)関係に近づけようとする取引が行われています。 結果、市場原理に収まるということが前提となっているのですが、そうならないために行動ファイナンスという心理学的な要因を取り入れた考え方が出てきているわけです。 ご質問の内容について金融の世界(実体経済)と学問の間には大きな差があり、金融という前提がないほうが質問の趣旨が正しく理解されるのではないかと思います。 統計学的・数学的な問題と経済学的な問題の間には大きな差があると思います。

いち・に・ 106 0 2006/01/23 13:22:55

Amazon.リスクとリターンの関係 co.jp: スティグリッツ ミクロ経済学: 本: ジョセフ・E. スティグリッツ,Joseph E. Stiglitz,薮下 史郎,金子 能宏,清野 一治,秋山 太郎,木立 力

という部分が理解できないというコメントがありました。それから、質問と回答の中に、金が埋蔵している土地の価格についてのやりとりがありました。ひょっとすると、これは独占的な市場と競争的で効率的な市場を混同されているために話しがややこしくなっているのではないでしょうか。「期待収益とリスクとの間には右上がりの関係がある」というのは、基本的には効率的な市場において成立する話しであろうかと思います。これを例えば、埋蔵金がでる土地の話しのように、独占的な市場と効率的な市場を比較しても意味がないわけです。もし、効率的な市場を前提にしないのであれば、「期待収益とリスクとの間には右上がりの関係が成り立たない」事例というのは幾らでも見いだせることになると思います。「効率的市場理論(efficient market theory)」が本当かどうかは議論があるのでしょうが、多くの場合でそれを支持する関係が経験的に成り立っているわけですから、きっと市場は効率的なのでしょうというのが大方の意見なのではないでしょうか。

では、なぜそうした関係が成り立つのかを考えた場合、経済主体は多くの場合「リスク回避的である」であるという経験的事実が重要になるのではないでしょうか。期待収益が同じであるならば、リスクの小さいほうが選択されるというのは直感的に理解できることだと思います。これは数学的に導かれる訳ではありません。人間の心理的な傾向を示しています。さて、リスク回避的な人間にとっては、リスクが大きくなれば相対的に効用が低下しますので、よりリスクが大きい商品を購入するようになるのは期待収益がより大きい場合だけです。期待収益を縦軸に、標準偏差(リスク)を横軸にとったとして、グラフ内の任意の一点を A 点とします。そうすると、A 点よりもリスクが大きい商品(グラフの右側の領域)があったとすると、それを購入しようと思うのは A 点よりも収益が大きい場合(グラフの上側)に限られます。つまり、グラフ上で A 点よりも右上の点となるでしょう。期待収益とリスクとの関係が一般に右上がりの関係になる(比例するとは限らないと思います)のはこういう理由によるものだと説明できると思います。

投資信託の性質とは?他の金融商品とのリスク・リターン比較

投資信託の性質

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 リスクとリターンの関係 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

投資信託の性質とは?他の金融商品とのリスク・リターン比較

投資信託の性質

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer リスクとリターンの関係 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 リスクとリターンの関係 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer リスクとリターンの関係 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

リスクとリターンの調整!―ポートフォリオ理論入門その1―

次は2つの株に投資することを考えましょう。1つの株に対してリスク・リターンがあるわけなので、2つ以上の株の場合、リターンは上がるかもしれませんがリスクもそれなりに大きくなる印象があります。実際に2つの株にそれぞれ一定の比率(投資比率と呼びます)で投資した場合、リスクやリターンがどれだけにあるのかを計算してみようと思います。
ここでは、株価Aと株価Bを考えます。それぞれ推移と、平均値(リターン)、標準偏差(リスク)は以下のような状況です。

リスクがもとの株より大きくなってしまいました。ハイリスクですし、リターンはB以下なので、この比率の選択はやめた方がよさそうです。では、比率を反転して、株価Aを15%、株価Bを85%とします。すると

リスクが減少しました!もう少し抑えられるか探ってみましょう!次は株価Aが40%、株価Bが60%のときを考えます。

なんとリスクが87.539まで減少しました!しかも驚くべきことに、もとの株価よりもリスクが下がっています!このように株価をうまく合わせ、うまい比率に調整することで、リターンはそこそこ保たれ、ときにリスクを大幅に小さく抑えることができるのです。

3.さいごに

いかがでしたでしょうか。うまく投資比率を調整することで、リスクを大きく減少させることができました!しかし、今回扱った株価AとBが「うまい組み合わせ」だからこそリスクを激減させる結果となりました。つまり、どんな2つ株についても比率を調整することでリスクを小さくできるとは限りません。次回はどのような株価の組み合わせがいいのか、数学的な説明とともに解説いたします!お楽しみに!

和からではご自身のペースで学びたいことを学びたいだけ学ぶことができます。算数や数学の苦手意識克服、お仕事で使う計算から実務に役立つデータ分析まで、幅広く対応いたします。ご興味がある方はぜひ一度無料セミナー、無料個別カウンセリングにご相談ください。

自分に合った投資のポートフォリオを作成するポイントは?金融のプロが解説

低リスクのポートフォリオ例


不動産投資はある程度の金額を頭金として銀行ローンを活用することで、プラスの家賃収入を期待することが可能です。仮に上記のポートフォリオを1,000万円の資産額で作成すると、不動産投資の部分は500万円になります。

3-2 ミドルリスクミドルリターン(目標リターン4%)

ミドルリスクミドルリターンのポートフォリオ例

ミドルリスクのポートフォリオ例


ソーシャルレンディングや株式は経済環境が良好な局面ではリターンが期待できますが、将来もし経済環境が悪化した場合には損失リスクが高くなるので、資産に取り入れる場合には、複数の銘柄への分散投資を徹底しましょう。

3-3 ハイリスクハイリターン(目標リターン6%)

ハイリスクハイリターンのポートフォリオ例

ハイリスクのポートフォリオ例


債券の代わりに、リスクオフの局面でリターンが良好になる傾向を持つ金を組み入れました。金もハイリスクハイリターンの資産ではありますが、株式とは値動きの特徴が異なるので、ポートフォリオの経済変動への影響を緩和することが可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる