初心者必読

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
ニューヨークボックス手法

FXのニューヨーク時間とは?オススメの手法や注意点を解説

2001年アメリカ同時多発テロ時のUSD/JPY 2014年イスラム国の拡大時のUSD/JPY 2022年ロシアのウクライナ侵攻時のUSD/JPY

戦略2.取引はニューヨーク市場の開場から翌1時までが勝負

ニューヨーク時間外とニューヨーク時間中のEUR/USDボラティリティ(夏時間)

ニューヨーク時間のおすすめ手法は3つ

  1. トレンドフォロー(順張り)
  2. 経済指標トレード
  3. ニューヨークボックス手法

手法1.トレンドフォロー(順張り)

  • 上昇トレンドなら「押し目買い」
  • 下降トレンドなら「戻り売り」

トレンド有効なエントリー
上昇トレンド押し目買い
下降トレンド戻り売り
トレンドと有効なエントリー

ニューヨーク時間中の押し目買い

ニューヨーク時間中の戻り売り

FXの押し目とは?押し目買い・戻り売りのオススメ手法を解説 FXの押し目買いと戻り売りで大きな値幅を取り切るトレードができるようになりたい! 押し目と戻り目は何となく分かるけど、さらに押したり戻されたりしそうで不安……。 FXの取引時間 取引が活発な時間帯 F…

手法2.経済指標トレード

  • 雇用統計(失業率)
  • フェデラル・ファンド金利(FF金利)
  • ISM製造業景気指数

2022年6月16日3時頃に行われたFOMCのFF金利発表時のチャート

手法3.ニューヨークボックス手法

  1. 15分足に設定
  2. ニューヨーク時間直前の7時間前の高値・安値でボックスを形成
  3. ニューヨーク時間開始後に、2のボックスをブレイクした方向へエントリー
  4. エントリー後、利確は30pips、損切りは20pipsに設定

ニューヨークボックス手法

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

ハイローオーストラリアでは、月曜日の午前7時から土曜日の午前6時まで取引ができます。基本的には平日ならばほぼ1日中、好きな時間にバイナリーオプションが可能ですが、市場の動きを知らなければ効率的な投資はできません。選ぶ通貨ペアによって、為替の動く時間が異なります。 利益を確実に上げていくためには、市場で活発な取引が行われる時間帯を把握しなければなりません 。為替の主な市場と、バイナリーオプションに適した時間帯の関係について詳しく見ていきましょう。

4つの取引市場の時間帯

外国為替には株のような取引所があるわけではありません。外国為替市場と呼ばれているのは、金融機関同士、あるいは金融機関と個人・企業がそれぞれ取引を行う行為そのものです。現在はオンラインによる取引が行われているので、外国為替市場はいわばバーチャルな市場です。「市場が開く」、というのは金融機関が開く時間を指しているので、 世界規模で見ると常にどこかの市場が開いていることになります

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
市場 都市 日本時間
オセアニア市場 ウェリントン、シドニー 5時~16時
アジア市場 東京、香港、シンガポール、バーレーン 8時~24時
ヨーロッパ市場 ロンドン、フランクフルト、チューリッヒ 17時~午前3時
ニューヨーク市場 ニューヨーク 22時~午前8時

日本時間の夕方からはヨーロッパ市場が開きます。フランクフルトが16時から午前2時、ロンドン・チューリッヒは17時から午前3時までです。もっとも遅いのがニューヨーク市場の22時です。ロンドン市場に次ぐ取引高をもつ、大市場です。 サマータイムを採用している国では、冬場は上記よりも1時間遅くなるので、注意する必要があります

オセアニア・アジア時間の特徴

オセアニア市場はほかの市場と比較すると、マーケットへの参加が活発とはいえません。そのため、立ち上がりはゆるやかで流動性は低めです。ただ月曜日は週末のイベントや重要人物の発言を受け、為替の動きとなって現れる傾向があります。大ニュースがあった場合には、早朝から機関投資家の取引が開始して大きな値動きとなります。 世界でもっとも早く開く市場だけに、その後の各市場開場後の動きを占う材料となります

アジア市場では円をからめたトレードが活発に行われやすく、比較的トレンドが継続する傾向が見られます

ロンドン時間の特徴

ロンドン市場は世界で圧倒的な取引高をもつ市場です 。ロンドン市場の開く時間帯はアジアの市場と重なるため、取引が盛んに行われます。為替の動きも大きくなり、利益を拡大するチャンスが巡ってきます。また、ロンドン市場が開く時間は、ヨーロッパ各国の経済指標発表が順次行われていく時間帯でもあります。GDP世界第4位のドイツを含むヨーロッパの経済指標は、世界の為替相場にも大きな影響を与えます。ポンドがらみの扱い高が上昇し、ユーロ圏の経済指標の発表も重なると、ユーロの値動きはさらに激しくなります。

取引が活発化しているということは、それだけマーケットへの参加者が多いということになります 。売買が増加し、相場が変動しやすいときにはチャートの動きが大きく、分析を行いやすくなります。経済指標や周辺の動きをにらみながら、大きな成果を上げられる可能性が高まる時間帯であるといえます。

ニューヨーク時間の特徴

ニューヨーク市場の開始時間帯は、ロンドン市場と並行するため、もっとも値動きが大きくなります 。ドルの優位性が各国の通貨にも影響を与えるため、 どの通貨ペアでもニューヨーク市場の動きは常に把握しておかなければなりません

こうした市場の関係性もあり、 日本時間の深夜帯にかけて、流動性の高い状態が続きます 。また21時半頃からIMFなど、重要な経済指標が発表されます。 特に毎月第一金曜日に発表される雇用統計は、指標の中でも為替への影響力が強烈です 。そのため投資家の間では、「お祭り」と呼ばれることもあるほどです。ニューヨーク市場の開始と相まって、1日のうちでは21時過ぎから23時頃までがもっとも激しい値動きを見せると考えて間違いないでしょう。

日本市場の昼休み前を狙え!

ロンドン市場など大きな市場がスタートし、為替相場の値動きが大きくなるとバイナリーオプションを行うチャンスも大きくなりますが、初心者にはなかなか読むのが難しくなります 。初心者でも比較的予測しやすい時間帯は、 FXの取引時間 取引が活発な時間帯 日本時間の午前中です 。10時前後の「仲値決め」の影響が落ち着けば、穏やかに推移し始めます。

午前中に大きく賭けたいのであれば、午前の取引が終わる11時半の直前を狙うと良いでしょう 。昼休み前の手じまいで、為替の動きが一時的に大きくなり、うまく読めれば高い利益を生む可能性があります。

バイナリーオプションでは、 世界の大きな市場の動きに合わせて通貨ペアを選ぶことが、利益率を上げるカギとなります 。ハイローオーストラリアで取引できる時間内であっても、選んだ通貨によっては動きがなく、思うような効果が出ないということもあります。逆にまだバイナリーオプションにあまり慣れていないときには、穏やかに推移する時間帯を狙って経験を重ねるという方法もあります。

市場に関する情報についても、知識があるほど良好な取引結果が得られます。例えば、オーストラリアの経済指標発表時間が10時半であることを知っていれば、オーストラリアドルに絡んだ通貨ペアでうまく利益を得ることができるかもしれません。 市場に合わせて取引する時間帯と通貨ペアを見極め、効率良く利益を上げていきましょう

FXは24時間取引が可能な金融商品ですが、土曜日と日曜日は休みとなっています。
また、取引の開始時間と終了時間については、時期によって変動があり、これは米国の標準時間と夏時間(サマータイム)の切り替えによって生じます。
取引時間だけでなく、重要な指標発表時刻も、これに伴って変更されるので、注意が必要です。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
FX業者名 月曜日開始 金曜日クローズ時間 NYクローズで
取引できない時間帯
7:00 翌5:50 5:55~6:00
7:00 翌5:45 5:45~6:14
7:00 翌6:00 -
7:00 翌5:50 -
7:00 翌5:55 -

見落としがちなメンテンナンス時間を把握しよう!

取引を実際にはじめてみると分かることですが、FX取引はFX業者のシステムを用いて行うため、時折サーバーメンテナンスが行われ、この期間は取引ができないということが生じます。
土日や夜中の一定の時間帯など、メンテナンスでログインできなくなる時間帯がある業者もあります。
各FX業者のメンテナンスが行われる時間帯は似ていますが、早朝メンテナンスと週末メンテナンスといった2タイプのメンテナンスを設けている業者や、昼間にかなり長い時間のメンテナンスが入ってしまう業者もあります。
こうした場合、トレードの分析などにおいて支障が出ることも考えられますので注意が必要です。
利用するFX業者における定期メンテナンスがどのような周期で行われているのか、基礎情報としてチェックしておくようにしましょう。

各業者の定期メンテナンスには、およそ周期傾向があり、月曜日はなし、火曜日~金曜日は短いメンテナンス、土曜日は長めのメンテナンス、日曜日はなし、といった設定が多く見られます。
参考までに、主なFX業者のメンテナンス時間をまとめています。
なおこれ以外の臨時メンテナンスも、実施の通知がなされることがありますので、注意しておきましょう。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯 FXの取引時間 取引が活発な時間帯 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
FX業者名 シーズン 火~金
夏時間 - 5:55~6:00 5:55~6:00 -
冬時間 - 6:55~7:00 6:55~7:FXの取引時間 取引が活発な時間帯 00 -
FXの取引時間 取引が活発な時間帯 夏時間 - 5:50~6:10 5:50~6:20
(12:00~18:00)
-
冬時間 - 6:50~7:10 6:50~7:20
(12:00~18:00)
-
夏時間 - 5:FXの取引時間 取引が活発な時間帯 55~6:05 5:50~12:FXの取引時間 取引が活発な時間帯 FXの取引時間 取引が活発な時間帯 00 -
冬時間 - 6:55~7:05 6:50~12:00-
夏時間 - - 8:00~12:00 -
冬時間 - - 8:00~12:00 -
夏時間 - 5:50~6:10 5:50~6:10 -
冬時間 - 6:50~7:10 6:50~7:10 -
夏時間 - 5:55~6:45 5:00~7:00 -
冬時間 - 6:55~7:45 6:00~8:00 -
FXの取引時間 取引が活発な時間帯 夏時間 - 5:55~6:05 5:55~12:00 -
冬時間 - 6:55~7:05 6:55~12:00-

FXが最も盛り上がるのは日本時間の21時~2時

FXの取引時間中においても、取引量には波があり、多くの取引がなされる時間帯と、あまり活発な取引はみられない時間帯とがあります。
とくに盛況になる時間帯といえるのは、日本時間で21時~翌2くらいにかけてでしょう。

FXのニューヨーク時間とは?オススメの手法や注意点を解説

2001年アメリカ同時多発テロ時のUSD/JPY 2014年イスラム国の拡大時のUSD/JPY 2022年ロシアのウクライナ侵攻時のUSD/JPY

戦略2.取引はニューヨーク市場の開場から翌1時までが勝負

ニューヨーク時間外とニューヨーク時間中のEUR/USDボラティリティ(夏時間)

ニューヨーク時間のおすすめ手法は3つ

  1. トレンドフォロー(順張り)
  2. 経済指標トレード
  3. ニューヨークボックス手法

手法1.トレンドフォロー(順張り)

  • 上昇トレンドなら「押し目買い」
  • FXの取引時間 取引が活発な時間帯
  • 下降トレンドなら「戻り売り」

トレンド有効なエントリー
上昇トレンド押し目買い
下降トレンド戻り売り
トレンドと有効なエントリー

ニューヨーク時間中の押し目買い

ニューヨーク時間中の戻り売り

FXの押し目とは?押し目買い・戻り売りのオススメ手法を解説 FXの押し目買いと戻り売りで大きな値幅を取り切るトレードができるようになりたい! 押し目と戻り目は何となく分かるけど、さらに押したり戻されたりしそうで不安……。 F…

手法2.経済指標トレード

  • 雇用統計(失業率)
  • FXの取引時間 取引が活発な時間帯
  • フェデラル・ファンド金利(FF金利)
  • ISM製造業景気指数

2022年6月16日3時頃に行われたFOMCのFF金利発表時のチャート

手法3.ニューヨークボックス手法

  1. 15分足に設定
  2. ニューヨーク時間直前の7時間前の高値・安値でボックスを形成
  3. ニューヨーク時間開始後に、2のボックスをブレイクした方向へエントリー
  4. エントリー後、利確は30pips、損切りは20pipsに設定

ニューヨークボックス手法

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

ハイローオーストラリアでは、月曜日の午前7時から土曜日の午前6時まで取引ができます。基本的には平日ならばほぼ1日中、好きな時間にバイナリーオプションが可能ですが、市場の動きを知らなければ効率的な投資はできません。選ぶ通貨ペアによって、為替の動く時間が異なります。 利益を確実に上げていくためには、市場で活発な取引が行われる時間帯を把握しなければなりません 。為替の主な市場と、バイナリーオプションに適した時間帯の関係について詳しく見ていきましょう。

4つの取引市場の時間帯

外国為替には株のような取引所があるわけではありません。外国為替市場と呼ばれているのは、金融機関同士、あるいは金融機関と個人・企業がそれぞれ取引を行う行為そのものです。現在はオンラインによる取引が行われているので、外国為替市場はいわばバーチャルな市場です。「市場が開く」、というのは金融機関が開く時間を指しているので、 世界規模で見ると常にどこかの市場が開いていることになります

市場 都市 日本時間
オセアニア市場 ウェリントン、シドニー 5時~16時
アジア市場 東京、香港、シンガポール、バーレーン 8時~24時
ヨーロッパ市場 ロンドン、フランクフルト、チューリッヒ 17時~午前3時
ニューヨーク市場 ニューヨーク 22時~午前8時

日本時間の夕方からはヨーロッパ市場が開きます。フランクフルトが16時から午前2時、ロンドン・チューリッヒは17時から午前3時までです。もっとも遅いのがニューヨーク市場の22時です。ロンドン市場に次ぐ取引高をもつ、大市場です。 サマータイムを採用している国では、冬場は上記よりも1時間遅くなるので、注意する必要があります

オセアニア・アジア時間の特徴

オセアニア市場はほかの市場と比較すると、マーケットへの参加が活発とはいえません。そのため、立ち上がりはゆるやかで流動性は低めです。ただ月曜日は週末のイベントや重要人物の発言を受け、為替の動きとなって現れる傾向があります。大ニュースがあった場合には、早朝から機関投資家の取引が開始して大きな値動きとなります。 世界でもっとも早く開く市場だけに、その後の各市場開場後の動きを占う材料となります

アジア市場では円をからめたトレードが活発に行われやすく、比較的トレンドが継続する傾向が見られます

ロンドン時間の特徴

ロンドン市場は世界で圧倒的な取引高をもつ市場です 。ロンドン市場の開く時間帯はアジアの市場と重なるため、取引が盛んに行われます。為替の動きも大きくなり、利益を拡大するチャンスが巡ってきます。また、ロンドン市場が開く時間は、ヨーロッパ各国の経済指標発表が順次行われていく時間帯でもあります。GDP世界第4位のドイツを含むヨーロッパの経済指標は、世界の為替相場にも大きな影響を与えます。ポンドがらみの扱い高が上昇し、ユーロ圏の経済指標の発表も重なると、ユーロの値動きはさらに激しくなります。

取引が活発化しているということは、それだけマーケットへの参加者が多いということになります FXの取引時間 取引が活発な時間帯 。売買が増加し、相場が変動しやすいときにはチャートの動きが大きく、分析を行いやすくなります。経済指標や周辺の動きをにらみながら、大きな成果を上げられる可能性が高まる時間帯であるといえます。

ニューヨーク時間の特徴

ニューヨーク市場の開始時間帯は、ロンドン市場と並行するため、もっとも値動きが大きくなります 。ドルの優位性が各国の通貨にも影響を与えるため、 どの通貨ペアでもニューヨーク市場の動きは常に把握しておかなければなりません

こうした市場の関係性もあり、 日本時間の深夜帯にかけて、流動性の高い状態が続きます 。また21時半頃からIMFなど、重要な経済指標が発表されます。 特に毎月第一金曜日に発表される雇用統計は、指標の中でも為替への影響力が強烈です 。そのため投資家の間では、「お祭り」と呼ばれることもあるほどです。ニューヨーク市場の開始と相まって、1日のうちでは21時過ぎから23時頃までがもっとも激しい値動きを見せると考えて間違いないでしょう。

日本市場の昼休み前を狙え!

ロンドン市場など大きな市場がスタートし、為替相場の値動きが大きくなるとバイナリーオプションを行うチャンスも大きくなりますが、初心者にはなかなか読むのが難しくなります 。初心者でも比較的予測しやすい時間帯は、 日本時間の午前中です 。10時前後の「仲値決め」の影響が落ち着けば、穏やかに推移し始めます。

午前中に大きく賭けたいのであれば、午前の取引が終わる11時半の直前を狙うと良いでしょう 。昼休み前の手じまいで、為替の動きが一時的に大きくなり、うまく読めれば高い利益を生む可能性があります。

バイナリーオプションでは、 世界の大きな市場の動きに合わせて通貨ペアを選ぶことが、利益率を上げるカギとなります 。ハイローオーストラリアで取引できる時間内であっても、選んだ通貨によっては動きがなく、思うような効果が出ないということもあります。逆にまだバイナリーオプションにあまり慣れていないときには、穏やかに推移する時間帯を狙って経験を重ねるという方法もあります。

市場に関する情報についても、知識があるほど良好な取引結果が得られます。例えば、オーストラリアの経済指標発表時間が10時半であることを知っていれば、オーストラリアドルに絡んだ通貨ペアでうまく利益を得ることができるかもしれません。 市場に合わせて取引する時間帯と通貨ペアを見極め、効率良く利益を上げていきましょう

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる