FX取引の利点

バイナリ-オプション用語集

バイナリ-オプション用語集

C# で、同じソースコードから常に同じバイナリを生成する

フルパスの方は基本的には pdb (デバッグ用シンボル情報)だけの問題なんですが、 exe/dll でも、 CallerFilePath 属性を使ったりすると文字列定数でフルパスが埋め込まれます。 ローカルで再コンパイルする分には変化しないんですが、 C:\users\ユーザー名\Documents\ みたいなのが pdb 中に残ってしまってみっともないです。 また、クラウド ビルド環境では常に同じパスでコンパイルされるとは限らないので、やっぱりバイナリの一意性を確保できなくなります。

バイナリが決定論的でないというのは単に不格好という問題ではなく、 バイナリ-オプション用語集 CI/CD 環境でキャッシュが効かなくてなってサーバー リソースを食いつぶすことにつながったりします。

これらに対処するための C# コンパイラー(csc)オプションは、2016年頃から提供されるようになりました(参考: Deterministic builds in Roslyn)。

  • /deteministic : GUID の算出にタイムスタンプと乱数を使わなくする
    • ソースコードなどのハッシュ値から計算するので、ソースコードに変化がない限り一意
    • 置き換え元=置き換え後 という形式で、単純な置換をするだけ
    • 置き換え元の方に $(MSBuildProjectDirectory) とかを指定して、置き換え先の方を / とかあたりさわりのない固定の文字列にしておけば、どの環境でも同じ結果が得られる

    csproj での指定

    C# コンパイラー オプションとしては3年前に実装されていても、 dotnet コマンドでのビルド(csproj ファイル中にオプション記述)できるようになったのはもうちょっと後です。 それでも、Visual Studio 2017 (2年前)から、以下のオプションが指定できるようになりました。

    • : csc の /deteministic に相当
    • : csc の /pathmap に相当

    ちなみに、SDK-based なプロジェクトの場合、 がデフォルトで true になっています。 タイムスタンプ問題は何もしなくても解消済み。

    Directory.Build

    ちなみに、 は Directory.Build.props に書いておいても動作します。 プロジェクト1個1個に設定を入れるのも面倒なので、自分はリポジトリのルートに1個、以下のような Directory.Build.props を入れています。

    $(MSBuildProjectDirectory) (csproj があるフォルダー)からではなく、 $(MSBuildThisFileDirectory) (props があるフォルダー)を基準にして、 リポジトリ内の相対パスは残すようにしています。

    単に $(MSBuildThisFileDirectory) ではなく、その1つ上のフォルダーまで(git clone してきてるリポジトリ名まで)残すようにしています。

    PathMap の例

    の方は一応過去に少し触れたことがあるのと、 SDK-based な csproj を使う限りもう今はデフォルトで true なので、 改めて例を挙げるほどでもないかと思います。 ということで、 の方。

    実行すると、 CallerFilePath 属性で取ったファイル名と、例外のスタックトレースが書き換わってる(短くなってる)ことがわかります。

    2年くらい前の機能をなんで今更ブログに書くことになったかというと、 今日、ちょうど「ログ出力で CallerFilePath 使うか」という話になったからだったり。 「フルパス入るの嫌か」「あっ、でも、確か PathMap 導入してたはず」みたいな。

    Azure用語集

    インスタンスレベルのパブリック IP (ILPIP) — ILPIP は、仮想マシンまたはロールインスタンスが存在するクラウドサービスではなく、仮想マシンまたはロールインスタンスに直接割り当てることができるパブリック IP アドレスです。これは、クラウドサービスに割り当てられたVIP(仮想IP)に代わるものではありません。これは、仮想マシンまたはロールインスタンスに直接接続するために使用できる追加の IP アドレスです。

    :以前には、ILPIPはPIP(「パブリックIP」の略)と呼ばれていました。

    インバウンド NAT ルール — ロードバランサーのパブリックポートを、バックエンドアドレスプール内の特定の仮想マシンのポートにマッピングするルールが含まれます。

    IP-Config:個々のNICに関連付けられたIPアドレスのペア(パブリックIPとプライベートIP)として定義できます。IP-Configでは、パブリックIPアドレスがNULLの場合があります。各 NIC には、最大 255 までの IP 構成を関連付けることができます。

    負荷分散ルール:特定のフロントエンド IP とポートの組み合わせを、バックエンド IP アドレスとポートの組み合わせのセットにマップする規則プロパティ。ロードバランサーリソースの単一の定義を使用して複数のロードバランサー規則を定義でき、その各規則は、フロントエンドIPおよびポートと、仮想マシンに関連付けられたバックエンドIPおよびポートの組み合わせを示します。

    image

    ネットワークセキュリティグループ — 仮想ネットワーク内の仮想マシンインスタンスへのネットワークトラフィックを許可または拒否するアクセス制御リスト (ACL) ルールのリストが含まれます。NSGは、サブネット、またはそのサブネット内の個々の仮想マシンインスタンスに関連付けることができます。ネットワークセキュリティグループがサブネットに関連付けられている場合、ACL ルールはそのサブネット内のすべての仮想マシンインスタンスに適用されます。さらに、ネットワークセキュリティグループをその仮想マシンに直接関連付けることで、個々の仮想マシンへのトラフィックをさらに制限できます。

    プライベート IP アドレス — Azure 仮想ネットワーク内の通信に使用され、VPN Gateway を使用してネットワークを Azure に拡張するときのオンプレミスネットワークで使用されます。プライベートIPアドレスを使用すると、Azureリソースは、VPNゲートウェイまたはExpressRoute回路を経由して、インターネットで到達できるIPアドレスを使用せずに、仮想ネットワークまたはオンプレミスネットワーク内の他のリソースと通信できます。Azure Resource Manager展開モデルでは、プライベートIPアドレスは次の種類のAzureリソースに関連付けられます - 仮想マシン、内部ロードバランサー(ILB)、およびアプリケーションゲートウェイ。

    パブリック IP アドレス (PIP) — バイナリ-オプション用語集 PIP は、Azure のパブリック向けサービスを含むインターネットとの通信に使用され、仮想マシン、インターネット向けロードバランサー、VPN ゲートウェイ、およびアプリケーションゲートウェイに関連付けられます。

    ストレージアカウント — Azure ストレージアカウントを使用すると、Azure Storage の バイナリ-オプション用語集 Azure BLOB、キュー、テーブル、およびファイルサービスにアクセスできます。ストレージアカウントは、Azureストレージデータオブジェクトに一意の名前空間を提供します。

    VNet

    DIESER DIENST KANN ÜBERSETZUNGEN ENTHALTEN, DIE VON GOOGLE BEREITGESTELLT WERDEN. GOOGLE LEHNT JEDE AUSDRÜCKLICHE ODER STILLSCHWEIGENDE GEWÄHRLEISTUNG IN BEZUG AUF DIE ÜBERSETZUNGEN AB, EINSCHLIESSLICH JEGLICHER GEWÄHRLEISTUNG DER GENAUIGKEIT, ZUVERLÄSSIGKEIT バイナリ-オプション用語集 バイナリ-オプション用語集 UND JEGLICHER STILLSCHWEIGENDEN GEWÄHRLEISTUNG DER MARKTGÄNGIGKEIT, DER EIGNUNG FÜR EINEN BESTIMMTEN ZWECK UND DER NICHTVERLETZUNG VON RECHTEN DRITTER.

    CE SERVICE PEUT CONTENIR DES TRADUCTIONS FOURNIES PAR GOOGLE. GOOGLE EXCLUT TOUTE GARANTIE RELATIVE AUX TRADUCTIONS, EXPRESSE OU IMPLICITE, Y COMPRIS TOUTE GARANTIE D'EXACTITUDE, DE FIABILITÉ ET TOUTE GARANTIE IMPLICITE DE QUALITÉ MARCHANDE, D'ADÉQUATION À UN USAGE PARTICULIER ET バイナリ-オプション用語集 D'ABSENCE DE CONTREFAÇON.

    ESTE SERVICIO PUEDE CONTENER TRADUCCIONES CON TECNOLOGÍA DE GOOGLE. GOOGLE RENUNCIA A TODAS LAS GARANTÍAS RELACIONADAS CON LAS TRADUCCIONES, TANTO IMPLÍCITAS COMO EXPLÍCITAS, INCLUIDAS LAS GARANTÍAS DE EXACTITUD, FIABILIDAD Y OTRAS GARANTÍAS IMPLÍCITAS DE COMERCIABILIDAD, IDONEIDAD PARA UN FIN EN PARTICULAR Y AUSENCIA DE INFRACCIÓN DE DERECHOS.

    このサービスには、Google が提供する翻訳が含まれている可能性があります。Google は翻訳について、明示的か黙示的かを問わず、精度と信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利を侵害しないことに関するあらゆる黙示的保証を含め、一切保証しません。

    ESTE SERVIÇO PODE CONTER TRADUÇÕES FORNECIDAS PELO GOOGLE. O GOOGLE SE EXIME DE TODAS AS GARANTIAS バイナリ-オプション用語集 RELACIONADAS COM AS TRADUÇÕES, EXPRESSAS OU IMPLÍCITAS, INCLUINDO QUALQUER GARANTIA DE PRECISÃO, CONFIABILIDADE E QUALQUER GARANTIA IMPLÍCITA DE COMERCIALIZAÇÃO, ADEQUAÇÃO A UM PROPÓSITO ESPECÍFICO E NÃO INFRAÇÃO.

    バイナリ-オプション用語集

    ■システム
    ● SDI入出力は、3G-SDI/HD-SDIに対応
    ● 2系統のライン(LINE A、LINE B)で異なるモード(DSK/USK)を選択
    ● 2系統のライン出力に対して同期信号を個別に設定 ※LINE A/Bが同期していること
    ( 例) LINE A:外部同期(BB同期) LINE B:SDI入力同期
    ● ライン入力は、エマージェンシースルーに対応
    ● AVDL 機能(REF 信号基準で±1H の引き込み範囲、最小遅延:6.7μs)
    ● SDカードから静止画ファイル(BMP/TGA)を読み込み、スーパー素材として利用
    ● ネットワークからの設定、状態監視が可能(SNMP対応)
    ● リモートコントローラーを最大2台接続
    ● 電源2重化

    ■スーパー
    ● 入力は、非同期対応(FS搭載1f遅延)
    ● NAM/加算/コンバイナリニア/プライオリティ合 成を選択
    ● キー入力をマスクキーとしても利用可能
    ● CUT / FADE / CUT⇒FADE / FADE⇒CUTのトランジション選択
    ● FADE時間選択(0s01f~2s00f 1fステップ)
    ● スーパーの表示位置調整
    ● 複数のTAKEのグルーピング機能
    ● ス-パーを1/16サイズまで1%ステップで縮小
    ● FADE曲線を4パターン内蔵

    バイナリ-オプション用語集

    ■拡張機能
    4K DSKに対応
    ライン入力1系統に対し、スーパー(フィル、キー)入力2系統を合成し、出力します。

    項目

    1080i 60Hz, 59.94Hz, 50Hz YCBCR 4:2:2 10bit
    1080p 60Hz, 59.94Hz, 50Hz YCBCR 4:2:2 10bit
    1080PsF 30Hz, 29.97Hz, 25Hz, 24Hz, 23.98Hz YCBCR 4:2:2 10bit

    HD-SDI / 3G-SD(I Level A、Level B)
    75Ω BNC 8系統

    HD-SDI / 3G-SD(I Level A、Level B)
    75Ω BNC 2系統(A列、B列)
    エマージェンシースルー

    HD-SDI / 3G-SD(I Level A、Level B)
    75Ω BNC 2系統(A列、B列)
    DSKモード時:ライン出力、USKモード時:フィル出力

    HD-SDI / 3G-SD(I Level バイナリ-オプション用語集 A、Level B)
    75Ω BNC 2系統(A列、B列)
    DSKモード時:プレビュー出力、USKモード時:キー出力

    HD-SDI / 3G-SD(I Level A、Level B)
    75Ω BNC 2系統
    クリーン出力、スーパー1~8出力、アクティブスルーを選択可能

    HD3値信号 / BB信号
    75Ω BNC1系統 パッシブスルー(自動終端)

    75Ω BNC 2系統 独自制御方式
    ケーブル長200m MAX
    卓上型リモート、ラック型リモート (1Uラックマウントサイズ)のいずれか、または両方と接続

    Micro D-Sub 37ピン 凹コネクター
    GPI : CUT TAKE(1-8), FADE TAKE(1-8), TALLY_EN, PRESET_LOAD
    GPO : TALLY(1-8), POWER1_ALARM, POWER2_ALARM, FAN_ALARM, SYNC_ALARM

    RJ45コネクター 10 / 100BASE-T ブラウザー制御

    SDカードスロット 静止画ファイル(BMP/TGA)読込み 機器メンテナンス

    外部キー / セルフキー選択
    非加算(NAM)合成 / 加算合成 / コンバイナリニア合成 / プライオリティ合成
    ゲイン、クリップ調整 バイナリ-オプション用語集
    セルフカラー(輝度、彩度、色相)設定
    エッジ(2H、4H、8H)付加
    FS搭載(1フレーム遅延)

    Azure用語集

    インスタンスレベルのパブリック IP (ILPIP) — ILPIP は、仮想マシンまたはロールインスタンスが存在するクラウドサービスではなく、仮想マシンまたはロールインスタンスに直接割り当てることができるパブリック IP アドレスです。これは、クラウドサービスに割り当てられたVIP(仮想IP)に代わるものではありません。これは、仮想マシンまたはロールインスタンスに直接接続するために使用できる追加の IP アドレスです。

    :以前には、ILPIPはPIP(「パブリックIP」の略)と呼ばれていました。

    インバウンド NAT ルール — ロードバランサーのパブリックポートを、バックエンドアドレスプール内の特定の仮想マシンのポートにマッピングするルールが含まれます。

    IP-Config:個々のNICに関連付けられたIPアドレスのペア(パブリックIPとプライベートIP)として定義できます。IP-Configでは、パブリックIPアドレスがNULLの場合があります。各 NIC には、最大 255 までの IP 構成を関連付けることができます。

    負荷分散ルール:特定のフロントエンド IP とポートの組み合わせを、バックエンド IP アドレスとポートの組み合わせのセットにマップする規則プロパティ。ロードバランサーリソースの単一の定義を使用して複数のロードバランサー規則を定義でき、その各規則は、フロントエンドIPおよびポートと、仮想マシンに関連付けられたバックエンドIPおよびポートの組み合わせを示します。

    image

    ネットワークセキュリティグループ — 仮想ネットワーク内の仮想マシンインスタンスへのネットワークトラフィックを許可または拒否するアクセス制御リスト (ACL) ルールのリストが含まれます。NSGは、サブネット、またはそのサブネット内の個々の仮想マシンインスタンスに関連付けることができます。ネットワークセキュリティグループがサブネットに関連付けられている場合、ACL ルールはそのサブネット内のすべての仮想マシンインスタンスに適用されます。さらに、ネットワークセキュリティグループをその仮想マシンに直接関連付けることで、個々の仮想マシンへのトラフィックをさらに制限できます。

    プライベート IP アドレス — Azure 仮想ネットワーク内の通信に使用され、VPN Gateway を使用してネットワークを Azure に拡張するときのオンプレミスネットワークで使用されます。プライベートIPアドレスを使用すると、Azureリソースは、VPNゲートウェイまたはExpressRoute回路を経由して、インターネットで到達できるIPアドレスを使用せずに、仮想ネットワークまたはオンプレミスネットワーク内の他のリソースと通信できます。Azure Resource Manager展開モデルでは、プライベートIPアドレスは次の種類のAzureリソースに関連付けられます - 仮想マシン、内部ロードバランサー(ILB)、およびアプリケーションゲートウェイ。

    パブリック IP アドレス (PIP) — PIP バイナリ-オプション用語集 は、Azure のパブリック向けサービスを含むインターネットとの通信に使用され、仮想マシン、インターネット向けロードバランサー、VPN ゲートウェイ、およびアプリケーションゲートウェイに関連付けられます。

    ストレージアカウント — Azure ストレージアカウントを使用すると、Azure Storage の Azure BLOB、キュー、テーブル、およびファイルサービスにアクセスできます。ストレージアカウントは、Azureストレージデータオブジェクトに一意の名前空間を提供します。

    VNet

    DIESER DIENST KANN ÜBERSETZUNGEN ENTHALTEN, DIE VON GOOGLE BEREITGESTELLT WERDEN. GOOGLE LEHNT JEDE AUSDRÜCKLICHE ODER STILLSCHWEIGENDE GEWÄHRLEISTUNG IN BEZUG AUF DIE ÜBERSETZUNGEN AB, EINSCHLIESSLICH JEGLICHER GEWÄHRLEISTUNG DER GENAUIGKEIT, ZUVERLÄSSIGKEIT UND JEGLICHER STILLSCHWEIGENDEN GEWÄHRLEISTUNG DER MARKTGÄNGIGKEIT, DER EIGNUNG FÜR EINEN BESTIMMTEN ZWECK UND DER NICHTVERLETZUNG VON RECHTEN DRITTER.

    CE SERVICE PEUT バイナリ-オプション用語集 CONTENIR DES TRADUCTIONS FOURNIES PAR GOOGLE. GOOGLE EXCLUT TOUTE GARANTIE RELATIVE AUX TRADUCTIONS, EXPRESSE OU IMPLICITE, Y COMPRIS TOUTE GARANTIE D'EXACTITUDE, DE FIABILITÉ ET TOUTE GARANTIE IMPLICITE DE QUALITÉ MARCHANDE, D'ADÉQUATION À UN USAGE PARTICULIER ET D'バイナリ-オプション用語集 バイナリ-オプション用語集 ABSENCE DE CONTREFAÇON.

    ESTE SERVICIO PUEDE CONTENER TRADUCCIONES CON TECNOLOGÍA DE GOOGLE. GOOGLE RENUNCIA A TODAS LAS GARANTÍAS RELACIONADAS CON LAS TRADUCCIONES, TANTO IMPLÍCITAS COMO EXPLÍCITAS, INCLUIDAS LAS GARANTÍAS DE EXACTITUD, FIABILIDAD Y OTRAS GARANTÍAS IMPLÍCITAS DE COMERCIABILIDAD, IDONEIDAD PARA UN FIN EN PARTICULAR Y AUSENCIA DE INFRACCIÓN DE DERECHOS.バイナリ-オプション用語集

    このサービスには、Google が提供する翻訳が含まれている可能性があります。Google は翻訳について、明示的か黙示的かを問わず、精度と信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利を侵害しないことに関するあらゆる黙示的保証を含め、一切保証しません。

    ESTE SERVIÇO PODE CONTER TRADUÇÕES FORNECIDAS PELO GOOGLE. O GOOGLE SE EXIME DE TODAS AS GARANTIAS RELACIONADAS COM AS TRADUÇÕES, EXPRESSAS OU IMPLÍCITAS, INCLUINDO QUALQUER GARANTIA DE PRECISÃO, CONFIABILIDADE E QUALQUER GARANTIA IMPLÍCITA DE COMERCIALIZAÇÃO, ADEQUAÇÃO A UM PROPÓSITO ESPECÍFICO E NÃO INFRAÇÃO.

    バイナリ-オプション用語集

    ■システム
    ● SDI入出力は、3G-SDI/HD-SDIに対応
    ● バイナリ-オプション用語集 2系統のライン(LINE A、LINE B)で異なるモード(DSK/USK)を選択
    ● 2系統のライン出力に対して同期信号を個別に設定 ※LINE A/Bが同期していること
    ( 例) LINE A:外部同期(BB同期) LINE B:SDI入力同期
    ● ライン入力は、エマージェンシースルーに対応
    ● AVDL 機能(REF 信号基準で±1H の引き込み範囲、最小遅延:6.7μs)
    ● SDカードから静止画ファイル(BMP/TGA)を読み込み、スーパー素材として利用
    ● ネットワークからの設定、状態監視が可能(SNMP対応)
    ● リモートコントローラーを最大2台接続
    ● 電源2重化

    ■スーパー
    ● 入力は、非同期対応(FS搭載1f遅延)
    ● NAM/加算/コンバイナリニア/プライオリティ合 成を選択
    ● キー入力をマスクキーとしても利用可能
    ● CUT / FADE / CUT⇒FADE / FADE⇒CUTのトランジション選択
    ● FADE時間選択(0s01f~2s00f 1fステップ)
    ● スーパーの表示位置調整
    ● 複数のTAKEのグルーピング機能
    ● ス-パーを1/16サイズまで1%ステップで縮小
    ● FADE曲線を4パターン内蔵

    バイナリ-オプション用語集

    ■拡張機能
    4K DSKに対応
    ライン入力1系統に対し、スーパー(フィル、キー)入力2系統を合成し、出力します。

    項目

    1080i 60Hz, 59.94Hz, 50Hz YCBCR 4:2:2 10bit
    1080p 60Hz, 59.94Hz, 50Hz YCBCR 4:2:2 10bit
    1080PsF 30Hz, 29.97Hz, 25Hz, 24Hz, 23.98Hz YCBCR 4:2:2 10bit

    HD-SDI / 3G-SD(I Level A、Level B)
    75Ω BNC 8系統

    HD-SDI / 3G-SD(I Level バイナリ-オプション用語集 バイナリ-オプション用語集 A、Level B)
    75Ω BNC 2系統(A列、B列)
    エマージェンシースルー

    HD-SDI / 3G-SD(I Level A、Level B)
    75Ω BNC 2系統(A列、B列)
    DSKモード時:ライン出力、USKモード時:フィル出力

    HD-SDI / 3G-SD(I Level A、Level B)
    75Ω BNC 2系統(A列、B列)
    DSKモード時:プレビュー出力、USKモード時:キー出力

    HD-SDI / 3G-SD(I Level A、Level B)
    75Ω BNC 2系統
    クリーン出力、スーパー1~8出力、アクティブスルーを選択可能

    HD3値信号 / BB信号
    75Ω BNC1系統 パッシブスルー(自動終端)

    75Ω BNC 2系統 独自制御方式
    ケーブル長200m MAX
    卓上型リモート、ラック型リモート (1Uラックマウントサイズ)のいずれか、または両方と接続

    Micro D-Sub 37ピン 凹コネクター
    GPI : CUT TAKE(1-8), FADE TAKE(1-8), TALLY_EN, PRESET_LOAD
    GPO : TALLY(1-8), POWER1_ALARM, POWER2_ALARM, FAN_ALARM, SYNC_ALARM

    RJ45コネクター 10 / 100BASE-T ブラウザー制御

    SDカードスロット 静止画ファイル(BMP/TGA)読込み 機器メンテナンス

    外部キー / セルフキー選択
    非加算(NAM)合成 / 加算合成 / コンバイナリニア合成 / プライオリティ合成
    ゲイン、クリップ調整
    セルフカラー(輝度、彩度、色相)設定
    エッジ(2H、4H、8H)付加
    FS搭載(1フレーム遅延)

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる