外国為替(FX)

海外FX初心者から上級者まで

海外FX初心者から上級者まで
▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)

海外FX初心者から上級者まで

残念ながら iFOREXはMT4を利用することはできません。

iFOREXでは海外FX取引ではおなじみの取引ツールであるMT4・MT5には対応していないため、これらを利用してトレードを行うことはできません。

そのかわりiFOREXは専用プラットフォーム 「FXnet Viewer」 を利用してトレードを行います。

・Webブラウザでそのまま利用できるためダウンロードの必要がない
・シンプルなインターフェイスで直感的にトレードができる

などの特徴があり、特に海外FX初心者にはたいへんおすすめの取引プラットフォームです。

ただしMT4やMT5に比べると機能や拡張性に制約があるというデメリットもあり、海外FX中級〜上級者にはものたりないという点は否めません。

何れにしてもiFOREXでは、このFXnet Viewer以外のプラットフォームを利用することしかできないため、iFOREXの利用を考えている方はFXnet Viewerが自分の取引スタイルにあっているかどうかを正しく見極める必要があります。

・iFOREXでMT4・MT5は使えない!
・iFOREXの専用プラットフォーム「FXnet Viewer」の特徴とメリット・デメリット
・総合的に見るとFXnet ViewerとMT4・MT5ではMT4・MT5に軍配があがる
・FXnet Viewerの基本操作方法

1.iFOREXでMT4・MT5は使えない!

冒頭でもお伝えした通り iFOREXではMT4・MT5は利用できません。

国内FXの経験しかない方は意外に思うかもしれませんが、海外FXでは、ほとんどの業者がMT4(Meta Trader4)・​​MT5(Meta Trader5)という共通の取引プラットフォームを利用しています。

もちろんiFOREXでは、これに変わる専用の取引プラットフォームも完備しており、取引で不自由を感じることはほぼありません。

次章からiFOREXの専用取引プラットフォームである「FXnet Viewer」について詳しく解説していきましょう。

2.iFOREXは専用プラットフォーム「FXnet Viewer」がある

iFOREXはMT4・MT5が使えない代わりに、 iFOREX独自の専用取引プラットフォーム「FXnet Viewer」 が用意されています。

・ウェブサイトから利用できるのでダウンロード・インストールの手間がない
・インターフェイスが使いやすく誰でもすぐに取引ができる
・必要証拠金を画面上で確認できる

などの様々なメリットがあり、特に 海外FX初心者や経験の浅いトレーダーにはたいへん便利 な取引プラットフォームであると言えます。

・MT4やMT5でできるカスタムインジーケーターの設定はできない
・利用できる自動売買ツールがない

などのデメリットもあり、特に 海外FXの中級者・上級者には使い勝手がよくありません

3.FXnet Viewerのメリット

3-1.ウェブブラウザで利用できる

FXnet Viewerは ウェブブラウザ上で利用できる という大きなメリットがあります。
ブラウザ上でトレードができるということは、すなわち

・アプリケーションをダウンロード・インストールする必要がない
・インターネットに接続できる機器があれば機種を選ばずいつでもトレードができる

◎アプリケーションをダウンロード・インストールする必要がない

MT4やMT5は専用のアプリケーションをダウンロードし、PCにそれをインストールする必要がありますが、 FXnet Viewerにはその必要はありません

◎インターネットに接続できる機器があれば機種を選ばずいつでもトレードができる

FXnet Viewerはネット接続環境とブラウザが開ける環境であれば、 Windows・MAC・PC・スマホを問わず 利用することができます。

またアンドロイド向けには、FXnet Viewerのアプリも提供されており、スマートフォンでわざわざブラウザを立ち上げてログインするのが面倒な方には便利です。

3-2.海外FX初心者から上級者まで シンプルで使いやすく初心者でも簡単にトレードができる

FXnet Viewerの長所は、 インターフェース画面のわかりやすさ にあります。

機能は多岐にわたり、インターフェイス画面に表示される情報も多いため、初心者が使いこなすためには相応の時間が必要になります。

これに対してFXnet Viewerは必要な情報のみ表示されて 直感的に利用しやすく、特にFX初心者や経験の浅いトレーダーが安心して利用できる環境 が提供されています。

3-3.必要証拠金を注文する前に確認できる

FXnet Viewerは注文画面で、注文する前に その取引の必要証拠金を注文する前に確認できる 機能があります。

注文画面で取引数量を入力すると、入力欄の下にその取引の金額に対する必要証拠金が即座に表示されます。

MT4やMT5ではこのような機能はなく、特にFXトレードの経験が浅いトレーダーにはたいへん便利な機能です。

4.FXnet Viewerのデメリット

4-1.カスタマイズができない

FXnet Viewerには、MT4やMT5で当たり前のようにできる カスタマイズができません

MT4やMT5では新しいカスタムインジケーターをインストールして使用することもできますが、FXnet Viewerは機能を追加することは一切できません

4-2.自動売買ツールは利用できない

FXnet Viewerには 自動売買ツール(EA)はなく、新たにインストールすることもできません

iFOREXでは基本的に、トレーダーが手動で売買を行う裁量取引のみが認められており、自動売買はすべて禁止されています。このためFXnet Viewerも、最初から自動売買ツールを利用できない仕様になっています。

5.総合的に見るとFXnet ViewerとMT4・MT5ではMT4・MT5に軍配があがる

これまでFXnet Viewerの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説してきましたが、FXnet Viewerは総じて使いやすさを重視した設計となっており、残念ながら機能面ではMT4・MT5にはかなわないというのが現実です。

5-1.カスタマイズの幅がひろい

MT4・MT5のメリットとしてまずあげられるのが カスタマイズ性能の高さ です。

またチャートのカスタマイズ機能や定型チャートの保存機能などによって、自分のトレードスタイルに合わせて最適な、自分だけのチャートを作ることも可能です。

5-2.自動売買ツールが豊富

FXnet Viewerでは自動売買ツール(EA)の搭載はなく、インストールもできないのに対して、MT4やMT5では、 ネット上でダウンロードできる様々なEAを自由にインストールして利用 することができます。

5-3.他業者と共通の取引プラットフォーム

MT4・MT5は 多くの海外FX業者が採用する共通の取引プラットフォーム であるため、使い方を覚えておけば、海外FX業者を変更したり、複数の業者を利用する場合にもたいへん便利です。

常に慣れた取引ツールを使えることは、取引を円滑に行う上でも大きなメリットになります。

6.MT4・MT5が使えなくてもiFOREXを利用したい3つの理由

海外FX業者はそれぞれに特徴があり、業者の決定ではメリット・デメリットの両方を比べ、自分にとって最適な業者を選ぶ必要があります。

6-1.ボーナス・キャッシュバックが充実している

iFOREXは ボーナスやキャンペーンが充実している業者 としても知られており、これはiFOREXを利用する上での大きなメリットと言えます。

iFOREX 3つのボーナス
スペシャルボーナス 初回入金時に 1000ドルまでの入金には100% 、 海外FX初心者から上級者まで 1000ドルを超える部分に25% ボーナスがもらえる。
有効保有額に3%利息 口座の有効保有額に対して 年率3%の利息 を毎月もらえる
お友達紹介 紹介した友人一人につき最大500ドル
紹介された友人も250ドルのボーナスがもらえる

・2回目以降の入金に対する100%キャッシュバック
・狭いスプレッドを提供する口座へのアップデート

6-2.スプレッドが狭い

iFOREXは 業界でも最低水準でスプレッドでの取引 をトレーダーに提供しており、この点はiFOREXを選ぶたいへん大きなメリットの一つとなります。

通貨ペア iFOREX XM FBS Gemforex
USD/JPY 0.8pips 1.5pips 1.2pips 1.6pips
EUR/JPY 1.2pips 2.0pips 1.6pips 1.7pips
GBP/JPY 2.2pips 3.0pips 3.1pips 2.3pips

iFOREXのスプレッドについては、スキャルピングや自動売買ができない点やDD方式による透明性の低い取引環境についても考慮する必要はあります。

6-3.ロスカット水準0%

iFOREXは ロスカット水準0% という驚異的な低さを誇ります。

「ロスカット水準」とは、強制決済が行われる証拠金維率の数値のことで、一般的な海外FX業者の場合、ロスカット水準は20%とされています。この場合、証拠金維持率が20%を下回るとロスカット(強制決済)が行われることを示します。

そしてロスカット水準0%のiFOREXは証拠金維率0%、つまり 口座残高が0円になるまでロスカット(強制決済)が行われません。

ロスカット水準は低ければ低いほど強制決済のリスクを下げ、ポジションを長く持つことができます。iFOREXのロスカット水準0%は、この点でトレーダーにとって他業者に勝るメリットと言えます。

7.FXnet Viewerの基本操作方法

ここまでお伝えしてきた通り、FXnet Viewerは機能や拡張性ではMT4・MT5に劣りますが、 直感的に操作しやすく、特に海外FX取引の経験の浅いトレーダーにはたいへん扱いやすい 取引プラットフォームであることはまちがいありません。

取引する通貨ペアの選択から注文・決済まで、初めての取引でも迷わず操作でき、海外FXの入門ツールとしてはたいへんおすすめです。

7-1.【FXnet Viewer基本操作①】取引したい通貨ペアを選ぶ

お伝えしている通りFXnet Viewerのトレードはとにかく簡単です。

デフォルトでは「メイン」タブには人気銘柄が表示されていますが、自分の取引したい銘柄は、銘柄の表示の右側の星の表示をクリックすることでお気に入りとして登録することができます。

お気に入りに登録した銘柄は、「メイン」タブの下のプルダウンで「お気に入り」を選択すれば、まとめて表示されます。

7-2.【FXnet Viewer基本操作②】取引画面から注文を行う

画面右側には「新規注文」「新規指値注文」の二つのタブがありますが、成行注文(値段を指定せずに注文)の場合は「新規注文」、指値注文(値段を指定して注文)の場合は「新規指値注文」を利用します。

◎成行注文

成り行き注文の場合は、指値(注文の価格)を指定しないため、注文を出した時点での価格で即座に決済が行われます。

①売りか買いかを選択(いずれかをクリック)
②取引する数量を入力
③ストップロス(損切り価格)の入力(入力しなくても良い)
④リミット(利益確定の価格)を入力
⑤注文

成行注文の場合、①〜④までの設定を行えば、あとは⑤「注文」をクリックするだけで、すぐに注文が約定します。

③ストップロス(損切り価格)の入力と④リミット(利益確定の価格)を入力は任意ですので、必ずしも入力する必要はありませんが、入力をしたい場合はチェックボックスにチェックを入れ、表示される入力欄に入力をしていきます。

値幅の設定は以下に示す表示で「価格」「レート」「パーセント」のいずれかの単位を選択してから設定します。

◎指値注文

①売りか買いかを選択(いずれかをクリック)
②取引する数量を入力
③指値注文の価格を入力
④日時の設定(入力の必要ない場合は「キャンセルまで有効」を入力
⑤ストップロス(損きり価格)・リミット(利益確定の価格)の入力
(リミットの入力は画面を下にスクロールして表示してください)
⑥注文

指値注文の場合は上記の①〜⑤までの入力ののち⑥「注文」をクリックします。注文は設定した「指値」に到達した時点で約定されます。

7-3.【FXnet Viewer基本操作③】ポジションの決済を行う

まず決済したいポジションの表示をクリックしてください。

決済の指値を入力したい場合、未決済取引の右に表示されている「ストップの追加」か、「リミットの追加」をクリックします。

損きり価格を入力したい場合は「ストップを追加」、利益確定価格を入力したい場合は「リミットを追加」から、それぞれ指値を設定するだけで、決済の指値注文は完了します。

まとめ

残念ながら 海外FX初心者から上級者まで iFOREXはMT4を利用することはできません。

MT4・MT5は海外FX取引ではおなじみの取引ツールですが、iFOREXはこれらに対応していないため、トレードでは専用プラットフォーム 「FXnet Viewer」 を利用してトレードを行います。

などの様々なメリットがあり、特に 海外FX初心者や経験の浅いトレーダーにはたいへん便利 な取引プラットフォームであると言えます。

などのデメリットもあり、特に 海外FXの中級者・上級者には使い勝手がよくありません

・ボーナス・キャッシュバックが充実している
・スプレッドが狭い
・ロスカット水準0%

FXnet Viewerは総合的な機能ではMT4に劣ることは否めませんが、余分な機能がない分、操作が簡単で視覚的に仕組みを理解しやすく、 海外FXの初心者向けの入門ツールとしてはたいへんおすすめ です。

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

アバター

編集長 櫻井

大学卒業後就職するも半年で会社が倒産。就職先が無くIT業界に入りたくてひたすら1年間勉強とバイトをして会社を立ち上げる。順調に成長していたが大きな案件でトラブルを抱え2000万の案件が無くなり全力を注いでたため資金ショート。会社を畳む。 経験を生かしIT会社に就職。そこの先輩のすすめで株をやるがリーマンショックが絡み見事に失敗。その後自身のトレードノウハウをコツコツと身につけ、FXだけで生活できるレベルまでトレーダーとして成長。 IT会社から転職し海外FX徹底比較ドットコムのサイト立ち上げに参加。 現在は編集長として記事の正確性や信頼性のチェックを主な仕事にしている。 座右の銘は「負けていても収入がプラスになるトレーダーでいる事」 (FXトレード暦:10年・国内、海外株取引:7年)

Trading Made Simpleのチャート画像(ユーロドル4時間足)

▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)

平均足、表示位置をシフトさせた単純移動平均線、TDI(Traders 海外FX初心者から上級者まで Dynamic Index)の3種類で構成されているシンプルなチャートです。

4時間足はノイズが少ないという理由からですが、ゆったりトレードをするのに適しています。
FX初心者だけでなく、メイン手法の傍らでTrading Made Simple手法を使うのもアリですね。

基本ルールから上級テク、Trading Made Simpleのダウンロード場所も解説したので参考にどうぞ。

Trading Made Simpleの基本ルール

時間足:4時間足が推奨、デイトレなら1時間足
通貨ペア:特に問わない
時間帯:欧州時間~NY時間

【買いエントリーの条件】
・TDIの緑線が赤線を上抜く
・平均足が赤から青に変わって2本以内ならエントリー

【売りエントリーの条件】 海外FX初心者から上級者まで
・TDIの緑線が赤線を下抜く
・平均足が青から赤に変わって2本以内ならエントリー

下記はTrading Made Simpleの基本ルールを記載したチャート。
※正確にはもっとエントリーチャンスはありますが、分かりやすい場所だけを記載しました

Trading Made Simpleのエントリー条件

▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)

なお、Trading Made Simpleの利確・損切りルールは以下の通り。

【利確・損切りルール】
・TDIの緑線が平らになってきたらエグジットを考える
・平均足の色が変わったら
・SLはローソク足2~3本前の高値安値が目安

平均足での利確事例(通常のローソク足)

▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)

・上位足の平均足を確認する
・パラボリックが反転する
・ボリンジャーバンドのミドルラインを実体で割る etc…

Trading Made Simpleの上級テクニック

Trading Made Simpleの基本ルールは、TDIがクロス+平均足が色変わりから2本以内が推奨エントリー。

しかし 「バウンスエントリー」 という上級テクニックも存在します。

バウンスエントリーする際のTDIの解説

TDIが下記のような状態になった時ですね。

このバウンスエントリーは、トレンド中の押し目や戻りを捉える手法となります。

ユーロドル4時間足でのバウンスエントリーの例

▼ユーロドル4時間足(クリックで拡大します)

Trading Made Simpleのまとめ

ただし様々なインジを追加すると判断が複雑になり、悪い結果になることが多いとの事なので、Trading Made Simpleのシンプルなチャートで練習を重ねた方が良いでしょうね。

今回のTrading Made Simpleは、そうした王道トレードが圧倒的にやりやすくなるという事で人気のトレード手法なんですね。

各種インジケーターのダウンロード

Trading Made Simpleのダウンロード場所

上記リンク先はこんな感じになっており、インジケーターとテンプレートがダウンロードできます。

【初心者でも簡単にお小遣い稼ぎ】高確率で勝てる?仲値を狙ったFXのトレード手法を徹底解説!

Hands Thumbs Up Partnership - Tumisu / Pixabay

Tumisu / Pixabay

仲値時間にかけての特徴

仲値は毎営業日決定されていますが、通常は特段相場に影響を与えるものではありません。

しかし、日本の輸入企業の決済日が集中している ゴトー日(5・10月が付く日) については相場にも影響を及ぼします。

ゴトー日にはドルへの両替が集中する

日本の輸入企業がアメリカの企業へ支払いを行うために、円をドルへ両替する必要があります。そのため、ゴトー日には企業から銀行へドルの両替注文が増えます。

銀行は市場からドルを調達する

円からドルへの両替が増えた結果、銀行が保有するドルが不足します。すると、銀行は市場からドルを購入し不足分のドルを補給します。

これにより、ゴトー日の仲値前には円売り・ドル買いが発生し、 ドル円が上昇します。

仲値の値動きを狙ったトレード手法

狙うのはゴトー日

そのため、仲値狙いのトレードはゴトー日のみ有効です。ゴトー日以外の仲値を狙っても効果はないので気をつけましょう。

ドル円のロングを狙おう

ゴトー日は銀行が保有するドルの量が減ってしまうため、市場から円売り・ドル買いが増えます。そのため、仲値にかけてドル円が上昇しやすい傾向にあります。

なお、ドル円の上昇につられてクロス円も上昇する可能性がありますが、あくまで円売り・ドル買いが増えるところを狙うトレードなので、素直にドル円ロングとするのがお勧めです。

7:30~08:30頃の値動きをチェック

ドル不足解消のためのドル買いは大体09:00~09:50くらいに行われます。そのため仲値は高確率でドル円が上昇しますが、ドルの不足状況によっては必ずしも上昇するとは限りません。

今回のゴトー日がねらい目かどうかを判断するために、07:30~08:30の値動きをチェックするとよいでしょう。

その場合、07:30~08:30くらいにかけてドル円がぐんぐん上昇していきます。このような値動きの場合は09:00以降も継続して値上がりすることが多いため、早めにロングポジションを取っておくと安定して勝ちやすくなるでしょう。

安定して利益を出せるトレーダーになるために。FX初心者が覚えておきたい心得8選

Training Write Knowledge Energy - geralt / Pixabay

Woman Computer Stock Market Chart - sergeitokmakov / Pixabay

sergeitokmakov / Pixabay

1.できるだけポジションを長く持つトレードを意識する

Money Finance Mortgage Loan - nattanan23 / Pixabay

nattanan23 / Pixabay

トレード手法ポジション保有時間狙う利益取引頻度
スキャルピング数分~数十分数pips1日に複数回
デイトレード数時間~1日数十pips1日に1回程度
スイングトレード数日~数週間数十~数百pips数日~数週間に1回程度

一瞬の判断の遅れでこれまでコツコツ貯めた利益が一気に吹き飛ぶということもありますし、ちょっとしたノイズが命取りになることもあり、非常に難易度・リスクが高いトレードと言えます。

初心者のうちは判断の回数が増えるほどミスをする可能性も増えるので、できるだけポジションを長く保有するトレードを心がけましょう。

海外FX初心者から上級者まで

口座のタイプ

MTL口座タイプ(「STANDARD」「PREMIUM」の違い)

「STANDARD」ではスプレッドが2.0pips
「PREMIUM」ではスプレッドが1.0pips
となります。


「STANDARD」「PREMIUM」の共通点

すべての口座タイプで「ゼロカット方式」でリスク軽減可能
MTLでは「STANDARD」「PREMIUM」どちらの口座でもゼロカット方式を採用。急激な相場変動で口座の入金額を上回る損失が出た場合でも、お客様に追証、請求を行いません。
お客様のリスクを低減でき、安心して資産運用することが可能です。

MTL口座の選び方

少額で海外FXをスタートしたい

まとまった投資資金を運用したい

関連するご質問(FAQ)

MTLの口座タイプは何種類ありますか? MTLでは「STANDARD」「PREMIUM」の2種類の口座タイプがあります。
違いは推奨入金額とスプレッド幅になります。
どちらの口座も20%入金ボーナスをご活用いただけます。 「STANDARD」とは
どのような口座ですか? 「STANDARD」は投資資金が少ない方向けの口座タイプになります。
20%入金ボーナスもございますのでご活用ください。 「PREMIUM」とは
どのような口座ですか? 「PREMIUM」は5000USD以上の投資資金で運用される方向けの口座です。
スプレッドが狭く、スキャルピングをされるトレーダーの方や上級者に最適です。 海外FX初心者から上級者まで
20%入金ボーナスがございますのでご活用ください。 MTLのおすすめ口座は何でしょうか? 2種類の口座の違いは推奨入金額とスプレッドです。
5000USD以上を運用されるなら「PREMIUM」で低いスプレッドでトレードをしていただけます。
5000USD以下を運用されるなら「STANDARD」となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる