バイナリーオプション取引

暗号資産

暗号資産
引用:TradingView

Patented The Two-tiered Digital Currency Platform DeCurret DCP Inc. (HQ: Chiyoda-ward, Tokyo Japan, President CEO: Satoshi Murabayashi, hereinafter "the 暗号資産 Company") is pleased to announce that it has been granted a patent for the "Two-tiered Digital Currency Platform" being considered by the Digital Currency Forum, for which the Company serves as secretariat. Patent No. Patent No. 70891暗号資産 43 暗号資産 Title of Invention Electronic Currency Management System Registration Date June 14, 2022 【Overview of the Two-tiered Digital Currency Platform】The Two-tiered Digital Currency Platform being considered by the Digital Currency Forum will link two areas, called the Common Area and the Business Process Area, to mint, transfer, and burn the Two-tiered Digital Currency DCJPY (tentative name).The Common area is the area where banks mint, transfer, and burn DCJPY, and provides functions for managing DCJPY balances and related operations, as 暗号資産 well as a mechanism for banks to link with other systems. When using DCJPY, deposits are

暗号資産CFD取引サービス開始のお知らせ

暗号資産CFD取引は、暗号資産を対象とした差金決済取引です。当社が現在提供しておりますFX取引と同様に、レバレッジを利用した売買が可能となります。また、特長の一つとして、土曜日、日曜日もマーケットが開いているため、24時間、365日お取引が可能となります。
取扱う暗号資産は「ビットコイン(BTC)」「エックスアールピー(XRP)」「イーサリアム(ETH)」の3種類です。各暗号資産に対し対円銘柄と金融商品取引業者では初となる対米ドル銘柄の取扱いがあり、合計6銘柄をお取引いただけます。また、最小発注数量は約15円程度からお取引頂ける一方で、保有建玉上限についてはBTC/JPYの場合、500BTCまで可能であり、初心者の方から上級者の方までご満足いただけるサービススペックを実現致しました。また、FX専業会社での暗号資産CFD取引の取扱いは本サービスが国内初となります。
配信スプレッドにつきましても、これまで当社がFXビジネスで培ってきたサービスノウハウを最大限に活かしたレートにて提供予定です。

<本サービス概要> 暗号資産 暗号資産
カテゴリ ビットコイン
(BTC)
エックスアールピー
(XRP)
イーサリアム
(暗号資産 ETH)
銘柄
(対ドル銘柄もお取引可能)

BTC/JPY
BTC/USD

XRP/JPY
XRP/USD

ETH/JPY
ETH/USD
取引時間 7:00~翌6:30
※臨時メンテナンス時は除く
レバレッジ 最大2倍
注文種類 2Way、成行・指値・逆指値・IFD、OCO・IFDOCO
手数料 無料※1別途レバレッジ手数料は発生致します。
最小発注数量 (業界最小水準) 0.暗号資産 0001BTC 1XRP 0.001ETH
最小発注数量(円換算※2)約60円 約15円 約20円
保有建玉上限 (業界最大水準) 500BTC 10,000,000XRP 10,000ETH
取引ツール WEB、スマートフォンアプリ

<スマートフォンアプリ>
サービスリリースに合わせ、スマートフォンアプリ「暗号資産CFD」(iPhone及びAndroid)を本日公開致しました。「シンプルかつ直感的な操作性」はそのままに、初心者から上級者までご納得頂けるアプリを実現致しました。特に「SBI FXTRADE-2020」アプリをご利用のお客さまにおきましては、使い慣れた操作性で暗号資産CFDをお取引いただけます。また、米ドル円の価格を参照価格として表示しており、タップすることで、外国為替証拠金(FX)暗号資産 取引アプリ「SBI FXTRADE-2020」へのシームレスな遷移も実現致しました。(※SBI FXTRADE-2020」のダウンロードが完了していない場合はダウンロード画面へ遷移します。)

※iPhoneはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Android(TM)は、Google Inc.の商標または登録商標です。

<WEB版取引サイト>
FX取引画面のユーザーインターフェイスと同様に、「チャート」「ディーリングボード」「銘柄別のプライス」が1画面に内包されており、上級者にもご納得いただける取引ツールを実現しました。また、PC・スマホを問わずご利用いただけます。これまでFX取引でお取引のご経験があるお客さまにもご満足頂ける仕様となっております。

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

SBI 暗号資産 FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:
一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

Patented The Two-tiered Digital Currency Platform DeCurret DCP Inc. (HQ: Chiyoda-ward, Tokyo Japan, President CEO: Satoshi Murabayashi, hereinafter "the Company") is pleased to announce that it has been granted a patent for the "Two-tiered Digital Currency Platform" being considered by the Digital Currency Forum, for which the Company serves as secretariat. Patent No. Patent No. 7089143 Title of Invention Electronic Currency Management System Registration Date June 14, 2022 【Overview of the Two-tiered Digital Currency Platform】The Two-tiered Digital Currency Platform being considered by the Digital Currency Forum will link two areas, called the Common Area and the Business Process Area, to mint, transfer, and burn the Two-tiered Digital Currency DCJPY (tentative name).The Common area is the area where banks mint, transfer, and burn 暗号資産 DCJPY, and provides functions for managing DCJPY balances and related operations, as well as a mechanism for banks to link with other systems. When using DCJPY, deposits are

【仮想通貨】Luna(Terra/テラ)とは?将来性やステーキング・今後の見通しを徹底解説

Lunaチャート

引用:TradingView

2020年9月を起点に、出来高(取引量)が急激に伸びていることがわかりますね。

この時期には、 Luna(Terra/テラ)の決済手段として米ドルなどの法定通貨にペッグしたステーブルコインを発行することを発表 しており、その期待感より出来高が上昇していると考えられています。

2021年~現在(2021年11月)

LUNA チャート

引用:TradingView

2021年に入り、大きく分けて3回の価格上昇を見せています。

同年3月の価格上昇は 新規預金サービス「Anchor」をローンチ したことが影響しているでしょう。

3月1日の安値となる4.98ドルから、22日にはおよそ22ドルもの高値をつけました。

3月以降は仮想通貨相場の地合いが悪い影響で5ドル付近のボックス相場が続きますが、7月あたりから2度目の高騰を見せ始めます。

7月当初は高値でも6.6ドル程度であった価格が、年末にはおよそ91ドルにまで成長し、半年間で約13倍もの成長を見せました。

9月に新規プロジェクト「ProjectDawn」を発表したことや、新たな法定通貨にペッグしたステーブルコインをCoinbaseやBINANCEなどの取引所に上場させたことが2回目の高騰につながったのでしょう。

さらに、2022年に入り3回目の高騰を見せたLuna(Terra/テラ)でしたが、5月には既存価値より99%以上も下落してしまいます。

TerraUSD (UST)はLuna(Terra/テラ)を準備金として保有しているのが特徴的 です。

もしUSTが0.9ドルで販売されていれば0.9ドルで売却して、Lunaに交換すれば時価として1ドル分もらえるような仕組みを採用して連動性を保っていました。

しかし、5月に入りUSTの価格はドルとの連動が図れなくなり、1ドル付近の価格から10日には0.7ドルにまで下落します。

連動性を保てなくなったステーブルコインは価値がないため徐々に下落し、さらに準備金としての価値も無くなったLuna(Terra/テラ)も売却されるようになりました。

2022年5月時点のLuna(Terra/テラ)の価格は約0.0002ドルですが、何らかのアクションがなければ価値を戻すのは難しいでしょう。

Luna(Terra/テラ)の今後の見通し

各種取引所への新規上場

流通量の少ないアルトコインは、 大手仮想通貨取引所に上場した際に価格が高騰することが多い です。

Luna(暗号資産 Terra/テラ)も例に漏れず、海外の大手仮想通貨取引所であるBinanceやCoinbaseにステーブルコインが上場したタイミングで大きくその価格を上げています。

新規プロジェクトの開発や提携サービスの開始

先程紹介したように、Luna(Terra/テラ)はステーブルコインの発行以外にもさまざまなDeFiサービスを展開しており、新たなサービスを発表するたびに価格は上昇しています。

たとえば、2021年3月にはレンディングサービスの「Anchor」をリリースしていますが、このタイミングで Luna(Terra/テラ)の価格は約3倍程度まで上昇 しています。

特に、ステーブルコインは法定通貨に代わる決済手段として大きな注目を浴びているので、今後のLuna(Terra/テラ)のニュースリリースには大きく注目しておく必要がありそうです。

ステーブルコインの規制強化

価格の安定性を実現していることから、メリットの非常に大きいステーブルコインですが、実は 各国の金融当局が規制の動きをみせているという話があります。

2021年10月1日に発行された米ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、バイデン政権がステーブルコインの発行元に対して銀行と同等の制限をかけることを検討しているようです。

G20やIMF(国際通貨基金)でも同様の議論が交わされており、Luna(Terra/テラ)を含むステーブルコインにとっては苦難の日々が続くことになりそうですね。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Luna(Terra/テラ)の購入方法

しかし、国内にある仮想通貨取引所ではLuna(Terra/テラ)の取り扱いはなく、 今すぐLuna(Terra/テラ)を購入したい場合は海外の取引所で売買をする必要があります。

  • 国内の仮想通貨取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入
  • 購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金
  • 海外取引所でLuna(Terra/テラ)を購入

海外の仮想通貨取引所は法規制や詐欺などのリスクが高い ため、どうしても取引をしたい場合は慎重に手続きをおこなうようにしてください。

国内の仮想通貨取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入

二度手間のような気もしますが、海外の仮想通貨取引所で使用可能な「通貨」として、まずは 国内の仮想通貨取引所で口座開設をおこない、ビットコインや イーサリアム のようなメジャー通貨を購入しましょう。 暗号資産

おすすめの国内取引所は、 仮想通貨の出金手数料が無料のDMM BItcoin です。

引用:DMM BItcoin

現物取引(銘柄数)販売所形式:○(12銘柄)
取引所形式:×
レバレッジ取引(銘柄数)○(23銘柄)
最小発注数量
(ビットコインの場合)
販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料
(ビットコインの場合)
販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
※BitMatch注文を除く
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM BItcoin公式サイト
関連記事DMM BItcoinの評判

BitMatch注文によるコスト削減

BitMatch注文はDMM BItcoinにおける仮想通貨の注文方法 です。

販売形式とオークション形式を複合させた注文方法で、スプレッドを気にせずに取引できるようになります。

・アルトコインのレバレッジ取引にも対応

DMM BItcoinでは上級者向けにレバレッジ取引も用意されています。

アルトコインのレバレッジ取引をおこなうことで、うまくいけば大きな利益を狙える可能性 もあります。

ただし、 利益が大きくなる分、損失の計上も大きくなるので、リスクを十分に考慮したうえで利用 しましょう。

Luna(Terra/テラ)暗号資産 を購入するために、まずはDMM BItcoinで口座開設しましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金

海外取引所への送金

国内取引所で仮想通貨を購入したら、Luna(Terra/テラ)を購入できる海外取引所に送金しましょう。

海外の仮想通貨取引所は、本人確認書類の提出が必要ないなど国内取引所と比較すると手続きが少ないです。

口座開設が簡単である反面、取引時のリスクも高い ので、もし取引をしたいのであれば慎重に手続きを進めるようにしてください。

海外取引所でLuna(Terra/テラ)を購入

繰り返しになりますが、 海外仮想通貨取引所は詐欺のリスクや法規制の問題から、当記事では口座開設や取引をおすすめしていません。

もし、海外取引所を利用するのであれば、必ず 「自己責任」 でおこなうようにしてください。

手順が理解できた方は、 ぜひDMM BItcoinでの口座開設から始めてみましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Luna(Terra/テラ)のよくある質問

ステーブルコインに注目が集まっている理由は?

ステーブルコインは、仮想通貨の欠点を保管する「ある特徴」を有していることから、現在多くの注目を集めています。

それは、「ボラティリティの小ささ」です。

仮想通貨は、ブロックチェーンなどの独自既存を駆使することで金融機関を介さずに決済や送金をおこなうことができますが、価格変動が法定通貨に比べて極めて激しく、通貨としての価値は正直な所まだありません。

しかし、Terraを含むステーブルコインは、 価格変動の少ない法定通貨にペッグすることで仮想通貨のこの弱点を補完することができるのです。

仮想通貨で得た収益に税金は発生するの?

仮想通貨の売却益は、「雑所得」として課税対象になります。

雑所得は、合計で20万円を超えると税務署で確定申告が必要になるため、投資金額が高額の方は特に注意が必要です。

なお、 仮想通貨のマイニングで得た報酬や仮想通貨同士を取り引きした際にも雑所得は発生します。

海外取引所を利用するリスクは?

Luna(Terra/テラ)は2022年現在 国内の主要な仮想通貨取引所での取り扱いはありません。

海外の仮想通貨取引所には複数上場しており、国内取引所を通じてLuna(Terra/テラ)暗号資産 を保有することはできますが、当サイトでは以下の理由により海外取引所を介した仮想通貨の売買をおすすめしていません。

Luna(Terra/テラ)が数年後、国内取引所に新規上場する可能性は十分に考えられるので、リスクを考慮したうえで投資のタイミングを検討するようにしてください。

やはり国内取引所の方が安心して取引できるので、まずはDMM BItcoin公式サイトを確認しておきましょう。

\ もれなく2000円プレゼント中! /

Luna(Terra/テラ)のまとめ

  • Luna(Terra/テラ)は、韓国初のステーブルコイン開発プロジェクト
  • 各国の法定通貨にペッグしたステーブルコインを複数発行している
  • ステーブルコインの他に2種類のガバナンストークンが存在
  • 現在様々なプロジェクトを開発中であり、今後の価格上昇が期待されている
  • 国内の取引所には現在上場していないため、海外取引所での口座開設が必要
  • 国内の仮想通貨取引所で口座開設するなら DMM BItcoinが使いやすい

Luna(Terra/テラ)は2022年5月に暴落を見せましたが、プロジェクト自体は有意義なため、今後本来の価値にまで価格を戻す可能性もあります。

2021年現在、Luna(Terra/テラ)を取り扱っている国内取引所は存在せず、購入したい方は海外取引所での口座開設が必要です。

詐欺やハッキングのおそれがあるため、当サイトでは海外取引所の利用を推奨していませんが、どうしてもすぐにLuna(Terra/テラ)を取り引きしたい方は、まずは 仮想通貨の出金手数料が無料の「DMM BItcoin」を利用してください。

Patented The Two-tiered Digital Currency Platform DeCurret DCP Inc. (HQ: Chiyoda-ward, Tokyo Japan, President CEO: Satoshi Murabayashi, hereinafter "the Company") 暗号資産 is pleased to announce that it has been granted a patent for the "Two-tiered Digital Currency Platform" being considered by the Digital Currency Forum, for which the Company serves as secretariat. Patent No. Patent No. 7089143 暗号資産 Title of Invention Electronic Currency Management System Registration Date June 14, 2022 【Overview of the Two-tiered Digital Currency Platform】The Two-tiered Digital 暗号資産 Currency Platform being considered by the Digital Currency Forum will link two areas, called the Common Area and the Business Process Area, to mint, transfer, and burn the Two-tiered Digital Currency DCJPY (tentative name).The Common area is the area where banks mint, transfer, 暗号資産 and burn DCJPY, and provides functions for managing DCJPY balances and related operations, as 暗号資産 well as a mechanism for banks to 暗号資産 link with other systems. When using DCJPY, deposits are

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる