弱気相場での取引

株価指数オプションとは

株価指数オプションとは
(出所)Bloomberg、日本取引所グループのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成" width="640" height="345" />

オプション取引とは~仕組みや特徴~

<例>コール・オプション
商品Aを100円で買える権利(コール・オプション)をプレミアム10円で購入したとします。なお、この権利は30日後までいつでも行使できるものとします。
10日後に商品Aが130円まで値上がりしたとします。ここでは権利行使せずにもう少し様子をみることにしましょう。そして、20日後に160円になったのでここで権利を行使します。
コール・オプションの買い方が権利行使すると、売り方は権利行使に応じる義務があります。つまり、売り方は160円の商品を100円というあらかじめ定めていた価格で売らなければなりません。権利を行使し商品Aを100円で購入してすぐに160円で売却すれば、利益を得ることができます。実際の損益は、「売却価格160円-購入価格100円-プレミアム10円(権利の購入代金)=50円の利益」となります。
売り方の損益は、「売却価格100円-市場価格160円+プレミアム10円=50円の損失」と考えることができます。つまり、買い方が儲かった分、売り方は損をします。

では上記の例について、実際のオプション取引の用語に置き換えていきます。
商品Aのようにオプション取引の対象となる特定の商品を原資産といいます。100円で買える権利の100円(あらかじめ定められた価格)は、権利行使価格です。
「30日後まで」という期間の区切りがありますが、この場合30日後が満期日となります。満期日までに権利を行使しなければ権利は消滅します。なお、利益が出ている場合に自動で権利行使が行われるものもあります。 株価指数オプションとは
次に「30日後までいつでも行使できる」とありますが、このように満期日までいつでも権利行使可能なオプションをアメリカン・タイプといいます。満期日のみ権利行使可能なオプションをヨーロピアン・タイプといいます。まとめると以下になります。

商品A 原資産(オプション取引の対象となる特定の商品)
100円で買える権利 権利行使価格100円のコール・オプション
30日後 満期日
30日後までいつでも行使できる 30日後を満期日とするアメリカン・タイプのオプション

投資は大きな利益を得られる可能性があれば、大きく損をする可能性もあるというのが一般的です。しかし、オプションの買い方には、大きく利益を得られる可能性がありつつも、損失は一定の金額に限定することができるという特徴があります。
先ほどの例では、商品Aを100円で買える権利(コール・オプション)をプレミアム10円で購入しました。もし商品Aが50円まで値下がりしたとします。この場合は権利を行使して100円で購入するよりも、市場で50円で買った方が良いので、権利は放棄することになります。権利を放棄した場合の損失は、当初支払ったプレミアム10円となります。つまり、商品Aが値上がりすればするほど利益は大きくなりますが、損失は当初支払ったプレミアムに限定されます。
したがって、 オプションの買い方は利益無限定・損失限定 、反対に オプションの売り方は利益限定・損失無限定 となります。

日経225オプションは満期日ごとに異なる商品と考えてください。2月に満期日がくるものは2月限月(げんげつ)、3月に満期日がくるものは3月限月となります。取引所では複数の限月の取引が同時に行われていますが、通常は直近の限月の取引が一番活発となります。
同じ2月限月でも権利行使価格によりプレミアム(オプション価格)は異なります。権利行使価格2万7000円と権利行使価格2万8000円ではプレミアムが異なるということです。
日経225オプションの取引を行う場合、限月を選ぶ、コール・プットの別を選ぶ、権利行使価格を選ぶ、買い方・売り方の別を選ぶ必要があります。

<例>日経225オプション 2月限月 株価指数オプションとは 権利行使価格2万7250円 のコールを購入
今の日経平均株価は2万7000円ですが上昇は続くと考え、2月限月の 権利行使価格2万7250円 の日経225コール・オプションを プレミアム550円 で購入しました。
まず日経平均株価がどれだけ上昇したら利益が出るかを考えなくてはなりません。損益分岐点は、 権利行使価格2万7250円 + プレミアム550円 = 2万7800円 となります。損益分岐点となる日経平均株価 2万7800円 を超えれば利益が出ることになります(手数料などは考慮せず)。
その後、日経平均株価が3万円になったとします。3万円で決済すれば、3万円- 2万7800円 (損益分岐点: 権利行使価格2万7250円 + プレミアム550円 )= 2200円 の利益が出ます。実際の日経225オプションの取引単位は1000を乗じますので、権利を取得するために支払う金額は 550円 ×1000=55万円。そして、利益は 2200円 ×1000=220万円となります。

日経225オプションは、満期日にのみ行使可能なヨーロピアン・タイプです。いつでも権利行使できるアメリカン・タイプではありませんので、儲けのチャンスを逃してしまうことが懸念されます。その場合にどうするかというと、権利の転売を行います。上記の例ではプレミアム550円で権利を購入しましたが、プレミアムは日経平均株価の変動などにより日々変動します。一般的に、コール・オプションでは原資産の価格が上昇すれば、プレミアムも上昇します。逆に、プット・オプションでは原資産の価格が下落すれば、プレミアムが上昇します。
日経平均株価が上昇し、先ほどの例で購入した2月限月の権利行使価格2万7250円のコール・オプションのプレミアムが700円まで上昇したとします。この場合、転売すれば(700円-550円)×1000=15万円の利益となります。
このように買い方は権利を転売することでポジション(権利を保有している状態)を解消できます。なお、売り方は権利の買い戻しを行うことでポジション(権利を与えている状態)を解消することができます。

今回はオプション取引の基本的な内容を日経225オプションを例に説明しました。オプションの話をすると、利益無限定・損失限定なので買い方に魅力を感じる人がほとんどです。しかし、オプションのトレーダーに話を聞くと、多くの場合は売り方が勝つとのことでした。買い方は大損しない反面、プレミアム分を損して終わるということです。世の中そう上手くはいきません。
ただ、買い方が大儲けできることもあります。それは安定的に推移していた相場が急変した場合です。安定的に推移していた相場が急騰する場合はコールの買いで、急落する場合はプットの買いで大儲けできます。米中貿易戦争や新型コロナ感染拡大など、最近はプットの買いで利益を得られる局面がありました。
注意したいのが、相場の変動が大きい状況が続いている場合です。オプションの性質上、買い方にとっては変動が大きいほうが有利です。ただ、そういうときはプレミアムも値上がりしています。売り方が「高いお金をもらわないと権利は与えられない」と考えるのは当然でしょう。
安定的に相場が推移していて「あまり値動きがない」と感じるときは、売り方も安値で権利を与えてくれるものです。このような場合は、買い方が利益を上げるチャンスです。多くの場合はそのまま負けてしまいますが、1回でも大きな上昇(または大きな下落)となれば負けた分を取り戻して余りある利益を得られることがあります。
買い方としてロマンを取るか、売り方としてプレミアムによる利益をコツコツ積み重ねるかは、自身のリスク許容度と相談しながら決めることになります。なお、売り方は大きな損失が発生する可能性があるため、取引開始のハードルが買い方より高く設定されていることがあります。また、売り方にのみ建玉(ポジションを解消せずに残っている未決済分)の上限がある場合もあります。それだけハイリスクということであり、1回の負けで財産が吹き飛ぶということもあり得るという点には注意が必要です。

【市況】 株価指数先物【寄り前コメント】 ギャップダウンも、相対的に日本株の底堅さが見られる可能性から、押し目狙いのロングスタンス

  • 本日の決算発表予定 … HIS、神戸物産、Pアンチエイなど 43社 (6月13日)
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月12日版
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月10日発表分)
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつかむ!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─国際マネーが次のターゲットに狙うのは?
  • 脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ特集>
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集>
  • 前週末10日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?―

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月10日発表分)
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 株価指数オプションとは 36社選出 <成長株特集>
  • 脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ特集>
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─国際マネーが次のターゲットに狙うのは?
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつかむ!

お薦めコラム・特集

  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集>
  • 脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ特集>
  • 買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PBR 7社 <テクニカル特集> 6月10日版
  • 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 21社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月12日版

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME 株価指数オプションとは Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

株価指数オプション取引

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 株価指数オプションとは 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

日経平均株価28,000円水準とメジャーSQ【ストラテジストが解説】

日経平均株価28,000円水準とメジャーSQ【ストラテジストが解説】

(※写真はイメージです/PIXTA)

6月10日に先物とオプションの清算が重なるメジャーSQを控え、株価は変動幅が拡大する可能性

日経平均は今回、28,000円が重要な水準、デルタヘッジや裁定買いなどで一段高となる展開も

(注)データは2022年6月7日時点。日経225オプションの6月物コールオプションの建玉。 (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

[図表1]行使価格別のコールオプション建玉 (注)データは2022年6月7日時点。日経225オプションの6月物コールオプションの建玉。
(出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

ただし、SQは戻り高値や押し安値となる傾向もあることから、SQ後の株価の動向には注意が必要

(注)データは2019年12月2日から2022年6月7日。メジャーSQは2019年12月から2022年3月までの算出分。<br></p>
<p>(出所)Bloomberg、日本取引所グループのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

[図表2]日経平均株価とメジャーSQ (注)データは2019年12月2日から2022年6月7日。メジャーSQは2019年12月から2022年3月までの算出分。
(出所)Bloomberg、日本取引所グループのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

【市況】 株価指数先物【寄り前コメント】 ギャップダウンも、相対的に日本株の底堅さが見られる可能性から、押し目狙いのロングスタンス

  • 本日の決算発表予定 … HIS、神戸物産、Pアンチエイなど 43社 (6月13日)
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月12日版
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月10日発表分)
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつかむ!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─国際マネーが次のターゲットに狙うのは?
  • 脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ特集>
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集>
  • 前週末10日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?―

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月10日発表分)
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集>
  • 脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ特集>
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─国際マネーが次のターゲットに狙うのは?
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつかむ!

お薦めコラム・特集

  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集>
  • 脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ特集>
  • 買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PBR 7社 <テクニカル特集> 6月10日版
  • 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 21社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月12日版

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる