無料セミナー

手法&トレード解説

手法&トレード解説
シークレット手法:事例その2

標準偏差ボラティリティを利用したトレード手法とは?ADXやボリンジャーバンド、StdDevの使い方を解説!

標準偏差ボラティリティを利用したトレード手法とは?ADXやボリンジャーバンド、StdDevの使い方を解説!

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

ただですね、 実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

しかし・・・・・

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「 BS signal 」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「 Mixsign 」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「 bolicator 」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「 Bollitouch 」を利用

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

シークレット手法のトレード事例と、エントリールールの考え方

シークレット手法:事例その2

リアルトレード解説

個人トレーダー VS AI、bot この記事を書いているのは2022年6月なのですが2,3年前に以下のようなニュースが話題になっていました。 かつて米証券会社大手ゴールドマン・サックスには500名のトレーダーが在籍していたが、AIトレー[…]

シークレット手法でトレード

トレード事例その1

シークレット手法:事例その1

シークレット手法:事例その1

トレード事例その2

シークレット手法:事例その2

シークレット手法:事例その2

シークレット手法のエントリー判断は?

以前当サイトではAI(人工知能)、botと対決する個人トレーダーについて現状や考察を紹介しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://kuroda-yuusuke.com/fx-column/wh[…]

シークレット手法:事例その1の結果

シークレット手法:エントリーの瞬間

シークレット手法:エントリーの瞬間

シークレット手法:エントリーの瞬間その2

シークレット手法:エントリーの瞬間その2

FXマルチタイム攻略法をレビュー!検証・メリット・口コミまとめ

トレード手法

FXマルチタイム攻略法の特徴

ダウ理論を用いたトレード手法を伝授

  • 基本原則1:平均株価は全ての事象を織り込む
  • 基本原則2:トレンドには3種類ある
  • 基本原則3:長期トレンドは3段階ある
  • 基本原則4:平均は相互に確認されなければならない
  • 基本原則5:トレンドは出来高も確認されなければならない
  • 基本原則6:トレンド転換は明白なシグナルが出るまで継続

しかしFXマルチタイム攻略法ではシンプルで誰にでも分かりやすいよう教材が構成されているため、FX初心者でもすぐに学び始めることができます。

ダウ理論に関する関連教材も出している

オリジナルインジケーターによるトレードサポート

しかし上で紹介したインジケーターはFXマルチタイム攻略法によるトレード手法をサポートしてくれるもののため、相場分析やエントリータイミングの正確性がより高くなります。

マルチタイムフレーム(MTF)分析を用いたトレード手法

FXマルチタイム攻略法のメリット

ダウ理論を用いたトレード手法が学べる

例えば株取引やCFDといったチャートにもダウ理論は使えるため、トレードの幅が大きく広がります。

マルチタイムフレーム分析ができるようになる

相場の流れが分かれば「買いか?売りか?」といったエントリーを仕掛ける方法が分かるうえに「どのタイミングでエントリーすれば良いか?」も分かるようになります。

インジケーターに左右されないトレードができる

そのためFXマルチタイム攻略法からインジケーターの指定はなく、インジケーターを使う必要はありません。

デイトレードで稼ぐトレード手法が身につく

出典:Gogojungle

FXマルチタイム攻略法のトレード手法を身につくことで、デイトレードによって毎日コツコツとトレード益を積み重ねるトレードスタイルが確立できます。

水平線を正しく引けるようになる

正しい場所に水平線が引ければトレードの勝率も上がるため、水平線の引き方を学びたい人にもおすすめです。

FXマルチタイム攻略法のデメリット

トレード手法習得まで時間がかかる

「絶対に稼げるトレード手法」ではない

そもそもFXで稼げる人でもトレード勝率100%の人は存在しません。

トレードにかける時間を作る必要がある

自動売買はwallstreet-forex 3.0がおすすめ

FXマルチタイム攻略法の特典

    手法&トレード解説
  • プロでも使う最強補助インジケーター
  • 実際のエントリー動画

FXマルチタイム攻略法の口コミ

非常に参考になります
いままで沢山の手法を勉強しましたがどれもうまくいきませんでした。しかし、この教材は初心者にもわかりやすく説明がかいてありとてもいいです。
手法自体も、私がいままで見たことがない画期的なもので、相場を理解するのに大変役立つと思います。

https://www.gogojungle.co.jp/ 手法&トレード解説

自分には五つ星
私の今までの検証の点と点がつながった感覚になりました。
それを言語化できるまで自分の手法として落とし込みを行いたいと考えています。
FT5版も購入して検証に励んでおります。今後の展開も楽しみにしています!!

https://www.gogojungle.co.jp/

「トレードの勝率が上がった」「FXで稼げるようになった」といった声があまりないため再現性については何とも言えませんが「教材の分かりやすさ」に関しては現時点でかなり好評のため、この教材からFXを始めてみるのもアリだと思います。

FXマルチタイム攻略法の総評

  • ダウ理論を元にしたトレード手法
  • 手法をサポートしてくれるインジケーターが特典
  • シグナル系インジケーターを使わないトレードができる
  • 「勝率80%」と謳っているが保証はない
  • トレード手法習得まで時間がかかる
  • 水平線のみでトレードできる

FX初心者はもちろん、イチからFXトレードについて勉強したい人にもおすすめで着る教材なので、興味があればぜひゴゴジャンでチェックしてみてください。

標準偏差ボラティリティを利用したトレード手法とは?ADXやボリンジャーバンド、StdDevの使い方を解説!

標準偏差ボラティリティを利用したトレード手法とは?ADXやボリンジャーバンド、StdDevの使い方を解説!

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

ただですね、 実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

しかし・・・・・

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「 BS signal 」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「 Mixsign 」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「 bolicator 」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「 Bollitouch 」を利用

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

手法&トレード解説

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

シークレット手法のトレード事例と、エントリールールの考え方

シークレット手法:事例その2

リアルトレード解説

個人トレーダー VS AI、bot この記事を書いているのは2022年6月なのですが2,3年前に以下のようなニュースが話題になっていました。 かつて米証券会社大手ゴールドマン・サックスには500名のトレーダーが在籍していたが、AIトレー[…]

シークレット手法でトレード

トレード事例その1

シークレット手法:事例その1

シークレット手法:事例その1

トレード事例その2

シークレット手法:事例その2

シークレット手法:事例その2

シークレット手法のエントリー判断は?

以前当サイトではAI(人工知能)、botと対決する個人トレーダーについて現状や考察を紹介しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://kuroda-yuusuke.com/fx-column/wh[…]

シークレット手法:事例その1の結果

シークレット手法:エントリーの瞬間

シークレット手法:エントリーの瞬間

シークレット手法:エントリーの瞬間その2

シークレット手法:エントリーの瞬間その2

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる