最新情報

チャートを“読む力”はこうやって鍛える

チャートを“読む力”はこうやって鍛える
「イクメン」は「父親」に脱皮できるだろうか(写真:アフロ)

創賢塾では超効率的勉強法をスカイプでオンライン指導。世界中どこからでも受講可能です。

国語の成績を飛躍させる10の能力とその勉強法

1.1.語彙力とは

1.3.「30回音読」

そのため、創賢塾では、読書の代わりに、「 30回音読 」を生徒にやってもらっています。

「30回音読」とは、「 毎日10分国語の文章を音読し、1週間で同じ文章を約30回読み、次の週はまた別の文章を30回音読する勉強法 」です。

1.4.語彙集を暗記する

「高校入試出る順中学漢字スタートアップ基本漢字1400」 (現文舎)
「高校入試 出る順中学漢字スタートアップ 受験漢字1900」 (現文舎)
「つがわ式世界最速漢字記憶ドリル」 (津川博義著、講談社)

「国語力を伸ばす語彙1700」 (文英堂)
「 チャートを“読む力”はこうやって鍛える 中学 国語力を高める語彙1560 」(増進堂)
「 中学生のための 語彙力アップ 厳選1000語 」(すばる舎)

1.5.語彙集を辞書代わりに使う

1.6.辞書を引く

2.1.文法力とは

2.2.文法的に正しくない3つの主な内容

例えば、「外国人の関心は、日本食、京都などの伝統的な地域などを好みます」⇒「外国人の関心は、日本食、京都などの伝統的な地域など にあります 」or「 外国人は 、日本食、京都などの伝統的な地域を好みます」。

「近代社会の特徴の一つは、各国が社会福祉制度を充実させてきた」⇒「近代社会の特徴の一つは(=主語)/社会福祉制度を充実させてきた ことだ (=述語)」など。

例えば、「近代社会の特徴の一つは、社会福祉制度を充実させてきたのは事実だ」=「近代社会の特徴の一つは(=主語)/社会福祉制度を充実させてきたのは(=主語)/事実だ(=述語)」⇒「近代社会の特徴の一つは(=主語)/社会福祉制度を 充実させてきたことだ (=述語)チャートを“読む力”はこうやって鍛える 」など。

2.3.文法的ミスを防ぐ方法

①動詞 :主に動作を表す。立つ、走る、読む、等。
②形容詞 :ものごとの状態や性質を表し、「〜い」となる言葉。美しい、等。
③形容動詞 :ものごとの状態や性質を表し、「〜だ」となる言葉。静かだ、等。
④「名詞+だ・であ る・です・ます (のような助動詞)」 :「彼は太郎だ」の「太郎だ=述語」など。

つまり、 述語は、主語の後(多くは点やマルの直前)にある、動詞・形容詞・形容動詞・「名詞+だ(助動詞)」 です。

(3) 主語と述語を確定させるときには、述語から確定させる :なぜなら、述語は文の最後(もしくは点の直前)にあることが多いので、簡単に見つけられるからです。

例えば、「ゾウは鼻が長い」の述語は、最後にある形容詞である「長い」。主語を探すときは「 長いのは何か? 」と考えます。そうすると「ゾウは長い」ではなく「鼻が長い」と分かります。

「私は彼が嫌いだ」の場合は、最後にある「嫌いだ(形容動詞)」が述語、「 嫌いなのは誰か? 」と考え、「私は(彼が=彼を)嫌いだ」と分かります。

2.4.文法問題集

「 中学 国文法まとめノート 」(受験研究社)
「 チャートを“読む力”はこうやって鍛える くもんの中学基礎がため100%中学国語 文法編 」(くもん出版)
「 くわしい国文法 中学1~3年 」(文英堂) チャートを“読む力”はこうやって鍛える
「 出口汪の新日本語トレーニング 」シリーズ(小学館)
「 はじめての論理国語 小1~6レベル 」(出口汪著、水王舎)

2.5.読書・30回音読

3.1.読解力とは

「読解力」とは、本や国語の問題文を読んだときに、「 文章の意味をより深く的確に理解できる能力 」のことです。

一方、「論理的読解力」とは、論説文・評論文などの論理的文章を読むとき、「 重要な部分(キーワードとキーセンテンス)とそうでない部分の区別が付き、テーマと主張を把握でき、各段落や文章がどういう役割(テーマ・主張・対比・体験談など)を果たしているか分かり、論理の流れ(筋道)を把握し覚えていられる能力 」のことです。

鈴木涼美の「文章」で食っていくための戦略|東大卒・AV女優から新聞記者を経て

鈴木涼美さんの写真

鈴木涼美さんの写真

新聞記者になった理由について語る鈴木さん。ここにもギャップを狙った彼女の生き方が垣間見える。「ずっと夜の世界にいたので、“昼の世界”で自分を洗浄しようと思い、新聞社に入りました。経歴ロンダリング(笑)夜臭が限りなく少ないところに行った方がいいなと。テレビよりも新聞、女性誌よりも経済紙みたいな。AV女優が選ばないところに行こうと思いました」

死ぬほど興味のないことも、いつか必ず自分の肥やしになる

人は興味あることってどんどんやっていけるけれど、 企業や学校でやりたくないことをやらされる経験は、自分自身に負荷をかける最高の機会 になる。興味のないところから、自分自身も見たことのない引き出しを開ける可能性もあると思います。

鈴木涼美さんの写真

文体は文よりモノを言う

よく、私の文章は「特徴的だ」とか「個性的だ」と言われることがあるのですが、文章を書くときに心がけているのが、「文体」から決めることです。 ー生に一度出会える一文になれるかどうかって、内容よりも「言い方」 チャートを“読む力”はこうやって鍛える だと思うんですよね。文体が文よりもモノを言うと思う。

鈴木涼美さんの写真

たくさん書いて、たくさん削る

削ることに対して、もっと勇気をもって欲しいですね。 何を書くかも重要だけども、何を書かないかって結構重要。 だから取捨選択ができてないと、本当に膨大に膨れ上がっちゃう。無駄がすごく多いと、やっぱり読んでもらえないんですよね。

本当に私が書く意味があるかを問い続ける

私はこういう知識があるからこれを書くんだとか、私はこれについてすごくこれを問いたいとか、これをリサーチするからこういう風に書かせてくれとか。 ほかの誰でもなく「私がそれについて書く意味がある」っていうふうに人を納得させるもの でなければならない。

【市況】 武者陵司「日本産業復活の神風、円安がやってきた!! (2)」<前編>

武者陵司(株式会社武者リサーチ代表)

  • ・武者陵司「日本産業復活の神風、円安がやってきた!! (1)」 (05/04)
  • ・武者陵司「“米国衰退論”誤りのみならず罪作り」 (04/19)
  • ・武者陵司の「ストラテジーブレティン」記事一覧
  • ・石黒英之(野村AM)が斬る! ―どうなる? 半年後の株価と為替― <GW特集> (05/03)
  • ・相場観特集スペシャル版・2022年後半相場の展望 松井証券 窪田朋一郎氏に聞く.. (04/29)
  • ・雨宮京子が読む!年中盤相場の展望と注目株 <GW特集> (05/03)
  • ・山岡和雅が年後半の為替相場を読む <GW特集> (05/03)
  • ・桂畑誠治氏【再び急落、試練の5月相場とその後の展望は】(1) <相場観特集> (05/09)
  • ・田部井美彦氏【再び急落、試練の5月相場とその後の展望は】(2) <相場観特集>(05/09)
  • ・【杉村富生の短期相場観測】 ─海外市場と違って、日本は打たれ強いぞッ! (05/08)

株探からのお知らせ

  • P会員限定!7月6日武者陵司氏セミナー開催
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月6日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=徳俵で粘りみせる旧マザーズ銘柄
  • チャートを“読む力”はこうやって鍛える
  • 気候変動対策を再評価、上昇気流に乗る「空の脱炭素化」関連株を狙え <株探トップ特集>
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月6日版
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月06日)
  • 5日と25日平均線【ゴールデンクロス】高ROE 16社 <テクニカル特集> 7月6日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ウエルシア、バイオ関連株、エーザイ
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月6日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月6日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=徳俵で粘りみせる旧マザーズ銘柄
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月6日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ウエルシア、バイオ関連株、エーザイ
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月06日)チャートを“読む力”はこうやって鍛える チャートを“読む力”はこうやって鍛える

お薦めコラム・特集

  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月6日版
  • 気候変動対策を再評価、上昇気流に乗る「空の脱炭素化」関連株を狙え <株探トップ特集>
  • 5日と25日平均線【ゴールデンクロス】高ROE 16社 <テクニカル特集> 7月6日版
  • 明日の株式相場に向けて=徳俵で粘りみせる旧マザーズ銘柄
  • 最大の消費国から石油在庫が流出、相場の不安定さ高める米政策 <コモディティ特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

[ブックレビュー]ビジネスシーンを牽引してきた藤田晋氏と堀江貴文氏の共著--「心を鍛える」

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items チャートを“読む力”はこうやって鍛える appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks チャートを“読む力”はこうやって鍛える of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 チャートを“読む力”はこうやって鍛える ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'チャートを“読む力”はこうやって鍛える CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'チャートを“読む力”はこうやって鍛える ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

授業中、我慢できずに騒いでしまう子どもに共通する親の子育て

「イクメン」は「父親」に脱皮できるだろうか(写真:アフロ)

「イクメン」という言葉が定着して久しいこのごろ。国も、育休の提供を積極的に企業に呼び掛けている。しかし、「父親の時間」を拡大された男性たちは、はたして「親」として効果的に機能しているのだろうか。

父親だからできる子育てとは、どのようなものなのか。また、子育ての本質を理解しないイクメンたちは、子どもたちにどのような悪影響を与えてしまうのか──。『イクメンの罠』(新潮新書)を上梓した、MP人間科学研究所代表・榎本博明氏にお話を聞いた。(聞き手:あきばた、記者兼プロカメラマン)

※記事の最後に榎本博明さんの動画インタビューが掲載されています。是非ご覧下さい。

──「イクメン」という言葉を耳にする機会が増えました。政府は男性の育児休暇取得率の目標を30%に引き上げるなど、男性の育休取得を促進する法改正も進められています。男性の育児参加が一つのブームとなりつつある昨今の流れについて、先生はどのようにお考えでしょうか。

榎本博明氏(以下、榎本):「ブーム」というのはとかく過剰になったり、歪んだりしやすいものです。特に行政主導で行うと、まず数値目標ありきで始まってしまいます。そうなると、数値を上げることだけに着目して、中身がスカスカの状態で運用することになってしまう。これは、あまり良くないことだと思います。

──会社から育休をもらっても何をすれば良いのかわからず、ただ休暇として消化したという話を耳にします。「休暇を与えるから育児に参加しなさい」というのは制度としてそもそも無理があるのでしょうか。

こちらはJBpress Premium会員(有料会員)限定のコンテンツです。
有料会員登録(月額 550円[税込]、最初の月は無料) をしてお読みください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる