概要

レバレッジとは

レバレッジとは

※引用:モーニングスター

FXのレバレッジとはどういう意味?【その仕組みを分かりやすく解説】

FX初心者向け

レバレッジはFXの最大の特徴でありメリットと言っても過言ではありませんが、その意味や仕組みについて正しく理解できていない初心者の方も多いのかと思います。

FXのレバレッジとは何か?

レバレッジとは?

現物取引で考えると10万の資金しか用意できない人は10万円の取引しかできませんが、このFXのレバレッジの仕組みを利用すれば10万円しか用意できない人でも100万分・1,000万分、さらには1億分の取引も可能です。

「10万円しか持っていない人が100万円の商品を買うこと」

レバレッジは借金をしているという勘違い

「10万円の資金しかないのに100万分の取引ができるということは、差額の90万円は借金するってことなんじゃないの?」

ですが、これは全くの勘違いで間違った認識なので、レバレッジをかけたからといって借金になるわけではありません。

なぜ手持ちの金額以上の取引(=レバレッジ)ができるのか?

FX=証拠金取引だから

『少額の証拠金をFX業者に預け、それを担保にその何倍もの元本があると想定して外国通貨を売買する取引』

つまり、あなたが入金したお金は「証拠金(≒担保)」として預けるのであって、決してそのお金を使って売買しているのではないというのがポイントです。

FXとは現物の取引は行われない「差金決済取引」である

と言う、 売買で生じた損益の差だけを取引する という取引方式だからです。

【商品(外貨)そのもの】が欲しいのではなく売り買いした時の【差額】が欲しい訳で、差額を発生させるために買ったものは必ず売ります。

ですから、現物取引(普通の買い物)だと何かを買う時にはまずその代金全額を用意する必要がありますが、「差金決済取引」は取引時における現物の受け渡しがないのでお金を全額用意する必要がないのです。

「3万円のみの受け渡しをする」

「証拠金取引≒差金決済取引」

レバレッジのメリット・デメリット

レバレッジのメリット

「少ない元手(=証拠金)で大きな金額の取引ができるので大きく儲けられる」

一方、FXでは「差金決済取引」のおかげで、自分の資金が10万円という少額しかなくても何百万・何千万分の取引を簡単にさせてもらえるので、大きなお金で取引ができる分、儲けられる額も大きくなります。

レバレッジのデメリット(リスク)

リターンとリスクは同じ倍率ですので、大きく儲けられる可能性がある反面、大きく損してしまう可能性もあるということです。

1ドル=101円に上昇した場合、「+1,レバレッジとは 000円」の利益
1ドル=99円に下落した場合、「-1,000円」の損失

1ドル=101円に上昇した場合、「+3万円」の利益
1ドル=99円に下落した場合、「-3万円」の損失

レバレッジをかけて大きく負けた場合どうなるのか?

「強制ロスカット制度」によって大きく負けても証拠金以上の損失は発生しない

では、もしレバレッジをかけすぎて自分が入金した証拠金以上の大きな損失を出してしまった場合、その損失分を支払わなければならないのでしょうか?

この場合、差額の「-10万円」をFX業者に支払う必要があるのでしょうか?

これを「強制ロスカット」と言います。

物凄く簡単に言うと、10万円の証拠金があった場合、8万円以上の含み損を抱えた瞬間に強制ロスカットされるということです。
(※実際の証拠金維持率の計算はもうちょっと複雑ですが、イメージ的にはこうです)

なぜ強制ロスカットの仕組みがあるのか?

強制ロスカット制度によってトレーダーに証拠金以上の損失を出さないようにさせるのは、トレーダーを守ると言う理由はもちろんのこと、FX業者を守るためでもあるということです。

但し、強制ロスカットが間に合わず証拠金以上の損失(≒借金)を被る可能性もあるので要注意

「証拠金の範囲内に抑えてくれる」

海外FX業者を使えば証拠金以上の損失(≒借金)を被ることは絶対にない

先ほど強制ロスカット制度があっても安心ではないという説明をしましたが、これは国内FX業者を使った場合のみのケースです。

その損失(=未収金)は海外FX業者が背負ってくれますので、あなたはいかなる時も常に証拠金の範囲内でしか損をしないということになります。

レバレッジの倍率よりも大事なこと

大事なのはレバレッジの倍率の大小よりも、1トレードあたりの損失許容額を決めること

「あなたが1トレードあたりどれだけの損を許容するのか?」

「1回のトレードにおいて、証拠金に対していくらの損失を許容するか」

レバレッジは10倍かけていますが、仮に自分の思惑とは反対方向にレートが動いても20pips下で損切りされますので、損失額は必ず自分が決めた「-2,000円」になります。

レバレッジを50倍かけているので危険なように感じられますが、先ほどと同じく自分の思惑とは反対方向にレートが動いても20pips下で損切りされますので、損失額は必ず「-1万円」となり、自分が決めた損失許容額以上になることはあり得ません。

初心者向けのFXサイトは間違った情報が多いので要注意

「1トレードあたりどれだけの損を許容するのか?」

その人にとってみれば最初から損失額は分かりきっており、仮に負けた時にそれだけの損失額が出ることを覚悟して勝負している訳ですから、そこに危険もクソもないのです。

と思いながらトレードしている人たちのことで、 ハッキリ言って彼らの方が危険です。

FXのレバレッジまとめ

という勝負どころが存在し、 そういうところでは普段よりも大きな金額を張って(=レバレッジをかけて)勝負にでることも、大きく稼いでいく上では非常に大切なことです。

ですから、レバレッジをかけるべきところをしっかりと見分けるためにまずは「相場環境の認識能力」いわゆるチャートを読むスキルを磨くべきです。

・私が安定して利益を上げている4つの鉄板エントリーパターンの徹底解説
・2年半勝てなかった私が安定して利益を上げられる常勝トレーダーになれた理由
・たった1つのエントリパターンだけで15億稼いでしまったトレーダーの話
・勝率が高くリスクリワード比も良い最強のエントリーポイント
・9割のFXトレーダーが負けてしまうたった1つの要因
・逆張りトレードをしても絶対に上手くいかない明確な理由
・なぜあなたが買えばレートは下がり、売れば上がるのか?

レバレッジ型投資信託は、上昇相場で利益を上げ、下落相場に強い!?メリットやデメリットは?

投資信託ランキング

「グローバル3倍3分法ファンド」の運用シミュレーション

※SBI証券公式サイトより

レバレッジとは
グローバル3倍3分法ファンド
(1年決算型)
ニッセイ日経225
インデックスファンド
3か月 6.64% 6.93%
6か月 13.レバレッジとは 16% 3.59%
1年 29.50%7.39%

レバレッジを活用した投資信託の例

アストマックス-ウルトラバランス 世界株式

「ウルトラバランス 世界株式」は、株・債券に投資するだけでなく、 金 にも投資をしています。「グローバル3倍3分法ファンド」と同じく株と債券の投資比率を高めつつ、さらに株や債券と異なる動きをする金にも投資することで、投資信託の収益性と安定性の両立を目指しています。

運用管理費用は 年0.73% で、「グローバル3倍3分法ファンド」よりもやや高めに設定されています。

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)

「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」は、米国の株・債券に投資するレバレッジ型のバランスファンドで、株と債券の投資比率が1:3に設定されています。特徴的な点は レバレッジの高さ です。ここまで紹介したレバレッジ型投資信託は、投資額を純資産の 3倍 に高めていますが、「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」は、投資額を 3.6倍 まで高めています。

運用管理費用は 年0.46% と、「グローバル3倍」並みに抑えられています。

「グローバル3倍3分法ファンド」のデメリット・注意点

①投資比率の高い債券の値下がりに注意する

世界の債券価格の動向

SMT グローバル債券インデックス・オープンの運用状況

金融緩和によって、債券価格の上昇が進む、いわゆる「 債券バブル 」という状況が続いています。この金融緩和の流れが終了すると、債券価格は下落に向かいます。

仮にこのような局面を迎えたときに、「グローバル3倍」が 今までと同じようなパフォーマンスを残せるかどうかは未知数です 。ですから、債券価格の動向には、注意を払う必要があります。

②信託期間が無期限でない点に注意する

「グローバル3倍3分法ファンド」は、信託期間(投資信託の運用を終了する期日)が 2028年9月 に設定されています。この期限が来ると、 投資信託の運用が終わり、現金化されます 。投資信託によっては、信託期間が延長される場合もありますが、現時点では延長されるかどうか分かりません。10年以上の長期にわたって運用を続けたい場合は、他の投資信託の運用を検討するなどの対策が必要です。

2020年12月24日付で信託期間が「 無期限 」に変更されます!

レバレッジ型投資信託の評価

レバレッジ型投資信託は、市場が平常時であれば、レバレッジを生かした高いパフォーマンスが見込める商品ですが、株安・債券安のような市場が急変したときのリスクの大きさを考えると、個人的には 積極的な投資は避けたい と考えています。

「グローバル3倍3分法」は、先に紹介したシミュレーションでは、好調な運用成績を残しています。しかし、シミュレーション期間中は、金融緩和によって 株も債券も値上がりする という特殊な状況でした。

「グローバル3倍3分法ファンド」の運用シミュレーション

※SBI証券公式サイトより

仮に金融緩和が終了し、株高・債券安となったときに、 シミュレーションのような高いパフォーマンスが残せるのかどうか? また、リーマンショックのような事態で株安と債券安が同時起こったときに、 レバレッジがマイナス方向に働き、大きく価格を下げるのではないか? そして、株安・債券安が続いたときに 投資信託の運用を継続できるかどうか? こうした点が気になります。

以上のことから、レバレッジ型投資信託は、 ある程度投資の経験を積んだ人向けの商品 であると見ています。株や債券の動向をチェックでき、レバレッジがマイナス方向に動きそうなときには売却できないと、損失を抱える可能性もあります。

ちなみにグローバル3倍3分法ファンドには、分配金の支払いが年に1回の「1年決算型」と、隔月支払われる「隔月分配型」があります。隔月分配型は、定期的に分配金を受け取れるメリットはありますが、分配金を再投資することで、運用資産を雪だるま式に増やす 複利効果 が生まれにくくなるので、資産の成長を期待するなら「 1年決算型 」を選びましょう。

グローバル3倍3分法ファンドのイメージ

今回紹介した新たなタイプのレバレッジ型投資信託は、バランスファンドをもとに運用されるため、 1本で手軽に分散投資ができます 。また、レバレッジを活用することで、 上昇相場で利益を上げ、下落相場で値を下げにくい という特徴もあわせ持っています。

ただし、レバレッジを活用しているため、 一般的な投資信託にないリスク があります。投資するときにはしくみを十分に理解し、自分が取れるリスクに合わせて投資する必要があるでしょう。

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に 投資信託 を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、 つみたてNISA や レバレッジとは iDeco など、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。

FXのレバレッジとはどういう意味?【その仕組みを分かりやすく解説】

FX初心者向け

レバレッジはFXの最大の特徴でありメリットと言っても過言ではありませんが、その意味や仕組みについて正しく理解できていない初心者の方も多いのかと思います。

FXのレバレッジとは何か?

レバレッジとは?

現物取引で考えると10万の資金しか用意できない人は10万円の取引しかできませんが、このFXのレバレッジの仕組みを利用すれば10万円しか用意できない人でも100万分・1,000万分、さらには1億分の取引も可能です。

「10万円しか持っていない人が100万円の商品を買うこと」

レバレッジは借金をしているという勘違い

「10万円の資金しかないのに100万分の取引ができるということは、差額の90万円は借金するってことなんじゃないの?」

ですが、これは全くの勘違いで間違った認識なので、レバレッジをかけたからといって借金になるわけではありません。

なぜ手持ちの金額以上の取引(=レバレッジ)ができるのか?

FX=証拠金取引だから

『少額の証拠金をFX業者に預け、それを担保にその何倍もの元本があると想定して外国通貨を売買する取引』

つまり、あなたが入金したお金は「証拠金(≒担保)」として預けるのであって、決してそのお金を使って売買しているのではないというのがポイントです。

FXとは現物の取引は行われない「差金決済取引」である

と言う、 売買で生じた損益の差だけを取引する という取引方式だからです。

レバレッジとは 【商品(外貨)そのもの】が欲しいのではなく売り買いした時の【差額】が欲しい訳で、差額を発生させるために買ったものは必ず売ります。

ですから、現物取引(普通の買い物)だと何かを買う時にはまずその代金全額を用意する必要がありますが、「差金決済取引」は取引時における現物の受け渡しがないのでお金を全額用意する必要がないのです。

「3万円のみの受け渡しをする」

「証拠金取引≒差金決済取引」

レバレッジのメリット・デメリット

レバレッジのメリット

「少ない元手(=証拠金)で大きな金額の取引ができるので大きく儲けられる」

一方、FXでは「差金決済取引」のおかげで、自分の資金が10万円という少額しかなくても何百万・何千万分の取引を簡単にさせてもらえるので、大きなお金で取引ができる分、儲けられる額も大きくなります。

レバレッジのデメリット(リスク)

リターンとリスクは同じ倍率ですので、大きく儲けられる可能性がある反面、大きく損してしまう可能性もあるということです。

1ドル=101円に上昇した場合、「+1,000円」の利益
1ドル=99円に下落した場合、「-1,000円」の損失

1ドル=101円に上昇した場合、「+3万円」の利益
1ドル=99円に下落した場合、「-3万円」の損失

レバレッジをかけて大きく負けた場合どうなるのか?

「強制ロスカット制度」によって大きく負けても証拠金以上の損失は発生しない

では、もしレバレッジをかけすぎて自分が入金した証拠金以上の大きな損失を出してしまった場合、その損失分を支払わなければならないのでしょうか?

この場合、差額の「-10万円」をFX業者に支払う必要があるのでしょうか?

これを「強制ロスカット」と言います。

物凄く簡単に言うと、10万円の証拠金があった場合、8万円以上の含み損を抱えた瞬間に強制ロスカットされるということです。
(※実際の証拠金維持率の計算はもうちょっと複雑ですが、イメージ的にはこうです)

なぜ強制ロスカットの仕組みがあるのか?

強制ロスカット制度によってトレーダーに証拠金以上の損失を出さないようにさせるのは、トレーダーを守ると言う理由はもちろんのこと、FX業者を守るためでもあるということです。

但し、強制ロスカットが間に合わず証拠金以上の損失(レバレッジとは ≒借金)を被る可能性もあるので要注意

「証拠金の範囲内に抑えてくれる」

海外FX業者を使えば証拠金以上の損失(≒借金)を被ることは絶対にない

先ほど強制ロスカット制度があっても安心ではないという説明をしましたが、これは国内FX業者を使った場合のみのケースです。

その損失(=未収金)は海外FX業者が背負ってくれますので、あなたはいかなる時も常に証拠金の範囲内でしか損をしないということになります。

レバレッジの倍率よりも大事なこと

大事なのはレバレッジの倍率の大小よりも、1トレードあたりの損失許容額を決めること

「あなたが1トレードあたりどれだけの損を許容するのか?」

「1回のトレードにおいて、証拠金に対していくらの損失を許容するか」

レバレッジは10倍かけていますが、仮に自分の思惑とは反対方向にレートが動いても20pips下で損切りされますので、損失額は必ず自分が決めた「-2,000円」になります。

レバレッジを50倍かけているので危険なように感じられますが、先ほどと同じく自分の思惑とは反対方向にレートが動いても20pips下で損切りされますので、損失額は必ず「-1万円」となり、自分が決めた損失許容額以上になることはあり得ません。

初心者向けのFXサイトは間違った情報が多いので要注意

「1トレードあたりどれだけの損を許容するのか?」

その人にとってみれば最初から損失額は分かりきっており、仮に負けた時にそれだけの損失額が出ることを覚悟して勝負している訳ですから、そこに危険もクソもないのです。

と思いながらトレードしている人たちのことで、 ハッキリ言って彼らの方が危険です。

FXのレバレッジまとめ

という勝負どころが存在し、 そういうところでは普段よりも大きな金額を張って(=レバレッジをかけて)勝負にでることも、大きく稼いでいく上では非常に大切なことです。

ですから、レバレッジをかけるべきところをしっかりと見分けるためにまずは「相場環境の認識能力」いわゆるチャートを読むスキルを磨くべきです。

・私が安定して利益を上げている4つの鉄板エントリーパターンの徹底解説
・2年半勝てなかった私が安定して利益を上げられる常勝トレーダーになれた理由
・たった1つのエントリパターンだけで15億稼いでしまったトレーダーの話
・勝率が高くリスクリワード比も良い最強のエントリーポイント
・9割のFXトレーダーが負けてしまうたった1つの要因
・逆張りトレードをしても絶対に上手くいかない明確な理由
・なぜあなたが買えばレートは下がり、売れば上がるのか?

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』は果たして投資価値があるのか?


※引用:交付目論見書

つみたてNISAとiDeCoの対応状況は?

つみたてNISA iDeCo
× ×

純資産総額は?

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』の実質コストは
最新の運用報告書がまだ出ていないのでわかりませんが、
信託報酬が1.1%、購入時手数料も2.2%と掛かりますので、
少なくとも割安の水準にはないと言えます。

購入時手数料 2.2%(税込)
信託報酬 1.1%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト まだ不明

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』の評価分析

基準価額をどう見る?

新規設定したタイミングがコロナショックで株価が暴落した
直後でしたので、レバレッジ型のファンドとしては最高の
タイミングでした。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』の直近
1年間の利回りは189.81%と驚異的なパフォーマンスと
なっています。

レバレッジ型ファンドは、コロナショック以降のような
上昇相場では有利に働きますので、このような結果と
なっています。

レバレッジとは
平均利回り
1年 189.81%
3年
5年
10年

同カテゴリー内での利回りランキングは?

投資をするのであれば、同じカテゴリーでも優秀な
パフォーマンスのファンドに投資をすべきなので、
同カテゴリー内でのパフォーマンスのランキングは
事前に調べておいて損はありません。

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』は利回りだけを
見ると圧倒的なパフォーマンスに見えますが、上位20%
程度にランクインしており、他にもっと優れた成果を
出したファンドがあることがわかります。

上位●%
1年 22%
3年
5年
10年

年別の運用利回りは?

レバレッジとは
年間利回り
2021年 +28.14%(1-3月)レバレッジとは

類似ファンドとの利回り比較

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』へ投資をするので
あれば、低コストのインデックスファンドとパフォーマンスを
比較してからでも遅くはありません。


※引用:モーニングスター

直近1年間では、NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』の
パフォーマンスが良すぎるため、他の2ファンドのパフォー
マンスが劣って見えます。

ただ、下落相場が始まれば、NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』
が大きく下落してくるので、この比較だけで投資判断するのは
危険と言えます。

レバレッジとは レバレッジとは レバレッジとは
NYダウ・トリプル slim 米国株式
1年 189.81% 55.49%
3年
5年
10年

アクティブファンドとの利回り比較

コストは高くなるものの高い利回りが期待できる
アクティブファンドと利回りを比較してから投資を
しても遅くはありません。


※引用:モーニングスター

NYダウ・トリプル AB・米国成長株
1年 189.81% 50.22%
3年 22.32%
5年 19.07%
10年 18.65%

最大下落率は?

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』に投資をする前に、
最大でどの程度下落する可能性があるのかを知っておくことは
非常に重要です。

ただ、今後のことで言えば、50%を超える下落が何度もある
ことは間違いありませんので、その覚悟をもって、運用
してください。

レバレッジとは
期間 下落率
1カ月▲12.16%
3カ月 2.11%
6カ月 18.31%
12カ月 189.81%

評判はどう?

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』は資金の流出超過と
流入超過を繰り返しており、目先の値動きに対して、多くの
投資家が資金を入れたり出したりしていることがわかります。


※引用:モーニングスター

NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』の評価まとめと今後の見通し

大和アセットの交付目論見書にも記載がありますが、4日目を
見てみると、NYダウが基準価額近辺にいたとしても、NYダウ・
トリプル・レバレッジ『3α』は大きく下落しています。

このようにNYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』は
長期で保有を続けると、仮にNYダウは大きく値下がり
していなくても、下落する仕組みとなっています。

つまりNYダウが大きく下落するようなことがあれば、
NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』はとてつもない
大暴落をするということです。

投資信託は基本、長期保有を前提としていますが、
NYダウ・トリプル・レバレッジ『3α』のような
ファンドは、市場が大きく下落したタイミングを
見計らって、投資をするのが唯一の勝ち筋です。

株式市場が上がりきっているところでエントリー
すると、大損するのは間違いないので、投資する
タイミングは慎重に検討してください。

レバレッジとは

FXにおける レバレッジとは、担保となる証拠金を元手に証拠金の何倍もの金額の取引ができる仕組み のことを言います。

これに対してレバレッジを効かせたFX取引では、この10万円を元手に、何倍もの規模の取引ができるようになります。

証拠金の何倍の取引ができるかという倍率のことを レバレッジ倍率 といい、この倍率は国内FXであれば最大で25倍まで選択することができます。

FXではレバレッジをかけることによって、 限られた資金をより効率的に利用し、投資効果を格段に上げることができます。

ただし レバレッジ倍率を上げれば、取引のリスクも相対的に増大する ことを忘れてはいけません。レバレッジ倍率25倍の取引であれば、儲けも25倍になりますが、損失も25倍になるということです。

1.レバレッジとは?

1-1.レバレッジはテコの原理を利用して大きな資金を動かす

冒頭でお伝えした通りレバレッジとは担保となる証拠金の金額を超えて、規模の大きな取引ができる仕組みのことです。

このレバレッジの仕組みは、よく「テコの原理」を利用して説明されます。

そもそもレバレッジという言葉は「てこ(梃子)」を意味する「レバー」が語源で、 レバレッジ「Leverage」はテコの原理そのものを指す英語の単語 です。

つまりレバレッジは 担保となる証拠金の力を何倍にも増幅し、少ない資金でより効率的な投資を実解する仕組み なのです。

1-2.国内FXの最大レバレッジ倍率は25倍・海外FXなら制限なし!

レバレッジ倍率
国内FX 最大25倍
海外FX 制限なし 最大1000倍〜5000倍

レバレッジ規制は2010年に投資家保護の目的で導入された制度です。後に「3.レバレッジのデメリット」でも詳しく解説していますが、レバレッジをかけることには当然リスクも存在し、 レバレッジ倍率が高ければ高いほど、そのリスクも倍増 します。

例えばレバレッジ10倍の取引を行えば、利益が出た場合は10倍の利益になりますが、当然、損失が出た場合、その損失の金額も10倍になります。

これに対して海外FXにはレバレッジ倍率に制限がありません

海外FX業者は国内FX業者とは違い、海外に事務所を置く海外の業者であるため、日本の国内法に縛られることなく、自らレバレッジ倍率を倍率を自由に決定することができるためです。

このため海外FX業者は、多くの顧客を獲得するために、競ってレバレッジ倍率を高く設定します。レバレッジ倍率が上がれば上がるほど、少額の資金で一攫千金を狙うことができるため、トレーダーには人気が高いためです。

もちろんレバレッジ倍率1000倍であればリスクも1000倍になります。ただし海外FXにはゼロカット システムというリスクをヘッジできる仕組みが用意されており、損失を限定できるよう配慮されています。これについては「5.海外FXならハイレバレッジ取引を安全に行うことができる」でも詳しくお伝えしますので、興味のある方は是非ご確認ください。

1-3.レバレッジの計算方法

(取引通貨の価格 × 取引数量)÷ 証拠金額 = レバレッジ倍率

(100円(取引通貨の価格) × 2000(取引数量)÷ 10000円(証拠金) = 20(レバレッジ倍率)

となり、この取引におけるレバレッジ倍率は20倍ということになります。

証拠金額 × レバレッジ倍率 = 最大取引量

10000円(証拠金) × 25倍(レバレッジ倍率) = 250万円(最大取引量)

希望する取引額 ÷ レバレッジ倍率 = 必要証拠金

100万円(希望する取引額) ÷ 25倍(レバレッジ倍率) = 4万円(必要証拠金)

2.レバレッジのメリット

2-1.資金を効率的に運用できる

レバレッジの最も大きな特徴は、証拠金の金額より大きな金額の取引ができるということです。 同じ資金の取引で利益を何倍にもできる ということを意味します。

つまり極めて効率的に投資を行うことができるというわけです。

2-2.少ない資金で取引が可能

資金効率を上げることができることによって、 少額でも十分に利益を上げる投資を行うことができる 環境が作られます。

つまりレバレッジによって少ない資産でも十分に利益を上げる投資を実現できるというわけです。

FXは誰でもすぐに始めることができる

これに対してFX取引は、レバレッジを効かせることで、実際の資金の何倍もの取引ができるため、少額での投資でも十分に利益を上げることができる環境が整えられています。

特に少額から始められるサービスについては各社が力を入れ始めており、なんと100円から取引を始めることができる業者も存在します。

この点からもFX取引は、最も敷居が低く始めやすい投資手法の一つであると言えます。

3.レバレッジのデメリット

3-1.倍率に応じて損失のリスクも拡大する

最も大きいリスクは レバレッジ倍率の高さによって、取引のリスクも増大する という点です。

レバレッジがかかることによって取引の利益が倍増する状況では当然ですが、損失も同様に倍増します。​​2-1.資金を効率的に運用できるで示した図は、そのまま損失のケースにも当てはまります。

3-2.追証の危険性がある

さらにレバレッジを利かせた取引を行う際に忘れてはいけないデメリットとして、 追証の問題 があります。

追証とは 追加証拠金 のことで、 損失によって証拠金が目減りした際に、追加で入金しなくてはいけない証拠金 のことを言います。

その取引を維持するために最低限必要な証拠金の金額の事を必要証拠金と言います。取引を行う際は、口座に入金されている証拠金が、取引に必要な必要証拠金の金額を常に上回っている必要があります。

またこの必要証拠金をもとに、 証拠金維持率 が算出されます。証拠金維持率とは、証拠金額全体にしめる取引を行っているポジションの必要証拠金の割合のことです。

100万円 ÷ 25倍(レバレッジ倍率)=4万円

10万円(証拠金総額)÷ 4万円(必要証拠金)× 100(%)= 250%

ただし、証拠金の金額は未決済のポジションの損益によって常に変動しているという点を忘れてはいけません。

10万円 - 8万円 = 2万円

2万円(証拠金総額)÷ 4万円(必要証拠金)× 100(%)= 50%

ということになるため、証拠金維持率を100%に回復するための追証が発生してしまうことになります。

レバレッジ倍率を極端に恐れる必要はない

レバレッジ倍率は高ければ高いほど取引のリスクが増すことについてはお伝えしましたが、レバレッジの高さを過度に心配する必要はありません。

ハイレバレッジ取引のリスクは同じ証拠金で取引の規模が大きくなるという点にあります。

これは反対に言えば、取引の規模を適切に保てば、レバレッジ倍率にかかわらずリスクを低く抑えることができるということでもあります。

次章でさらに詳しく解説していますが、FXのリスクを考える上で大切なのは、レバレッジの倍率自体ではなく、レバレッジと取引金額との関係であるということです。

4.レバレッジを効かせた取引で注意すべき3つのポイント

4-1.初心者は低めのレバレッジ倍率での取引を心がける

特にFX初心者の場合、高いレバレッジの取引はリスクが大きいと言えます。 出来るだけ低いレバレッジから始め、取引に慣れたところでゆっくりとレバレッジ倍率を上げていくこと がオススメです。

このため特に初心者の場合は、低いレバレッジで取引の経験を重ねることをお勧めします。国内FXであれば始めは5倍程度のレバレッジからゆっくりと始めるのがいいでしょう。

4-2.無理のない取引の規模を保つ

レバレッジの高さと同様に取引における リスクを増大させないために注意すべきポイントは取引金額 です。

FX取引ではレバレッジを低く設定しても、取引の規模が大きくなれば、やはりリスクは増大します。

250万円(取引規模)÷ 5(レバレッジ倍率)=50万円

となり、この場合の必要証拠金は50万円ですが、

250万円(取引規模)÷ 25(レバレッジ倍率)=10万円

この場合、必要証拠金はなんと10万円にすぎません。

つまりレバレッジ倍率が高ければ高いほど、証拠金は少なくて済むということです。必要証拠金が多ければ多いほど、口座にある証拠金に余裕がなくなるため、取引のリスクを下げる要素にもなります。

レバレッジを下げたところで取引規模を大きくしてしまっては、取引のリスクはむしろ大きくなる というわけです。

特に初心者のうちはできるだけ少額のトレードを心がけ、ゆっくりと経験を積むのがいいでしょう。

4-3.証拠金維持率に気をつける

安全なFX取引を行う上で、最も大切になる指標の一つに証拠金維持率があります。

証拠金維持率は、「3-2.追証の危険性がある」でもお伝えした通り、必要証拠金に対する証拠金額の割合のことです。

特に初心者が国内FXトレードを行う場合、 短期トレードであれば証拠金維持率300%、長期のトレードであれば1000%以上 を維持することをお勧めします。

これに対してレバレッジ倍率が硬い取引の場合、必要証拠金額は低く抑えることができますが、損益による証拠金の変動幅は大きくなるため、証拠金維持率もより過激に変動することになります。

もちろん証拠金維持率が一定の割合を下回れば、ロスカット(強制決済)が発動し、場合によっては追証が発生する可能性もありえます。この意味でも証拠金維持率に注意を払うことはレバレッジをかけてトレードを行うFX取引の基本と言えるでしょう。

5.海外FXならハイレバレッジ取引を安全に行うことができる

ここまで国内FXを中心にレバレッジについて解説してきましたが、レバレッジを効かせたトレードということであれば、実は海外FXのほうが多くの点でオススメなのです。

レバレッジ倍率の高い海外FXは、国内FXと比べるとたいへんリスクが高い取引を強いられるのではないかと思う方も多いかもしれませんが、取引におけるリスクは、実は大変低く抑えられています。

海外FXは 高いレバレッジの取引環境 を提供する一方、 追証の発生を防ぐゼロカットシステム を導入することで、リスクを抑えて安全にハイレバレッジ取引ができる環境を実現しているのです。

5-1.国内FXに比べて格段に高いレバレッジ倍率

国内FX 海外FX
レバレッジ倍率は 国内法により25倍 に規制されている 国内法に縛られないため倍率を自由に設定できる最大1000〜5000倍

国内FXでは、レバレッジの倍率は25倍に規制されているのに対して、倍率を自由に設定できる 海外FXの場合は最大で1000〜5000倍 という国内FXでは考えられないハイレバレッジ取引を行うことができます。

5-2.ゼロカットシステムがハイレバレッジ取引をサポート

海外FXのもう一つの特徴的なサービスは ゼロカットシステム です。こちらも国内FXにはない、海外FX独自のサービスと言えます。

ゼロカットシステムとは、一言で言うと国内FXなどで発生する可能性がある 追証を帳消しにしてくれるサービス のことです。

このため、ゼロカットシステムを採用する海外FX業者では 事実上追証が発生することもありません。

実際、このゼロカットシステムは、国内法で禁止されている「損失の補填」にあたるため、国内FX業者は絶対に採用することができません。

そしてこの ゼロカットシステムの最も大きなメリットは、ハイレバレッジ取引の危険性を取り除く ということです。

このリスクに対応するのがゼロカットシステムです。ゼロカットシステムであれば 証拠金以上の損失は絶対に発生しない ため、レバレッジ倍率1000倍以上の取引も、損失をあらかじめ入金した証拠金の範囲に限定することによって、リスクを最小限に保ちます。

まとめ

FXにおける レバレッジとは、担保となる証拠金を元手に証拠金の何倍もの金額の取引ができる仕組み のことを言います。

レバレッジという言葉は「てこ(梃子)」を意味する「レバー」が語源で、 レバレッジ「Leverage」はテコの原理そのものを指す英語の単語 です。つまりレバレッジとは、テコの原理によって証拠金を大きくし、運用の効率を上げるための仕組みであるということです。

・資金を効率的に運用できる
・少ない資金で取引が可能

・倍率に応じて損失のリスクも拡大する
・追証の危険性がある

つまりレバレッジは資金効率をあげ、トレーダーにたいへん大きな利益を生む効果がありますが、それと同様に損失のリスクも大きくなり、その両面を冷静にとらえる必要があるという点を忘れてはいけません。

ページ後半では、このようなレバレッジを有効に活用し、安全に取引をする上で注意するポイントとして、以下の3点について詳しく解説しました。

海外FXでは、国内FXでは考えられない高いレバレッジ倍率を維持しつつ、追証の発生を防ぐゼロカットシステムを採用することで、ハイレバレッジ取引を安全に行うとりひきかんきょうが整備されています。

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

アバター

編集長 櫻井

大学卒業後就職するも半年で会社が倒産。就職先が無くIT業界に入りたくてひたすら1年間勉強とバイトをして会社を立ち上げる。順調に成長していたが大きな案件でトラブルを抱え2000万の案件が無くなり全力を注いでたため資金ショート。会社を畳む。 経験を生かしIT会社に就職。そこの先輩のすすめで株をやるがリーマンショックが絡み見事に失敗。その後自身のトレードノウハウをコツコツと身につけ、FXだけで生活できるレベルまでトレーダーとして成長。 IT会社から転職し海外FX徹底比較ドットコムのサイト立ち上げに参加。 現在は編集長として記事の正確性や信頼性のチェックを主な仕事にしている。 座右の銘は「負けていても収入がプラスになるトレーダーでいる事」 (FXトレード暦:10年・国内、海外株取引:7年)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる