FX初心者必見

バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは

バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは

システム開発の手法には向き不向きがあり、アジャイル開発も当然ながら向き不向きがあります。アジャイル開発に向いているのは仕様の変更や機能の追加の予定がある場合や、ユーザーの意見を多く盛り込みたい場合、全体像がはっきりしていない場合などです。

マリーシア マリーシアの概要

サッカーにおいてもこうした思想は反映され「マリーシア」と称されるが、これはブラジル南部のリオグランデ・ド・スル州に限定された用語ともいわれる [4] 。サッカーにおける「マリーシア」には「機転が気く」「知性」という意味があり、本来は「駆引きを行い試合を優位に運ぶ」行為を指し、「ルールの裏をかく」といった反スポーツ的な意味合いはない [5] 。相手の心理状態を読んで奇襲をかけたり、相手の油断や混乱に乗じて意外性のあるプレーを行う、日本語に直訳すると「したたかさ」に近い意味合いを持ち、「マリーシアが足りない」という言葉は選手の未熟さや経験不足を指す言葉として用いられている [4] 。

ブラジルでは、こうした知性や知恵といった範疇を超えて相手を意図的に傷つけるような汚いプレーを「 マランダラージ (ポルトガル語版) 」(ポルトガル語: Malandragem )と呼んでいる [6] 。また、相手に対する露骨な時間稼ぎなどの行為については更に細分化し、「カチンバ」 [5] や「セラ」と呼んでいる [6] 。

  1. 相手選手のドリブルの特徴に応じ、試合の状況にあわせた守備陣形を敷いて対応する [8] 。
  2. スライディングタックルに頼らず、相手のパスコースを先読みすることで阻止する [9] 。
  3. パスを回しボールを素早く動かすことで相手を疲弊させ、相手の守備陣形に穴を開ける [10] 。
  4. 複数の選手がトライアングルでパスを回す際に、パスの受け手は前方で待つのではなく走りこんでパスを受けることにより、攻撃に厚みを持たせる [11] 。
  5. ドリブルを得意とする選手がチーム内にいる場合、周囲の選手はその選手の特長を生かすための動きを行う。俊足を生かす選手に対して、味方はその選手がドリブルをするための前方のスペースを消すような動きはせず、反対に密集空間を得意とする選手には味方は近い位置を採ることが効果的である [12] バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは
  6. シュートの基本は「ボールをゴールの枠に飛ばす」ことである。一つの指導法に固執するのではなく、個々が様々なキックの方法を試した上で最適なフォームを身に付ける [13] 。
  7. 試合の流れを切らさないために、自分のポジションに囚われず、臨機応変なポジションチェンジを行う [14] 。
  8. 体力と集中力が損なわれないように、走るべき所と休むべき所をわきまえてプレーする [15] 。
  9. 相手の長所を消す方法と、それを逆手に取る方法を熟知する [16] 。
  10. 監督は一つの戦術に固執するのではなく柔軟な発想を持ち、複数の引き出しを用意する [17] 。
  11. 審判の判定によって試合の流れが変化することがある。審判の裁定の特徴を観察し見抜くことが、試合を有利に進める上で必要となる [18] 。

各国の事例

アルゼンチン

アルゼンチンにおける「マリーシア」には「汚い」プレーが含まれ [19] 、「試合で先制点を決めた後の露骨な時間稼ぎ [19] 」や、「接触プレーの際に必要以上に痛がりピッチに倒れこむ [19] 」「プレーエリアに直接関係しない選手が意図的に倒れ、試合を中断させる [19] 」「相手の髪やユニフォームを引っ張る [6] 」といった行為が常態的に行われている。

相手の長所を消すための戦術を作り上げたのは、1960年代にアルゼンチン代表を率いた フアン・カルロス・ロレンソ (英語版) といわれている [20] 。元々、同国の選手たちは足元のボールテクニックを生かしてショートパスを繋ぐサッカーを持ち味としていたが [21] 、1958 FIFAワールドカップのグループリーグ最終戦でチェコスロバキア代表に1-6と大敗し敗退するなど結果を残せずにいた [22] 。選手や監督として長年に渡ってヨーロッパで経験を積んだロレンソはアルゼンチンの選手を「手品師だが、広い意味では未完成だ」と見做し、1954 FIFAワールドカップにおいて優勝候補のハンガリー代表を退けて優勝した西ドイツ代表が披露した体力と精神力に満ちたサッカーを手本にすることで改革を押し進めた [23] 。この大会での敗戦を契機にロレンソの提唱もあり、結果のためなら反則も辞さない激しいサッカーが台頭するようになった [22] 。

一方、国内ではロレンソやスベルディアによって実践された守備的スタイルが必ずしも支持をされていた訳ではなく、伝統的スタイルの支持者との間で意見が対立した バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは [25] 。サッカー指導者のセサル・ルイス・メノッティは地元開催の1978 FIFAワールドカップに向けて代表監督に就任すると、「アルゼンチンでワールドカップで行われる以上、アルゼンチンのサッカーで勝たなければならない。アルゼンチンのサッカーとは何か。それは当時流行していた乱暴な当たりと、守りを固めるサッカーではない。アルゼンチンの人達が子供のころから親しみ、大衆が心から楽しんでいるようなサッカー。そういうサッカーを代表チームがやって、ヨーロッパに勝てることを実証してみせなければならない」といった信条を掲げ [26] 、チームを優勝に導いた [27] 。

1990年代にはディエゴ・シメオネが相手選手を故意に挑発して苛立たせ相手の報復を誘発させる、したたかなプレーを得意とし [5] 、1998年にフランスで行われた1998 FIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦のイングランド代表戦ではデビッド・ベッカムを退場へと追い込んだ [29] 。なお、シメオネ本人は後のインタビューにおいて「イングランドの選手は純真だが、我々はより用意周到だ。我々は対戦相手を詳細に研究し、彼らを破壊する術を探る」と語っている [29] 。ブラジル国内ではアルゼンチンのマリーシアは「破壊的」なものと考えられており [19] 、アルゼンチンのチームと対戦する際には「相手のマリーシアに惑わされず、冷静さを維持するように」といわれている [5] 。

  1. 自分たちのチームがリードしている場面で、試合終盤に時間稼ぎを行う [30][31] 。 の場面で、相手チームの陣形が整わないうちに素早くボールを蹴り出す [31] 。
  2. 本来であれば相手の反則にならないプレー(意図的に転倒する演技など)をすることで、フリーキックやペナルティキックを獲得する [30] 。
  3. 本来であれば自分たちの反則になるプレーを、主審や副審や第4審判に気がつかれないように行う [30] 。

このうち、「時間稼ぎ」という概念は日本サッカーリーグ (JSL) バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは の時代にも存在したが、その手法は「ピッチからスタンドなどの遠方へと蹴り出す」というもので、マルチボールシステムが導入される以前は有効な手法だった [32] 。 1993年のJリーグ開幕以降、「試合終盤に相手陣内のタッチライン際でボールをキープして時間を稼ぐ」という手法が一般的となり [32] 、同年10月26日にカタールのドーハで行われた日本代表対イラク代表戦における結末(ドーハの悲劇)を通じて、その重要性が認識されるようになった [32] 。

ただし、ドーハの悲劇やドゥンガによる提言の後も一発勝負のトーナメント方式を尊ぶ国民性や [36] 、Jリーグにおいて採用されていた延長Vゴール方式の影響もあり、戦術的な駆け引きとしてのマリーシアの浸透は遅れた [36] 。2000年代の日本における「マリーシア」の認識は、日本語訳である「ずる賢さ」から「賢さ」を取り除いた「ずるさ」の部分だけが拡大解釈されたものであるとの指摘もあり [37] 、審判に気がつかれなければ反則を行っても構わないとの誤解が生じている [31] 。

2018年6月から7月にかけてロシアで開催された2018 FIFAワールドカップのグループリーグにおいて日本代表はポーランド代表と対戦、0-1のスコアで敗れたものの他会場の結果、決勝トーナメント進出を決めた [38] 。この試合の終盤に日本が行った意図的なボール回しについて国内外から批判を受けたが、「ドーハの悲劇の教訓が生きた [38] 」、「日本サッカーの成長の一端が示せたようにも感じている [39] 」と評価する意見もあった。

一方、決勝トーナメント1回戦のベルギー代表戦では2-2の同点で迎えた試合終了間際、コーナーキックのチャンスのため前掛かりになったところを相手に突かれて、2-3のスコアで敗れた [38] [40] 。この局面において日本は戦術的なファウルを犯してベルギーのカウンターを阻止することができなかったが、その理由についてピエール・リトバルスキーは「対峙した相手に対する『敬意』という日本らしい美徳が、紙一重の勝敗の差に影響したのかもしれない [40] 」、アルベルト・ザッケローニは「彼らの文化、DNAには、マリーシアは存在しないからだろう。1回、戦術的ファウルをすれば十分だったはずだが、そういったことは考えないのだろう [41] 」と評した。

小国ながら創意工夫によって国を守ってきた歴史があるオランダでは、サッカーに対しても伝統的な勤勉さが重視される一方で、クリエイティヴな創意工夫が求められる面がある。「強くない者は賢くなければいけない」 [42] という伝統的な言い回しが存在するように、フィジカル面でドイツやイングランドの選手に敵わない分をオランダは1970年代のトータル・フットボールや優れた育成メソッドといった発明で補ってきた [43] 。これらの概念は"バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは slim"(抜け目無い、ずる賢い、要領が良いといった意味の形容詞)という言葉で語られ、ピッチ上での相手を出し抜くための知恵、相手の裏をかくテクニックや戦術、試合展開を読む目といっただけでなく、ピッチ外でもチームやクラブの運営、育成や資金調達に至る知恵とアイディアまで"slim"な対象として使われる。最も良い例がアヤックス・アムステルダムのクラブポリシーが「ベストであれ」であるのに対し、PSVアイントホーフェンのポリシーが「最もずる賢くあれ」なことである [44] 。

研究目的と手法

ブラックホールシャドウの撮像は、人類史上まだ実現されていない未開のフロンティアで、その実現はブラックホールという光さえ吸い込む暗黒の天体の存在を直接的に示す強力な証拠となります。さらに、ブラックホール周辺の強重力場での一般相対論や、ブラックホール近傍でのガス降着・噴出のプロセス等を研究する上でも、ブラックホールシャドウや周辺領域の撮像が重要な鍵となります。EHT ではミリ波・サブミリ波帯の超長基線電波干渉計 (VLBI) を地球規模で構築し、ブラックホール近傍の様子を描き出すことで、これらの研究を推進します。また、EHT以外のVLBIを活用したセンチ波帯の観測プロジェクトと共同観測を実施したり、シミュレーションを駆使した理論研究を組み合わせたりすることで、ブラックホール周辺の現象・構造のさらなる理解を目指します。これからもEHTは望遠鏡の拡張や広帯域化により観測システムを発展させ、より高い解像度と感度を実現し、ブラックホール研究を進めていきます。

日本のEHTメンバーの活動

日本では、観測装置の開発や解析ソフトウェアの開発に大きく貢献してきました。また、東アジアVLBIネットワーク (EAVN) を構築し、EHTと共同で研究することで、多波長観測からのブラックホール研究を進めています。さらに東アジア地域の研究者で協力して、ブラックホール近傍からの噴出現象を理論的に説明する統一モデルの構築を目指しています。

観測装置の面での貢献

写真
ALMAの中間山麓施設に設置した光波長多重伝送装置 (上の白い装置)。下はアメリカが開発・納入したハードディスクレコーダー。

ALMA Phase-up Project (APP) は、ALMA 50台アレイを1つのVLBIの観測局とするためのプロジェクトです。観測サイトでアンテナ同士の信号を足し合わせ、そこから30 km離れた中間山麓施設に光ファイバーを使ってデータを送り、ハードディスクに記録します。日本が担当したのは、足し合わされた信号を中間山麓施設に送る「光多重伝送装置」の開発・製作です。これまで日本は、光ファイバーを用いてデータを伝送する実験を、実際のVLBI観測で行なっていたため、その経験をプロジェクトに活かすことができました。2012~2013年にエレックス工業の協力のもと開発し、2014年には実際にALMAでの搭載作業を行いました。現在EHTで得られるALMAの観測データは、すべてこのシステムを経由して伝送・記録されています。

新しい画像復元手法の開発

電波干渉計では、40年以上前に提案されたCLEAN法と呼ばれる画像復元方法を用いるのが一般的です。EHTでは、この方法とは別に、高品質な画像を得るための新たな画像復元手法が複数開発されました。EHT-Japanでは、最近の機械学習や統計学で用いられているスパースモデリングという方法を取り込み、新しい画像復元方法を提案しました。この成果は バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは SMILI という名前で公開されています。

多波長VLBI観測によるブラックホール研究

理論的側面からのブラックホール研究

写真
M87ジェットの理論モデルと観測画像の比較。(クレジット:川島朋尚(国立天文台): 一般相対論的輻射輸送計算、中村雅徳(台湾中央研究院): 一般相対論的磁気流体シミュレーション、EAVN AGN サイエンスワーキンググループ: 7mm帯での M87 観測画像))

重力が非常に大きく、光でも脱出できない天体 (領域) をブラックホールといいます。光が脱出できないので、直接見ることはできないはずです。しかし、ブラックホールに落ちるガス (降着流) や、ブラックホール近傍から高速で噴出するプラズマ流 (ジェット) からの放射を観測することで、ブラックホールが「黒い穴 (ブラックホールシャドウ)」として見える可能性があります。

いて座A* (エースター)

写真
チャンドラ(X線)とVLA(電波)バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは と観測されたいて座A*画像の合成図。(クレジット:X-ray: NASA/CXC/UCLA/Z.Li et al; Radio: NRAO/VLA)
写真
ハッブル宇宙望遠鏡による M87 の可視光画像。(画像クレジット:NASA and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA))

ほかの活動銀河核

観測手法 (VLBI)

写真
日本のVLBIネットワークVERAのアンテナ配置図。(画像クレジット:国立天文台)

望遠鏡の解像度は観測波長が短いほど、口径が大きいほど向上します。VLBI (Very Long Baseline Interferometer; 超長基線電波干渉計)とは、地球各地に存在する複数の電波望遠鏡を繋ぐことで、望遠鏡同士の間隔(基線長)と等価な口径を持つ巨大電波望遠鏡を仮想的に形成する技術です。これにより、すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡の100倍以上というあらゆる天文観測装置の中で圧倒的な解像度を実現することができます。例えば国立天文台が所有する日本のVLBIネットワークVERAは観測波長7mm、基線長2300kmで運用されており、その解像度は人間の視力に換算すると約10万に相当します。

システム開発の主流「アジャイル開発」とは?その特徴を3分で解説

システム開発の主流「アジャイル開発」とは?その特徴を3分で解説

細かいサイクルのイメージ


アジャイル開発のアジャイル(Agile)とは「素早い」という意味で、従来のシステム開発手法に比べて開発期間が短く済むシステム開発の手法のひとつです。その秘訣はシステム開発の区切りが大きな単位ではなく、小さな単位でおこなわれることにあります。

従来型のシステム開発として有名なのがウォーターフォール開発で、これは最初の段階で要件定義や設計をおこない、開発やテスト、運用などを順々に進めていくというものでした。ウォーターフォール開発は予算や納期をコントロールしやすい一方、仕様の抜け落ちや変更があると前の工程を見直さなければならず、開発期間の延長へとつながるというデメリットがありました。

その一方でアジャイル開発では小さい単位で進められるため、仕様の変更や追加機能のシステム開発が容易です。これは、市場の変化やITの新技術を組み込みに対応する必要のある現代において有効であり、現在主流のシステム開発手法のひとつとして使われています。

アジャイル開発の流れ・特徴

反復してシステム開発を進めるイメージ


アジャイル開発では、厳密な仕様は置いといて、おおまかな要求と仕様のみ決定してシステム開発を進めます。なぜ厳密に決定しないのかというと、システム開発途中に仕様変更があるのは普通のこと、という前提があるからです。大まかな要求と仕様を決定したら、イテレーションという段階に移ります。

イテレーションはアジャイル開発の肝となる開発段階で、イテレーションを組み込むことで素早いシステム開発を実現しています。イテレーション(iteration)とは「反復」を意味し、小さな単位で計画、設計、開発、実装、テストといったサイクルを回し、機能を順々にリリースすること。数週間から1か月程度がイテレーションのサイクルで、イテレーション1、イテレーション2、イテレーション3・・・と細かく繰り返してシステム開発と毎回の製品のリリースをするのがアジャイル開発です。

またアジャイル開発は反復的なサイクルの度に機能の確認ができます。このため、システム開発における状況変化による顧客からの要望の変化、仕様の変更に対してもアジャイル開発は強く、結果として顧客の満足度が高くなるとのこと。

アジャイル開発を使うことのメリット・デメリット

天秤のイメージ


アジャイル開発には素早くシステム開発を進めることが可能であること、顧客との連携が強いこと、不具合が発生したときに戻る工程が少ないという特徴もあります。

従来から使われているウォーターフォール開発では、最初に決定した仕様や要求を重んじるため、もし不具合が発生した場合、大幅に工程を戻したり、時間やコストがかかったりするという問題がありました。一方、アジャイル開発では小さな単位でシステム開発をおこなうため、戻す工程の量が少なくて済み、機敏に修正をおこなえます。

メリットの多いアジャイル開発ですが、柔軟性や素早さを重視するがためにデメリットも存在します。一番のデメリットは、進捗管理や方針、方向性の管理が難しいことでしょう。

アジャイル開発は最初の段階で厳格な仕様決定をおこなわず進めることから、全体でどのようなスケジュールとなるのか、進捗管理が難しくなります。さらに、柔軟で素早さを重視するため、サイクル毎で方針や方向性が変わってしまったり、最初の段階で明確に要求を聞き出さないことであやふやにシステム開発を進めなければならなかったりします。

アジャイル開発に向いているプロジェクトとは

探り探りのイメージ


システム開発の手法には向き不向きがあり、アジャイル開発も当然ながら向き不向きがあります。アジャイル開発に向いているのは仕様の変更や機能の追加の予定がある場合や、ユーザーの意見を多く盛り込みたい場合、全体像がはっきりしていない場合などです。

アジャイル開発は、プロジェクトの方針や方向性の変化に対して柔軟な対応ができます。そのため、あらかじめ仕様の変更や機能の追加が決まっている場合や、その可能性がある場合に真価を発揮します。小さな単位でシステム開発を進め、機能のリリースなどのタイミングで顧客と話し合い、要求を聞くことで細やかな修正が可能でしょう。

アジャイル開発を行いたいときに、やるべきこととは

ドキュメントのイメージ


アジャイル開発は、闇雲に始めれば良いものではありません。アジャイル開発をおこなうための前の段階としてやるべきこと、あるいは心掛けておきたいことがあります。

ひとつは目的を定めること。これまでのアジャイル開発の説明からすると、ちょっと不思議に感じますよね。最初から明確に仕様や要求を定めないアジャイル開発ですが、行き当たりばったりでは無駄な作業が増えてしまいます。変更するのは当たり前だ、とは考えつつも最終的な目的は定めましょう。

また進捗管理をすることも、アジャイル開発には重要なことです。プロジェクトは個人ではなくチームでおこなうため、誰がどのような作業にあたっていたり、どれだけ進んでいるのか把握したりすることは非常に重要なこと。進捗管理の難しいアジャイル開発だからこそ、チーム内で円滑に意思疎通できる仕組みづくりを忘れずに。

さらにアジャイル開発で見逃されがちなのが、要件定義書や設計書といったドキュメントの作成・共有です。作業の方針を決めたり、何をすればいいのか把握したりする以外にも、引継ぎをするためにもドキュメントは必要です。

まとめ


さて、今回はアジャイル開発について必要な知識をお伝えしました。アジャイル開発とは、変更や修正は生じることを前提として、最初にきっちり仕様や要求などを固めず、小さな単位で柔軟におこなうことで、短い期間で進める手法です。

  • イテレーションと呼ばれる小サイクルを用いる
  • 機能の確認や新しい要求の聞き取りなど、顧客と連携を強めることが可能

アジャイル開発について主なメリットは、素早くシステム開発を進められる、顧客との連携が強い、不具合が発生したときに戻る工程が少ない、です。一方、デメリットは進捗管理や方針、方向性の管理が難しい、になります。アジャイル開発に向いているプロジェクトは、仕様の変更や機能の追加の予定がある、ユーザーの意見を多く盛り込みたい、全体像がはっきりしていないプロジェクトです。

グラウンド・エフェクト・カー 歴史

1928年、フランスの技術者ルネ・プレヴォが『ジ・オートモビル・エンジニア』誌に寄稿した記事の中で、アンダーボディ全体を逆翼形としたレコードカーのデザイン案が紹介された。プレヴォは" The Underneath is noting more than a Venturi tube "(下面はベンチュリ管以外の何物でもない)と記していた [4] 。記事に掲載された図面と風洞実験模型をコンピュータ上で再現し、CAD/CFDシミュレーションを行ってみたところ、80 mph(約128 km/h)で76 kg、120 mph(約193 km/h)で172 kg、200 mph(約321 km/h)で495 kgのダウンフォースが計測された [5] 。さらにノーズ形状を修正した場合、ダウンフォースが44%ほど増えるとの試算も得られた [5] 。

1938年にアウトウニオンが開発したアウトウニオン・タイプCレコードカーは、ストリームラインボディの下面をプレヴォのデザイン案のようなベンチュリ構造としていた。 アウトバーンで行った記録会では429.9 km/hというスピードを記録、しかしその後の計測でクラッシュし、ドライバーのベルント・ローゼマイヤーが死亡した [6] バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは 。

プロトタイプ

1977年に登場したロータス・78はグラウンド・エフェクト・カーの最初の成功作となった [9] 。当初、ライバルチームや記者はロータス・78のサイドポンツーン下側につけられていたブラシがいったい何を意味するのか、誰も理解できなかった。それはここにウイング構造が隠されていることが分からない限り理解できない構造であった [注釈 2] 。1978年のロータス・79はより完成度を増し、マリオ・アンドレッティがF1世界チャンピオンとなった。

グラウンド・エフェクトのアイデアは他のチーム(マシン)にも急速に浸透し、当時のF1界ではグラウンド・エフェクトを用いなければ勝つことが困難となった [2] 。気密性確保のため、ブラシに代わり路面に追従する可動式サイドスカートが登場し [注釈 バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは バイナリチームという手法で稼ぐ方法とは 3] 、フロントウイングが車体下面への気流の邪魔になるとして、取り外してしまうケースもあった。ウイング構造を保つサイドポンツーンなど、車体(シャーシ)全体が高い剛性を持ちダウンフォースを受けても容易に変型しないことが重要となり、アルミハニカムプレート製のシングルスキンモノコック、カーボンファイバー製モノコック、プルロッド(プッシュロッド)サスペンションなどの技術が普及することになった。

1981年には、サイドスカートを固定式に制限し、下部と地面の間に6 cm以上の間隔を空けることが義務付けられた [11] 。スカートを地面に接触させることを禁止し、グラウンド・エフェクトを弱めることが狙いだったが、停車状態での車検で検査されるだけだったため、ルールの抜け道を探すものも現われた [11] 。

ロータス・88 車体を2重構造にした「ツインシャーシ」を採用した [12] 。停車状態では車体のどこも地面に接触していないが、ある程度のスピードで走りダウンフォースが発生し始めると、2重の車体の一方が地面に下がって路面に接触し、可動スカートが存在するのと同じ状態になる。グラウンド・エフェクトの追求によるサスペンションの硬化やポーポイズ現象を解決し、ドライバビリティを向上させる機構と発表されたが、他チームから抗議があったことや、「空力装置は可動不可」という規制に抵触することから禁止された。 ブラバム・BT49C 車高調整用のガスシリンダーを備えた「ハイドロニューマチック・サスペンション」機構を搭載した [12] 。ピットイン時には車高を上げて車検に対応させ、走行時にはダウンフォースで空気ばねが縮んでサイドスカートを地面に接触させ、グラウンド・エフェクトを得るものであった。同機構は他チームも次々と採用したことから、サイドスカートの接触を禁止した規制は意味を成さなくなり、シーズン末にはスカートの可動が3 cmまで許可された。

1982年にはジル・ヴィルヌーヴの事故死や、ディディエ・ピローニの大事故による引退などが重なり、国際自動車連盟は同年12月に新車輌規定導入を決定した。1983年より「フロントタイヤの後端からリアタイヤの前端までの車体底面は平面でなければならない」とするフラットボトム規定が施行され、事実上グラウンド・エフェクト・カーは参加できなくなった [13] 。

在宅でできる副業14選!会社員が失敗しない方法とは

在宅でできる副業

自分で作った ハンドメイド作品を販売して収入を得るには、地元の青空フリーマーケットや雑貨店への委託する・インターネット上のハンドメイドマーケットなどへ出品するといった方法があります。 ハンドメイド作品の販売でよく見られるのは、ヘアアクセサリーなどの装飾品や、バッグなどです。なかには独自の手法を取り入れて、アーティスティックなアクセサリーやイス、カップボードといった木工品を販売するハンドメイド作家もいます。

  • minne(ミンネ)
  • Creema(クリーマ)
  • BASE(ベイス)
  • STORES(ストアーズ)
  • iichi(イイチ)
  • メルカリ
  • ラクマ

3 アンケートモニター

アンケートモニターとは、企業が出す様々なアンケートに回答することで、収入を得る副業です。
商品・サービスのモニターとしてアンケートに答える場合や、統計調査に協力するような場合など様々ですが、一般的に、報酬は現金ではなく、アンケートサイトのポイントという形で付与され、後からまとめて現金やアマゾンポイントなどと交換します。
時間や作業量が調整しやすいため、時間があまり確保できない方でも行いやすい副業です。
その分単価は安いので大きく設けることは難しいかもしれません。

4 ポイントサイト

ポイントサイトは、広告動画の視聴や口コミの投稿などでポイントを集め、たまったポイントを現金やアマゾンポイントなどと交換することで収入を得る副業です。
ポイントの獲得のためには、動画視聴や口コミ投稿のほか、サイトへの登録、銀行口座の開設、クレジットカードの発行などがあります。
手間のかかるものもありますが、多くがスマホで簡単に行えるアクションのため、アンケートモニターと同様、スキマ時間で手軽にやりたい方におすすめです。

5 写真販売

写真を販売したい場合は、画像販売サイトに登録するのが一般的です。
ここで販売した画像は主にWebサイトの画像素材として利用されます。
普段から撮影している写真や動画を登録するだけでも収入が期待できるので、カメラ好きには魅力的な副業となります。

6 ブログアフィリエイト

YouTubeなどに代表される動画サイトや、Instagram・Twitterなどの短文を投稿できるSNSが主流となったため、ブロガー文化は幾分下火になりつつあります。そのようななかで 「ブロガーとして稼ぐ」場合は、定期的に更新し続けることと、魅力あるコンテンツを発信することが求められます。 また、ブログに広告を貼りたい場合には、ASPと呼ばれる広告を提供するプロバイダとの契約も必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる