タダで投資

海外FXの税金の全て

海外FXの税金の全て
スプレッドについてシンプルにまとめてしまうと 「売値」と「買値」の差額 の事です。

仮想通貨・ビットコインFXの税金と確定申告のやり方

海外FX

申告漏れがあると、重い追徴課税が課されるため、ばれないからと甘く考えず、 確実に納税 しましょう。

仮想通貨に関する確定申告の方法は、2017年12月1日の国税庁からの通達によりある程度決まっていますが、仮想通貨の 証拠金取引(FX)の取り扱い に関して勘違いしているかたもいるのではないでしょうか?

この記事では、 仮想通貨・ビットコインFXの税金の基本ルールと確定申告が必要なかた、仮想通貨・ビットコインFXの確定申告のやり方・手順 について紹介します。

仮想通貨・ビットコインFXの税金の基本ルールと確定申告が必要な人

まず、 仮想通貨・ビットコインFXで 確定申告 が必要なかたは、1月1日から12月31日までのトレードで、 給与以外の収入の合計が20万円を超えた場合 などです。

仮想通貨・ビットコインFXの利益が20万円を下回る場合でも、副業や他の投資等で利益があり、その合計が20万円を超える場合は 納税対象 となるため、注意しましょう。

そして、 仮想通貨・ビットコインFXの税金は、いずれも総合課税の雑所得 として扱われます。

株式投資やFXなどの投資は、総合所得ではなく 申告分離課税 として扱われるため、区別して計算する必要があります。

仮想通貨・ビットコインFXの税金は 雑所得 となるため、 累進課税 が適用される、つまり利益が大きくなるのに比例して税率も高くなります。

仮想通貨・ビットコインFXで税金を支払う義務の対象となる行為

仮想通貨の売買

仮想通貨が安いタイミングで買い、高くなったタイミングで売った場合、その 差額分が納税対象 です。

仮想通貨で商品を購入

現在、仮想通貨で商品やサービスを購入する機会は少ないですが、仮想通貨の価格が上がった後に商品等を購入すると、 差額利益分 が課税されます。

仮想通貨同士の交換

仮想通貨を 取引所等で交換 し、それにより利益が発生した場合は、日本円など現金に交換しなくても課税対象になるため、特に注意が必要です。

マイニングやハードフォークで仮想通貨を取得

マイニング で仮想通貨を取得した、もしくは 海外FXの税金の全て ハードフォーク で分岐した仮想通貨を取得した場合、その利益分は課税されます。

ビットコインFXなど仮想通貨の証拠金取引

仮想通貨を、現物取引ではなく 証拠金取引 でトレードし、利益が発生した場合は、売買の差額が課税対象です。

ちなみに、2019年7月の税制改正により、仮想通貨は 消費税非課税 になっています。

仮想通貨・ビットコインFXの確定申告のやり方・手順

仮想通貨・ビットコインFXの確定申告は、 毎年の年度末に税務署に確定申告書を提出するなどの方法 で行います。

自営業など、もともと確定申告する必要があるかたは問題ないですが、サラリーマンなど 給与所得者 で年末調整により納税しているかたは、それとは別に確定申告する必要が生じます。

確定申告が初めて、または複雑なため計算方法がわからないなどのかたは、自治体ごとの 確定申告相談コーナー や、 税務署の無料相談 などを利用できます。

もし、トレード回数がとても多くて計算しきれない、もしくは利益がとても大きくなっているなどの場合は、 仮想通貨に詳しい税理士に相談 する方法もあります。

より手軽に、 確定申告書を自宅で作成する方法 もあるため、そのやり方・手順を紹介します。

自宅の確定申告は、パソコンとプリンターがあればでき、 e-Tax を利用すればスマホのみでも可能です。

まず、国税庁のWebサイトより 「確定申告書作成コーナー」 にアクセスします。

画面の手順に従い、 個人情報や収入等を入力するだけで良いため簡単 です。

仮想通貨・ビットコインFXは、 「収入金額・所得金額の入力」より「雑所得」の「業務・その他」の項目から入力 しましょう。

種目は 「暗号資産」 を選択し、収入金額と必要経費(取引手数料や購入額等)、利用する会社などの情報を入力すると、 納税額 が自動的に計算されます。

マイナンバーカードおよび、マイナンバーカード対応のスマホを持っている場合は、郵送せずに e-Tax の利用で確定申告所を送信することが可能です。

その後、上記と同様の方法で確定申告所を作成し、その データを送信するだけで、確定申告は完了 します。

e-Taxを利用する場合は、各種証明書や取引データ等の提出を省くことができますが、これらの書類は 最低5年間は保存 しておく必要があるため、要注意です。

国内FXと海外FXの確定申告のやり方や違い、繰越控除の基本について

確定申告 とは、前年1月1日~12月31日までの1年間の所得を計上し、経費として計上できる分を差し引いたあと所得金額を求め、源泉徴収で差し引かれる納税分と過不足を計算する作業のことを言います。確定申告の 受付期間は毎年2月16日~3月15日(土日に該当する場合は変わることもある) になり、この期間中に税務署もしくはe-Taxによる電子申告を行います。やり方がわかっている人の場合は、e-Taxのほうが、混雑も避けられるので、簡単に申告できて安心です。

国内FXと海外FXの確定申告のやり方や違い、繰越控除の基本について

受付期間よりも遅くなってしまった場合は、 海外FXの税金の全て 「期限後申告」 の扱いになります。FXには株のような特定口座の制度がないので、原則として確定申告の手続き必要です。トレーダーが個人事業主の場合や、個人商店、自由業者などの事業所得があるケースでは、毎年確定申告をしていると思います。

FXで利益を得ているのに確定申告をしていない場合、後で発覚すると 「追微課税」 の支払いが必要になることもあるので注意が必要です。

国内FXと海外FXの課税方法の違いとは

国内FXの取引で発生した利益は、 店頭デリバティブ取引になり、申告分離課税の対象 となります。 店頭デリバティブ とは、金融取引所などを介さずに、金融機関との相対にて取引されるデリバティブ(金融派生商品)を指します。店頭デリバティブ取引では、先物取引やオプション取引、FXなどの損益通算を可能にします。

申告分離課税の税率は一律で20%と決められていますが、2013年1月1日~2037年12月31日までの25年間は、所得金額に対して2.1%の復興特別所得税が課されています。そのため、この期間は 一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15%×2.海外FXの税金の全て 海外FXの税金の全て 1%)+住民税5%) になります。

国内FXと海外FXの確定申告のやり方や違い、繰越控除の基本について1

トレードにて損失が生じた場合は、 国内FXとの損益通算ができます 海外FXの税金の全て 。解消できなかった損失は、翌年以降の3年間は繰越控除が認められています。 損益控除 とは、その年に控除しきれなかった損失を、翌年度以降に持ち越すことのできる制度です。FXでは損失が確定した場合、翌年以降の3年間は店頭デリバティブを使って繰越控除を行うことができます。

国内FX業者は特に、確定申告を忘れないように注意しましょう。2009年1月1日より、お客様の取引損益等を記載した 「支払調書」 の税務署への提出が義務付けられました。そのため、決算の損益や手数料の金額、決済年月日などが詳細に記載されています。

つまり、 FXでどの程度の利益を出しているのかを税務署は把握している ことになります。税務署では納税者から申告された書類と支配調書を照合して誤りや漏れがないかを確認しています。ただし、未決済ポジションについては課税対象外になります。

海外FXの取引で生じた利益は、総合課税の対象になり、超過累進税率の適用になります。海外FXで得た利益は 「雑所得」 に区分されるため、給与所得や不動産所得など他の所得と合算したあとに税金を計算していきます。総合課税は、所得が増えれば増えるほど税率も上がる特徴があります。

●課税される所得 所得税率
195万円以下 5%
195万円を超え330万円以下 10%
330万円を超え695万円以下 20%
695万円を超え900万円以下 23%
900万円を超え1,800万円以下 33%
1,800万円を超え4,000万円以下 40%
4,000万円を超える 45%

ただし、 国内FX同士、海外FX同士の損益については合算ができます。 そのため複数のFX口座に分散してトレードをしたほうが、損を出してしまったときのリスクヘッジにもなります。海外FXを始める際には、いくらから税金が変わるのかをしっかりと把握しておきましょう。

FX初心者には海外FXをおすすめする理由

国内FXと海外FXの確定申告のやり方や違い、繰越控除の基本について2

また、 国内FXとは違う豪華なボーナス制度がある ことも海外FXをおすすめする理由です。例えば、海外FX業者によっては、入金した金額の100%をボーナスバックとして受け取れるものもあります。

100%の入金ボーナスがどれだけお得なのかというと、100万円の入金をした場合、トレード資金として100万円が受け取れる制度になります。このボーナス分は 「利益としてカウントされない」 特徴があるので、課税対象にはなりません。ボーナスをいかに資金として運用するかが、節税対策にも繋がります。

FXで必要経費としてみなされるもの

注意しなくてはいけないのが、経費は 「自己申告」 であることです。確定申告のときに経費を計上していないと、利益のすべてが課税対象になってしまいます。FX初心者のなかには この経費の計上を忘れて確定申告をしてしまうケースも あります。経費として計上するためには、領収書やレシートなどが必要となり 7年間保管する義務 があります。経費として計上するためにもしっかりと保管しておきましょう。

確定申告の流れ

・源泉徴収書
・マイナンバー確認書類
・本人確認書類
・印鑑
・確定申告書(A様式もしくはB様式)
・年間の取引の損益が記載された書類
などの準備を行います。

必要書類は、国税庁のホームページの 「確定申告書作成コーナー」 より、必要事項を入力して書類を作成します。ここで作成した申告書は、そのまま税務署にて提出することもできます。申告書ができたら税務署に郵送、もしくは提出をして完了です。

FXでは 国内FXも海外FXも一定額以上の利益が出た場合は、確定申告が必要 になります。なかには忘れていてあとから税務署にて連絡があり、急いで確定申告を行うケースも少なくありません。

国内&海外FXスプレッド手数料比較:チェックしたいのはここ!

スプレッドについてシンプルにまとめてしまうと 「売値」と「買値」の差額 の事です。

上記のように、Sell(売り)とBuy(買い)の価格が微妙に違いますよね。
このような差額の事を、スプレッドと言い、一般的に スプレッドが狭い(価格差が小さい)方がトレーダーにとって有利 です。

取引所では、主にスプレッドが売買コスト(手数料)になっており、スプレッドの大きさによって、トレーダーが勝ちやすいか?負けやすいか?が大きく異なります。
そのため、勝率を上げるため、ポジションの利益を大きく伸ばすためにも、スプレッドというのは大きな要素になるのです。

スプレッドの種類

スプレッドの種類というのは大きく分けて、
「変動スプレッド」「固定スプレッド」
の2つに分けられ、海外FXの場合は「変動スプレッド」を採用している事が多く、国内FXの場合は「固定スプレッド」を採用しているケースが殆どです。

変動スプレッド

「変動スプレッド」 というのは、 NDD取引を採用している取引所 に用いられるスプレッドの事です。

NDD取引の場合、注文をインターバンク市場(LP)に流しているので、手数料が発生します。
海外FX業者(全てではありません)は、基本的にスプレッド(手数料)に利益を上乗せしているので、 変動スプレッドではスプレッドが大きくなりがち です。

固定スプレッド

一方、 「固定スプレッド」 は OTC取引を採用 しており、日本語に訳すと相対取引の事です。
NDD取引では、注文を市場に流すのに対し、OTCの場合はFX業者と取引をすることになります。

そのため、固定スプレッドが可能で(取引所がイジれる)、スプレッドも小さくする事が可能です。
国内のFX業者では、固定スプレッドを採用しているケースが多く、一部ではFX業者が注文を呑んでしまうという事が普通に行なわれています。

固定スプレッドを採用している取引所の一部では、呑み屋と同じビジネスモデルで運営されているので、投資家に不利な側面があることも少なく、一部では注文が通りにくくなるなど、かなり悪質なFXも存在しています。 (OTC取引は投資家が損をすれば、するほど儲かる)

スプレッドの表記方法

変動スプレッドで採用されているスプレッドの表記方法は、主に 「最大・最小スプレッド」「平均スプレッド」「リアルタイムスプレッド」 の3つに分ける事が可能です。

最大・最小スプレッド

最小スプレッド とは、スプレッドが最も狭い時(価格差が小さい時)のスプレッドの事で、投資家に最も有利なスプレッド状態の事を指します。
最大スプレッド とはその逆で、スプレッドが最も大きく、 投資家に最も不利な状態であるスプレッド を指していると言えます。

平均スプレッド

投資家が、FX業者のスプレッドの良し悪しを判断する際に、最も参考にしたいのは 「平均スプレッド」 です。 海外FXの税金の全て
平均スプレッドとは、一定期間のスプレッドの平均を表記したスプレッドの事で、 最もバランスの取れた表記方法 だと言えるでしょう。

リアルタイムスプレッド

最後にご紹介するスプレッドの表記方法は 「リアルタイムスプレッド」 で、今現在のスプレッドを表記したものです。
主に、FX業者のWEB上などで表記されていることが多く、リアルタイムスプレッドでは、 スプレッドの良し悪しを測る事は出来ません
(海外FXの税金の全て 一時的なスプレッドなので)

表記方法のトリックに注意!

最もベターな比較方法は「平均スプレッド」で比較することで、くれぐれも 表記方法の違いによるトリック に騙されないようにしましょう。

国内VS海外FXのスプレッドや税金について

FX業者を選択する際に、出てくる大きな悩みは 「国内FX」「海外FX」 のどちらがいいのか?という点でしょう。
もちろん、どちらも一短一長ではありますが、一般的な投資家目線から見た時の特徴やメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

国内FXのメリットとデメリット

国内FXの方が何となく安心できるというか、成り行きで国内FXを選択している方も多いのではないのでしょうか。
国内FXを税金またスプレッドの観点から特徴や メリット と デメリット をご紹介していきます。

国内FXのメリット

国内FXのメリットもしくは特徴を挙げられるとしたら、「税金」の安さというのが最も大きいと言えるでしょう。

国内FXのデメリット

国内FXのデメリットは、なんと言っても 追証 です。
追証というのは、レバレッジを掛けた取引で、証拠金以上の損失を出してしまった場合に、その損失分を請求されることで、 FXで借金数百万円 なんていう情報を見かける事がありますが、その殆どが国内FX業者を利用しているケースです。

通貨ペアにもよりますが、価格変動の激しいペアや暴騰または暴落が発生した際に、 無理なレバレッジ取引 によって、多額の追証を請求されるケースは少なくありません。
また、国内FXのメリットとして上がったスプレッドの狭さというのも、OTC取引を採用しているという事なので、場合によってはFX業者によって呑まれてしまう事も、一部あります。

海外FXのメリットとデメリット

海外FXのメリット

例えば、 海外FXの一つである「XM」 では、 レバレッジを最大888倍 海外FXの税金の全て まで掛ける事が可能ですが、証拠金以上の損失を支払う必要がないのです。
レバレッジが888倍ということは、1万円で888万円の取引を行う事が可能であり、利益も888倍、損失が発生した場合でも証拠金以上の損失を支払う必要はありません。

追証なし というのは、最強的にトレーダーにとって都合のいいシステムだと言えます。

海外FXのデメリット

海外FXのデメリットは 税金とスプレッド という二点が挙げられます。
海外FXの場合、税区分が雑所得の累進課税となるので、最大55%程度の税金を支払う必要性が出てきます。

また、海外FXはNDD取引を採用しており、FX業者が利益を出していく過程で、どうしてもスプレッドが大きくなるのです。
そのため、 スプレッドの大きさ というのも、国内FXと比べた際に大きく出てくるデメリットでしょう。

一般投資家には海外FXが優勢

海外FXでは、メリットの大きさやデメリットをカバーする事が可能だからです。
一方で、国内FXのOTX取引や追証というのは、自分で取引所を開くぐらいしか解決方法がないので、勝つためにFXをするなら、 海外FX一択 です。

3つのポイントに注目!海外FXと言っても一括りは出来ない!

海外FXがベターな選択肢だという事は、ご紹介させて頂きましたが、海外FXと一言でまとめても、多種多様なFX業者が存在します。
FX業者を選択する際に、注目したいのは 「スプレッド」「手数料」「約定力」 の三点です。

スプレッド

海外FXは国内FXと比べた時に、どうしてもスプレッドが広くなりがちな事は、ご紹介させて頂きました。
その上で、海外FXを選択する際に、やはり スプレッドというのは注目したい要素 の一つです。

スプレッド狭いという事は売買コストが安いという事なので、利益もしくは損失のパーセンテージや勝率が変化してくることも、少なくありません。
スプレッドを比較する際には、平均スプレッドを用いると良いでしょう。(平均スプレッドを開示してない業者は注意)

国内FXもしくは海外FX問わずに、 手数料が無料 というケースが多いです。
資金力の弱い間は、手数料が無料の口座を選択するケースが多いですが、一部の海外FXでは手数料を支払う事で、スプレッドを狭くすることが可能な口座を、用意しているFX業者が存在します。

大手の海外FX業者「XM」 海外FXの税金の全て では、口座が「マイクロ口座」「XM Zero口座」、「スタンダート口座」という3つの口座を選択することが可能です。
「XM 海外FXの税金の全て zero口座」 が手数料支払うタイプに該当し、手数料を支払う事で最狭で0Pipsのスプレッドが可能な口座であり、大口投資家などが主に利用している口座です。

約定力というのは、注文を実行する能力の事で、FXでは注文が飛び交う価格変動の激しい状況では、 約定力が低いと注文が通らない という事が頻繁に起こります。
そのような事態を避けるためにも、約定力というのは海外FX業者を選択する際に重要な要素の一つです。

注文が滑る(注文が通らない)というのは、損失や機会損失に繋がるので、海外FX業者の口座を開設する際は、 「約定力」 をチェックしておきましょう。

徹底比較!海外FXスプレッド・手数料・約定力

海外FX業者を選択する際のポイントが分かった所で、大手の海外FX業者を 「スプレッド」「手数料」「約定力」 という三点で比較していきます。

海外FXの税金の全て
スプレッド 手数料 約定力
1.80pips(平均) 無料 0.276/秒

しかし、Zero口座の場合は手数料を5ドル支払う事によって、最狭0picsとなるのでZero口座の場合では、手数料タイプの口座の中でも 最狭のスプレッド です。
スタンダートの場合は、スプレッドが若干広いのがネックであり、Zero口座の場合は手数料がネックであると言えます。

最小の入金金額が500円からである点、口座開設によって3000円のトレード資金をプレゼントして貰える点などを考慮すると、 初心者に優しく 上級者でもしっかりとトレード しやすい環境が、用意されているFX業者であると言えます。

AXIOR

スプレッド 手数料 約定力
1.10pips 無料 0.297

AXIORのスプレッド・手数料・約定力の一覧(スタンダート)
AXIORの特徴は、スプレッド・手数料・約定力全てがバランス型であるという点でしょう。
約定力はXMほど高くないが、低い訳でもなく。
手数料は通常無料、ナノスプレッド口座なら手数料が3ドル・平均0.60pips
スタンダート口座のスプレッドは、平均1.60pips と全ての数値が低い訳でもなく、高い事もないという海外FX業者です。

XMと比べた時に 、最低入金2万円と開設ボーナスがない事を考えると、「少額でちょっとだけやってみたい」というビギナーには向かない海外FX業者でしょう。

TitanFX

海外FXの税金の全て
スプレッド 手数料 約定力
1.33pips(平均) 無料 0.450/秒

上記がTitanFXのスプレッド・手数料・約定力の一覧です(スタンダート)
Zeroブレード口座の場合は、手数料3.5ドル・最狭0pipsとXMよりも条件が良いです。

しかし、TitanFXには大きな弱点があり、 約定力が決定的に弱い です。
単純計算で、1.5倍以上XMと比べた時に、掛かってしまう計算になるので、スキャルピングなどの短時間に何回も取引をするというトレードには、向かないでしょう。

海外FX会社:2022年おすすめの海外FX口座を比較。

詳細についてはスクロールしてください

FX取引とは

FX取引の仕組み

FX取引は日本で合法?

海外FX会社とは

海外FX会社を利用するメリット

  • 海外FX会社の最大の魅力は、1000:1以上のレバレッジを提供していることです。つまり、資本が少なくても、非常に高額の取引を行うことができます。対照的に、金融庁によって認可されたブローカーは、マージンの25倍のレバレッジ制限を設定しています。
  • 海外FX会社は「ゼロカット」システムを適用することができます。これにより、トレーダーは、オファーのレバレッジが高いにもかかわらず、マージンを超えて損失を出すことはありません。対照的に、日本の国内FX会社は、ゼロカットシステムを提供していません。これは、価格の急激な変動によりストップロスシステムが作動しない可能性がある、市場のボラティリティが大きい期間中に特に重要になることがあります。
  • 海外FX会社は、国内FX会社よりも気前の良いボーナスの仕組みを提供することがあります。

海外FX会社を利用するデメリット

  • 免許のない海外FX会社に日本語のウェブサイトがあっても、スタッフが日本語を話せない場合があります。したがって、サイトの使い方やブローカーが提供するサービスについて質問がある場合に、あまりサポートを受けられない可能性があります。
  • 海外FXの税金の全て
  • サービスについて苦情があった場合、または不当な扱いを受けたと思われる場合、救済措置が制限されます。さらには、詐欺行為で損失を被った場合、金融庁はトレーダーを助けることができません。
  • 海外FX会社を利用する場合でも、日本で確定申告と納税を行う必要があります。実際に、国内で認可されたブローカーを使用する場合よりも、支払う税金がかなり高くなる可能性があります。
  • 出金に関するブローカーのルールは理解しづらいかもしれません。たとえば、出金は入金後30日間経過してからでなければできないという規則がある場合があります。さらに、出金に関する規則は頻繁に変更される可能性があります。
  • 入金は国外の銀行で行われるため、出金の際に追加料金がかかる場合があります。
  • スプレッドと取引の全体的なコストは、金融庁免許のあるブローカーを使用する場合よりも高くなる可能性があります。たとえば、ある大手国内FX会社は、USD/JPYペアで1000米ドルあたり0.2円の固定スプレッドを提供していますが、海外FX会社が提供するスプレッドは、その10倍にもなる可能性があります。
  • 免許のない海外FX会社は、国内FX会社が提供する教育プログラムを提供していないことがあり、初心者には不向きな場合があります。
  • さらに、レバレッジで取引することで利益を大幅に増やすことができますが、損失を拡大する可能性もあるため、正しい使い方がわからない場合は非常にリスクが高くなります。

FX取引と株取引の違い

    海外FXの税金の全て
  • FX取引の通貨はペアで取引されますが、株取引の株式は現金で購入される現物株式となります。
  • FX市場は、すべての取引と参加者が秘匿されている、取引が分散化された市場です。一方、株式市場では取引が集中化され、売り手と買い手の公的記録は保管されています。
  • FX取引は参入コストが低いと言われています。株取引では、一定の利益をあげるために多額の資金が必要になるため、一般の投資家には少し手を出し辛いかもしれません。

FX取引は、トレーダーが取引されている資産の所有権を取得することはありません。CFDのFX取引では、トレーダーは取引に関わる資産の将来価値を予測し取引を行うため、現物の売買は発生しません。

レバレッジとは

これには2つの効果があります。FX取引への参入コストが低いままであるということと、利益または損失が最大化されることです。トレーダーは、取引全額の損失に責任を負います。

FX初心者の学習方法

英語がわからなくても口座を開設できますか?

FX戦略の選び方

FX取引を始めるのに必要な資金

FX取引のリスク

リスク1:FX相場は、ときに非常に変動が激しくなります。この変動が激しいタイミングを上手く利用することで資産を増やすことも可能ですが、一方で短期間で損失を被る可能性もあります。取引を行っている場合は、常に取引を監視している必要があります。

リスク2:FXマーケットには変動の要素があまりにも多く存在し、予測はほぼ不可能です。トレーダーは損失を最小限に抑えるために、利益と損益の目標比率を設定する必要があります。

リスク3: CFD取引にはレバレッジを使う必要があります。レバレッジは取引で利益を増幅するためのツールですが、取引口座から自動的に引き落とされてしまう損失も増幅します。口座残高は、1回の取引で消滅する可能性があります。

リスク4:取引の利息を請求される場合があります。たとえば、トムネ調整が適用されている取引を翌日に持ち越す場合、利息を請求される場合があります。これは、FX会社がこの手数料を支払うために口座から資金を差し引くことを意味します。

海外FXと国内FXの違いとは??

参考:国税庁 No.2260 所得税の税率

ポニーちゃん

杉咲

ポニーちゃん

杉咲

FX業者 ボーナス額 会社紹介 口座開設ページ 入金ボーナス
10,000円記事公式HP
3,000円記事公式HP
10,000円記事公式HP
3,000円記事公式HP
5,000円記事公式HP

FX業者一覧

GEMFOREX

ゲムフォレックス (GEMFOREX) は、GEM GROUP NZ LIMITEDが運営する中堅規模の国際為替取引所で、ニュージーランド証券投資委員会より金融ライセンス(FSP564306)を取得し、英語圏、日本、中国、香港、台湾、韓国を中心にサービス展開をしている。

FXGTは、360 海外FXの税金の全て Degrees Markets LtdとGT IO Markets (Pty) Ltdを含むグループ企業によって運営されている。

360 Degrees Markets 海外FXの税金の全て Ltdはセイシェルの登録企業であり、登録番号は8421720-1、登録住所はRoom 12, First Floor, Kingsgate House, Victoria, Mahe, Seychelles、そしてセーシェル金融庁 (FSA) によるライセンスと規制のもと、証券取引業者免許番号SD019を有している。

Bitterz

BitterzはBitterz LLCが運営している会社であり、会社住所はHinds Building, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines。カスタマー部門に多くの日本人が在籍しており、ハイレバレッジ取引可能な仮想通貨FX取引所である。最大レバレッジは888倍であり、MT5で取引ができる。口座タイプはJPY口座、USD口座、BTC口座から選択できるが、BTCでの入金がメインとなる。

エックスエム (XM/XMTrading) は、Tradexfin Limited(セイシェル)が運営する世界最大規模の国際為替取引所で、セーシェル金融庁 (FSA)より金融ライセンス(SD010)を取得し、世界196カ国(20言語)でサービス展開をしている。最大レバレッジは888倍であり、取り扱い通貨のペア数は61種類ある。ゼロカットシステムがあり、20%でロスカットされる。また、取引ツールとして、MT4、MT5が利用可能である。

IS6FX

IS6は、IS6 Technologies LtdによってSuite 305, Griffith Corporate Centre, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines セントビンセント・グレナディーン諸島にて、国際事業会社として設立されています。2017年にセーシェルで旧is6com.incはホワイトレーベルとしてサービスをスタートし、2020年9月にセーシェルに本社を置くITコンサルティング&ホールディングス会社 海外FXの税金の全て TECワールドグループが旧is6com incの全運営権を買収する。その後、新たにブランド管理会社IS6FX Ltdを設⽴し、それに伴いサーバー問題改善のため、ホワイトレーベルからの独⽴を果たす。
IS6FXとしてサービスをスタートする。2022年2月、事業拡大とブランディングに伴い全事業を統合し新たにIS6 Global Groupとなる。IS6 Technologiesを運営母体として現在に至る。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる