ビギナーバイナリーオプション

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

FX手数料が安いおすすめの自動売買口座を5つ比較してみました。

FXのスプレッドとは?

この現象は、先程も指摘したように、 「日本円→米ドル」に適用されるレートと「米ドル→日本円」に適用されるレートに違いがある からです。この差額がスプレッドと呼ばれるもので、外貨両替に対応した金融機関の手数料収入に相当します。
FXでは、 通貨ペアを売る際に適用される「Bid(売値)」と、通貨ペアを買う際に適用される「Ask(買値)」差額がスプレッド となります。たとえば、米ドル/円の「Bid」が103.753円で「Ask」が103.755円の場合、スプレッドは0.002円となります。取引手数料にあたるので、 スプレッドが小さければ小さいほどコストをおさえることができます 。

これに対し、FXの例では0.2銭超の円安になった時点で利益が発生します。このように、スプレッドが狭い(差額が小さい)ほうが利益を狙いやすくなるのです。

1万米ドルを購入した場合…

外貨両替:スプレッド2円×1万=2万円(手数料負担の合計)
FX:スプレッド0.スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 2銭(0.002円)×1万=20円(手数料負担の合計)

スプレッドは「横並びでどこも同じ」ではない!

米ドル/円が0.2銭、ユーロ/円が0.4銭、英ポンド/円が0.8銭、南アフリカランド/円が0.9銭といったように、通貨ペアによってスプレッドには違いがあります。通貨の流通量などによって、調達コストに差が出てくるからです。

スプレッドとは、金融機関の判断で自由に定められるものです。しかし、これまでFXは外貨預金や外貨建てMMFと比べて非常に狭いスプレッドをつねに提示してきました。

また、FX会社によってもスプレッドの設定には違いがあります。たとえ 1通貨単位ではわずかな差であっても、レバレッジをかけてそれなりの規模の取引を行えば、軽視できないコストの違いを生む ことになるでしょう。

なお、「みんなのFX」では業界最狭水準のスプレッドを常に提示できるよう努めています。つまり、安い取引手数料で取引ができますので、同じ価格で売買をしてもスプレッドが広い業者で取引をするより、利益を増やすことが可能となります。

スプレッドの単位とは?

スプレッドの単位は「」と「pips」の2種類があります。

「銭」は、通貨ペアのうち一方が日本円の場合に用いられます。例えば、ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、英ポンド/円(GBP/JPY)などです。

「pips」は、日本円以外の通貨ペアの場合に用いられます。例えば、NZドル/米ドル(NZD/USD)、英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)、米ドル/スイスフラン(USD/CHF)などです。

スプレッドの単位 pips
対象となる通貨ペア 一方が日本円の通貨ペア
ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、英ポンド/円(GBP/JPY)など
日本円以外の通貨ペア
NZドル/米ドル(NZD/USD)、英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)、米ドル/スイスフラン(USD/CHF)など

・1銭=1pips=0.スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 01円
・10銭=10pips=0.1円
・100銭=100pips=1円

「同じ会社ならつねに同じ」ではない!? スプレッドは変動するの?

スプレッドが変動する理由

さらに、スプレッドの違いについて知っておきたい事実があります。それは、 同じFX会社で同じ通貨ペアを取引しても、つねにスプレッドが一定しているわけではない ことです。

本来なら、顧客に提示するスプレッドもそれに伴って小刻みに変わるはずなのです。しかし、それでは取引しづらいとの配慮から、現在は「原則固定」という方式を打ち出しているFX会社が主流となっています。

これは、 特殊な事情が生じた場合などを除き、原則としてそのFX会社が各通貨ペアに定めているスプレッドを固定する というものです。では、原則外となってスプレッドに変化が出るのは、どういった局面なのでしょうか?

スプレッドが広がるタイミング

一つは、「○○ショック」などと呼ばれる現象を機に、為替市場で大幅な変動が生じた場合です。
例えば、記憶に新しいところでは2020年春の「コロナショック」の際には外国為替市場は乱高下し、スプレッドは拡大しやすくなりました。各社、狭いスプレッドを維持するのが困難になり、当社以外のほとんどすべてのFX会社がスプレッドの原則固定を中止したのも記憶に新しいところです。
また、アメリカの雇用統計のように重要な経済指標の発表前後、戦争のような世界規模のニュースなどが出てきた時もスプレッドは拡大しやすくなります。

もう一つ、市場の流動性が下がった時にもスプレッドは拡大します。たとえば早朝の取引時間もそれにあたります。日本時間の早朝(NY市場クローズ後)は市場参加者が少ないため、日中よりスプレッドが開くことがあります。また、投資家の間で様子見(買い控え・売り控え)ムードが強まって、取引参加者が少なくなり取引量が減少しているときも、スプレッドが拡大する可能性が高くなります。
市場参加者が少なくなればそれだけ流通量も減って、インターバンク市場における「Bid」と「Ask」の差も拡大していきます。

スプレッドに変化が出る局面

スプレッドについて、変動以外にも注意しておくべきポイントとは?

先に述べたように、 スプレッドが狭ければ狭いほど、為替差益を得やすくなります 。もっとも、スプレッドはかなり狭くなっているものの、FX会社によっては別途手数料を設定しているというケースも考えられ、その場合はそれぞれのコスト負担を両睨みで比較すべきです。

スプレッドで注意すべきチェックポイント

  • スプレッド以外の手数料がないか?
  • 期間限定のスプレッド縮小キャンペーンを行っていないか?
  • スプレッドは「原則固定」か?

スプレッドとともに、約定率の高さもきちんとチェックしておこう!

スプレッドは狭いのに越したことがありませんが、「原則固定」のFX会社を選んだほうがいいことなど、いくつかの注意点について触れてきました。もう一つだけ付け加えておくとすれば、スプレッドとともに 約定率 (自分が意図した通りのレートで売買が成立する確率)の高さもしっかりチェックしておいたほうがいい ということです。

なぜなら、 スプレッドが狭くてもなかなか約定しなければ、絶好のチャンスを逃してしまう ことになりかねないからです。つまり、本末転倒ということです。
自分が意図したレートで売買できなければ、せっかくの狭いスプレッドは“絵に描いたモチ”のようなものです。

これからFX取引を始める方は、「スプレッドが狭い」「約定率が高い」「スワップが高い」と三拍子そろった「みんなのFX」で始めてみてはいかがでしょうか。

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方

FXをもっと知る

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXの手数料が安いおすすめ口座を徹底比較|スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説


FXでは以下のように、さまざまな名目で手数料が存在します。

しかし 大半の業者では上記の手数料を一切取っていません。
実際にFXで手数料が発生するのは、自動売買口座で取引した際に発生する「売買手数料」のみと言ってもいいでしょう。
FXが手数料0円で成立する理由は、投資家と業者が直接取引していることでコストが発生しない仕組みになっているからです。
手数料を受け取らない代わりに、FX業者は「スプレッド」という形で儲けを確保しています。
FXで得た利益をご自身の手元に多く残すためには、スプレッドの狭い口座を選ぶ必要があります。
ただしFXでも自動売買による取引では、手数料を求められるサービスが多いです。
自分で取引タイミングを好きなように決められる裁量取引と違って、自動売買取引では「片道○○円」という形で手数料が課されます。
しかし自動売買口座でも手数料無料で取引できるサービスもあり、それについても後述で紹介しています。

FXの実質的な手数料はスプレッド


手数料を一切取っていないFX業者でも、スプレッドという形で実質的に手数料を取っています。
スプレッドはどこのFXサービスでも課しており、取引する上では確実に差し引かれます。
通貨ペアによってそれぞれ異なり、先進国の通貨ほど低めで、反対に新興国ほど高めとなっているのが特徴です。
ここではスプレッドについて解説します。

そもそもスプレッドとは

FXにおけるスプレッドとは、 通貨ごとに設定されている為替レートの売値と買値の差 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 です。
通貨の売値と買値の間には差あり、それが広がっている時ほど利益が出たときの取り分が少なくなってしまいます。
利益が出たときに少しでも手元に残したいときは、売値と買値の差が小さい口座で取引する必要があります。
スプレッドは各FXサービスの公式HPにて掲載しているので、口座開設の際は見比べながら検討してみましょう。

スプレッドと単位

スプレッドを表す単位は2種類あり、 通貨ペアに「円」を含むかどうか で異なります。

スプレッドの計算方法

スプレッドの計算方法は以下の通りです。
・スプレッド=買値(ASK)-売値(BID)
例えば米ドル円の買値110.392円/ドル、売値110.390円/ドルのスプレッドを求める場合の計算式は以下の通りです。
・110.392-110.390=0.002円⇒0.2銭
またユーロドルの買値1.17970、売値1.17964の場合のスプレッドは以下の通りです。
・1.17970-1.17964=0.00006⇒0.6pips
pipsは小数点第4位の数値が起点になるため、上記のようになります。
計算例からスプレッドは少額のように思えますが、実際のFXでは取引回数が多いためにかさんでしまうことが多いです。
取引を多く行ったことでスプレッドが積もってしまい、結果として手元に残る利益が少なくなるのです。

FX手数料が安いおすすめ口座比較5

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
FX手数料・スプレッドが安い口座を5つ紹介します。

SBI FXトレード

ネット証券の大手「SBI証券」のSBIグループが提供しているFXサービスが「SBI FXトレード」です。
スプレッドは最安級で2021/7/8時点の米ドル円はたったの0.09銭でした。
さらに最低取引可能通貨は1通貨と少額の資金から始められるのも、SBI FXトレードのメリットです。
大半のFXサービスは1,スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 000もしくは10,000通貨からが多いため、そのようなサービスで始める場合は最低でも数万~数十万円が必要になります。
しかしSBI FXトレードのように1通貨であれば100円でも十分に始められるので、少額からのコツコツ投資が可能です。

レバレッジは2倍以内がおすすめです。そして、使う口座はSBIFXトレードいいでしょう。なぜなら、SBIFXトレードはドル円のスワップが高く、ユーロ円売りもプラススワップ。そして、なにより1ドルから投資ができるので、少額からコツコツ投資ができるからです。

— 官兵衛@投資家 (@kanbei_toushi) July 11, 2021


SBI FXトレードは少額からFXを始めたい人におすすめ のサービスです。

セントラル短資FX

「セントラル短資FX」では口座開設後に50万通貨以上の新規取引をすれば、最大50万円のキャッシュバックを受けられます。
適用されるための取引数量はかなり多いですが、ここまでキャッシュバック額が手厚いサービスは他にありません。
他にもさまざまな取引ツールを提供しており、PC・スマホ合わせて9つのツールから好きに選べます。
機能が豊富な点はユーザーからの評判が良いです。


またセントラル短資FXには、口座開設によりレジャー・ショッピング等で使える優待特典があります。
ホテル・映画館・遊園地など全国200,000ヵ所以上の店舗で提携しているため、あなたの生活県内でも利用できるでしょう。
FXで利益を得ながら休日の娯楽をお得に、なんてこともできるかもしれません。
セントラル短資FXは手数料を抑えつつ、便利なツールを利用しながらFXしたい人におすすめです。

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)

「外貨ネクストネオ」では会員向けに定期的にオンラインセミナーを開催しており、限定情報を仕入れられます。 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
FX始めたてで知識がない人にとっては勉強するいい機会なので、初心者にもおすすめのサービスです。
またデモ体験も可能となっているため、本取引前にFXの流れを掴んでおきたい人は触れてみるのもいいでしょう。
本取引の際には業者側が24時間サポート対応をしてくれるので、安心して取引ができるようになっています。
夕方にはサポートセンターを閉めてしまうサービスが多い中、夜間に集中的に取引をする初心者にとって心強いはずです。
外貨ネクストネオの評判を見てみたところ、「使いやすい」という声があったため、初心者でもとっつきやすいでしょう。


「勉強しながらFXを始めたい」という人に外資ネクストネオがおすすめ です。

LION FX(ヒロセ通商)

「LION FX」の最大の特徴は、50種類もの取引通貨ペアに対応していることです。
「このペアで取引出来たら利益が大きそうなんだけどな」と考える上級者の理想をかなえてくれるくらい豊富に揃えているので、上手く活用すれば大きな利益を出せるかもしれません。
主要通貨ペアはもちろん、LION FXでしか取り扱っていないようなものもあるため、投資先に困るようなことはないはずです。
取引に用いるツールも合計14種あるため、ご自身に合うものを選べるようになっています。

#株っちスタイル
株っちは株式投資では #SBI証券 FXでは #LIONFX をメインで使っているっち。使いやすさと手数料の安さの総合力ではこの2社がいいっちね。
みんなも使い慣れた証券会社がいいっちよね😄
LIONFXは、スプレッドが狭いのと通貨ペアが多いっちから、デイトレードに向いているっち。

— 株っち (@kabuttionline) June 23, 2021


またLION FXでは注文方法が27種類もあり、「2021年オリコン顧客満足度ランキングFX取引通貨ペア・発注方法第1位」に選ばれているほどです。
注文方法は状況に応じて使い分けることで、より大きな利益を狙える可能性があります。
FXの経験がそこそこある方は、分析ツールが豊富なLIONFXがおすすめ です。

LION FXの詳細は以下の記事で解説しているので、こちらも併せてご覧ください。
2022年7月10日 ヒロセ通商(LION FX)の口コミ評判は実際どう?デメリットやおすすめポイントを初心者向けに紹介

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

「LIGHT FX」ではFX取引に高処理システムを採用しているため、約定率の高さに定評があります。
「約定」とはFX注文を成立させること。約定率が高いほどリアルタイムに近いレートでの取引が可能です。
約定率の低いサービスでは注文が成立するまでにレートが下がってしまうと、想定していた利益よりも低く出てしまうリスクがあります。
約定率が高いことで狙い通りの取引が可能になり、しっかりと利益を確保できるようになります。
また近年のコロナ禍の影響によりサポートセンターを夕方に閉めてしまうFXサービスが多い中で、LIGHT FXでは22時まで対応してくれます。
仕事終わりのサラリーマンが取引する際に何かあったときに対応してもらえるのもメリットの一つです。
ちなみにLIGHT FXの評判を見てみたところ、「初心者に優しい仕様」という声がありました。

LIGHT FXに実効レバレッジ表記ついたねぇ〜〜〜前から結構初心者に優しい仕様だったけどさらに優しくなってる!

— さち (@hisatino) July 12, 2021


約定率の高いハイスペックなシステムで取引をしたい方に、LIGHT FXがおすすめ です。

FX手数料が安いおすすめ自動売買口座比較5


FX手数料が安いおすすめの自動売買口座を5つ比較してみました。

自動売買口座は普通のFX口座と違って自動で買い注文から決済注文まで行ってくれますが、サービスによっては売買手数料がかかります。
またスプレッドも全体的に高めとなっているため、通常のFXに比べてコストがかさむ傾向にあります。
ここからは各口座の詳細を解説します。

ループ・イフダン(アイネット証券)

アイネット証券の「ループイフダン」では売買手数料が無料なため、繰り返し取引を行う自動売買でも最小限のコストで済みます。
FXの自動売買では短時間に複数回の取引を行う状況もあるため、売買手数料が無料になるだけでかなりまとまった金額を手元に残せるでしょう。
利用者の資産が平均で27%もアップした実績もあるため、ほったらかしにするだけで利益を得られる可能性は十分にあります。
また初心者利用者が66%を占めることから、初めてFXの自動売買を行う方でも安心して取引を行えるでしょう。
売買手数料をかけずに取引したい方は、ループ・イフダンがおすすめ です。

トライオートFX(インヴァスト証券)

「トライオートFX」は他の自動売買口座に比べて、スプレッドが狭いのがメリットです。
裁量取引型のFX口座のスプレッドに比べると自動売買口座では、米ドル円の場合で1銭を超えるサービスも一定数あります。
しかしトライオートFXのスプレッドは通常のFX口座と同水準程度、自動売買口座の中ではかなり狭い数値です。
ほったらかしにしてお金を増やせる可能性があるだけでなく、増えたお金が手元に多く残せるのです。
設定を自由にカスタマイズできる機能もあるので、慣れてきた人にとっても満足のいく取引が実現できるでしょう。
スプレッドの低さで自動売買口座を選びたい方に、トライオートFXはおすすめ です。

トラッキングトレード(FXブロードネット)

「トラッキングトレード」は時間帯によってスプレッドが変動する仕組みになっています。
午前8時から翌午前4時までの取引が活発な時間帯であれば、自動売買口座の中ではトップクラスに狭いスプレッドです。
取扱い通貨ペアも24と自動売買口座の中では多いため、さまざまな通貨への投資が可能です。
また利益実績率が84.8%と高水準のため、少しでも確実に利益を出したい人とって検討の余地がある口座の一つと言えます。
自動売買口座でさまざまな通貨ペアの取引をしたい方は、トレッキングトレードがおすすめ です。
ただし午前8時から翌午前4時以外の時間帯ではスプレッドが広がる仕組みになっており、一例として午前7~8時の英ポンド円の場合で25.0銭となっています。
そのため24時間取引をしたい方は、想定よりもコストがかかってしまうので注意が必要です。

トラリピ(マネースクエア)

「トラリピ」では新規決済と注文決済を同時に行える機能があります。
利益を確定させながら再度同額で注文を掛けられ、再現性のある取引が可能です。
トラリピでも売買手数料が無料となっているため、余計なコストをかけずに取引できます。
またクイック入金にも対応しているため、入金してすぐに取引を行えるのもメリットです。
売買手数料のかからない自動売買口座を利用したい方に、トラリピがおすすめ です。

iサイクル2取引(外為オンライン)

「iサイクル2取引」の特徴は相場を自動で追従する機能により、合理的な取引が可能になります。
24通貨ペアの取り扱いがあるため、お好きな通貨を選べるのもメリットの一つです。
さらにiサイクル2取引では「ランキング方式」「マトリクス方式」「ボラティリティ方式」の3種類の方法から選べるため、資金・通貨の好み・値動きの幅などに合わせてお好きな取引ができます。
数多くの通貨ペアで自動売買を行いたい方に、iサイクル2取引がおすすめ です。

【Q&A】FXの手数料(スプレッド)に関するよくある質問

質問

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

  • 変動スプレッドと原則固定スプレッドとは?
  • スプレッドが広がりやすい時間とは?
  • スプレッドと約定力の関係は?
  • 仮想通貨と比較して手数料が安いのはどっち?
  • 外貨預金と比較して手数料が安いのはどっち?

変動スプレッドと原則固定スプレッドとは?

レートや時間帯によって変わるのが「変動スプレッド」、常時同じ数値で取引ができるのが「原則固定スプレッド」です。
変動スプレッドではレートが変わるのに伴い、広がったり縮まったりします。 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
一方の原則固定スプレッドはレートが変動しても常に一定のスプレッドでの取引が可能です。
原則固定スプレッドでは利益・コストを把握しやすいメリットがあります。
一方の変動スプレッドではコストが読みにくい部分もありますが、うまく活用すれば原則固定スプレッドよりも手元にお金を残せる可能性があります。
「変動スプレッド」と「原則固定スプレッド」とも長所短所がある ので、お好きなスプレッド方式で取引するといいでしょう。

スプレッドが広がりやすい時間とは?

スプレッドが広がりやすい時間帯は主に 「市場参加者が少ない時間帯」「重要な経済指標の発表前後」 の2つがあります。
FXでは取引数が低下することで、スプレッドが広がる傾向にあります。
午前5~8時の早朝の時間帯や年末年始・クリスマス休暇などは取引数が大幅に減ってしまうため、スプレッドが広がりやすいです。
また重要な経済指標の発表前後でも取引参加者が減る傾向にあり、結果的にスプレッドが広がってしまいます。
重要な経済指標を表す要素の一例が以下の通りです。

上記の項目のいずれかに動きがありそうな時は投資家たちは様子を見るため、FX市場の流動性が低下してしまいます。
スプレッドが広がりやすい時間帯に注意しながら取引をすれば、より多くの利益を手元に残せるようになるでしょう。
参考:#7 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 スプレッド、手数料について|FFAJの学ぼう!FX

スプレッドと約定力の関係は?

スプレッドと約定力の関係性については「変動スプレッド」を採用しているサービスであれば影響を受けます。
約定力が低いと注文成立までの間にスプレッドが広がった場合に、想定よりも利益が低くなってしまうことがあります。
しかし約定力が高ければ、スプレッドに変動が起きたとしても狙い通りの注文が行えるでしょう。
約定力はスプレッドだけでなくレート変動にも大きく影響を受けるので、高いに越したことはありません。
これからFX口座の開設を検討されている方は、 できる限り約定力が高いサービスを選ぶのがおすすめ です。

仮想通貨と比較して手数料が安いのはどっち?

FXと仮想通貨の どちらが手数料が安いかは、取引内容によって異なります。
仮想通貨では以下の名目で手数料がかかります。

上記の中で「口座開設手数料」「日本円入出金手数料」「仮想通貨入金/送金手数料」の3つは手数料無料であるサービスがほとんどです。
FXの方が仮想通貨と比べると取引回数が必然的に多くなることから、スプレッドがかさんで高くついてしまうケースが多いでしょう。
とはいえ仮想通貨取引においても通貨によってスプレッドが大きい取引では利益が低くなるため、一概にどちらが高いかの比較は難しいです。

外貨預金と比較して手数料が安いのはどっち?

FXと外貨預金の手数料を比較した場合、基本的に 外貨預金の方が高めに設定されている ことが多いです。
例えば米ドル円の場合、FXでは0.2-2銭であるのに対し、外貨預金では20-50銭となっています。
ただし外貨預金は長期間保有するのに対してFXでは短期取引がメインであるため、取引回数によってはFXの方がトータル手数料が高くなるケースもあります。
取引内容によって手数料は大きく変わるので、必ずしもスプレッドが低めのFXの方が手元に多くの利益を残せるとは限らないのです。

FXの手数料(スプレッド)まとめ


FX取引にあたってさまざまな名目で手数料が設けられていますが、実際には0円で済むサービスが大半です。
手数料の代わりにコストとして掛かるのが、スプレッドです。
通貨によって差はありますが、米ドル円の場合だと0.2-2銭かかります。
そのため 少しでも自身の手元に利益を残したいときは、スプレッドが低めのサービスで口座を開設する スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 のがおすすめです。
またスプレッドは時間帯によっても変動することがあり、主に早朝5~8時だと広がりやすい傾向があります。
そのため取引数が多い日中・夜であればスプレッドが狭い状態で行えるので、その時間帯を狙って取引をしてみましょう。

リアルタイム為替レートの見方|FX取引き初心者向けにやさしく解説

黒川ヤスヒト

株の売買では、株価の値動きをみます。一方、FX取引をしようとするときにみるのは、為替レートの変動です。 為替レートは、通貨と通貨の交換比率 。たとえば米ドルと円を交換しようとするときに、1米ドルは何円と交換できるかを表します。経済情報などでは、現在の為替レートが 1米ドル110円といったように表示されています 。この為替レートは常に変動していて、1米ドル109円50銭、1米ドル110円05銭といったように、小さな単位で少しずつ動いているのです。

FX取引をしようとするときには、為替レートについてもう少し知っておきたいことがあります。それが「ビッド」と「オファー(アスク)」。ひとつの通貨ペアで同時に2つの異なる数字が表示され、たとえば米ドル円の為替レートは「110.05円‐110.10円」のようになります。 左側の小さい数字が投資家にとって売値のビッド、右側の大きい数字が買値のオファー(アスク) です。オファー(アスク)とビッドの差は「スプレッド」と呼ばれ、このスプレッドの値も変化します。スプレッドを決めているのは、おもに市場の流動性。取引が盛んになるほどスプレッドが小さくなるのが通常です。

外貨→円貨、円貨→外貨で注意すべきこと

外貨→円貨、円貨→外貨で注意すべきこと

FX取引では通貨ペアを、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルといったように表示しています。このとき 「米ドル/円」を買うという場合には 「米ドルを買って、円を売る」という意味 になります。「米ドル/円」を売るのは「米ドルを売って、円を買う」という意味です。外貨と円貨の組み合わせなので、理解しやすいかもしれません。ユーロ/米ドルを買うというときには、ユーロを買って米ドルを売るということになります。いろいろな通貨ペアでイメージしておくと良いでしょう。

このようにFX取引では、外貨と円貨、外貨と外貨を交換します。このときに知っておきたいのが スワップポイント の存在。通貨にはそれぞれの「金利」があります。たとえば円の金利が1%、米ドルの金利が5%だったとしましょう。米ドルを買って円を売ったときには、金利差4%から計算されるスワップポイントを日々受け取ることができるのです。逆に米ドルを売って円を買っているときには、スワップポイントを支払わなければなりません。FX取引を行う際には、スワップポイントをチェックしておきましょう。

こんな日は要注意!?為替レートの動く日の傾向

こんな日は要注意!?為替レートの動く日の傾向

ひとつは 経済指標の発表 。経済指標のなかには世界経済に大きな影響を与えるものがあります。たとえば米国雇用統計。毎月第1金曜日に発表されます。とくに結果がサプライズとなった場合などは、発表直後に急激な値動きになることがあります。また米国の金融政策を決定する会合となっている、年8回のFOMC(連邦公開市場委員会)。ここでの結果は、世界の金融市場への影響が大きく、為替レートを大きく動かします。

このほか外貨の需給要因によって大きく値が動く日もあります。 日本では5や10のつく日 は、輸入業者などの決済需要でドル買いが出やすくなる日です。また月初や月末に変動要因となるのが、 投資信託の設定 。外貨が関係する大型の投資信託が設定されると、為替レートを大きく動かすことがあります。設定日は事前に発表され、注目されるものは経済ニュースにもなるので、チェックしておくのも良いでしょう。

押さえておきたい証券口座『楽天証券』の情報はこちらをクリック

押さえておきたい証券口座『楽天証券』の情報はこちらをクリック 楽天証券は低コストではじめられる、続けられる資産運用のサポートが特徴。 はじめてでも使いやすい商品が多く、楽天ポイントをゲットできるサービスも。 さらに楽天ポイントを使っての投資で、楽天市場でのお買い物時のポイントが最大+1倍になります

リアルタイム取引で注意すべき点

リアルタイム取引で注意すべき点

FXではリアルタイムでの値動きをみながら取引できます。たとえば楽天証券のFXだと、売りと買いのレートが表示されたボタンを押すと売買が成立する 「ストリーミング注文」と呼ばれるタイプの注文方法が利用可能 です。

為替レートの値動きが大きいときにリアルタイム取引をおこなうと、 ボタンを押すタイミングによって、売買の成立するレートが大きく違ってきます 。またデイトレードで、すぐに利益確定や損切りの反対売買をするつもりであれば、レートの動きに遅れないよう判断する必要が出てくるでしょう。

リアルタイム取引で注意しておきたいのは、まずシステムリスク。取引業者のサーバーに問題があったり、インターネット回線に障害が生じたりすると、取引に支障が起こることがあります。もうひとつ気をつけたいのが スプレッドの急拡大 。米国雇用統計の発表直後などは、ビッドとオファー(アスク)のレート差が大きく開くことがあります。タイミングによっては思ったとおりの値で取引が成立しないこともあるので、留意しておきたいところです。

このようにFXは、時として大きく動くレートをリアルタイムでみながら取引できる金融商品です。少ない資金でも取引をはじめられ、 最大で証拠金の25倍の通貨 を取引できる ため大きな利益を狙えます。一方、損失が思ったより膨らむ可能性もあります。資産の一部、もし失敗してもファイナンシャルプランに影響の出ない範囲での取引が大切です。24時間、世界の市場にリアルタイムで参加できるFX取引。チャレンジしてみたいと感じたら、ぜひ楽天ユーザーにお得な楽天証券FXで始めてみましょう。

SEARCH -->

SERVICE -->

CATEGORY -->

解析ツール

広告・マーケティング

デザイン・Web制作

Google Workspace

SNS運用

運営:株式会社セルリア

【初心者向け】Googleスプレッドシートの基本的な使い方とエクセルとの違い

Googleスプレッドシートとは

Googleスプレッドシートの特徴

共同作業ができる

データの紛失や更新ミスが起きにくい

Excelとの互換性

出先でデータを閲覧できる

Googleスプレッドシートを使用する際の注意点

Googleスプレッドシートのはじめ方

Googleスプレッドシートから作成

Googleドライブから作成

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

アイコン機能一覧

1 直前の変更を元に戻します 2 一度元に戻した変更を、変更前の状態に戻すことができます 3 印刷ができます 4 コピーした書式の貼り付けができます 5 表示の倍率を50%〜200%の間で変更ができます 6 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 表示形式を通貨に設定します 7 表示形式をパーセントに設定します 8 小数点以下の桁数を減らします(例:15.15→15.1) 9 小数点以下の桁数を増やします(例:15.1→15.15) 10表示形式の詳細設定を変更します(数値・日付・%などから選択可能) 11フォントを変更します 12フォントサイズを変更します 13太字にします 14斜字にします 15取り消し線を引きます 16テキストの色を変更します 17セルの塗りつぶしの色を変更します 18枠線をつけます 19セルを結合します(2つ以上のセルを1つにします) 20水平方向の配置を変更します(左・中央・右から選べます) 21垂直方向の配置を変更します(上・中央・下から選べます) 22テキストを折り返します(はみ出す・折り返す・切り詰めるから選べます) 23テキストの回転 24リンクを挿入します 25コメントを挿入します 26グラフを挿入します 27フィルタを作成します 28関数を挿入します スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 29入力ツールを選択します

押さえておきたい基本機能

スプレッドシートの名前の変更

入力が完了すると、名前の変更が自動保存されます。変更しなかった場合「無題のスプレッドシート 」という名前のまま保存されます。

枠線の付け方

セルを塗りつぶす

①塗りつぶしたいセルを選択 ②「塗りつぶし」アイコンをクリック ③塗りつぶしたい色を選択

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

文字の配置を中央に変更

以下のように文字が中央に配置されます。

スプレッドシート共有方法

指定した人にだけアクセスを許可する方法

編集者:閲覧・コメント・スプレッドシート の編集ができる。 コメント可:閲覧・コメントができる。スプレッドシートの編集はできない。 閲覧者:閲覧のみ可能。コメント・スプレッドシート の編集はできない。

URLを知っていれば全員がアクセスできる方法

スプレッドシートの応用的な使い方

セルにコメントを書き込める

1.コメントを挿入したいセルにカーソルを置き、メニューの「挿入」内の「コメント」をクリック 2.ツールバーの「コメント」アイコンをクリック 3.該当のセルで右クリック

FXのスプレッドとは?計算方法とスプレッドの狭いおすすめFX会社を比較紹介

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

「FXを始めようと思っているけど、そもそもスプレッドって何…?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。
スプレッドはFX取引を進める上で必ず知っておきたい専門用語の1つです。
本記事では、スプレッドがわからないという方のために、スプレッドについてわかりやすく説明します。
また、スプレッド幅が小さい会社も併せて説明しますので、 どこのFX会社を利用しようと悩んでいる方にもおすすめの内容です。
本記事を読めば、スプレッドについての理解が深まると同時に、今後スプレッドを意識したFX取引が可能です。

  • FXのスプレッドは外貨両替手数料
  • スプレッドが小さいと利益が出しやすい
  • スプレッド幅が小さいFX会社はSBI FXトレード

FXのスプレッドとは?


スプレッドとは、外貨を取得する際にかかる手数料のことです。
例えば、皆さんがFXでドルを購入するとき、FX会社は同じ価格で市場からドルを購入しています。この市場をインターバンク市場といいますが、FX会社は同価格で市場からドルを仕入れることでリスクヘッジをしているのです。
この際、FX会社も儲けが欲しいため、 外貨を取得してきた手数料 として1通貨あたりスプレッドと呼ばれる手数料を利用者より集めます。
これがスプレッドの手数料の意味です。

スプレッドを抜きで考えると、利用者にかかる費用は110円×10,000米ドル= 1,100,スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 000円となるので、110万円の費用がかかります。
しかし、例えばスプレッドが0.3銭だとすると、110万円に付随して以下の手数料がかかります。
0.3銭(1米ドルあたり)×10,000米ドル = 30円の手数料が発生します。
よって、スプレッドが0.3銭の場合に1米ドル110円で10,000米ドルを取得すると、以下の金額が必要です。

Bid(売値) Ask(買値)
109.985(円) 110.015(円)

スプレッドは狭い方が利益がでやすい

スプレッドは外貨取得の手数料です。
このため、 スプレッドは狭い方が利益が出やすいといえます。
FXは購入した金額と売却する際の金額差によって収益が出ますので、売値と買値にかかるスプレッドが高いと利益が取れません。
0.1銭と1円の2つのスプレッドがあった際、どちらも小額に見えます。
しかし、仮に10,000通貨購入する場合、0.1銭が0.001×10,000で手数料が10円なのに対し、スプレッドが1円の場合には1×10,000=10,000円スプレッドがかかってしまいます。
大きな金額でFXで取引をする際には、スプレッドの狭い業者を選ばないと、大きく手数料が発生してしまいます。
このため、スプレッドが狭い会社の方が利益がでやすいのです。

通貨ペアによってスプレッドは異なる

通貨ペアによってもスプレッドは異なります。
例えば、米ドル/円=0.2銭、ポンド /円=1.0銭、豪ドル/円=0.7銭など通貨によってスプレッドが変わることはご存知でしょうか。
一般に、スプレッドは通貨のボラリティが高いほど高くなる傾向があります。
ボラリティが高い通貨とは、そもそも市場に出回っている通貨の量(通貨の流動性)が低いケース、通貨発行国の情勢が不安定なケースの2パターンがあります。
例えば、トルコリラなどは通貨発行国のトルコの情勢が頻繁に変化し、ボラリティが非常に高いためスプレッドは他通貨と比べて大きくなります。
※トルコリラはそもそもスプレッドが固定で決まっていないケースがあります。
こうした通貨のスプレッドが高くなるのは、FX会社もリスクのヘッジが必要になるからです。
スプレッドが高い通貨ほどボラリティが高いため、大きなリターンを期待できますが、損をするときの金額も非常に大きくなります。
通貨を選ぶ際には、スプレッド幅を気にするのが良いでしょう。

スプレッドの単位:銭とpips

FXを始めると、 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 「銭」と「pips」、2つの単位をよく見ます。
日常的にはほぼ使うことのない単位のため簡単に説明します。
1銭とは0.01円のことを指します。このため、スプレッドが0.02円ということであれば2銭、スプレッドが0.002円であれば0.2銭と言い換えることができます。
円よりも小さいこうした単位が使われるのは、1通貨あたりの金額が小さく、変動が起こりにくいのが要因です。
円が絡む通貨ペアであれば銭を使って表示すればいいわけですが、通貨ペアによっては表示に困る場合があります。それは、米ドル/ポンド、NZドル/米ドルなどの円が絡まない通貨ペアです。
このような場合に使うのがpipsです。
1pipがいくらを示しているのかは通貨ペアによって変わります。例えば、円/ドルの場合は1pipは1銭ですが、ユーロ/ドルの場合は1pip=0.0001米ドルです。

原則固定と変動性スプレッドの違い


厳密にいえばスプレッドは常に変動しています。
しかし、スプレッドが変わってしまえば、スプレッドの計算を毎回する必要も出てくるためややこしくなってしまいます。
このため、顧客を配慮し、FX会社によってはスプレッドを原則固定しています。
例えば、米ドル/円のスプレッドが0.3銭という記載があった場合には、原則は0.3銭のスプレッドしか取りませんとの意味です。これを原則固定と呼びます。
変動性スプレッドとは、流動性が低い通貨に多いです。
例えば米ドル/円などでは原則固定されているのに対し、トルコリラ/円などでは変動性スプレッドになっているFX会社が多いです。
これは、トルコリラのボラリティが高いためです。
このように、ボラリティが高い通貨はスプレッドが毎回変わりますので注意が必要です。

原則固定でも朝など流動性が低い時間帯に変動することも

スプレッドが原則固定されていても、時間帯などによっては変動性スプレッドに変化することもあります。
これは、時間帯によっては急激に通貨の取引量が落ちこみ、ボラリティが高くなる時間があることが要因です。
他にも、ある国の経済が急激に落ち込み、通貨自体の安全性が懸念されてしまった場合などにはどれだけやすくしても買い手がつかず、スプレッドが急激に広がるケースもあります。
FX会社も原則固定にしているとはいえ、 固定でのスプレッド維持のリスクが高くなれば、変動性スプレッドに変更する可能性はあります。
このため、原則固定であるからといって、常に固定のスプレッドのままだと安心をしないようにしましょう。

スプレッドをチェックする時に注意すべきこと


ここからは、スプレッドをチェックする時に注意すべきことをわかりやすく解説します。
注意すべきは以下3点です。

期間限定のキャンペーンじゃないか

まずは期間限定のキャンペーンじゃないか注意しましょう。
期間限定のキャンペーンだった場合、 その後キャンペーンが終わってしまうと再度スプレッドの幅が広がってしまう可能性があります。
キャンペーンの期間中だけ利用すると割り切った使い方ができるのであれば別ですが、キャンペーン終了後も同じFX会社を利用していく場合は、スプレッドが他社に比べて割高ではないか注意する必要があります。

原則固定か?

スプレッドが原則固定なのかも注意するようにしましょう。
スプレッドが原則固定でない場合、毎回スプレッドの計算が必要になる上、いくらまで値上がり/値下がりすれば利益が出るのかを考えるのがややこしいです。
原則固定であれば、突発的に変動性スプレッドに変化してしまう可能性は依然として残りますが、その後の戦略に見通しをつけることができます。
以上より スプレッドは原則固定されているFX会社を選ぶようにしましょう。

約定力が高いか?

約定力とは、注文した価格で成約される力のことをいいます。
約定力が低いと、注文した価格で通貨を買ったり、売ったりができません。
約定力が低くなってしまうのは、利用しているFX会社のサーバーの他、FX会社が契約している金融機関の件数なども関わってきます。
約定スピードにも影響がありますので、FX会社を決定する際は必ず約定力を確認するようにしましょう。

スプレッドの計算方法


スプレッドはコストとして利用者に影響がありますので、 計算方法については知っておくことをおすすめします。
まずは「日本円/米ドル」のスプレッドが0.2銭の場合に10,000米ドルを注文した際のスプレッドの手数料がいくらかかるのかを計算してみましょう。

①まずは銭を円に直します。
例)0.2銭=0.002円②注文する通貨の数を掛け合わせて手数料を出します。
例) 0.002(円)×10,000(米ドル)=20円
よって、スプレッドが0.2銭の場合に10,000米ドルを注文した際のスプレッドの手数料は20円だとわかります。

スプレッドの比較一覧


ここではスプレッドを10社比較します。

※2021/7/26時点でのスプレッド
通貨によってFX会社ごとにスプレッドの違いはありますが、こうして表で見ると スプレッドが安いFX会社とそうではない会社がある ことに気づきます。
スプレッドが安ければそれだけ利益が生じやすいので、なるべくスプレッドが安い会社を選ぶようにしましょう。

スプレッドが狭いFXおすすめ会社比較5選


ここでは、スプレッドが安い会社を紹介します。
スプレッドが安い会社は以下5社です。

SBI FXトレード

  • スプレッドが業界最安のレベル
  • 約定率が高い
  • 1通貨からの注文が可能

SBI FXトレードはスプレッドが業界最安レベル です。
例えば、米ドル/円(USD/JPY)でみると、他のFX会社が0.2銭〜という相場標準の中、1社だけ0.09銭と郡を抜いてスプレッドが安いのがわかります。
これは1~1,000通貨までのスプレッドであるため、それ以上の取引をするのであればスプレッドは変わってしまいますが、まずは小額で小さく取引を始めたいという方にとってはおすすめできます。

例えば、米ドル/円の約定率は95.49%(2020/8/3~2020/9/1の実績)と高水準での約定率も見込めます。
高い約定率の理由は、インターバンクが強力なことが理由です。SBI FXは経営方針で「安定したレート提供」を掲げており、約定率には拘って取り組んでいることがわかります。
利用者からすると、約定せずに注文が流れてしまうのは問題ですので、約定率が高いのは高評価のポイントです。
また、他のFX会社が1,000通貨〜との注文水準の中、1通貨から取引を始めることができるのも魅力的です。
初心者にとって敷居が高いレバレッジ取引をしなくても、1通貨からであれば100円程あれば始められます。
以上から、SBI FXトレードは初心者にとって優しくFXを始められる会社といえます。

セントラル短資

    スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
  • 最大50万円のキャッシュバック
  • 取引ツールの種類が多い
  • 口座開設で優待特典がある

セントラル短資は口座開設後に50万通貨以上の取引をすることで、最大50万円のキャッシュバックが適用されます。
他のFX会社でも似たようなキャッシュバックキャンペーンはありますが、セントラル短資程のキャッシュバックはありません。
このため、既に相当な取引をするつもりの方は、セントラル短資を利用してキャッシュバックをもらってしまいましょう。

セントラル短資の取引ツールは細かく設定が可能です。
例えば、既に注文パターンが決まっている場合、それを登録しておくだけで次回から同注文が呼び出せます。
毎回の設定が面倒だと感じている人にはセントラル短資のツールはおすすめできます。
また、パソコンだけではなく携帯アプリにも対応しているので、普段は携帯を使っている方でもセントラル短資を問題なく利用できます。
しかし取引ツールに細かい設定ができる一方で、シンプルに注文したい方には少し向かない面があります。あくまでも注文はシンプルに行いたい方は別のFX会社の方が向いているかもしれません。
また、FXと直接関係はありませんが、口座開設をすることでレジャーやショッピングで利用できる優待をもらえます。
FXだけではなく、私生活にもメリットを求める方にはセントラル短資を利用してみるのはいかがでしょうか。

LION FX

まず最も大きな特徴は、非常に通貨ペア数が多いことです。
「今まで試してみたい通貨ペアはあったんだけど取引がなかった…」と考えている方はLION FXを利用すれば通貨ペアが見つかるかもしれません。
主要な通貨ペアはもちろんのこと、今まで見たことのなかった通貨ペアもあるので、思わぬ発見があることでしょう。このため、必ず投資先が見つかるはずです。
例えば、ユーロオージーやポンドニュージーなどのマイナー通貨は他のFX会社では見る事はありません。マイナー通貨が多いので、新興国がショックを受けた際には売りで勝負をかけることもできます。
このように 通貨ペアが多いのにも拘らず、スプレッドの幅は業界比最狭幅 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 なのがポイントです。
LION FXの幅の広さとスプレッドの安さから、一度利用すれば他のFX会社を利用しない方もいるくらいです。
普段のスプレッドが狭い分、乱降下する相場ではスプレッドが広まってしまうことはありますが、メインのFX会社として活用できます。
また、豊富な取引ツールがあるのも特徴です。
PC用の取引ツールは「見やすく使いやすい」という利用者の声も目立ちます。しかし、スマホ版は操作がしづらいため、レートのチェックにしか利用しないという利用者の声もありました。
基本的にはパソコンで利用をし、外出先では相場を確認する使い方がおすすめです。

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

DMM FX

  • 口座開設が即日
  • デモトレードが無料でできる
  • ポイントが貯まる

口座開設が最短即日でできるのがDMM FXの特徴です。
せっかく申し込みをするのに、口座開設までに時間がかかってしまうと、取引意欲が低下してしまう方も多いのではないでしょうか。
他のFX会社では申し込み後1~3日の審査の時間がかかるのが通常ですが、 DMM FXであれば思い立ったらすぐに口座開設できます。
「スマホでスピード本人確認」を利用することで、自宅での郵送書類の手続きも、紙での確認書類も不要です。

特に初心者の場合は、取引ツールの使い方も踏まえて、まずはデモトレードから始めてみたいという方も多いのではないでしょうか。
取引ツールはさながら本番環境のように使うことができるので、実際の損益などをリアルに体感できます。
まずは、デモトレードから利用してみて、その後本番に進みたい方にはDMM スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 FXは向いているといえます。
他にも知らない間にポイントが溜まっている可能性があり、取引に貯めたポイントを使用できるのもDMM FXならではのメリットといえることでしょう。

GMOクリック証券

  • 総合力が高い
  • スキャルピングに対応
  • スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
  • FX取引量が国内1位

GMOクリック証券は今回紹介したFX会社と比べるとスプレッドが高く感じてしまうかもしれませんが、こちらもスプレッドが狭いことで有名な会社です。
GMOクリック証券の最も大きな特徴は総合力が非常に高いことです。
スワップポイントが高水準であり、FXのスプレッドも狭く、取引ツールが豊富 なことが総合力が高いと言われる理由です。
スワップポイントとは、2つの通貨の金利差により、所持しているだけで利益/損失が発生する仕組みのことです。
利益が発生するのか、損失が発生するのかは通貨の組み合わせによって変わりますが、スワップポイントもうまく利用した取引をすることで、取れる戦略の幅が広がります。

【Q&A】FXのスプレッドのよくある質問

質問


「FXのスプレッドはわかりづらい」という声もよくありますので、よくある質問をまとめました。
FXのスプレッドのよくある質問は以下4つです。

海外のFX会社と比較するとスプレッドはどうなの?

海外のFX会社と比較するとスプレッドは低い場合もあれば、高い場合もあります。これは海外のFXの会社の多くか変動性スプレッドを採用していることが要因です。
基本的に海外FXはレバレッジ以外の手数料が高くかかることが多く、スワップポイントも受取金額が小さく、支払金額が大きくなってしまうケースがあります。
レバレッジの最大倍率が高い為、ハイリスク・ハイリターンの取引ができるのが海外FXの魅力ですが、 中には無登録の違法なFX会社もありますので注意が必要 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 です。
参考:無登録の海外所在業務者による勧誘にご注意ください | 金融庁

FXのスプレッドと手数料の関係は?

FXのスプレッドは外貨に変換する際にかかる手数料のことを指し、手数料とは一般にスプレッド以外の手数料を指すケースが多いです。
日本のFX会社の場合はスプレッド以外の手数料は無料に設定されているケースが多く、手数料は大抵の場合無料だと考えて差し支えないでしょう。
このため、一般にFX会社の紹介である 「手数料無料」の表現は、正確にはスプレッド以外の手数料は無料 の意味です。

両建てした場合のスプレッドはどうなる?

両建てとは、急な相場の変動に備えるために、買いのポジションと売りのポジションを同時に持つテクニックです。
両建てをすると、リスクヘッジが取れる反面で、両ポジションのスプレッドがかかってしまいます。
このため、ポジションを減らすのではなく、本当に両建てをするべきタイミングなのかを考えて両建てを実施するのがよいでしょう。

スプレッドとスリッページの関係は?

スリッページとは、注文した値と違う値で約定してしまうことを言います。
約定力が低く、注文した値では取引相手が決まらなかった場合にスリッページが発生します。
スリッページが発生すると、スプレッドと合わせて滑った分が損失として発生 してしまいます。 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
例えば、1ドル110.000円で10,000米ドルを注文した際にスリッページが発生し、110.023円での米ドル取得となってしまった場合を考えてみましょう。
この際、既に折り込まれているスプレッドと合わせて1米ドルあたり2.3銭損をしたといえます。
これが10,000ドルの場合、10,000(通貨)×0.023円=230円損をしています。
スリッページを避けるためには許容スリッページを設定することが必要です。

FXのスプレッドまとめ


本記事では、スプレッドがわからないという方のためにスプレッドについてわかりやすく説明しました。
スプレッド幅が小さい会社も選ぶと、 かかるコストを削減できます。
FX会社を選ぶ際には、スプレッドが狭い会社を選ぶようにしましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる