投資基礎講座

欧米為替見通し

欧米為替見通し
© Reuters.

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米景気後退に警戒も雇用統計を見極め

外国為替 10 欧米為替見通し 時間前 (2022年07月07日 17:30)

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米景気後退に警戒も雇用統計を見極め

© Reuters.

7日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。
米景気後退への懸念から、ドルは買いづらい地合いが続く見通し。
ただ、明日発表の雇用統計を見極めようと、ドル売りは縮小。
欧州通貨売りや日米金利差も相場を支えそうだ。

前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨はインフレ高進の対応に積極的だが、ほぼ想定通りの内容となり米金利の上昇を手がかりにドル売りは縮小。
欧州のエネルギー不安でユーロが約20年ぶりの安値圏に下落したことも、ドルを支える要因に。
本日アジア市場で日経平均株価や米ダウ先物の堅調地合いを受けた円売りで、主要通貨は上昇基調に振れた。
ドル・円は日米金利差に着目した取引で、下げづらい値動きとなった。

この後の海外市場は欧米の不透明感が警戒される。
欧州のエネルギー供給問題が注視され、引き続きユーロは売られやすい。
また、英国の政局流動化でポンドも軟調地合いが見込まれる。
一方、今晩発表の米新規失業保険申請件数は前週より弱ければ、リセッション懸念のドル売りに振れやすいが、欧州通貨売りによるドル選好地合いが予想される。
また、明日の雇用統計を控え極端なドル売りは想定しにくく、ドル・円は下値の堅さが意識される。

【今日の欧米市場の予定】
・20:30 欧州中央銀行(ECB)6月理事会議事要旨
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:23.0万件、前回:23.1万件)
・21:30 米・5月貿易収支(予想:-847億ドル、4月:-871億ドル)
・21:30 欧米為替見通し カナダ・5月貿易収支(予想:+25.0億加ドル、4月:+15.0億加ドル)
・02:00 ウォラー米FRB理事インタビュー(全米企業エコノミスト協会イベント)
・02:00 ブラード米セントルイス連銀総裁昼食会参加(米経済と金融政策討論)

【通貨】 欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、上昇基調継続も米減速懸念で失速

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・6月サービス業PMI改定値(予想:52.8、速報値:52.8)
・17:30 英・6月サービス業PMI改定値(予想:53.4、速報値:53.4)
・18:30 英中銀金融安定報告
・23:00 米・5月製造業受注(前月比予想:+0.5%、4月:+0.3%)
・23:00 米・5月耐久財受注改定値(前月比予想:+0.7%、速報値:+0.7%)

    欧米為替見通し
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(1):大阪チタ、ネクステージ、ファストリ (07/05)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(2):ソフトバンクG、楽天グループ、すかいらーく (07/05)
  • 欧米為替見通し
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(3):F&LC、ファブリカ、日ギア (07/05)
  • ・本日の【ストップ高/ストップ安】 引け S高= 10 銘柄 S安= 3 銘柄 (7月5日)
  • 欧米為替見通し
  • ・★本日の【サプライズ決算】速報 (07月05日)
  • 欧米為替見通し
  • ・投機でバブル崩壊、リーマンを乗り越えさせた「登山・将棋・洋書」 (07/05)
  • ・猛暑列島ニッポン、電力需給逼迫で救世主「蓄電池」に活躍の舞台 <株探トップ.. (07/04)
  • ・エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探.. (欧米為替見通し 07/02)
  • ・最高益【復活】銘柄リスト〔第2弾〕31社選出 <成長株特集> (07/03)
  • ・レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月5日)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信中!武者陵司氏セミナー
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「鋼鉄の鳩」日銀プレーで後場急伸
  • 行動制限緩和で人手不足再燃、「アルバイト関連」株が飛躍ステージへ <株探トップ特集>
  • 上方修正“先回り”、22年6月上期【業績上振れ】候補 28社選出 <成長株特集>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月07日)
  • MACD【買いシグナル】低PER 25社選出 <テクニカル特集> 7月7日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):イオン、アンジェス、ブイキューブ
  • 欧米為替見通し
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月7日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月7日発表分)
  • 上方修正“先回り”、22年6月上期【業績上振れ】候補 28社選出 <成長株特集>
  • 明日の株式相場に向けて=「鋼鉄の鳩」日銀プレーで後場急伸
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):イオン、アンジェス、ブイキューブ
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月7日)

お薦めコラム・特集

  • 上方修正“先回り”、22年6月上期【業績上振れ】候補 28社選出 <成長株特集>
  • 行動制限緩和で人手不足再燃、「アルバイト関連」株が飛躍ステージへ <株探トップ特集>
  • MACD【買いシグナル】低PER 25社選出 欧米為替見通し <テクニカル特集> 7月7日版
  • 明日の株式相場に向けて=「鋼鉄の鳩」日銀プレーで後場急伸
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月7日記)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米景気後退に警戒も雇用統計を見極め

【今日の欧米市場の予定】
・20:30 欧州中央銀行(ECB)6月理事会議事要旨
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:23.0万件、前回:23.1万件)
・21:30 米・5月貿易収支(予想:-847億ドル、4月:-871億ドル)
・21:30 カナダ・5月貿易収支(予想:+25.0億加ドル、4月:+15.0億加ドル)
・02:00 ウォラー米FRB理事インタビュー(全米企業エコノミスト協会イベント)
・02:00 ブラード米セントルイス連銀総裁昼食会参加(米経済と金融政策討論)

最新人気記事

新着ニュース

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

投資コラム・特集
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

最新投稿日時:2022/07/07 17:欧米為替見通し 25 - 「欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米景気後退に警戒も雇用統計を見極め」(フィスコ)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment 欧米為替見通し Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米景気後退に警戒も雇用統計を見極め

外国為替 10 時間前 (2022年07月07日 17:30)

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米景気後退に警戒も雇用統計を見極め

© Reuters.

7日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。
米景気後退への懸念から、ドルは買いづらい地合いが続く見通し。
ただ、明日発表の雇用統計を見極めようと、ドル売りは縮小。
欧州通貨売りや日米金利差も相場を支えそうだ。

前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨はインフレ高進の対応に積極的だが、ほぼ想定通りの内容となり米金利の上昇を手がかりにドル売りは縮小。
欧州のエネルギー不安でユーロが約20年ぶりの安値圏に下落したことも、ドルを支える要因に。
本日アジア市場で日経平均株価や米ダウ先物の堅調地合いを受けた円売りで、主要通貨は上昇基調に振れた。
ドル・円は日米金利差に着目した取引で、下げづらい値動きとなった。

この後の海外市場は欧米の不透明感が警戒される。
欧州のエネルギー供給問題が注視され、引き続きユーロは売られやすい。
また、英国の政局流動化でポンドも軟調地合いが見込まれる。
一方、今晩発表の米新規失業保険申請件数は前週より弱ければ、リセッション懸念のドル売りに振れやすいが、欧州通貨売りによるドル選好地合いが予想される。
また、明日の雇用統計を控え極端なドル売りは想定しにくく、ドル・円は下値の堅さが意識される。

【今日の欧米市場の予定】
・20:30 欧州中央銀行(ECB)6月理事会議事要旨
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:23.0万件、前回:23.1万件)
・21:30 米・5月貿易収支(予想:-847億ドル、4月:-871億ドル)
・21:30 カナダ・5月貿易収支(予想:+25.0億加ドル、4月:+15.0億加ドル)
・02:00 ウォラー米FRB理事インタビュー(全米企業エコノミスト協会イベント)
・02:00 ブラード米セントルイス連銀総裁昼食会参加(米経済と金融政策討論)

欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、上昇基調継続も米減速懸念で失速

外国為替 2022年07月05日 17:30

欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、上昇基調継続も米減速懸念で失速

© Reuters.

5日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。 欧米為替見通し
日米中銀による金融政策の方向性の違いから、ドル買い・円売り地合いは継続の見通し。
ただ、米国の景気減速懸念が広がるなか、金利や株価次第でドルは下押しされる可能性があろう。

前日は米独立記念日に伴う休場で取引は低調。
ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め姿勢に対し日銀は緩和政策維持の方針で、ドル・円は135円半ばから後半で底堅く推移した。
一方、ユーロ圏経済の不透明感でユーロは弱含み、ユーロ・ドルは1.04ドル前半に失速する場面もあった。
本日アジア市場でその流れが受け継がれ、ややドル買い基調に振れやすい。
また、中国経済の回復期待を背景に、円売りが主要通貨を支えた。

この後の海外市場は、米FRBと日銀の方向性の違いからドル買い・円売りに振れやすい。
ただ、前週発表された米経済指標で国内総生産(GDP)の下方修正などからリセッションへの懸念が広がり、今晩の製造業新規受注が弱い内容なら米金利の低下を手がかりにドル買いは縮小しそうだ。
また、今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や雇用統計を見極めようと、ドルは積極的な買いが後退し、金利や株価をにらみ上値の重さが意識されよう。

【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・6月サービス業PMI改定値(予想:52.8、速報値:52.8)
・17:30 英・6月サービス業PMI改定値(予想:53.4、速報値:53.4)
・18:30 英中銀金融安定報告
・23:00 米・5月製造業受注(前月比予想:+0.5%、4月:+0.3%)
・23:00 米・5月耐久財受注改定値(前月比予想:+0.7%、速報値:+0.7%)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる