利食い

システムトレードの仕組みやメリット

システムトレードの仕組みやメリット

HEMS は、自分たちの使うエネルギーをコントロールできるという、画期的なシステムです。この仕組みを導入して活用することで、エネルギーの節約にもつながり、環境に優しい生活を送れるようになるでしょう。また、遠隔操作は、私たちの生活をぐんと便利なものにしてくれます。

FXの練習方法は?デモトレードにおすすめのアプリや注意点を紹介

FX

FXの口座開設に必要なものは?審査の流れやおすすめ口座も解説

FX

FXを1000通貨取引できるおすすめ口座8選!FX少額取引の始め方

FX

FXブロードネットの自動売買って正直どう?口コミや手数料も紹介

FX

auカブコムFXの口コミ評判は?キャンペーンや手数料も徹底解説!

FX

FX初心者におすすめの15口座を徹底比較!口座開設キャンペーンをお得に活用

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。 システムトレードの仕組みやメリット
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

HEMSってなに?HEMSの仕組みやメリット、補助金についてを解説!

HEMS (ヘムス)とは、 Home Energy Management System (ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略称です。
HEMS を導入した住宅では、家電や住宅設備をインターネットを使ってつなげていくことができます。その結果、エネルギーの使用量の「見える化」が可能になります。また、エネルギーの一元管理が可能なため、家電や電気機器の自動制御を行ったり、エネルギーを効率化が図ったりできるようにもします。
つまり、エネルギーの消費者が、自ら使用するエネルギーを管理できるようになるのです。持続可能な社会を目指すために、この HEMS は重要な役割を担っていると言えます。また、 ZEH システムトレードの仕組みやメリット (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化を行う際にも、この HEMS は必要です。 ZEH (ゼッチ)とは、家庭で使う年間エネルギー消費量をおおむねゼロにする住宅のことです。
今後、ますますの需要が期待されるでしょう。

エネルギーの「見える化」という面においては、 HEMS と似たような言葉で「スマートメーター」というものがあります。
スマートメーターは、それぞれの家庭が使用した電力の使用量を、電力会社などの外部に伝える役割を持っています。電力の自由化に伴い、普及してきました。このスマートメーターがある場合、 30 分ごとにその家庭における電力使用量が計測され、インターネットを使って電力会社へ自動的に送信される仕組みになっています。そのため、これまで検針員が行っていた測定は不要になりました。
スマートメーターによって、外部への「見える化」が、そして、 HEMS によって内部への「見える化」が可能になったのです。

HEMSを導入するメリットは?

・エネルギーの使用傾向が明確になる

・節約の目標を立てやすくなる

・便利で快適な生活を送れるようになる

では、ひとつずつ見ていきましょう。まずは、エネルギーの使用傾向が明確になる点です。
HEMS を導入すると、タブレット端末やパソコンなどから、家庭内のエネルギーの使用状況が確認できるようになります。例えば、「リビングのエアコンでは、〇 W のエネルギーを消費している」といった具合に、数値で把握できるようになるのです。また、太陽光発電や蓄電池などの自家発電設備と併用すると、どの程度のエネルギーが作られているかも明確になり、さらに効率良く管理できるようになります。

つまり、今自分たちが暮らしていく中で、どの部分に多くのエネルギーを使っているのか分析できるようになるのです。問題点を知るために、まずは現在の使用傾向を知ることが大切です。
「光熱費が高くて節約したいけど、どこを改善したらよいのか分からない」という場合も、その情報を役立てられるでしょう。
電力会社から送られてくる請求書には、一カ月単位でしか電力の使用量が記載されていません。 HEMS があれば、細かい使用状況まで確認することが可能です。
HEMS によっては、時間ごとにエネルギーの使用状況が把握できるタイプもあります。どの部分でエネルギーの無題遣いをしているのか、簡単にチェックできるでしょう。急に電気料金が上がったという場合でも、冷蔵庫や照明、エアコンなど項目ごとに細かく分かれているため、その原因を追究することが可能です。
また、エネルギーの使用傾向が分かれば、その分節約につなげやすくなります。
「今月は、お風呂で使ったエネルギーが多かったから、来月からは二割削減を目標にしよう」などのように、具体的な数値を目標に掲げることも可能です。単に「電気代を節約しよう」と目標を掲げるよりも、具体的な内容や数値がある方が、効率良く目標を達成できるでしょう。
AI 機能によって、電気使用量を適切な範囲に制御できるタイプのものもあります。

さらに、 HEMS ではタブレット端末などから電気設備の遠隔操作を行うことも可能です。
外出先から切り忘れたエアコンを止めたり、帰宅前にお風呂のお湯はりをしたりといったことも可能に。遠隔操作によって、生活の質は大きく変わります。便利で快適な生活を送れるようになるでしょう。
特に、ペットや高齢者がいる家庭の場合は、きめ細やかなケアができるようになります。

HEMSに対する補助金について

HEMS には、これまで何度が補助金が実施されてきました。国が実施する補助金に関しては、これまで一般社団法人環境共創イニシアチブが請け負っており、これまで 2011 年と 2013 年に実施されていました。
それ以降、補助金制度は再開されていません。ただ、「次世代 HEMS 実証事業」と称して、 ZEH 支援事業に係る要件などを満たしている場合には、補助金も出ています。 ZEH に興味がある場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。
また、自治体の中には、 HEMS の補助金を行っているところもあります。一律 30 万円の補助金が出るところや、設置に要する経費の 5 %を補助金として受け取れるところなど、自治体によってその内容や条件は様々です。

HEMSに必要な機器と費用

◇ HEMS 対応住宅分電盤
住宅には、必ず分電盤が設置されており、 HEMS を導入する場合は、その分電盤が HEMS 対応である必要があります。分電盤本体の価格は、その住宅の状況によって異なってきます。

HEMS 対応電力測定ユニット
リフォームで、既存の住宅分電盤を活かしたまま HEMS を導入したい場合に必要です。 2 万から システムトレードの仕組みやメリット 7 万円程度の費用が必要です。

HEMS システムトレードの仕組みやメリット 本体
HEMS 対応住宅分電盤で計測したエネルギー使用量のデータを、無線通信を介して受け取ります。また、インターネットを使って、家電設備などに指示を伝える役割も担っています。機器の価格は、メーカーや商品によってばらつきがあり、 4 万円から 15 万円程度です。

HEMS に対応している電気機器
HEMS と接続する場合は、「 ECHONET Lite 」という規格に対応している電気機器である必要があります。この「 ECHONET Lite 」は、経済産業省が推奨している規格で、今使っているものがこの規格になっていない場合は、 HEMS を導入する際に新しく買い替える必要があります。

この他にもアダプターやスマートスピーカー、温湿度センサーなどが必要になってくる場合もあります。 HEMS を導入する際には、あらかじめどこまでコントロールしたいのか、検討しておく必要があるでしょう。

HEMS(ヘムス)を導入して、スマートな生活を目指そう


HEMS は、自分たちの使うエネルギーをコントロールできるという、画期的なシステムです。この仕組みを導入して活用することで、エネルギーの節約にもつながり、環境に優しい生活を送れるようになるでしょう。また、遠隔操作は、私たちの生活をぐんと便利なものにしてくれます。

追証なし!海外FXのゼロカットシステムとは?メリットやリスクを解説!

投資

LINE

送る

FX初心者の方で海外FXに 追証がないことゼロカットシステム を知らない方も多いのではないでしょうか。

一般的に海外FXは追証がないので、FXで借金をする心配はないと言われています。

リスクはないのでしょうか?

追証(おいしょう )とは何か?

ゼロカットシステム とはどのようなシステムか?

ゼロカットシステムの メリット・リスク

追証(おいしょう)とは?

追証(おいしょう) とは 追加証拠金」の略です。

口座残高を超えるほどの損失が出たり、FX業者が定める証拠金維持率を割ってしまったりした場合に追加で証拠金を入金しなければなりません。

追証が発生する主な原因として考えられるのがレバレッジ取引です。

レバレッジ取引を利用して、元の資金の何倍もの取引を行えるのが、FXの魅力の一つですが、追証が発生するリスクがあることも覚えておく必要があります。

国内FXでは、金融庁によって定められた法律により 、 追証 があります。

海外FXのゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステム とは、為替相場の急激な変動によりロスカットが間に合わず、損失が発生した場合に、FX業者が損失分を負担してくれるシステムです。

マイナス残高になっても、それをゼロにしてくれるので、追証になることがなく、借金になることもありません。

海外FXではほとんど全ての業者が「追証なしのゼロカットシステム」を採用しています。

海外FXのゼロカットシステムのメリットは?

メリット

海外FXのゼロカットシステムメリットは以下の2つです。

1.追証のリスクがない

ゼロカットシステムの一番のメリットは追証のリスクがないことでしょ う。

例)10万円の証拠金で、急激に相場が変動して、ロスカットが間に合わず損失が20万円になったと場合

口座残高がマイナスになった場合でも、ゼロカットシステムがあれば、追証で請求をされることはありません。

2.ハイレバレッジ取引ができる

レバレッジを使った取引では、取引に必要な証拠金は少なくて済みます。

損失の上限が決められているため、リスクを恐れずにハイレバレッジ取引を行えます。

海外FX業者がゼロカットを採用する理由

ポイント

ゼロカットという仕組みは顧客にとってはうれしいシステムですが、海外FX業者はマイナス残高を負担するのでかなりの負担になります。

それは、ゼロカットの負担以上のメリットがあるからです。

顧客は、ゼロカットシステムがあることによって、安心してレバレッジ取引をすることができます。

それにより、 海外FX業者は、取引手数料を多く受け取ることができます。

海外FX システムトレードの仕組みやメリット ゼロカットのリスク

注意

国内FX業者は追証があるため、最悪の場合は自己破産などのリスクがあります。

海外FXのゼロカットシステムにはそういったリスクは存在しません。

ゼロカットシステムの考えられるリスクは、以下の2つです。

1.業者が約束を破り追証をする可能性もある

例えば「スイスフランショック」の際に、FX業者で損益が補填できないため、追証を払うよう公式HPでアナウンスした業者がありました。

このように、 当初の約束を守らない業者もあるので注意が必要です。

また、 大きな経済ショックによって資金割れで倒産してしまう業者もあります。

様々な海外FX業者が存在するので、FX業者選びは慎重にしなければなりません。

2.システムトレードの仕組みやメリット 口座を凍結されてしまう可能性がある

ゼロカットシステムを利用した取引には 業者間両建てという手法 があります。

業者間両建てとは「大きく相場が動く際に(大統領選挙など)、別の業者で両建てをして利益を得る」という手法です。

FX業者では、業者や口座をまたいだ両建て取引は禁止されています。

これが発覚した時には、利益取り消しや口座を凍結されることもあります。

そのため、トレードでは、ポジションが両建てになっていないか注意しましょう。

追証なし!海外FXのゼロカットとは?メリットやリスクを解説!

ここまで、追証なしという、海外FXのゼロカットシステムについてメリットやリスクを解説してきました。

海外FX会社でトレードする際は、ゼロカットシステムのメリットとリスクを考えながら、信頼できる会社を選び、トレードしていきましょう。

HEMSってなに?HEMSの仕組みやメリット、補助金についてを解説!

HEMS (ヘムス)とは、 Home Energy Management System (ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略称です。
HEMS を導入した住宅では、家電や住宅設備をインターネットを使ってつなげていくことができます。その結果、エネルギーの使用量の「見える化」が可能になります。また、エネルギーの一元管理が可能なため、家電や電気機器の自動制御を行ったり、エネルギーを効率化が図ったりできるようにもします。
つまり、エネルギーの消費者が、自ら使用するエネルギーを管理できるようになるのです。持続可能な社会を目指すために、この HEMS は重要な役割を担っていると言えます。また、 ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化を行う際にも、この HEMS は必要です。 ZEH (ゼッチ)とは、家庭で使う年間エネルギー消費量をおおむねゼロにする住宅のことです。
今後、ますますの需要が期待されるでしょう。

エネルギーの「見える化」という面においては、 HEMS と似たような言葉で「スマートメーター」というものがあります。
スマートメーターは、それぞれの家庭が使用した電力の使用量を、電力会社などの外部に伝える役割を持っています。電力の自由化に伴い、普及してきました。このスマートメーターがある場合、 システムトレードの仕組みやメリット 30 分ごとにその家庭における電力使用量が計測され、インターネットを使って電力会社へ自動的に送信される仕組みになっています。そのため、これまで検針員が行っていた測定は不要になりました。
スマートメーターによって、外部への「見える化」が、そして、 HEMS によって内部への「見える化」が可能になったのです。

HEMSを導入するメリットは?

・エネルギーの使用傾向が明確になる

・節約の目標を立てやすくなる

・便利で快適な生活を送れるようになる

では、ひとつずつ見ていきましょう。まずは、エネルギーの使用傾向が明確になる点です。
HEMS を導入すると、タブレット端末やパソコンなどから、家庭内のエネルギーの使用状況が確認できるようになります。例えば、「リビングのエアコンでは、〇 W のエネルギーを消費している」といった具合に、数値で把握できるようになるのです。また、太陽光発電や蓄電池などの自家発電設備と併用すると、どの程度のエネルギーが作られているかも明確になり、さらに効率良く管理できるようになります。

つまり、今自分たちが暮らしていく中で、どの部分に多くのエネルギーを使っているのか分析できるようになるのです。問題点を知るために、まずは現在の使用傾向を知ることが大切です。
「光熱費が高くて節約したいけど、どこを改善したらよいのか分からない」という場合も、その情報を役立てられるでしょう。
電力会社から送られてくる請求書には、一カ月単位でしか電力の使用量が記載されていません。 HEMS があれば、細かい使用状況まで確認することが可能です。
HEMS によっては、時間ごとにエネルギーの使用状況が把握できるタイプもあります。どの部分でエネルギーの無題遣いをしているのか、簡単にチェックできるでしょう。急に電気料金が上がったという場合でも、冷蔵庫や照明、エアコンなど項目ごとに細かく分かれているため、その原因を追究することが可能です。
また、エネルギーの使用傾向が分かれば、その分節約につなげやすくなります。
「今月は、お風呂で使ったエネルギーが多かったから、来月からは二割削減を目標にしよう」などのように、具体的な数値を目標に掲げることも可能です。単に「電気代を節約しよう」と目標を掲げるよりも、具体的な内容や数値がある方が、効率良く目標を達成できるでしょう。
AI 機能によって、電気使用量を適切な範囲に制御できるタイプのものもあります。

さらに、 HEMS ではタブレット端末などから電気設備の遠隔操作を行うことも可能です。
外出先から切り忘れたエアコンを止めたり、帰宅前にお風呂のお湯はりをしたりといったことも可能に。遠隔操作によって、生活の質は大きく変わります。便利で快適な生活を送れるようになるでしょう。
特に、ペットや高齢者がいる家庭の場合は、きめ細やかなケアができるようになります。

HEMSに対する補助金について

システムトレードの仕組みやメリット

HEMS には、これまで何度が補助金が実施されてきました。国が実施する補助金に関しては、これまで一般社団法人環境共創イニシアチブが請け負っており、これまで 2011 年と 2013 年に実施されていました。
それ以降、補助金制度は再開されていません。ただ、「次世代 HEMS 実証事業」と称して、 ZEH 支援事業に係る要件などを満たしている場合には、補助金も出ています。 ZEH に興味がある場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。
また、自治体の中には、 HEMS の補助金を行っているところもあります。一律 30 万円の補助金が出るところや、設置に要する経費の 5 %を補助金として受け取れるところなど、自治体によってその内容や条件は様々です。

HEMSに必要な機器と費用

◇ HEMS 対応住宅分電盤
住宅には、必ず分電盤が設置されており、 HEMS を導入する場合は、その分電盤が HEMS 対応である必要があります。分電盤本体の価格は、その住宅の状況によって異なってきます。

HEMS 対応電力測定ユニット
リフォームで、既存の住宅分電盤を活かしたまま HEMS を導入したい場合に必要です。 2 万から 7 万円程度の費用が必要です。

HEMS 本体
HEMS 対応住宅分電盤で計測したエネルギー使用量のデータを、無線通信を介して受け取ります。また、インターネットを使って、家電設備などに指示を伝える役割も担っています。機器の価格は、メーカーや商品によってばらつきがあり、 4 万円から 15 万円程度です。

HEMS に対応している電気機器
HEMS と接続する場合は、「 ECHONET Lite 」という規格に対応している電気機器である必要があります。この「 ECHONET システムトレードの仕組みやメリット Lite 」は、経済産業省が推奨している規格で、今使っているものがこの規格になっていない場合は、 HEMS を導入する際に新しく買い替える必要があります。

この他にもアダプターやスマートスピーカー、温湿度センサーなどが必要になってくる場合もあります。 HEMS を導入する際には、あらかじめどこまでコントロールしたいのか、検討しておく必要があるでしょう。

HEMS(ヘムス)を導入して、スマートな生活を目指そう


HEMS は、自分たちの使うエネルギーをコントロールできるという、画期的なシステムです。この仕組みを導入して活用することで、エネルギーの節約にもつながり、環境に優しい生活を送れるようになるでしょう。また、遠隔操作は、私たちの生活をぐんと便利なものにしてくれます。

仮想通貨のシステムトレード。個人も入りやすい理由とは?

管理人は現在、仮想通貨のシステムトレードをメインに取り組んでいます。
システムトレードを始めたのはFXからでした。
MT4でプログラムを組んでバックテストをしてというところからシステムトレードに入りました。
MT4での開発は、今は休止状態(記事を書く意味でも再開したいと考えています)で、仮想通貨(主にビットコイン)のシステムトレードに移っていった訳です。
仮想通貨はシステムトレードを行う上で他の金融商品にはないメリットがあります。
今回はこの点について解説していきます。

システムトレードを行うためのAPIが充実している

システムトレードを行うためには、取引所に対してプログラムから価格等の商品情報を取得したり、注文を出したりということができる必要があります。
これを行うためには、取引所がAPI等の環境を用意している必要があります。
APIやプログラムを実装する環境がないと、システムが取引所から価格情報を取得できませんし、ましてや注文を出すこともできません。
(ネット証券会社に自動ログインする仕組みを作って、価格情報を取得したり自動発注を行うプログラムを開発されている方もいらっしゃいますが、これはあまりおススメしません。)

・株のシステムトレード
まず株ですが、基本的に日本のどの証券会社も個人投資家向けにAPIを用意していません。
調べた中で唯一カブドットコム証券がAPIを提供していますが、このkabu.com APIは個人投資家には提供されていません。
APIが提供されているのは法人のみで、個人が利用するにはこの法人(サードパーティー)が提供するシステムを利用するしかないという状況です。
サードパーティーがどのようなシステムを提供するか次第ですが、システムトレードのメリットを活かすという意味では、あまり期待はできなさそうです。

個人投資家が日本で株式のシステムトレードを行える環境としては、マネックス証券が提供しているトレードステーション(TradeStation)が私の知るところ唯一のものです。
トレードステーションはアメリカで非常にメジャーなトレーディングツールで素晴らしいものです。
トレードステーションについては、別記事で詳しく解説します。

・FXのシステムトレード
FXではいくつかの証券会社でMT4を利用できる環境が提供されています。
MT4を用いればもちろんシステムトレードは可能です。
基本的に各証券会社で用意しているMT4をダウンロードして使用します。

MT4は優れたシステムトレードツールですので、これを用いてシステムトレードを行うということもよいでしょう。
管理人もシステムトレードを始めたのはMT4からでした。
MT4についても別記事で詳しく解説します。

MT4以外でシステムトレードが可能、つまりAPIが提供されているということでいうと、OANDA Japan一択でしょう。
MT4以外でシステムトレードを行いたい、例えばPythonのライブラリを使用したいとか、システムトレードに機械学習(Deep Learning)を適用したい等になるとMT4で行うのは難しくなります。
こういった場合にも、OANDA fxTrade APIでは実装が可能です。

・仮想通貨のシステムトレード
大抵の仮想通貨取引所にはAPIが用意されています。
ビットコインはもちろん、イーサリアムやリップルなどのアルトコインについてもシステムトレードが可能です。
「APIが用意されていない仮想通貨取引所はない」というか、ほぼ全ての仮想通貨取引所でAPIが用意されています。

APIを用いれば、好きなプログラム言語でシステムを構築することが可能です。
Pythonで組むこともrubyで組むことも、PHPでもJavaでもC#でも可能です。
Pythonでは機械学習のライブラリが充実していますが、もちろんこれらを用いてのシステムトレードも可能です。

見出し2:仮想通貨取引所ごとに板が存在する
株ですと東京証券取引所、大阪証券取引所等で取引が行われ、FXでは個人投資家が直接インターバンク市場で取引することはなく、FX業者等を介して取引を行います。
一方仮想通貨では、仮想通貨取引所で個人が直接取引を行います。

各仮想通貨取引所には、それぞれで板が存在します。
株だと、例えば任天堂の板は東証のものだけで、どの証券会社を使用しても同じ板を見る事になります。
一方、仮想通貨取引所はそれぞれに板を持っています。
仮想通貨取引所ごとに市場が形成されていますので、取引所間で価格の乖離も起こり得ます。
この価格の乖離を狙ったのが裁定取引(アービトラージ)で、ビットコインを使った裁定取引というのも有名な手法ですので、これについても別記事で詳しく解説します。

各取引所で板を持っているということで、一番大きなことは板情報が取れるということです。
各取引所ではAPIで板情報を提供しています。
生の板情報や取引情報をAPIで取得できるのです。
これはシステムトレードにとって大きなアドバンテージです。

FXでも価格情報は取れますが、そもそもFXには板情報というものが存在しません。
価格の変動もインターバンク市場によるものです。
株のように板と歩み値で価格が変動するという訳ではありません。
「板読み」ということができないんですね。

仮想通貨取引所には板が存在しますので、板読みも可能になります。
各板の価格と厚みをAPIで取得することができます。
さらに、出来高も取得することができます。
システムトレードにとって、これは非常に大きなことです。
MT4では、ほぼ価格の変動にしか頼ることしかできませんでしたが、仮想通貨のシステムトレードでは価格以外の情報も取得、利用できるのです。

見出し3:仮想通貨のFXも可能
FXというと、多くの場合外国為替証拠金取引のことを指しますが、仮想通貨でもFXが可能です。
仮想通貨のFXとはどういうことかというと、仮想通貨の証拠金取引のことです。
もちろん、仮想通貨の証拠金取引を利用するためには、仮想通貨取引所がサービスを提供している必要があります。

現物取引だとビットコインを売りたい場合、ビットコインを持っておく必要があります。
自分が持っていないものを売ることはできませんからね。
しかしシステムトレードだと、売りから入りたいという局面が往々にしてあります。 システムトレードの仕組みやメリット システムトレードの仕組みやメリット
この場合に、ビットコインを持っておかないとトレードができないというのは不利(機会損失)になってしまいます。
一方、証拠金取引ができれば売りから入ることが可能になります。
機会損失が防げる訳ですね。

買いで入って買いの建玉を持ったらこれを売って決済させないといけません。
売りで入った場合はこの逆になります。
決済したタイミングで取引が完結して、そこでその取引の損益が確定します。

まとめ
色々な金融商品でのシステムトレードと比較しながら仮想通貨のシステムトレードについて解説しました。
個人投資家が日本でシステムトレードを行うには環境がまだまだ限られています。
その中でも仮想通貨はAPIが提供されていることもあり、システムトレードを行う環境が整っています。
特に仮想通貨取引所に板が存在するということが非常に大きな強みになっています。
仮想通貨のシステムトレードについて、具体的な実装方法など今後順を追って解説していきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる