仮想通貨のメリット

ストップロスとしての逆指値注文とは

ストップロスとしての逆指値注文とは
■iPhone MT4アプリ(メタクオーツ版)
「気配値表示」より、確認したい通貨ペアをタップします。
「詳細」をタップして表示される画面より、ストップレベルをご確認いただけます。 ストップロスとしての逆指値注文とは

セントラル短資の指値の仕組み

複数のFX会社と取引していますが、不思議に思っていることがあります。 他の会社では指値通りの価格で約定するのですが、 セントラル短資の決済注文では指値通りに約定したことがありません。 大抵はスプレッド+数pipsのずれがあります。 取り立てて激しい相場変動でもない時でもずれているので そういう仕組みなんでしょうか? 一番お気に入りの会社でメインの口座ですが、 専らスワップを貰う為の口座なので取引回数が少なく 今日まで気が付きませんでした。 何か理由があるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

参考意見です(最近は使っていません) セン短のシステムは特殊です 例)スワップの付与日が翌日からではなく3日後?から付く←決済した後にも3日間付くので合計額は一緒ですが 質問の件ですが その決済注文はストップ(逆指値)ではありませんか? あそこは確かask(買値)がストップのレートになったときに注文が発動されるんだと記憶してます 例)米ドル/円の買を保有し 115円にストップ注文を入れている レートが 売115.00―買115.05←まだ決済されず 売114.95―買115.00←ここで決済 なので115円で決済されたと思っていると 114円95銭で約定してるんです 以前理由を聞いたのですが それが本来なのだそうです ですので 自分の思ったレートで決済したい時はスプレッド分上乗せで逆指値をするといいです(指値注文はそのままで大丈夫ですよ!) もしスプレッド以上ずれている場合は 会社に聞いてみるか 他の業者も開設してみては如何ですか? ただ8月は多くのところで注文が入らない・スプレッドが広がったまま・ログインできない等あったらしいですね 以上参考になればうれしいです

その他の回答 (1)

  • 2007/08/31 01:30 回答No.1

関連するQ&A

FXを始めてから4ヶ月ほどの初心者です。 最初に口座を開いたセントラル短資の場合。 指し値(または逆指し値)の決済注文を出して、その後相場を眺めていると、 どうも指し値(または逆指し値)レートに達しても、しばらく決済してくれません。 そのレートでしばらく停止しているにもかかわらずです。 で、こちらに不利なレートに変動したらやっと決済してくれるような ケースがあまりにも多いのです。 まあそのことは、リスク説明にも書いてあったし、そういうものかと 思っておりました。 ところが、次に口座を開いたインバスト証券では、レートが希望値に 達した瞬間にポジションが消えてなくなり、決済されております。 急激な変動がない限りはほとんど指し値(または逆指し値)で決済し てくれています。 皆さんが使っているFX業者の決済の早さについて教えていただければ 幸いです。

FX初心者です。 セントラル短資のデモトレードFX1の取り引き画面内にある {ポジション合計}の見方がどうも分かりません。 ポジション合計とはすでに決済注文が終了したポジションのトータル損益ですよね? ということはその決済注文が約定した時のレートで計算されるのではないかと思うのですが、未実現損益が評価レート(現在のレート)により計算されているのはなぜなのでしょうか。 決済履歴は「取り引きレート」により決済損益がだされていることからもどうもわかりません。 そもそも「取り引きレート」とは約定した時のレートと理解していいのでしょうか? 根本的に理解の仕方が間違っているのかもしれませんがどうぞよろしくお願い致します。

はじめてセントラル短資でFXしました。 ですが、決済方法がわかりません。 以下取引内容です。 ポンド/ドル (1)1.9042売 (2)1.9003買 (3)1.8976買 (取引順/各1万) ネットポジションは以下の1万分しか反映されていません。 ポンド/ドル 10,000 -93,698円 1.9051 114米ドル とりあえず上記の取引をすべて決済したいのですが 決済の仕方がわかりません。 どなたか、教えていただけますか。

現在FX会社でMJでUSD/JPYをメインに取引しているのですが、最近指標発表時に逆指値が10Pips以上スリッページが発生します。 最近では雇用統計で21Pips、ISMで15Pipsなどでした。(今までは3~6Pipsぐらい) その他、同時間帯で約定済み注文が注文済み欄に表示されず決済注文が出せない、新規注文が取り消せずに約定してしまい、前記のとおり決済できなず、システム全般が混乱していた時間帯が雇用統計で10分~20分程度、ISM非製造で5~10分程度でした。 この時、センターに電話すると、『当社のサーバーが脆弱のため・・・。決済注文は受け付けていません。』とのことでした。 さて、雇用統計もISM重要指標の為、ある程度のスリッページは仕方ないかとはおもうのですが下記に質問いたします。 (1)前記指標時、上記程度のスリッページは他社でも普通程度のスリッページですか? (ストップロスとしての逆指値注文とは 2)前記指標時、注文・約定・決済などの取引の混乱は何処のFX会社でも起こりますか?? (3)前記トラブルはFanox系なら何処も起こりますか?また、Saxo,Gft系ではいかがですか? ストップロスとしての逆指値注文とは ストップロスとしての逆指値注文とは 仮に、他社でより良い環境の会社があるとして (4)取引システムに前記のような混乱が生じない、又は、生じにくい事を中心にスリッページが少ない会社で推奨の会社はありますか? (5) (4)に、更に常時のスプレッド(手数料含む)が少なく、指標時にも成行が成功し易いという条件を加えるとどこかありますか? 長くなりましたが、次回、雇用統計に間に合うように会社をシフトできればと思っております。 解る部分、答えられる部分だけでも結構ですので、よろしくお願いします。 尚、この会社は約定しずらいことで有名で、指標時に成行(スリッページ10Pips)が成功しない為仕方なく指値・逆指値で注文しています。

先月、セントラル短資で外国為替証拠金取引デビューしました。 セントラル短資は、ショート時のマイナススワップと 円転時の費用(ストップロスとしての逆指値注文とは 1通貨当り1.5円)が高いので、もうひとつ口座を作りたいと思ってます。 マイナススワップが高すぎずに、円転コストが安いFX会社を教えてください。

FXでIF-DONEで注文する時に、「IFを時間成行」で、「DONEを〇〇pips」といった形で注文できるFX会社はありますか? 以前はセントラル短資でそうゆう注文の仕方があったみたいですが、 2012年2月にその注文方法を終了させてしまったようです。 新規注文だけなら時間成行で注文できるFX会社はいくつかあったのですが、 そのいずれも新規注文が約定するまでは決済注文ができないようになっていました。 IF-DONEで注文しようとするとIFの注文方法の選択肢から時間成行が消えてしまうのです。 セントラル短資にはその注文方法の再開を要望として出しましたが、 セントラル短資以外でそういった注文方法ができるFX会社があれば 教えてください。 宜しくお願いします。

FX初心者です。 普段は10000~30000通貨でデイトレードしてます。 スプレッドの低さで、SBIFXトレードを使っているのですが、 指値で指定している値になっても、 すぐに約定しないことがあります。 今回も93円前半で買いのポジションを4つ持っていて 全て94.00で指値注文してたのですが、 ストップロスとしての逆指値注文とは 朝起きて確認すると1つしか約定していませんでした。 同じくサイバーエージェントFXにも1つポジションを持っていたのですが、 これは約定してました。 この約定する、しないは何が影響してるのでしょうか? サーバーに関係してるのでしょうか? ストップロスとしての逆指値注文とは 今回、FX会社はスプレッドの低さだけで選んではダメだと実感しました。 約定力のあるおすすめのFX会社がありましたらお教え下さい。 よろしくお願いします。

海外FX業者で、重要経済指標発表時にもスプレッドが広がらず約定力がある程度ある会社をご存じではないでしょうか? もしくは海外在住者でも口座開設可能な日本の業者で指標発表時にも、スプレッドが広がらない会社を教えていただけないでしょうか? 海外在住者でも口座開設可能なヒロセ通商様、セントラル短資様では、指標時にスプレッドが広がってしまうので他の会社を教えていただければと思い質問させていただいております。

FX指値決済注文をする時に現在値の例えば3PIPS内ならば指値決済注文する事ができないって事はあるんでしょうか? そしてもう一つ質問があるんですが、少数点第三位のPIPSも利益に入るんでしょうか? どうか教えてください。お願いします。

スワップが良く、スワップ金利をポジションを決済せずに受取れるFX会社はどのような会社がありますでしょうか? ”セントラル短資オンライン”は開設済みで、他にも似たような会社はないだろうかと探しています。 スワップは検討してくれているHP等が散見されますが、スワップを決済無しで受取れる会社の情報があまり見つけられていません。 ご存知でしたらぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

Binance Futures先物の使い方と登録。手数料や追証について

仮想通貨

Binance Futures先物の登録方法

Binance Futures(バイナンスの先物取引)で取引がしたいという方はBinance Futuresに登録しておく必要があります。

Binance Futuresの登録方法の手順・流れ

  1. Binanceの登録・アカウント作成
  2. 仮想通貨をバイナンスへ入金
  3. Futures用アカウント開設
  4. Futuresのウォレットへ仮想通貨を送金

Binanceの登録・アカウント作成

バイナンスへのログイン方法

アカウントを作成したら、バイナンスにログインしましょう。
先ほど登録した「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「Log In(ログイン)」をクリック。
パズルのピースを適切な場所へ移動させて、確認項目にすべてチェックをれてから、「I understand continue」をクリックします。

セキュリティ設定(2段階認証設定)方法について

まずGoogle ストップロスとしての逆指値注文とは Authenticatorでの設定方法は、画面右上の人型アイコン>「Account」をクリックし、その先のページの右下にあるGoogle Authentication欄内にある「Enable」をから設定を進めることができます。

仮想通貨をバイナンスへ入金

仮想通貨をバイナンスへ入金する手順

  1. Binanceの入金先アドレスを確認する
  2. Binanceの入金先アドレスに仮想通貨を送金する

Binanceの入金先アドレスを確認する

Binanceの入金先アドレスに仮想通貨を送金する

Futures用アカウント開設

Futures用アカウントを開設するには、まずBinanceトップページの画面上部にある「デリバティブ」から、「USDT-M Futures」または「COIN-M ストップロスとしての逆指値注文とは Futures」のいずれかを選択します。(証拠金をUSDTにしたい場合はUSDT-M、それ以外の仮想通貨にしたい場合はCOIN-Mを選択)

するとFuturesの画面(チャートが表示されているページ)へ移るので、そこの右側にある「Open Futures Account」メニュー内にある「Open Now」をクリックします。これでFutures用アカウントの開設ができます。

Futuresのウォレットへ仮想通貨を移す

Futures用アカウントを作成したら、Futuresのウォレットへ仮想通貨を移しましょう。
仮想通貨をFuturesのウォレットへ移すには、まずFutures画面の右下にある「Assets」欄にある「Buy Crypto」「Convert」「Transfer」のいずれかをクリックします。

Binance Futures先物の使い方

BinanceFuturesの画面の見方について

BinanceFuturesの画面の見方について

メニュー画面

チャート・オーダーブック画面

ポジション管理画面

マージン画面

BinanceFuturesで取引する方法

  1. 画面左上にある通貨ペアで取引したい通貨ペアを選択する
  2. 注文画面で注文方法を選択する
  3. 希望売買価格を記入する(成行注文(マーケット)の場合は不要)
  4. 希望取引数量を記入する

ストップロスとしての逆指値注文とは
注文方法 特徴
指値注文(リミット) 値段を指定して注文する
成行注文(マーケット) 値段を指定しないで注文する。成行の買い注文では最も低い価格の売り注文で約定し、成行の売り注文は最も高い価格の買い注文で約定する
ストップリミット注文 事前に指定したストップ(逆指値)価格になったら指値注文する注文
ストップマーケット注文 事前に指定したストップ(逆指値)価格になったら成行注文する注文
トレーリングストップ注文 事前に指定したストップ価格を、価格が有利に変動したら有利な方向へ自動的に更新させる注文

BinanceFuturesでレバレッジ取引をする方法

BinanceFuturesでレバレッジ取引をする方法①

BinanceFuturesでレバレッジ取引をする方法

Binance Futures先物の手数料は?

Binance Futuresでは「USDS-M 先物(永久先物取引)」と「COIN-M 先物(四半期先物取引)」の2つの種類の先物がありますが、それぞれで取引手数料が変わってきます。

MT4裁量トレード支援無料ツールAutoOrderModifyFree公開!

https://docs.mql4.com/constants/errorswarnings/errorcodes
英語ですがMQL4のマニュアルにはあったので新しいエラーコードのようでした。
4112
ERR_TRADE_EXPERT_DISABLED_BY_SERVER
Automated trading by Expert Advisors/Scripts disabled by trade server

エラーでぐぐったところRacco氏が
「EAによる自動売買あるいはスクリプトはトレードサーバーによって無効となった」
EAからSellの発注がいったものの、サーバによってはじかれたということになります。
しばらく様子を見ていただき、同じ現象が続くようなら、ブローカにお問い合わせいただくのが良いかと思います。
参考: http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=6381&t=4&k=12392&t=4

お世話になります。
Auto OrderModify EA Pro を使用しております。
トレール注文が履行されておらず、エキスパートログに
下記のとおりエラーメッセージが表記されておりました。

2016.09.29 23:51:14.698 AutoOrderModifyEAPro AUDCAD,H1: AutoOrderModify(Order Modify[TS] Error : Error ストップロスとしての逆指値注文とは Coder = 130)

これは、トレールの設定を
20pips利益が出たら、トレール幅を5pipsにするという設定にしていたために
現在値から近すぎる逆指値注文は受け付けないというエラーと思われます。

私は、同ロジックのEAを12通貨で運用しており、そのためAutoOrderModifyEAPro ストップロスとしての逆指値注文とは をAUDCHFとAUDCADのチャートに
それぞれ10通貨と2通貨に分けてセットしております。

上記にもあるとおり、今回エラーが出ているのはAUDCADにセットして
制御していた通貨のみであり、AUDCHFで制御したEAは、設定どおりに
20pips利益が出たら、トレール幅を5pipsにするという運用ができておりました。

たとえば、スプレッドが低く流動性の高いEURUSDなどの通貨に
AutoOrderModifyEAProをセットしたら、上記のような不具合は
解消されますか?

今回、上記のようなリスク、すなわちもともとのEAの通貨と
AutoOrderModifyEAProをセットする通貨が同じだと互いに干渉する
ということを恐れ、マイナー通貨のチャートをあえて選んでセットした
経緯があります。

どの通貨ペアに設置したかは関係ない‥と思っていたのですが。
AUDCADは全部ダメで、AUDCHFは全部問題ないのであればトレイリングの変更注文を出すときにその通貨ペアのストップレベルを参照してエラーにしている…可能性はありますね…。(そのように動いているとしたらMT4の動作の方がオカシイと思いますが…;;)
そうだと仮定するとEURUSD等に設定すれば問題はなくなると思います。
他のEAと干渉することはありません。

00:01:49.480 AutoOrderModifyFree GBPJPY.,M5: AutoOrderModify(Order Modify[TP] Error : Error Coder ストップロスとしての逆指値注文とは = 4109)

00:01:49.ストップロスとしての逆指値注文とは 557 AutoOrderModifyFree GBPJPY.,M5: AutoOrderModify(Order Modify[SL] Error : Error Coder = 4109)

エラーコードから「自動売買の許可」が有効になっていない事が原因との
情報を見つけたのですが、こちらはPDF及びホームページでの開設の通り、
チェックは既に入っております。

「DLLの使用を許可する」や「外部エキスパートの使用を許可する」などの
チェックをON、OFFしたり色々パターンを試しましたがやはり上記のエラーが
表示され自動注文が入りません。

一応、こちらでも試してみました。手順は以下の通りです。
XM Zeroのデモ口座にログインしてGBPJPY.のチャートを開き、AutoOrderModifyFreeを設置。
開いたウィンドウの「全般タブ」の自動売買を許可するにチェック。
パラメーターは変更せずにOKボタンをクリック。
上部の「自動売買」ボタンをクリック。(これでAutoOrderModifyFreeの横にある顔が笑顔に変更)
GBPJPY.のチャートにワンクリックトレードを表示して、BUYボタンをクリック
SLとTPが設定される。

という手順で問題なく動作いたしました。
XM Zeroのデモ口座だから・・ということはなさそうです。。

>上部の「自動売買」ボタンをクリック。
>(これでAutoOrderModifyFreeの横にある顔が笑顔に変更)
→確認したところ、こちらの設定を実施していませんでした。
私のMT4はボタンをカスタマイズしているため、「自動売買」ボタンが表示されていませんが
[ツール]-[オプション]-[エキスパートアドバイザ]タブを開き、
「自動売買を許可する」にチェックを入れたところ正常に動作しました。

1パラメーターの表示が貴HPの画面と違います
HPの画面では以下の通りですが
StartTrailingStop(pips) 10
TrailingStopStep(pips) 0.5

SetBreakEven(pips) 30
BreakEvenProfit(pips) 1

この様に表示されます
TrailingStop(pips) 10.0
TrailingStop(pips) 0.5

BreakEven(pips) 30.0
BreakEven(pips) 1

2ところがすぐに決済注文されてしまいます。
ポジションを持って数秒後に数pipsマイナスで決済されてしまいます。
具体的には
GBPUSD を 時間12:00:02 ストップロスとしての逆指値注文とは sell1.23324 でポジションを持ちましたが
時間12:00:04 に 1.23338で決済されてしまいました。
その他のポジションでも同じです。十数回連続で同じ結果が出ました。
デモでもリアルでも同じでした。0.01 0.02通貨単位でテストしたのでほぼすべてマイナス数十円となりました。

StopoLoss(pips) 20.0
TakeProfit(pips) 0
UseTrailing true
TrailingStop(pips) 20.0
TrailingStop(pips) 0.5
UseBreakEven true
BreakEven(pips) 20.0
BreakEven(pips) 3.0

TakeProfit(pips) 0が問題かと考え後に300.0にしてみましたが結果は同じでした。
なお表示はパラメーター画面そのまま書き写しました。
BreakEven(pips) も画面のままです。

デモの方で正常に作動した例もありますが、条件は同じだったはずです。
これはどのように設定したらよいでしょうか?
なにか私が勘違いしているでしょうか?
尚これ以外にはEAを二種類同時に使用してみましたので、それらが干渉している可能性はあるでしょうか?

お名前.com デスクトップクラウドの1GBで楽天MT4を10台同時に動作させています。
大変に御手数をお掛けしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

ストップロスとしての逆指値注文とは

Q. 【MT4】指値/逆指値注文の際に、現在レートと値が近すぎるのか発注ができません。

【新規注文】 現在レート

【決済注文】
・新規注文と同時に決済注文を発注する場合・・・ 新規注文レート
・保有ポジションに決済注文を発注する場合・・・ 現在レート

ストップレベルの確認方法

■MT4 PCインストール版 ストップロスとしての逆指値注文とは
「気配値表示」より、確認したい通貨ペアを右クリックして、「仕様」をクリックします。
表示される「取引条件」画面より、ストップレベルをご確認いただけます。

■MT4 PCブラウザ版
「気配値表示」より、確認したい通貨ペアを右クリックして、「仕様」をクリックします。
表示される「取引条件」画面より、ストップレベルをご確認いただけます。

■iPhone MT4アプリ(メタクオーツ版)
「気配値表示」より、確認したい通貨ペアをタップします。
「詳細」をタップして表示される画面より、ストップレベルをご確認いただけます。 ストップロスとしての逆指値注文とは

■Android MT4アプリ(メタクオーツ版)
「気配値表示」より、確認したい通貨ペアをタップします。
「通貨ペアのプロパティ」をタップして表示される画面より、ストップレベルをご確認いただけます。

■iPad MT4アプリ(メタクオーツ版)
「気配値表示」より、確認したい通貨ペアをタップします。
「詳細」をタップして表示される画面より、ストップレベルをご確認いただけます。

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

━リスク警告

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 ストップロスとしての逆指値注文とは 加入

損切りの目安はいつ? 絶対に損切りすべきポイント4つと注意点

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。

このライターの最新記事

「デイトレードの銘柄選びと売買のコツ」投資初心者でも明日からできる!

【初心者向け】デイトレードの始め方は?銘柄や市場選びを基礎から解説

株式投資で勝つにはメンタル強化が最重要!効率の良い鍛え方 4 つを紹介

デイトレードに有利な証券会社ランキング!ストップロスとしての逆指値注文とは 手数料とツールで徹底比較

最近の投稿

世界株暴落の危機!?世界株安の状況や各資産価格の動向をチェックし株価暴落に備えよう

株初心者にオススメ!2022年7月の人気株主優待ランキング

参議院選挙と株価の関係とは?2022参院選を前に過去の参院選について徹底検証!

原子力関連銘柄は原発再稼働で要チェック!小型原子炉(SMR)も脱炭素で注目

インバウンド関連銘柄は外国人観光客の受け入れ緩和で期待大!円安メリット株としても注目

バックナンバー

  • 【株初心者】にオススメ!2022年7月の人気株主優待ランキング
  • 参議院選挙と株価の関係とは?2022参院選を前に過去の参院選について徹底検証!
  • これからどうなる!?世界株安の動向と戦略について
  • 【御礼】本当に、ありがとうございました!
  • 【最終案内】苦労するか、豊かになるかは、すべては“あなた次第”です。

バックナンバーページ

カテゴリー

INFORMATION

新型コロナウイルス感染症
への当社の取り組み

《文章の引用について》

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(ストップロスとしての逆指値注文とは オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる