テクニカル指標

FXのテクニカル分析とは

FXのテクニカル分析とは
フォーランドフォレックス 高機能チャートサービスDRV分析チャートが無料で使える。取引ツールの充実度は一番。

トレードツールで選ぶなら

チャート

GMOクリック証券 話題の外為オプションとは15分後に為替相場が円高か円安かを当てるだけと簡単です。1口100円〜と低料金。

ブラウザ取引画面

マネックスFX 信頼性が一番あるのでじっくりとFXに向かえます。サーバーの安定度も高いため相場が急変しても対応できます。

取引画面

DMM FX チャートを始め取引ツールは自分好みにカスタマイズが可能。サクサク取引をしたい方におすすめです。

FXトレーディングシステムズ

FXのテクニカル分析とは FXブロードネット スペック重視のトレーダーにおすすめ。トレードツールは常にバージョンアップを繰り返しています。

みんなのFX

みんなのFX トレードツールは使いやすく一画面にプライスパネルからチャート、注文画面などを同時表示。

DRV分析チャート

フォーランドフォレックス 高機能チャートサービスDRV分析チャートが無料で使える。取引ツールの充実度は一番。

ローソク足

過去の流れをチャートから掴む

テクニカル分析のコツ

ファンダメンタル分析も必要?

目標価格と期間を予想する

トレンド系とは

為替相場が 上向き か 下向きか を表します。基本のローソク足や移動平均線、ボリンジャーバンドなどが代表的な指標です。

オシレーター系とは

一定期間の値動きを数値かして 売られ過ぎ や 買われ過ぎ を判断します。RSIやストキャスティクス、MACDなどが代表的です。

人気ランキングをチェック

インヴァスト証券 スプレッド縮小中。システム稼働率100%で安心。チャートの種類は50種類以上と豊富。
スプレッド
(FX24)
ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
1.0銭原則固定 1.6銭原則固定 2.0銭原則固定 2.4銭原則固定
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
2.5銭原則固定 2.9銭原則固定 3.0銭原則固定 12
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 自分で設定可能
DMM.com証券 キャンペーン情報が豊富なので人気が高いDMM。操作性がいい取引ツールは自分好みにカスタマイズ可能。チャートを見ながらつぶやくこともできます。
スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.3銭原則固定 0.6銭原則固定 0.7銭原則固定 1.1銭原則固定
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
1.5銭原則固定 1.7銭原則固定 1.8銭原則固定 20
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍
マネーパートナーズ 安定性がシステムでストレスのない取引を実現。リアルタイムでのチャート、テクニカル指標表示が可能。レート表示やチャート分析のカスタマイズもできます。約定拒否なし、スリッページ0。 FXのテクニカル分析とは FXのテクニカル分析とは
スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.5銭原則固定(コアタイム8:00~翌3:00) 1.FXのテクニカル分析とは 1銭原則固定(コアタイム8:00~翌3:00) 1.2銭原則固定(コアタイム8:00~翌3:00) 1.9銭原則固定(コアタイム8:00~翌3:00)
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
2.4銭原則固定(コアタイム8:00~翌3:00) 3.8銭原則固定(コアタイム8:00~翌3:00) 3.8銭原則固定(コアタイム8:00~翌3:00) 13
手数料 レバレッジ 約定率約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 100% なし
FXトレーディングシステムズ 最先端のトレードシステムは心地よいレスポンスを実現。低スプレッドのブロードコースならスプレッド0銭台を実現。1000通貨単位〜取引できます。 FXのテクニカル分析とは
スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.3銭 0.8銭~1.2銭 3.6銭 4.7銭〜4.9銭
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
4.8銭 4.8銭 3.8銭~6.0銭 24
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 自分で設定可能
マネックスFX システム稼働率100%の安心感。チャートはカスタマイズ可能で、チャートをお好みの色に変えたりトレンドライン(傾向 線)や水平線などの直線を自由に引くことができます。シグナル配信あり。

DMM FX チャート機能が充実。取引ツールはカスタマイズ可能。低スプレッドも◎。 GMOクリック証券 原則固定のスプレッドでFX年間取引高No.1を獲得。使いやすい取引システムが魅力。 FXブロードネット 米ドル円スプレッドが0.5銭〜0.FXのテクニカル分析とは 9銭。口座開設で5000円キャッシュバック。 みんなのFX 取引ツールが充実していて使いやすい。チャートも見やすく◎。キャッシュバックあり。 外為ジャパン モバイル環境が充実。スプレッドが低くて◎。キャンペーンあり。

FXテクニカル指標とファンダメンタルズ分析の意味と使い方

テクニカル指標


テクニカル指標は世界中のトレーダーがトレードの参考として利用しており、
為替相場の値動きに与える影響も大きいです。

そして、
世界経済の景気や金利状況、各国の政治状況等の社会的ニュースから
為替相場の値動きを分析するのが「ファンダメンタルズ分析」です。

FXテクニカルファンダメンタル


ファンダメンタルとテクニカルは密接に関係しながらも、
うまいバランスでトレード材料として利用していくべきです。

テクニカルとファンダメンタルの使い方

個人トレーダーテクニカルとファンダメンタル


とはいえ、ファンダメンタル的な要素も常にチェックしてトレードします。

為替相場は世界中のトレーダー達の総意の中で値動きをつくっていきます。
その市場参加者達の「総意ができる仕組み」をアルゴリズム化したものがテクニカル指標です。

結果として相場が向かっている方に、
事実を確認してからトレードで乗っかって利益を取るのが、
個人トレーダーの利益の出し方だと思います。

テクニカル指標の種類と意味

テクニカル指標

トレンド系テクニカル指標

トレンド系の代表的なテクニカル指標。
ロウソク足の本数ごとに値動きの平均線を引いていきます。
世界中で一番利用されているテクニカルなので、精度も高いです。

オシレーター系テクニカル指標

2本以上の移動平均線を用いて売買シグナルを表示させるテクニカル。
相場のトレンド反転タイミングを判断するのに適している。
だましが少なく根強いファンが多いとされています。

移動平均線を中心に3本のバンド(線)を上下に表示して
値動きの上限下限目安を表示するテクニカル指標。
トレンド系テクニカル指標ともいえる側面があります。

ファンダメンタル分析の掴み方

相場はテクニカルに沿ってファンダメンタルで動く

対してファンダメンタル要素である経済指標発表やニュース材料等は、
「為替相場にボラティリティを生みだす刺激を与えるもの」と認識しています。

テクニカルとファンダメンタルの先にあるもの

しかしトレードを継続していけば、
こういった情報もどんどん簡単に理解できるようになりますし、
新しくインプットする情報もどんどん少なくなっていきます。

トレードの経験を積んでいき実力がついてくると、
同じようなファンダメンタル的ニュースや
テクニカルのクセ通りの値動きが
一定の周期で繰り返されていることに気づきます。

“FXテクニカル指標とファンダメンタルズ分析の意味と使い方” への4件のフィードバック

いつも動画参考にさせていただいてます。
https://twitter.com/fxmaniakku1
リスクリワードについてなのですが画像の通り、Aでエントリーした場合が一番リスクリワードが良く、Bでエントリーした場合は1:1ぐらい、Cはリスクリワードが一番悪いです。
それで、世間一般的にリスクリワードが良い所でエントリーしましょうと言われる理由はA,B,Cでエントリーしたとしても損切りにかかる可能性はA,B,Cのどれも同じくらい(当然Aが損切りラインに近いので多少は損切りにかかる可能性は高い)だが、得られる利益は全く違う(AとCを比べるとAは3倍も得られる)からでしょうか?
ここで重要なのは損切りにかかる可能性がA,B,Cがあまり違わないことかなと。
だから、リスクリワードの良い所でエントリーしましょうと言われるのでしょうか?
リスクリワードの良い所でエントリーしなければならない理由がこれかなと思いました。

いただいたツイッターの画像のエントリータイミングなんですが、
僕であれば、
その時間軸のチャートよりも更に短い時間足チャートを見て、反発上昇の動きを確認して、タイミングを計ってエントリーするようにします。

リスクリワードの話のあくまでも僕の解釈なんですが、
単に損切りラインに引き付けてエントリーすれば、リミットPIPSと比べてストップPIPSの方が小さくなり、資金効率が良くなると思います。
そういう意味で言われてるんじゃないかと思います。

バイナリーオプションにおけるテクニカル分析とは?取り入れて取引の幅を広げよう

トレンド系のインジケーターとは文字通りトレンドの方向性・強さを視覚化したインジケーターです。「ボリンジャーバンド」と「移動平均線」あたりが有名です。
それに対してオシレーター系インジケーターとは、相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を視覚化したインジケーターです。「RSI」や「ストキャスティクス」、「MACD」、「CCI」あたりが有名です。
「どのインジケーターを使えば良いか全くわからない・・・」
という方は、まず「RSI」、「ボリンジャーバンド」、このあたりから使ってみることをオススメします。
なぜなら、使い方もシンプルですし、勝率もある程度高いからです。
まずは、ネットに書いてある手法でも良いので、実際に使ってみて、そこから自分オリジナルの手法を見つけてテクニカル分析をしていきましょう。

テクニカル分析その3:ライン

最後にラインについて解説していきます。
ラインを使ったトレードをする人を「ライントレーダー」とも言われます。
現状、ライントレーダーは非常に多いです。

テクニカル分析でさらに勝率を上げる方法とは

テクニカル分析でさらに勝率を上げるには

結論から言うと、 「まず1つの分析方法を極める」 ことです。
多くのことを学ぼうとする姿勢は非常に大切ですが、一気に学ぼうとすると、中途半端になってしまう傾向にあります。

バイナリーオプションでテクニカル分析をする際の注意点

バイナリーオプションでテクニカル分析をする際の注意点

インジケーターを使い過ぎない

1つ目は インジケーターを使い過ぎないこと です。

多くの人が、
「インジケーターを多く使う → 根拠が強くなる → 勝率が上がる」
と思っていますが、これは大きな間違いです。
インジケーターを多く使うことで、条件が厳しくなり、エントリーチャンスが厳選されることは間違いないですが、それと勝率が上がるのとイコールではありません。
逆に、インジケーターを使い過ぎることで、エントリー回数も少なくなり、勝率も下がるなんてこともあり得るのです。
まずは、1つのインジケーターを極めることをオススメします。1つのインジケーターだけでも、しっかり分析すると十分高い勝率を出すことができるようになります。

自分の勝率を理解する

2つ目は、 自分の勝率を理解すること です。
テクニカル分析をしてトレードしていくのであれば、自分の手法を理解してからトレードすることが大切です。

ネットで検索するとバイナリーオプションのテクニカル分析を使った手法がたくさん落ちています。
記事によっては、勝率90%!!と書いていることがあります。
バイナリーオプションで勝率80%、90%の手法なんてないので絶対に信用してはいけません。
ちなみに、バイナリーオプションで有名な手法であるRSI(14)の30/70での逆張りは過去の相場で勝率56%程度です。
これを知らずにトレードしていると、痛い目に遭います。しっかりテクニカル分析を行ってトレードしていればお金が稼げるようになるのに、自分の勝率を理解せずに勝率80%、90%という高い勝率を出そうとすると、テクニカル分析を無視してトレードしてしまい、お金を失ってしまうので非常に危険です。
これはテクニカル分析する以前に非常に大切なことですので、必ず自分の勝率を理解しておくことが大切です。

・テクニカル分析とは、チャートを見て、インジケーターやラインなどを使って今後の相場を予想する分析方法である。
・バイナリーオプションでは、テクニカル分析だけで十分稼げる。ただ、基本的なファンダメンタルズの知識を頭に入れておくと良い。
・テクニカル分析の方法は、基本的に「ローソク足」、「インジケーター」、「ライン」の3種類である。まずは1つずつ極めよう。
・テクニカル分析をする際の注意点は、「インジケーターの使いすぎないこと」と「自分の勝率を理解すること」である。

テクニカル

移動平均線とは 移動平均線とは、一定期間の平均価格を線で結び、価格のトレンドの方向性や強さを見るためのテクニカルです。 移動平均線の種類 移動平均線には何個か種類があります。 単純移動平均線(SMA) 加重移動平均線(FXのテクニカル分析とは WMA) 指数平滑移動平均線(EMA) 何種類かあるのですが、どれを使っても大丈夫だと思います。 移動平均線の計算方法 ここでは自分も使っている単純移動平均線(SMA)ですが、計算方法はその期間の終値の平均を期間で割った数になります。 例えば5日移動平均線の計算式は(直近の終値+1日前の終値 .

テクニカル分析にて市場心理を読み取る

テクニカル分析に最おいても大切なことは市場心理を読み取ることです。どのように読み取るのかを説明していきます。 テクニカル分析とは テクニカル分析とは、チャートやインジケーターを使い、過去の値動きから相場を予測するものです。 たくさんのインジケーターやオシレーターがありますが、これまで自分が勉強してきた中で、必要だと思うテクニカル分析のみを記載しようと思います。 ちなみに自分はローソク足とEMA(単純移動平均線)と移動平均線乖離率を使用しています。 ローソク足から読み取る市場心理 まずはローソク足から読み取 .

【徹底解説】FXトレードにおけるピラミッディングのメリット・デメリット

有名なトレーダーである、ジェシー・リバモアやジョージソロスなどが駆使していたピラミッディング。このメリット・デメリットを考察していこうと思います。 FXトレードはXMを使っています。 ピラミッディング (積み増し)とは そもそも ピラミッディング とは何か?という部分から入っていこうと思います。 ピラミッディング とは、簡単に言うとポジションを分割してエントリーし、思想通りに相場が動いたらポジションを増していく取引手法のこと 「ちょっと何を言っているのかわからない」という人もいると思うので、絵で説明します .

FXトレードにおけるローソク足の見方と意味。チャートから何を読み取るのか

ローソク足とは 今日はローソク足の見方について、アウトプットしていきたいと思います!✨ まず、ローソク足とは何か? ローソク足とはこのようなものです で、これが何を表しているかというと このようにどこから始まって(始値)どこまで下に下がって(安値)どこまで上に上がって(高値)どこで終わったか(終値)ということが分かります 動きのイメージとしてはこのような感じになります なのでこのローソク足は売買の需給を読むグラフのようなものになってきます✨ この上の図のパターンだと終値を境目に とこのようになります この .

テクニカル分析とは?FX初心者におすすめの手法と注意点についても解説

LINE

送る

誰しも、最初は手法探しの旅に出かけるものです。
今回は、そんなFX初心者におすすめのテクニカル分析について解説したいと思います。

FXで使用する2つの分析方法

負けないFX

それが「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」です。
それぞれどのような分析なのか、詳細を説明します。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、経済状況や金融政策、政治などを分析して相場を予測する分析手法です

テクニカル分析

テクニカル分析は、過去の価格推移を元に、様々な手法を用いて相場を予測する分析手法です

テクニカル指標とは?主要なものを紹介

負けないFX

テクニカル指標には、大きく分けて「トレンド系」と「オシレーター系」があります。
相場の方向性を判断するテクニカル指標を「トレンド系」、相場の過熱感を判断するテクニカル指標を「オシレーター系」といいます

トレンド系

移動平均線

移動平均線は、設定した期間の平均価格を線でつなぎ、折れ線グラフで表したものです
移動平均線の向きにより、トレンド方向を把握する事ができます。

一目均衡表

一目均衡表は、「買い」と「売り」のどちらが優勢かを一目で知る事が出来る分析方法です。
基準線、転換線、先行スパン、遅行スパンという複数のラインで構成されます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差によってトレンドを把握します。

また、ボリンジャーバンドの形状にも注目する必要があります。
価格の変動により、特徴的なボリンジャーバンドの形状が作られます。
その形状により、相場の状態を把握する事が出来ます。

オシレーター系

RSIは日本語に訳すと相対力指数といい、全体の相場変動に対して、上昇幅がどの程度占めているかを計算しています

MACD線とシグナル線のクロスによりエントリータイミングを見極め、ヒストグラムによりトレンドの強弱や方向性が判断できますので、オシレーター系とトレンド系の両方を併せ持つ指標と言えるでしょう

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、一定期間の高値と安値に対して、現在の価格がどのくらいの位置にいるかを数値化したものです

テクニカル分析の注意点

負けないFX

相場に絶対はない

テクニカル指標で表示されるすべてのシグナルが絶対というわけではありません

8割はランダムなのでわからないが、残りの2割で勝負する、という気持ちで臨むくらいが良いかも知れません。
優位性の高いエントリーポイントが来るまで、とにかく待つ事が重要です。
エントリーに失敗した場合は、負けを認めて、ルール通り損切りをして仕切り直しましょう。

相場の「ダマシ」に気をつける

誰しも1度は「ダマシ」を食らったことがあるのではないでしょうか。
ダマシとは、予測した方向に行くと見せかけて、逆方向に価格が進んでいく事を言います。

テクニカル指標には、それぞれ得意不得意が存在します。
RSIやストキャスティクスなど、レンジ相場で威力を発揮するオシレーター系の指標をトレンド相場で使用したりすると、ダマシを食らう可能性が高いでしょう。
相場の状況に合わせて、使用するテクニカル指標が機能しやすいかを見極める必要があります。

初心者におすすめのテクニカル分析手法

負けないFX

①移動平均線(トレンド系)

移動平均線は、その向きによってトレンド方向がひと目で把握出来る為、初心者でも分かりやすく扱いやすい指標といえます。

また、移動平均線のゴールデンクロス、デッドクロスをエントリーポイントとして使う事が出来ます

移動平均線のパーフェクトオーダーが出た時は、トレンドフォロー(順張り)の大チャンスです。
具体的にどのように見ていくかについては、下記記事で解説しています。

②RSI(オシレーター系)

RSIは、0%から100%の数値で「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する、初心者でも比較的使いやすい指標です。

それぞれの指標には弱点がある

テクニカル分析を体系的に学習できるおすすめ本

負けないFX

FXを体系的に学びたい!」という方のために、FX初心者におすすめできる、FXを体系的に学べる書籍を紹介します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる