FXの相対取引とは

ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略

ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略
バイナリー初心者

ハイローオーストラリアのターボ取引攻略法!時間別に判定の仕方を伝授

木曜日と金曜日のトレード結果です。
連勝記録は途絶えましたが、もともと3戦2勝1敗をキープできれば上出来だと思っているので、焦らずこのペースでいきます。
今日の@Bo_FXtrader さんのSkype配信でターボ取引攻略のヒントが見えた気がするので、土日で検証頑張ります。 pic.twitter.com/OCdBkxm2PI

— なっこー@バイナリー修行中 (@dodododo104) May 29, 2020

ターボ取引のペイアウト率

  • 30秒:2.00倍→1.95倍
  • 1分:1.95倍→1.90倍
  • 30秒:2.20倍→2.30倍
  • 1分:2.10倍→2.20倍

ハイローオーストラリアの ターボ取引の取引時間は30秒・1分・3分・5分 ですが、ほとんどの人が30秒取引を選んでいます。

ターボ取引できる通貨ペア

ターボ取引のメリット

30秒取引

  • ペイアウト率が高い
  • 短時間で利益を積みあげることが可能
  • 何回でもポジションを取ることが可能

稼ぐに特化しており、 短時間で大きく稼ぐことが可能 です。

  • スプレッドなし
  • 短時間でストレスフリー
  • エントリーポイントが多い
  • チャート分析が簡易的
  • マルチタイム解析不要

また、 サインツールも1分取引に特化したものが多いところもメリット です。

    ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略
  • スプレッドなし
  • 短時間でストレスフリー
  • 分析方法がシンプルで分かりやすい
  • 反転前に時間があり騙しが少ない
  • 転売をすることができる
  • 大きな相場の動きに乗りやすい
  • 相場の急変に影響を受けにくい
  • テクニカル分析が有効

5分取引のメリットは、転売機能が使える ことです。
転売機能に関しては、こちらをチェックしてみてください↓

基本的に どの取引時間でも短時間なのでストレスがないこと、分析方法がシンプル なことは共通しています。

ターボ取引のデメリット

30秒取引

  • ・攻略法が他の取引に比べて少ない
  • ・ローソク足がないので予想の難易度が高い
  • ・ノイズの発生
  • ・転売ができない

30秒取引のデメリットは、 相場を予想するのが難しい ことです。

また、 ノイズが発生したり転売ができないこともデメリット といえます。

  • ・テクニカル分析の騙しが多い
  • ・取引回数が多くなるのでリスクが高い
  • ・大きな金額を賭けることはできない

1分取引のデメリットは 騙しが多い ことです。
だましが多いということは負ける確率が高いので 小額での取引をおすすめ します。

  • ・ヒストリカルデータの3分足の作成が必要
  • ・取引回数が多くなるのでリスクが高い
  • ・一時のプライスアクションによる騙しがある
  • ・大きな金額を賭けることはできない

また、一時の プライスアクションでだましが発生 します。

  • ・MT4がないと分析がしにくい
  • ・ペイアウト率が他よりも低めである

5分取引のデメリットは ペイアウト率が低いこと です。
ペイアウト率が低くなるとその文章率を上げないといけなくなるため難易度も上がります。

ターボ取引30秒の攻略法

トレンド発生中の順張り

トレンド

ノイズを使い逆張り

チャートのノイズ

しばらくチャートを見ていると急にガクっと上や下に動くことがあります。

ハイローオーストラリアではこの動きを ノイズと呼んでいて、30秒のターボ取引では動きの方向とは反対に(逆張り)エントリーをする攻略法が存在 しているのです。

【鬼畜】ハイローオーストラリアの30秒取引攻略、難しすぎる件

バイナリー初心者

アユム

【30秒取引のデメリット①】ノイズがある1

【30秒取引のデメリット①】ノイズがある2

結果として、いきなりノイズが発生。 急下落してそのまま敗北 です。

アユム

【30秒取引のデメリット②】転売が使えない

【30秒取引のデメリット③】分析がしにくい

【30秒取引のデメリット③】分析がしにくい

  1. 【M1】1分足分析
  2. ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略
  3. 【M5】5分足分析
  4. 【M15】15分足分析
  5. 【M30】30分足分析
  6. 【H1】1時間足分析
  7. 【H4】4時間足分析
  8. 【D1】日足分析
  9. 【W1】週足分析
  10. 【MN】月足分析

アユム

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)30秒取引のノイズ逆張り攻略法

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)30秒取引のノイズ逆張り攻略法

  1. USD/JPY(ドル円)のみ取引
  2. ノイズから逆張り

【30秒取引の攻略法①】USD/JPY(ドル円)のみ取引

【30秒取引の攻略法①】USD/JPY(ドル円)のみ取引

あえてペイアウト率が低い取引をする必要はありませんから、ドル円のみで取引しましょう。

【30秒取引の攻略法②】ノイズから逆張り

  1. ノイズが発生するのを待つ
  2. 逆張り

【30秒取引の攻略法②】ノイズから逆張り1

【30秒取引の攻略法②】ノイズから逆張り2

【30秒取引の攻略法②】ノイズから逆張り3

【30秒取引の攻略法②】ノイズから逆張り4

【30秒取引の攻略法②】ノイズから逆張り5

【30秒取引の攻略法②】ノイズから逆張り6

  • 元に戻るノイズか
  • 元に戻らないノイズか

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)30秒取引のNG攻略法

ハイローオーストラリアのTurbo(ターボ)30秒取引のNG攻略法

【30秒取引のNG攻略法①】両建て

【30秒取引のNG攻略法①】両建て

なぜなら両建て取引は禁止だから。 禁止で凍結されるので、絶対に取引したらいけません。

【30秒取引のNG攻略法②】マーチン

【30秒取引のNG攻略法②】マーチン1

【30秒取引のNG攻略法②】マーチン2

【30秒取引のNG攻略法②】マーチン3

【30秒取引のNG攻略法②】マーチン4

ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略
取引回数 掛け金 勝敗 累計損益
1回目 1000円 負け -1000円
2回目 2000円負け -3000円
3回目 4000円 勝ち 1000円

アユム

ハイローオーストラリアのターボ取引攻略法!時間別に判定の仕方を伝授

木曜日と金曜日のトレード結果です。
連勝記録は途絶えましたが、もともと3戦2勝1敗をキープできれば上出来だと思っているので、焦らずこのペースでいきます。
今日の@Bo_FXtrader さんのSkype配信でターボ取引攻略のヒントが見えた気がするので、土日で検証頑張ります。 pic.twitter.com/OCdBkxm2PI

— なっこー@バイナリー修行中 (@dodododo104) May 29, 2020

ターボ取引のペイアウト率

  • 30秒:2.00倍→1.95倍
  • 1分:1.95倍→1.90倍
  • 30秒:2.20倍→2.30倍
  • 1分:2.10倍→2.20倍

ハイローオーストラリアの ターボ取引の取引時間は30秒・1分・3分・5分 ですが、ほとんどの人が30秒取引を選んでいます。

ターボ取引できる通貨ペア

ターボ取引のメリット

30秒取引

  • ペイアウト率が高い
  • 短時間で利益を積みあげることが可能
  • 何回でもポジションを取ることが可能

稼ぐに特化しており、 短時間で大きく稼ぐことが可能 です。

  • スプレッドなし
  • 短時間でストレスフリー
  • エントリーポイントが多い
  • チャート分析が簡易的
  • マルチタイム解析不要

また、 サインツールも1分取引に特化したものが多いところもメリット です。

  • スプレッドなし
  • 短時間でストレスフリー
  • 分析方法がシンプルで分かりやすい
  • 反転前に時間があり騙しが少ない
  • 転売をすることができる
  • 大きな相場の動きに乗りやすい
  • 相場の急変に影響を受けにくい
  • テクニカル分析が有効

5分取引のメリットは、転売機能が使える ことです。
転売機能に関しては、こちらをチェックしてみてください↓

基本的に どの取引時間でも短時間なのでストレスがないこと、分析方法がシンプル なことは共通しています。

ターボ取引のデメリット

30秒取引

  • ・攻略法が他の取引に比べて少ない
  • ・ローソク足がないので予想の難易度が高い
  • ・ノイズの発生
  • ・転売ができない

30秒取引のデメリットは、 相場を予想するのが難しい ことです。

また、 ノイズが発生したり転売ができないこともデメリット といえます。

  • ・テクニカル分析の騙しが多い
  • ・取引回数が多くなるのでリスクが高い
  • ・大きな金額を賭けることはできない

1分取引のデメリットは 騙しが多い ことです。
だましが多いということは負ける確率が高いので 小額での取引をおすすめ します。

  • ・ヒストリカルデータの3分足の作成が必要
  • ・取引回数が多くなるのでリスクが高い
  • ・一時のプライスアクションによる騙しがある
  • ・大きな金額を賭けることはできない

また、一時の プライスアクションでだましが発生 ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略 します。

  • ・MT4がないと分析がしにくい
  • ・ペイアウト率が他よりも低めである

5分取引のデメリットは ペイアウト率が低いこと です。
ペイアウト率が低くなるとその文章率を上げないといけなくなるため難易度も上がります。

ターボ取引30秒の攻略法

トレンド発生中の順張り

トレンド

ノイズを使い逆張り

チャートのノイズ

しばらくチャートを見ていると急にガクっと上や下に動くことがあります。

ハイローオーストラリアではこの動きを ノイズと呼んでいて、30秒のターボ取引では動きの方向とは反対に(逆張り)エントリーをする攻略法が存在 しているのです。

ハイローオーストラリア攻略

【公式LINEアカウント→ https://www.shoyasyacho.com/line 】 勝率70%越え独自インジケーター無料プレゼント♪ さらに、93%超えのモンスターシステム限定公開中&# .

【高確率】好きな人を振り向かせる

【第2弾】30秒取引「ハイローチャートだけでエントリーする方法」【バイナリーオプション】HighLow only 30entry【30秒の極意】 ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略

_____________________________________________________ << 現在販売中の「コンテンツ一覧」 >> ■【30秒ロジック解説動画】お申し込みフォーム .

【2021年完全版】ハイローオーストラリアの「勝てる」使い方を誰よりも詳しく解説!【BINARY】【FX】 【バイナリーオプション】

【公式LINE限定の稼げる情報を配信中】 →http://lin.ee/LSFmTRV ◆今ならLINE登録(無料)で3大特典をプレゼント ✅『世界一わかりやすいバイナリーオプション 入 .

バイナリーオプション30秒取引攻略&安定勝利!勝率アップ&キープ。5つのコツ♪_20210212

50のてならいでも学びを続けれていればチャレンジできる。 アラフィフ風雅(ふうが)と一樹(いっき)のバイナリーオプション ターボ30秒の取引記録です。 今回は、バイナリーオプション30秒取引5戦4勝に .

【負ける方が難しい】ハイローオーストラリア攻略法・勝ち方を徹底解説!

ハイローオーストラリア攻略法

バイナリーオプションのMT4をダウンロードする方法!簡単3ステップで解説 ハイローオーストラリアを利用しながらテクニカル分析をしようと思うと、必ず「MT4」というチャートソフトが必要となります。 この記事では、MT4のダウンロード方法を初心者でも分かりやすいように3ステップで解説していきます。.

ハイローオーストラリアには4つの取引方法がある

4つの取引方法

ハイローオーストラリア4つの取引方法

  • HighLow
  • HighLowスプレッド
  • Turbo
  • Turboスプレッド

スプレッド取引は現在の価格に対して「 ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略 スプレッド 」というレート幅がついてくるので、スプレッドを含めたレートより値動きをしていないければ勝ち判定になりません。

その分ペイアウト率が高く設定されていますが、 難易度は非常に高い です。

ハイローオーストラリアでおすすめの取引時間は?

ハイローオーストラリア7つの取引時間

この中で最もおすすめの取引時間は「 5分 」です。

5分取引以下の取引時間になると、どうしても値動きが細かくなってしまうので 値動きの分析が難しくなってしまいます し、5分以上になると分析はしやすいのですが、 エントリー数が激減してしまいます。

そのため、バイナリーオプションをやるうえで 最もバランスが取れている のが5分取引だというわけです。

また、 ペイアウト率は5分取引よりも1分取引の方が高く設定されている ため、多くエントリーがしたい、高いペイアウト率で取引がしたいと考えている方は練習を重ねたうえで1分取引をやっていくのも良いと思います。

ハイローオーストラリアの取引時間別攻略手法

なお、今回の記事では 1分取引5分取引 の攻略手法を解説します。

【1分取引】ローソク足を使ったトレンド相場順張り攻略法

◇取引条件

  • 通貨ペア:指定なし
  • 相場環境:トレンド相場
  • 時間足:1分足
  • 取引時間:1分取引

この手法は トレンド相場 を利用した 順張り手法 になっています。

トレンド相場

◇手法のやり方

  • トレンド相場であることを確認
  • 高値と安値が2回づつあることを確認
  • 2つ目の高値・安値をローソク足が超えた次のローソク足でエントリー

トレンド相場であることを確認

トレンド相場

上昇トレンドの場合だと 常に高値が更新されている こと、下落トレンドの場合は 常に安値が更新されていること がトレンド相場かどうかの判断基準です。

高値と安値が2回づつあることを確認

高値と安値の確認

下落トレンドの場合

2つ目の高値・安値をローソク足が超えた次のローソク足でエントリー

上昇トレンドの場合 下落トレンドの場合

ちなみに1分足にはトレンド相場の場合「 陽線と陰線が続きやすい 」という傾向があります。

そのため、この手法では、エントリー後に負けるまで連続エントリーをしていくことで 1回のエントリーで大量勝ちできる可能性もある んです。

連続エントリー

【1分取引】インジケーター「RSI」と「MACD」を使った逆張り攻略手法

◇取引条件

  • 通貨ペア:指定なし
  • 相場環境:レンジ相場
  • 時間足:1分足
  • 取引時間:1分取引

この手法は レンジ相場 を利用した 逆張り手法 になっています。

レンジ相場

◇手法のやり方

  • RSIが30%,70%になったことを確認
  • MACDがシグナルを下から上に抜いたらHigh(30%)/MACDがシグナルを上から下に抜いたらLow(70%)
  • 上記の条件が揃い陽線、陰線が2本続いたらエントリー

RSI,MACD手法のやりかた

【5分取引】移動平均線とボリンジャーバンドを使った順張り攻略手法

◇取引条件

  • 通貨ペア:指定なし
  • 相場環境:トレンド相場
  • 時間足:5分足
  • 取引時間:5分取引

逆張りだけど順張りのポイント解説

◇手法のやり方

  • 移動平均線が右肩上がり、右肩下がり
  • ボリンジャーバンド2シグマにタッチ(右肩上がり:-2σタッチ 右肩下がり:2σタッチ)
  • (High:陽線が出たら Low:陰線が出たら)エントリー

上昇トレンドの場合

移動平均線は 右肩上がりであれば上昇トレンド右肩下がりであれば下落トレンド と判断することができます。

下落トレンドの場合

【5分取引】RSIとボリンジャーバンドを使った王道攻略手法

最後はバイナリーオプションの世界で 最も王道の手法 だと言われるシンプルな手法を僕が勝ちやすくアレンジしたものを解説します。

◇取引条件

  • 通貨ペア:指定なし
  • 相場環境:レンジ相場
  • 時間足:5分足
  • 取引時間:5分取引

この手法はレンジ相場で逆張りをする手法になっていますが、「 東京時間 」で取引をするのがポイントです。

市場別の時間帯

◇手法のやり方

  • RSIが70%、30%+ボリンジャーバンド2σタッチ
  • ボリンジャーバンド2σをローソク足の実体が超えた場合は3σタッチまでエントリーをしない

RSIボリンジャーバンド手法のやり方

RSIは「買われすぎ・売られすぎ」を示すインジケーターで 70%と30%にタッチした場合、値動きが反発しやすい と言われています。

  • 東京時間を利用してレンジ相場になり反発しやすい環境を作る
  • 2σをローソク足の実体が超えた場合は3σタッチまでエントリーをしないことでより確実なポイントで反発を狙うことができる

ハイローオーストラリアを攻略するためにはデモ取引を使え!

ハイローオーストラリアには 実際の値動きや取引画面と全く同じ環境で取引の練習ができる 「 デモ取引(クイックデモ) 」が用意されています。

デモ取引

「デモ取引=初心者が使い方を覚えるために使うもの」と考えている方も多いかもしれませんが、中級者以上も 手法の検証 のために利用するようにしましょう。

デモ取引で練習をおこない、 自分が設定されたエントリーポイントを見つけられるか、正しいタイミングでエントリーできるか、より手法を強化する方法はないのか を検証してください。

ハイローオーストラリアを攻略するために知っておきたい5つのポイント

  • 時間帯によって値動きが変わることを知る
  • 通貨ペアの選び方を知る
  • ハイローオーストラリアを攻略するための3大要素を知る
  • キャッシュバックを攻略して有効活用
  • サインツールの有効活用法

時間帯によって値動きが変わることを知る

バイナリーオプションは外国為替の仕組みを使った投資なので、24時間取引ができますが、実は 時間帯によって値動きが変わります。

市場別の時間帯

特に為替の取引量が多く「 3大市場 」と呼ばれる「 東京市場 」「 ロンドン市場 」「 ニューヨーク市場 」の3つの時間帯についてはそれぞれの値動きの特徴を知っておきましょう。

◇3大市場が開いている時間帯の特徴

    ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略
  • 東京時間:大きな値動きは起こりにくくレンジ相場になりやすい
  • ロンドン時間:大きな値動きが起こりやすくトレンド相場になりやすい
  • ニューヨーク時間:大きな値動きが起こりやすくトレンド相場になりやすい

特にロンドン時間とニューヨーク時間に関しては元々の為替の取引量も多いのですが、22時(冬時間23時)〜1時(冬時間2時)に関しては 市場が開いている時間が被っているためより大きな値動きを起こしやすくなる んです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる