利食い

サポート/レジスタンスレベルの表示

サポート/レジスタンスレベルの表示
4.「アンテナレベル」が表示されます。

※画像はイメージ図で、実際の画面表示とは異なります。

カルダノは0.45ドルで、クマはどのレベルを目指していますか?サポート/レジスタンスレベルの表示

カルダノの4時間チャートの価格は$0.46でした|出典:TradingViewのADAUSD

テクニカル分析

カルダノは4時間足チャートで買い力の低下を記録しました|出典:TradingViewのADAUSD

推奨読書|カルダノ(ADA)は、0.43ドルまで下落した後、回復するように見えます–ブルズに圧力がかかっています

カルダノは4時間足チャートで資本流入の減少を示しました|出典:TradingViewのADAUSD

推奨読書| Dogecoin(DOGE)はリフトを使用できます–イーロンマスクのツイート、おそらく?

Recent Posts
  • カルダノは0.45ドルで、クマはどのレベルを目指していますか?サポート/レジスタンスレベルの表示
  • TA:ビットコインは下降トレンドにとどまり、シャープを上向きに刺激する可能性があるもの
  • ビットコインは$19Kで苦戦していますが、$ 17Kは次のターゲットですか?
  • TA:イーサリアムが1,000ドルを下回ると、より大きな下降トレンドを引き起こす可能性があります
  • 一貫した弱気なスクイーズの後、ライトコイン(LTC)が50ドルを下回る
Recent Comments
Archives
Categories

Related Posts

IT Info サポート/レジスタンスレベルの表示

TA:ビットコインは下降トレンドにとどまり、シャープを上向きに刺激する可能性があるもの

ビットコインは、米ドルに対して19,500ドル未満の弱気ゾーンで取引されています。 19,サポート/レジスタンスレベルの表示 500ドルの抵抗を超える動きがある場合、BTCは急激な回復の波を開始する可能性があります。 ビットコインは19,500ドルと19,600ドルの抵抗レベルを超えるペースを上げることができませんでした。価格は現在、20,000ドルのレベルと100時間ごとの単純移動平均を下回って取引されています。 BTC/USDペアの時間足チャート(Krakenからのデータフィード)には、19,500ドル近くの抵抗で形成される重要な弱気トレンドラインがあります。 19,500ドルのレジスタンスゾーンを超える動きがない限り、ペアは新たな衰退を開始する可能性があります。 ビットコイン価格は逆さまに目が離せない ビットコイン価格は、19,500ドルのサポートゾーンを下回り、さらに下落し始めました。価格は19,000ドルのサポートゾーンを下回り、18,サポート/レジスタンスレベルの表示 800ドルの水準を下回りました。 18,738ドル近くで安値が形成され、価格は現在損失を統合しています。 19,000ドルのレジスタンスゾーンの上にマイナーな上昇がありました。価格は、最近の下落の23.6%フィボナッチリトレースメントレベルを上回り、20,500ドルの高値から18,738ドルの安値に上昇しました。 しかし、価格は現在、19,400ドルのゾーンと100時間ごとの単純移動の近くで強い抵抗に直面しています。平均。 BTC/USDペアの時間足チャートには19,500ドル近くの抵抗で形成される重要な弱気トレンドラインもあります。 トレンドラインは、20,500ドルからの最近の下落の50%フィボナッチリトレースメントレベルに近いです。高値から18,738ドルの安値までスイングします。 出典:TradingView.comのBTCUSD 次の主要な抵抗は19,サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 800ドルのゾーンの近くです。トレンドラインの抵抗を明確に上回り、19,800ドルで価格がさらに上昇する可能性があります。記載されている場合、価格は$20,500レベルに向かって上昇する可能性があります。次の主要な抵抗は21,200ドルのレベルの近くにあります。 BTCの新たな衰退? ビットコインが19,500ドルの抵抗ゾーンをクリアできない場合、別の衰退を開始する可能性があります。マイナス面の即時サポートは19,000ドルレベル近くです。 次の主要なサポートは現在18,700ドルレベル近くにあり、それを下回ると価格が大幅に下落する可能性があります。上記の場合、価格はおそらく$17,500レベルに向かって下落する可能性があります。 テクニカル指標: 毎時MACD–MACDは強気ゾーンでペースを失っています。 時間別RSI(相対力指数)– BTC/USDのRSIは現在50レベルを下回っています。 主要サポートレベル– $ 19,000、続いて$18,700。 主要レジスタンスレベル– 19,500ドル、19,800ドル、20,500ドル。

IT Info

ビットコインは$19Kで苦戦していますが、$ 17Kは次のターゲットですか?

ビットコインは最近非常に不安定で、キングコインは先週7%減少しました。今年の第2四半期にコインが50%近く減少したため、これはビットコインにとって最悪の四半期です。 6月以降、暗号通貨は最悪の弱気な価格行動を記録しました。 過去数日間で、BTCは$ 20,000を下回り、$19,000レベルに達しました。チャートの一貫した落下は、BTCを次のサポートラインに押し上げる可能性があります。購入力が大幅に低下し、過去24時間でBTCが低水準に押し下げられました。 ブルズはチャート上で復活を試み、コインを22,000ドルに引きずりましたが、激しい売りがコインを19,000ドルに引きずりました。コインの重要なサポートレベルは17,000ドルで、クマがより激しく苦しんでいるため、前述のレベルは、今後の取引セッションでのBTCの可能性になる可能性があります。 今日の世界の暗号通貨市場の上限は、0.3で9,140億ドルです。過去24時間の%増加。 ビットコイン価格分析:4時間チャート ビットコインの価格は4時間チャートで19,000ドルでした|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは4つで19,000ドルで取引されていました時間チャート。コインは数週間前に同じレベルで取引され、その後チャートで回復しようとしました。 BTCの抵抗は$20,000、次に$22,サポート/レジスタンスレベルの表示 000でした。 BTCは、コインがかなりの期間同じ上で取引するのに苦労したため、$22,000で堅い抵抗を目撃しました。 BTCの現在の価格の勢いが続く場合、17,000ドルは時間の問題です。 取引されたビットコインの量は大幅に減少し、チャート上で弱気を示すバーが赤で表示されました。市場では売り圧力が引き継がれていました。 テクニカル分析 ビットコインは4時間足チャートで買い力の低下を示しました|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは市場。相対力指数は、40マーク近くの半直線の下に駐車されました。この指標は、市場での購買力を示しています。指標は上昇を示しましたが、買い手は資産への信頼を取り戻していませんでした。 パラボリックSARは、暗号通貨の価格の方向性とトレンドの逆転を示しています。ローソク足の上の点線は、市場の弱気と価格方向の変化を示しています。これはビットコインのマイナスの価格行動を意味しました。 関連資料|ビットコインが28,000ドルに戻る可能性があるのに、2022年末までに ビットコインは4時間足チャートで購入シグナルを点滅させました|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは、購買力の大幅な低下を指摘しましたが、 4時間足チャートでは、コインが買いシグナルを点滅させました。移動平均収束発散は強気のクロスオーバーを受けたため、チャート上で価格が一時的に上昇する可能性があります。 これはMACDで緑色のヒストグラムを形成し、チャート上の買いシグナルに結びついています。インディケータは買いシグナルを表示しましたが、買い手は依然として市場で苦戦していました。ボリンジャーバンドは、資産の価格のボラティリティを表しています。 バンドの狭まりは、市場のボラティリティの今後の可能性と結びついています。技術的な見通しは、BTCの価格がさらに下落し、17,000ドルを目指す可能性があることを示唆しています。 関連資料|このビットコイン比率は底にヒントを与えることができますか? Unsplash.comの注目の画像、 TradingView.com

IT Info

TA:イーサリアムが1,000ドルを下回ると、より大きな下降トレンドを引き起こす可能性があります

イーサリアムは、米ドルに対して1,080ドルを下回る水準で苦戦しています。 1,000ドルのサポートゾーンを下回ると、ETHは大幅に下落する可能性があります。 イーサリアムは、1,100ドルと1,080ドルのレベルを下回る弱気ゾーンにとどまりました。価格は現在$1,100と100時間ごとの単純移動平均を下回って取引されています。 ETH/USDの時間足チャート(Kraken経由のデータフィード)には、1,050ドル近くのサポートで形成される主要な強気トレンドラインがあります。 1,120ドルのレジスタンスゾーンを超える明確な動きがない限り、ペアは再び減少する可能性があります。 イーサリアム価格はリスクにさらされている イーサリアムは弱気ゾーンにとどまり、1,000ドルのサポートゾーンを再テストしました。 ETHは1,000ドル近くのベースを形成し、最近より高く修正されました。 1,030ドルと1,050ドルのレベルを超えるマイナーな回復波がありました。イーサ価格は23.6%を超えて上昇しました。フィボナッチリトレースメントレベルは、1,236ドルの高値から997ドルの安値へと下落しました。それは$1,100レベルを超えて逆さまのブレークを試みましたが、失敗しました。 現在、$1,100と100時間の単純移動平均を下回っています。 ETH/USDの時間足チャートには1,050ドル近くのサポートで形成される主要な強気トレンドラインもあります。 上値の即時の抵抗は1,060ドルレベル近くです。次の大きな抵抗は$1,080ゾーンの近くです。最初の主要なハードルは、1,100ドルのゾーンの近く、またはキーの50%フィボナッチリトレースメントレベルが1,236ドルの高値から997ドルの低値に下落することです。 1,120ドルのレジスタンスゾーンのすぐ上で、まともな増加が始まる可能性があります。 出典:TradingView.comの ETHUSD 記載されているケースでは、価格は1,180ドルのレジスタンスに向かって上昇する可能性があります。これ以上の上昇は価格を$1,236の高値に向けて送る可能性があります。 ETHのさらなる損失? イーサリアムが$1,080の抵抗を上回らない場合、イーサリアムは下落し続ける可能性があります。マイナス面の最初のサポートは、1,050ドルのゾーンまたはトレンドラインの近くです。 次の主要なサポートは、1,000ドルのゾーンの近くです。 1,000ドルを下回ると、急激に下落する可能性があります。述べられたシナリオでは、エーテル価格はおそらく925ドルのレベルに向かってスライドするかもしれません。これ以上の損失は、880ドルのサポートゾーンに向けて価格を送る可能性があります。 テクニカル指標 毎時MACD– ETH/USDのMACDは現在勢いを増しています。弱気ゾーン。 毎時RSI– ETH/USDのRSIは現在50レベルを下回っています。 メジャーサポートレベル– $ 1,000 主要レジスタンスレベル– $ 1,080

RCI3本ラインとBODSOR(mBDSR)の組み合わせでFXで勝つための研究

AUDCHF_H4_RCI3Lines_補足_20220612

4時間足

4時間足では、いわゆるRCI3重天井まで上昇しておりいったん少し下げる可能性あるかも、という場面です。

AUDCHF_H1_mBDSR2652_補足_20220612

1時間足

1時間足では、mBDSRの戻り売りサイン(RCI2本フィルター)の戻り売りサインが点灯し下げています。

AUDCHF_M5_mBDSR2652_補足20220612

5分足

1時間足で戻り売りサインが点灯しているあたりを5分足で詳しく見てみると、三尊を形成して下げています。結果として三尊の右肩でmBDSRの戻り売りサイン(RCI2本フィルター)の点灯し下げる形となっています。

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

■ サポート/レジスタンスレベルの表示 RCI3本ラインの方向がそろう前のタイミングを狙う!(6月6日~6月10日)

2022/06/11 (土) 16:04

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

※RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際のエントリーの精度を高めるために開発されたインジケーター

現時点で、 PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの サポート/レジスタンスレベルの表示 が多くなっています。

※付属PDFでは、計550枚以上のチャートを用いて数多くのケーススタディが紹介されています。

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

◆各種チャートパターンとRCIとmBDSRのサイン

2022/04/23 (土) 09:20

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

※RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際のエントリーの精度を高めるために開発されたインジケーター

現時点で、 PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

※付属PDFでは、計550枚以上のチャートを用いて数多くのケーススタディが紹介されています。

上昇トレンドラインを下抜けした後の戻りで戻り売りサインが点灯。
背景:
日足RCI9は天井圏。
4時間足,1時間足,30分足,15分足,5分足でいわゆるRCI3重天井。

カウンタートレンドラインを上抜け。その後の押しで押し目買いサインが点灯。そして上昇。
背景:
4時間足でRCI3本そろって上昇の強い形
1時間足で明確に下げているのはRCI9のみ、など。
押し目買いを狙ってもおかしくない場面

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

RCI,MA,GMMAなどとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】のサインの例(4月11日~4月15日)

2022/04/17 (日) 11:39

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

※RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際のエントリーの精度を高めるために開発されたインジケーター

現時点で、 特典PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

※特典PDFでは、計550枚以上のチャートを用いて数多くのケーススタディが紹介されています。

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

特典PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

RCIを使って押し目買い、戻り売り、トレンド転換を狙う際のタイミングについて

2022/04/16 (土) 17:43


この記事では、押し目買い、戻り売り、あるいはトレンド転換を狙う際に、RCIの動きによってサインを出すタイミングについて「通常」「セミアグレッシブ」及び「アグレッシブ」な考え方を紹介します。


「通常」「セミアグレッシブ」及び「アグレッシブ」な考え方は下記の通り。

RCI_通常アグレッシブ説明用_3_20220410

RCIの動きの模式図

0-USDJPY_D1_R1MA0UL_5_20200311.png

【R1MAUL】のサインの例

上段: R1MAULのサイン(1:アグレッシブ,2:セミアグレッシブ,3:通常版)
下段: RCI9

BODSOR (mBDSR)

『RCI3重天井攻略法』など150個のPDFファイル(550枚以上のチャートを含む)が付属しています。「RCI3本ラインを使い、上位足から下位足にmBDSRのサインを待つ形まで落とし込む」ということに重点を置いた内容のものが多くなっています。 サポート/レジスタンスレベルの表示 上記の150個のPDFファイルのタイトルと一部の概要については こちら

販売サイトは こちら

BODSORRCI3本ライン を用いて押し目買いや戻り売りを行う際のエントリー精度を高めるために開発したインジケーターです。( BODSORとは? )( アラート機能mBDSR は、実質、 BODSOR のバージョンアップ版です。詳しくは こちら 。( アラート機能 ) --> mBDSR の最近のサインの例に関する記事は こちらのカテゴリー に集めています。 サポート/レジスタンスレベルの表示 mBDSR の有効性についてEAを作成して検証した結果の一例については こちら 伝説のトレーダー「てきとうさん」のRCI3本ラインに関するコメント --> 本インジケーターの原型を作成したのは2009年頃で、サインを矢印で表示するような形にしたのは7年ほど前です。個人的には12年以上使用し続けているインジケーターです。 ※本ブログ記事中のチャートには、説明の便宜上、円や直線や四角などを書き加えている場合がありますのでご了承ください。

チャートサインハンター「SRF2」 は急騰急落で大きく動いている相場や、強いトレンドが発生していてしつこく上昇や下落が続いている相場などにおいて、しっかりとした押し戻りが期待できないと想定されるような局面で押し目買いや戻り売りのタイミングをつかむために開発されたインジケーターです。( SRF2とは? )( アラート機能

RCI3本ラインとBODSOR(mBDSR)の組み合わせでFXで勝つための研究

AUDCHF_H4_RCI3Lines_補足_20220612

4時間足

4時間足では、いわゆるRCI3重天井まで上昇しておりいったん少し下げる可能性あるかも、という場面です。

AUDCHF_H1_mBDSR2652_補足_20220612

1時間足

1時間足では、mBDSRの戻り売りサイン(RCI2本フィルター)の戻り売りサインが点灯し下げています。

AUDCHF_M5_mBDSR2652_補足20220612

5分足

1時間足で戻り売りサインが点灯しているあたりを5分足で詳しく見てみると、三尊を形成して下げています。結果として三尊の右肩でmBDSRの戻り売りサイン(RCI2本フィルター)の点灯し下げる形となっています。

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

■ RCI3本ラインの方向がそろう前のタイミングを狙う!(6月6日~6月10日)

2022/06/11 (土) 16:04

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

※RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際のエントリーの精度を高めるために開発されたインジケーター

現時点で、 PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

※付属PDFでは、計550枚以上のチャートを用いて数多くのケーススタディが紹介されています。

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

◆各種チャートパターンとRCIとmBDSRのサイン

2022/04/23 (土) サポート/レジスタンスレベルの表示 09:20

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

※RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際のエントリーの精度を高めるために開発されたインジケーター

現時点で、 PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

※付属PDFでは、計550枚以上のチャートを用いて数多くのケーススタディが紹介されています。

上昇トレンドラインを下抜けした後の戻りで戻り売りサインが点灯。
背景: サポート/レジスタンスレベルの表示
日足RCI9は天井圏。
4時間足,1時間足,30分足,15分足,5分足でいわゆるRCI3重天井。

カウンタートレンドラインを上抜け。その後の押しで押し目買いサインが点灯。そして上昇。
背景:
4時間足でRCI3本そろって上昇の強い形
1時間足で明確に下げているのはRCI9のみ、など。
押し目買いを狙ってもおかしくない場面

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

RCI,MA,GMMAなどとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】のサインの例(4月11日~4月15日)

2022/04/17 (日) 11:39

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

※RCI3本ラインを用いて押し目買いや戻り売りを行う際のエントリーの精度を高めるために開発されたインジケーター

現時点で、 特典PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

※特典PDFでは、計550枚以上のチャートを用いて数多くのケーススタディが紹介されています。

RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】

特典PDFファイルが150個付属しています。 その内容としては、 RCI3本ラインを使って上位足と下位足を論理的にリンクさせることにより複数の下位足の状況を順次考察し、最終的に下位足で押し目買いあるいは戻り売りのタイミング(=mBDSRのサイン)を待つという形まで落とし込んだ例についてまとめたもの が多くなっています。

RCIを使って押し目買い、戻り売り、トレンド転換を狙う際のタイミングについて

2022/04/16 (土) 17:43


この記事では、押し目買い、戻り売り、あるいはトレンド転換を狙う際に、RCIの動きによってサインを出すタイミングについて「通常」「セミアグレッシブ」及び「アグレッシブ」な考え方を紹介します。


「通常」「セミアグレッシブ」及び「アグレッシブ」な考え方は下記の通り。

RCI_通常アグレッシブ説明用_3_20220410

RCIの動きの模式図

0-USDJPY_D1_R1MA0UL_5_20200311.png

【R1MAUL】のサインの例

上段: R1MAULのサイン(1:アグレッシブ,2:セミアグレッシブ,3:通常版)
下段: RCI9

BODSOR (mBDSR)

『RCI3重天井攻略法』など150個のPDFファイル(550枚以上のチャートを含む)が付属しています。「RCI3本ラインを使い、上位足から下位足にmBDSRのサインを待つ形まで落とし込む」ということに重点を置いた内容のものが多くなっています。 上記の150個のPDFファイルのタイトルと一部の概要については こちら

販売サイトは こちら

BODSORRCI3本ライン を用いて押し目買いや戻り売りを行う際のエントリー精度を高めるために開発したインジケーターです。( BODSORとは? )( アラート機能サポート/レジスタンスレベルの表示 mBDSR は、実質、 BODSOR のバージョンアップ版です。詳しくは こちら 。( アラート機能 ) --> mBDSR の最近のサインの例に関する記事は こちらのカテゴリー に集めています。 mBDSR の有効性についてEAを作成して検証した結果の一例については こちら 伝説のトレーダー「てきとうさん」のRCI3本ラインに関するコメント --> 本インジケーターの原型を作成したのは2009年頃で、サインを矢印で表示するような形にしたのは7年ほど前です。個人的には12年以上使用し続けているインジケーターです。 ※本ブログ記事中のチャートには、説明の便宜上、円や直線や四角などを書き加えている場合がありますのでご了承ください。

チャートサインハンター「SRF2」 は急騰急落で大きく動いている相場や、強いトレンドが発生していてしつこく上昇や下落が続いている相場などにおいて、しっかりとした押し戻りが期待できないと想定されるような局面で押し目買いや戻り売りのタイミングをつかむために開発されたインジケーターです。( SRF2とは? )( アラート機能

ビエラのアンテナレベルの目安を知りたい

1.デジタル放送視聴中にリモコンの[サブメニュー]ボタンを押します。
(「サブメニュー」ボタンがない機種は、「便利機能」ボタンで表示します。)

Image

2.「視聴オプション」を選び、リモコンの[決定]ボタンを押します。

Image

3.「アンテナレベル」を選び、リモコンの[決定]ボタンを押します。 サポート/レジスタンスレベルの表示

Image

4.「アンテナレベル」が表示されます。

※画像はイメージ図で、実際の画面表示とは異なります。

  • 地上デジタル放送 におけるアンテナレベル(または、信号品質)の受信の目安は「 44以上 」です。
  • BS・110度CSデジタル放送 におけるアンテナレベル(または、信号品質)の受信の目安は「 50以上 」です。
  • 4Kチューナー内蔵ビエラ(LX/JX/HZ/HX/GZ/GX/GRシリーズなど)での 4K放送 におけるアンテナレベル(または、信号品質)の受信の目安は「 54以上 」となります。
  • アンテナレベルの変動が大きい場合は、チャンネルによっては映らないことがあります。
  • アンテナレベルが、上記の数値より下回ると、チャンネルによっては映らないことがあります。
  • アンテナレベルが低いときは、アンテナレベルが最大になるようにアンテナの向きを調整してください。

受信の目安にならない場合 は、お買い上げの販売店または、
下記サイトから、お近くのパナソニックのお店にお問い合わせください。
パナソニックのお店トップページ でお近くのパナソニックのお店を探すことができます。

カルダノは0.45ドルで、クマはどのレベルを目指していますか?

カルダノの4時間チャートの価格は$0.46でした|出典:TradingViewのADAUSD

テクニカル分析

カルダノは4時間足チャートで買い力の低下を記録しました|出典:TradingViewのADAUSD

推奨読書|カルダノ(ADA)は、0.43ドルまで下落した後、回復するように見えます–ブルズに圧力がかかっています

カルダノは4時間足チャートで資本流入の減少を示しました|出典:TradingViewのADAUSD

推奨読書| サポート/レジスタンスレベルの表示 Dogecoin(DOGE)はリフトを使用できます–イーロンマスクのツイート、おそらく?

Recent Posts
  • カルダノは0.45ドルで、クマはどのレベルを目指していますか?
  • TA:ビットコインは下降トレンドにとどまり、シャープを上向きに刺激する可能性があるもの
  • ビットコインは$19Kで苦戦していますが、$ 17Kは次のターゲットですか?
  • TA:イーサリアムが1,000ドルを下回ると、より大きな下降トレンドを引き起こす可能性があります
  • 一貫した弱気なスクイーズの後、ライトコイン(LTC)が50ドルを下回る
Recent Comments
Archives
Categories

Related Posts

IT Info

TA:ビットコインは下降トレンドにとどまり、シャープを上向きに刺激する可能性があるもの

ビットコインは、米ドルに対して19,500ドル未満の弱気ゾーンで取引されています。 19,500ドルの抵抗を超える動きがある場合、BTCは急激な回復の波を開始する可能性があります。 ビットコインは19,500ドルと19,600ドルの抵抗レベルを超えるペースを上げることができませんでした。価格は現在、20,000ドルのレベルと100時間ごとの単純移動平均を下回って取引されています。 BTC/USDペアの時間足チャート(Krakenからのデータフィード)には、19,500ドル近くの抵抗で形成される重要な弱気トレンドラインがあります。 19,500ドルのレジスタンスゾーンを超える動きがない限り、ペアは新たな衰退を開始する可能性があります。 ビットコイン価格は逆さまに目が離せない ビットコイン価格は、19,500ドルのサポートゾーンを下回り、さらに下落し始めました。価格は19,000ドルのサポートゾーンを下回り、18,800ドルの水準を下回りました。 サポート/レジスタンスレベルの表示 18,738ドル近くで安値が形成され、価格は現在損失を統合しています。 19,000ドルのレジスタンスゾーンの上にマイナーな上昇がありました。価格は、最近の下落の23.6%フィボナッチリトレースメントレベルを上回り、20,500ドルの高値から18,738ドルの安値に上昇しました。 しかし、価格は現在、19,400ドルのゾーンと100時間ごとの単純移動の近くで強い抵抗に直面しています。平均。 BTC/USDペアの時間足チャートには19,500ドル近くの抵抗で形成される重要な弱気トレンドラインもあります。 トレンドラインは、20,500ドルからの最近の下落の50%フィボナッチリトレースメントレベルに近いです。高値から18,738ドルの安値までスイングします。 出典:TradingView.comのBTCUSD 次の主要な抵抗は19,800ドルのゾーンの近くです。トレンドラインの抵抗を明確に上回り、19,800ドルで価格がさらに上昇する可能性があります。記載されている場合、価格は$20,500レベルに向かって上昇する可能性があります。次の主要な抵抗は21,200ドルのレベルの近くにあります。 BTCの新たな衰退? ビットコインが19,500ドルの抵抗ゾーンをクリアできない場合、別の衰退を開始する可能性があります。マイナス面の即時サポートは19,000ドルレベル近くです。 次の主要なサポートは現在18,700ドルレベル近くにあり、それを下回ると価格が大幅に下落する可能性があります。上記の場合、価格はおそらく$17,500レベルに向かって下落する可能性があります。 テクニカル指標: 毎時MACD–MACDは強気ゾーンでペースを失っています。 時間別RSI(相対力指数)– サポート/レジスタンスレベルの表示 BTC/USDのRSIは現在50レベルを下回っています。 主要サポートレベル– $ 19,000、続いて$18,700。 主要レジスタンスレベル– 19,500ドル、19,800ドル、20,500ドル。

IT Info

ビットコインは$19Kで苦戦していますが、$ 17Kは次のターゲットですか?

ビットコインは最近非常に不安定で、キングコインは先週7%減少しました。今年の第2四半期にコインが50%近く減少したため、これはビットコインにとって最悪の四半期です。 6月以降、暗号通貨は最悪の弱気な価格行動を記録しました。 過去数日間で、BTCは$ 20,000を下回り、$19,000レベルに達しました。チャートの一貫した落下は、BTCを次のサポートラインに押し上げる可能性があります。購入力が大幅に低下し、過去24時間でBTCが低水準に押し下げられました。 ブルズはチャート上で復活を試み、コインを22,000ドルに引きずりましたが、激しい売りがコインを19,000ドルに引きずりました。コインの重要なサポートレベルは17,000ドルで、クマがより激しく苦しんでいるため、前述のレベルは、今後の取引セッションでのBTCの可能性になる可能性があります。 今日の世界の暗号通貨市場の上限は、0.3で9,140億ドルです。過去24時間の%増加。 ビットコイン価格分析:4時間チャート ビットコインの価格は4時間チャートで19,000ドルでした|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは4つで19,000ドルで取引されていました時間チャート。コインは数週間前に同じレベルで取引され、その後チャートで回復しようとしました。 BTCの抵抗は$20,000、次に$22,000でした。 BTCは、コインがかなりの期間同じ上で取引するのに苦労したため、$22,000で堅い抵抗を目撃しました。 BTCの現在の価格の勢いが続く場合、17,000ドルは時間の問題です。 取引されたビットコインの量は大幅に減少し、チャート上で弱気を示すバーが赤で表示されました。市場では売り圧力が引き継がれていました。 テクニカル分析 ビットコインは4時間足チャートで買い力の低下を示しました|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは市場。相対力指数は、40マーク近くの半直線の下に駐車されました。この指標は、市場での購買力を示しています。指標は上昇を示しましたが、買い手は資産への信頼を取り戻していませんでした。 パラボリックSARは、暗号通貨の価格の方向性とトレンドの逆転を示しています。ローソク足の上の点線は、市場の弱気と価格方向の変化を示しています。これはビットコインのマイナスの価格行動を意味しました。 関連資料|ビットコインが28,000ドルに戻る可能性があるのに、2022年末までに ビットコインは4時間足チャートで購入シグナルを点滅させました|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは、購買力の大幅な低下を指摘しましたが、 4時間足チャートでは、コインが買いシグナルを点滅させました。移動平均収束発散は強気のクロスオーバーを受けたため、チャート上で価格が一時的に上昇する可能性があります。 これはMACDで緑色のヒストグラムを形成し、チャート上の買いシグナルに結びついています。インディケータは買いシグナルを表示しましたが、買い手は依然として市場で苦戦していました。ボリンジャーバンドは、資産の価格のボラティリティを表しています。 バンドの狭まりは、市場のボラティリティの今後の可能性と結びついています。技術的な見通しは、BTCの価格がさらに下落し、17,000ドルを目指す可能性があることを示唆しています。 関連資料|このビットコイン比率は底にヒントを与えることができますか? Unsplash.comの注目の画像、 TradingView.com

IT Info

TA:イーサリアムが1,000ドルを下回ると、より大きな下降トレンドを引き起こす可能性があります

イーサリアムは、米ドルに対して1,080ドルを下回る水準で苦戦しています。 1,000ドルのサポートゾーンを下回ると、ETHは大幅に下落する可能性があります。 イーサリアムは、1,100ドルと1,080ドルのレベルを下回る弱気ゾーンにとどまりました。価格は現在$1,100と100時間ごとの単純移動平均を下回って取引されています。 ETH/USDの時間足チャート(Kraken経由のデータフィード)には、1,サポート/レジスタンスレベルの表示 050ドル近くのサポートで形成される主要な強気トレンドラインがあります。 1,120ドルのレジスタンスゾーンを超える明確な動きがない限り、ペアは再び減少する可能性があります。 イーサリアム価格はリスクにさらされている イーサリアムは弱気ゾーンにとどまり、1,000ドルのサポートゾーンを再テストしました。 ETHは1,000ドル近くのベースを形成し、最近より高く修正されました。 1,030ドルと1,050ドルのレベルを超えるマイナーな回復波がありました。イーサ価格は23.6%を超えて上昇しました。フィボナッチリトレースメントレベルは、1,236ドルの高値から997ドルの安値へと下落しました。それは$1,サポート/レジスタンスレベルの表示 100レベルを超えて逆さまのブレークを試みましたが、失敗しました。 現在、$1,100と100時間の単純移動平均を下回っています。 ETH/USDの時間足チャートには1,050ドル近くのサポートで形成される主要な強気トレンドラインもあります。 上値の即時の抵抗は1,060ドルレベル近くです。次の大きな抵抗は$1,サポート/レジスタンスレベルの表示 080ゾーンの近くです。最初の主要なハードルは、1,100ドルのゾーンの近く、またはキーの50%フィボナッチリトレースメントレベルが1,236ドルの高値から997ドルの低値に下落することです。 1,120ドルのレジスタンスゾーンのすぐ上で、まともな増加が始まる可能性があります。 出典:TradingView.comの ETHUSD 記載されているケースでは、価格は1,180ドルのレジスタンスに向かって上昇する可能性があります。これ以上の上昇は価格を$1,236の高値に向けて送る可能性があります。 サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示 ETHのさらなる損失? イーサリアムが$1,080の抵抗を上回らない場合、イーサリアムは下落し続ける可能性があります。マイナス面の最初のサポートは、1,050ドルのゾーンまたはトレンドラインの近くです。 次の主要なサポートは、1,000ドルのゾーンの近くです。 1,000ドルを下回ると、急激に下落する可能性があります。述べられたシナリオでは、エーテル価格はおそらく925ドルのレベルに向かってスライドするかもしれません。これ以上の損失は、880ドルのサポートゾーンに向けて価格を送る可能性があります。 テクニカル指標 毎時MACD– ETH/USDのMACDは現在勢いを増しています。弱気ゾーン。 毎時RSI– ETH/USDのRSIは現在50レベルを下回っています。 サポート/レジスタンスレベルの表示 メジャーサポートレベル– $ 1,000 主要レジスタンスレベル– $ 1,080

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる