外国為替証拠金取引

仮想通貨と電子マネーの違いはなに

仮想通貨と電子マネーの違いはなに
仮想通貨・暗号資産

仮想通貨とデジタル通貨の違いとは?双方にはどんなメリットやデメリットがあるの?

デジタル通貨は、物理的通貨(紙幣や硬貨など)と区別されています。厳密に言えば「仮想通貨(暗号通貨)」もデジタル通貨の一つとして捉えられているのですが、ここで説明するデジタル通貨は主に「電子マネー」が該当します。「電子マネー」は「円」を電子的に記録し現金の代わりに使用する物のことをいいます。
たとえばSuica、PASMO、nanaco、WAONやEdyなど多くの種類の電子マネーがありますが、これらは円などの法定通貨を電子データに置き換えてあり、チャージした分のみの使用となります。また法定通貨との互換性はありません。しかもそれぞれ管理している企業が違うため、その企業と提携している店舗などでなければ使用することが出来ず、価格が上昇したりすることなどはありません。
また電子マネーの運営会社は手数料が収益となり加盟店はポイントなどの顧客サービスにより収益を上げています。
ルールを決めているのも管理しているのも電子マネーやプリペイドカードを発行している発行元の企業ということになります。

▲プリペイドカード
「プリペイドカード」はいわゆるキャッシュレスでコンピュータネットワークを通してインターネット上でデータのやり取りが行われることで決済が可能なもののことを指します。
またカードの申し込み審査が不要でチャージ残高の範囲内でクレジットカードのようにVisaやMastercardなどの加盟店で使用できます。クレジットカードと違い決済時にすぐに口座引き落としがあるので、チャージや口座残高が必要です。

仮想通貨のメリットデメリット

▲仮想通貨のメリット
通常、通貨は国家(中央銀行)によって発行され価値を保証されていますが、常に国家の経済政策などによる価値変動リスクも伴っています。 一方で仮想通貨は、価値の保証が利用者による仮想通貨自身への信用によってのみ保証されていますので、価値の変動を握っているのは利用者であり、自身で保有している通貨を政府や銀行、業者などの第三者(中央機関)に左右されることなく管理することが可能です。また法定通貨との交換も可能です。


▲仮想通貨のデメリット
・紙幣や硬貨などのように実態(形)が無く、利用者に対し特定の国家(中央銀行)などによる価値の保証を持たない通貨です。
・中央集権ではないため、自身による厳重な管理が必要となります。そのためウォレットなど仮想通貨の保管場所の秘密鍵や暗証番号などを忘れたり紛失したりしてしまった場合、ウォレットを復元することが出来ません。
・ハッキング被害がおこりやすく、また実際に起きています。
・闇市場を生みやすく、課税の逃げ道や資金洗浄、またいわゆる「セミナー商法」による投資詐欺の可能性など懸念されています。
・一部の権力を持ったマイナーによる51%攻撃による取引記録の改ざんの恐れがある。
・2018年1月に起きたコインチェック事件もそうですが、仮想通貨と法定通貨とを交換する取引所のセキュリティ管理など体制の甘さも懸念されています。
・マイニングの際に使用される電力についても電力の無駄ではないかという声も有ります。

デジタル通貨のメリットデメリット

また使用地域も限定され、カードなどが提携している店舗でないと使用することが出来ません。
電子マネーやプリペイドカードは使用するごとに現金やクレジットカードでチャージしてから使うことになります。
ちなみにチャージしたお金は、その運営会社のプール金となり、私たちが決済するたびに手数料をとしてその小売店にお金を払っているのだそうです。つまり、電子マネーの世界は特定の運営会社による限られた経済圏であり、私たちのお金がプールされている世界ということになります。あらかじめ、利用者を囲うことで利用ごとにポイントがついたり割引されたりもします。

中国や韓国のデジタル通貨(仮想通貨も含む)状況(日本より圧倒的に決済がデジタル化されている)

中国では2015年8月に人民元ショック※が起こり、すでにデジタル通貨決済が主流となりました。
中国ではe コマース ※が発達しておりショッピングなどの決済(支払い)はデジタル決済が当たり前となっています。現金を持たなくてもスマホがあればどこでも買い物や飲食が可能で、仮想通貨の取り扱い店舗も増加中です。それだけに人民銀行(国家の銀行)では将来法定通貨が消滅するのではないかと危惧しています。
※e コマースとはインターネットなどのネットワークを介して契約や決済などを行う取引形態のことをいいます。

2018年3月9日(金)に北京で開催された記者会見でZhou Xiaochuan(周小川)氏(中国人民銀行総裁)は「現金はいつか時代遅れになるかもしれない」と述べ、さらに仮想通貨については「投機的目的で使用される方が多く、決済で使用されることの方が少なく経済には何の役にも立っていない」ことを警告していました。しかし中国人民銀行は仮想通貨のより早く、安くもっと便利な決済手段を達成しようとしており、デジタル通貨を検証しているところであることも述べました。
最後に「私たちは取り返しのつかない損失になる前に主要な失敗は防がなくてはならない。私たちはあくまで慎重であるべきだ」とも述べさらに「私たちは投機的な金融商品を提供して、人々が一晩で金持ちになると錯覚をさせるようなことがあってはいけない」と退任前の最後の公の場で述べました。

また近年韓国では少額硬化を処分する方向で大幅なコスト削減を図っていました。カード決済システムが確立されている韓国でキャッシュレス化が進んだ理由の一つです。
韓国はこのようにコインレス社会に最適な環境であり、カードの所有率が国民1人当たり1.9枚、現金決済は全体の2割程度しかないようです。さらに硬化の存在をなくすわけではなくカードなどの代用手段を主流にしていく考えです。実は効果の流通量を大きく減らすことで毛でもかなりの経済効果が期待出来るそうです。
ちなみにその額年間1.2%の経済成長率引き上げが期待出来るといいます。回収や管理のコストが加算されることで、相当のコスト削減になるようです。
コインレス化はキャッシュレス化が世界的な傾向となっている昨今では今後も各国で同様の動きが活発に行われるようになる可能性が高そうです。その半面現金決済もまだまだ人気は高いという現状も有ります。ちなみにキャッシュレス先進国のスウェーデン中央銀行などは過剰なキャッシュレスの社会化を懸念しており、本当の意味での金融包括は「現金と「フィンテック(FinTech)」※のバランス」が重要となりそうです。

そもそもお金って何なの?~電子マネーと仮想通貨と銀行預金の違い~

10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられたのと同時に「ポイント還元」が始まりました。現金で買い物をしても、これでおトクになることはありません。クレジットカードや電子マネーなど、「キャッシュレス決済」への関心が急速に高まっています。 仮想通貨と電子マネーの違いはなに
私、松田 学は、お金を扱う役所である財務省に長年勤めたあと、衆議院議員として国政に参画し、その後、東京大学で情報技術に関する政策の研究をしていました。こうした経験も活かしながら、現在は「未来社会プロデューサー」を名乗り、ブロックチェーンなども含めた最先端技術を活用して次の社会を切り拓く活動をしています。
これに関するいくつかの著作もありますが、2019年春に出版した「いま知っておきたい『みらいのお金』の話」(アスコム)では、いまはビットコインで知られる仮想通貨(暗号資産)が、技術革新でより信頼できるお金へと進化していくことで、ひとり一人が希望を持てる世の中が実現することを訴えています。
今回から、この「みらいのお金と経済」で、お金に関する話題をわかりやすくお話ししていきたいと思います。

そもそもキャッシュレスとは?

10月から始まったキャッシュレスポイント還元とは


2019年10月からの9か月の間ですが、お買い物をするときに何を買うか、どのお店で買うかによって、消費税率は事実上、10%、8%、6%、5%、3%と5段階に分かれます。ずいぶんと複雑にみえますが、政府が今回の増税で国民負担の増加をできるだけ回避し、景気に悪影響を与えないよう、消費者に対していろいろな配慮をした結果、こうなりました。
一つは食料品などに対する軽減税率。その多くが8%に据え置かれます。これは今後も継続しますが、もう一つが、来年6月末までの時限措置として導入されたポイント還元です。ポイント還元制度とは、消費増税を機に政府がキャッシュレス化を推進するために導入したもので、財源は政府が負担しています。
中小の店舗で、クレカ(クレジットカード)や電子マネーなどキャッシュレス決済で支払いをすると、原則として購入額の5%分がポイントで還元されます。コンビニや外食チェーン、ガソリンスタンドなどの大手チェーンのフランチャイズ店舗の場合は、購入額の2%分です。ポイントの付与ではなく、値引きで対応している店舗もあります。
ですから、軽減税率8%の対象となる食品を、5%分ポイント還元されるお店で買えば、消費税の負担は8-5=3%と、2014年以前の負担に戻ることになります。2%還元のお店で食品を買えば6%、ポイント還元ができる店舗以外で買えば、軽減税率の適用だけになりますから8%、食品以外の10%の消費税がかかるモノやサービスを5%還元、2%還元のお店で購入すれば、それぞれ5%と8%…つまり、税率は5つということになります。

政府がキャッシュレスを推進する理由


このポイント還元の恩典を受けるために必要なのがキャッシュレス決済。「どうも、アナログ世代には苦手、やっぱり現金が安心で便利」とおっしゃる方々も多数いらっしゃいますが、先日、私のご高齢の知人が、「PayPay(ペイペイ)のアプリを入れました、とても便利です」と言いながら、スマホでレストランの支払を嬉しそうに済ませていました。慣れれば簡単…。 仮想通貨と電子マネーの違いはなに
かつてはキャッシュレスといえばクレカでしたが、最近では、スマホ決済ではPayPayのほかにもLINEPay(ラインペイ)などもありますし、カード型も楽天Edyやsuicaなど、さまざまな「電子マネー」が使われるようになっています。クレカと一体型の電子マネーもあります。
現金の場合、どこでも誰にでも渡せるメリットはありますが、多いとかさばりますし、紛失や盗難や破損の危険に対しては物理的にしか守る方法がありません。これに対し、電子マネーは、対応している店舗(相手)仮想通貨と電子マネーの違いはなに にしか渡せませんが、スマホやカードを持つだけで、支払いはおつりなどの面倒もなくて簡単、機械が自動的に計算し、記録してくれます。保管はパスワードで守られ、スマホが壊れてもお金は残るなど、さまざまなメリットがあります。
しかし、クレカと電子マネーを合わせたキャッシュレス決済が家計の消費額に占める比率をみると、日本は2016年時点でたった19.8%。「たった」と言うのは、世界的にみれば、同年の韓国の96.4%を筆頭に、イギリスは68.7%、アメリカは46%、中国も概ね60%程度…と、日本はキャッシュレス後進国?というのが実態だからです。
特に来年は東京五輪の年。外国人にとってお金の支払いで必ずしも便利でないのが日本です。これをもっと便利にしておくことも「おもてなし」の上で望まれます。

キャッシュレスが浸透しない日本独自の事情


では、こんなに便利なキャッシュレスの比率が日本でこんなに低いのはなぜなのでしょうか。やや逆説的になりますが、日本がとても便利な国だからです。日本国内どこに行っても、たいていは銀行の支店やコンビニなどのATMがあります。ドル札や人民元などに比べても、日本の紙幣の印刷や貨幣の鋳造技術も世界最高水準。ニセ札の危険も少なく、日本は世界一、現金に対する国民の信頼が厚い国といえるかもしれません。
しかし、これはこれまでの社会の仕組みや技術を前提とした利便性であり信頼感だといえます。世の中が大きく変化するときは、金融や通貨をはじめ、さまざまな社会インフラの信頼性や安定性が高いことが、逆に、変化への対応を遅らせる原因にもなります。
中国で電子マネーが急速に普及したり、通信手段が未整備な途上国の人々にスマホや携帯電話が行き渡ったり、預金口座を持たない人が多い国で仮想通貨の普及が予想されているように、新しいサービスが先進国の歩みを飛び越えて一気に広まることを「リープフロッグ(蛙飛び)現象」と言います。
特にIT分野で後れをとったと言われる日本では、社会の隅々まで電子化を図ることは国家的な課題です。ATMや現金の管理には、社会全体で大きなコストがかかっています。

主要通貨[法定通貨]といえば、米ドル、ユーロ、人民元、日本円、英ポンド、人民元などがイメージできますが、
暗号資産は法定通貨とはまったく異なるもので、インターネットを通じて商品等の対価として使用できる通貨(お金)のこと。
※法定通貨と暗号資産(仮想通貨)では、同じ通貨といっても管理手段もまったくことなる、仮想通貨の管理のことを「ウォレット」といい、口座番号に近い意味合いを「ウォレットアドレス」といいます

暗号資産・仮想通貨の初心者ナビガイド[暗号資産とは]法定通貨と暗号資産の違い

暗号資産ってどんなものがある?

仮想通貨の種類が*2022年現在*世界で取り扱われている仮想通貨は「14,947種類」に達したと言われています。
ただ日本国内で取引ができる暗号資産(仮想通貨)の種類としては、金融庁が一定の安全性と信頼性が高いと認めた銘柄のみであり、詳しくは金融庁ホームページ>暗号資産交換業者に係る情報>暗号資産交換業者登録一覧(PDF)
※取り扱う暗号資産より、暗号資産の銘柄をご確認ください
※暗号資産交換業者で取り扱いの銘柄のことをホワイトリストといいます
[銘柄が有名/人気の仮想通貨]
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)

電子マネーと仮想通貨って何が違うの?

暗号資産(仮想通貨)も貨幣・硬貨が存在せず電子的なものなので電子マネーと一緒と思われがちですがまったく異なるものです
法定通貨の発行は:国
電子マネーの発行は:企業
+交通系電子マネー(Suica、PASMO等)、小売系電子マネー(nanaco、WAON等)

暗号資産・仮想通貨の初心者ナビガイド[電子マネーとの違い]暗号資産はそのものが通貨である

ポイントサービスと仮想通貨の違いは?

資金決済法
→前払式支払手段の規制
景品表示法
→景品に関する規制
消費者契約法
→不当な勧誘や契約から消費者を保護するための法律

しかしながら、暗号資産(仮想通貨)においては、インターネット上の通貨なのですから、自由に交換レートを付けたり・売買できたりするといった大きな違いがございます

仮想通貨と電子マネーの違いはなに

仮想通貨の発行枚数とは?発行上限がある理由や投資判断に活かすポイントを紹介

「仮想通貨の発行枚数や発行上限を知りたい」 「仮想通貨ごとの発行枚数について知りたい」 上記のように考える方がいるかと思います。 発行枚数や発行上限は、仮想通貨価格にも影響を及ぼす可能性があり、投資判 .

仮想通貨の価格が上がる理由とは?ボラティリティが大きい理由と併せて解説

数多くの種類が発行・取引されている仮想通貨。 ビットコインを始めとした多くの仮想通貨が、日々変動しています。 「なぜ仮想通貨の価格が上がるのか知りたい」「仮想通貨の価格が大きく変動する理由を知りたい」 .

トークンとは?仮想通貨との違いや具体的な投資手順を解説

「仮想通貨におけるトークンの意味を知りたい」 「トークンを使った投資方法を知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 仮想通貨について調べているとトークンという言葉を聞くことがあるでしょう。 本 .

ステーブルコインとは?一般的な仮想通貨との違いや投資メリットなど解説

仮想通貨のマイニングで税金が発生する?どんなことに気を付けるべき?

「マイニングにも税金がかかる?」 「どのタイミングで税金がかかるのだろうか?」> 上記のような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 仮想通貨を得る方法の1つであるマイニング。 マイニングの報酬とし .

未成年が仮想通貨投資を始める方法!注意点や成功するポイントを解説

「未成年でも仮想通貨を始められるのか知りたい」 「未成年で仮想通貨を始めて成功するコツを知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 最近では未成年の方の中でも投資をしたいと考えている方は多いので .

【仮想通貨】と【電子マネー】の違いは?【10年後に差がつくお金の知識】

仮想通貨・暗号資産

仮想通貨というのは
実際に目で見たり触ったりすることはできない
【デジタル通貨】です

れいなママ

しろにゃん

【仮想通貨】と【電子マネー】の大きな違い

【仮想通貨】も【電子マネー】も
お札や硬貨などの現実世界に存在する
いわゆる【現金】を使わないで
物やサービスを買える、決済に使える
という意味ではとても似ています

【電子マネー】はあくまで【法定通貨】の替わり

例えば楽天Edyやスイカなど交通系電子マネーは
【日本円】の代わりに使用するもので 仮想通貨と電子マネーの違いはなに
その価値は日本が保障します

電子マネーは【国】と【発行機関・企業】が管理

例えば日本の電子マネーは
法定通貨である日本円を
カードやスマホなどにチャージして使います

電子マネーは企業という発行機関があり
Sucaなら東日本旅客鉄道
楽天Edyなら楽天Edy株式会社
nanacoならセブン・カードサービス
WAONならイオンリテールが発行・管理しています

もっとも重要なポイントは
電子マネーを利用できる場所は
発行企業と【提携している加盟店だけ】ということ

具体的には
加盟店で電子マネーが使われたら
発行企業がその利用代金を
日本円で加盟店に支払う、という流れになります

電子マネーは日本銀行が発行管理する日本円の
代わりとして使うものであり
大きく日本という国と
それぞれの電子マネーのもとになる企業に管理されています

仮想通貨には発行や管理を行う【機関】がない

仮想通貨は
ユーザー同士がネット上でお互いを管理する
【ブロックチェーン】
と呼ばれる仕組みで成り立っているため
国や機関に関わらず
仮想通貨を取扱っている店舗であれば

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる