初心者バイナリオプション戦略

オプションの使用方法について

オプションの使用方法について

HP LaserJet Pro 多機能プリンター 3101e-3108e - プリンターのセットアップ

すでにイーサネット ケーブルをつないでいる場合は、[イーサネットの概要] 画面がコントロール パネルに表示されます。[ OK ] をタッチし、HP+ 画面がコントロール パネルに表示されたら、[ 続行 ] をタッチしてペアリング コードを取得します。ペアリング コードがコントロール パネル画面に表示されたら、それをメモし、ステップ 7 に進んで、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

接続方法を選択する:

プリンターのコントロール パネルで、接続方法を選択するように求められたら、必要なオプション ( 無線 、 イーサネット 、または ソフトウェアで接続 ) をタッチします。

プリンターがネットワークに正常に接続されると、[正常に接続] 画面がコントロール パネルに表示され、プリンターの IP アドレスが表示されます。

[正常に接続] 画面で、[ OK ] オプションの使用方法について をタッチします。プリンターはファームウェア アップデートを確認して、ペアリング コードを取得します。

コントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart オプションの使用方法について Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

プリンターのコントロール パネルに [イーサネットの概要] 画面が表示されたら、[ OK ] をタッチします。

プリンターのコントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

この方法は、プリンターのコントロールパネルからではなく、ソフトウェアを使用してプリンターを無線 LAN に接続する場合に使用します。

PC またはノートブックの無線 LAN の無線が有効で、無線ネットワークに接続されていることを確認します。

この方法を選択すると、プリンターのコントロール パネルにメッセージが表示され、hpsmart.com/setup にアクセスし (お使いのコンピューターの Web ブラウザーで)、HP Easy Start ソフトウェアをインストールし、セットアップを続行するように指示されます。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/setup にアクセスします。

[新しいプリンターのセットアップ] オプションの使用方法について ページで、[ セットアップを開始 ] をクリックし、[ HP Easy Start のインストール ] をクリックしてソフトウェアをダウンロードします。

ソフトウェアがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして HP Easy Start を開きます。

HP Easy Start では、ネットワークにまだ関連付けられていない無線プリンター (無線ランプが点滅しているプリンター)、または既にネットワークに接続されているイーサネット接続プリンターおよび無線プリンターを検出します。検出されたプリンターが画面に表示されます。

HP Easy Start ソフトウェアの画面の説明に沿って、プリンターをネットワークに接続します。

プリンターを無線 LAN に接続する場合、セットアップ中はコンピューターがプリンターの近くになければなりません。

プリンターに近いことを確認するために、メッセージが HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。プリンターのコントロール パネルで [許可] を選択するよう指示するメッセージです。

プリンターのコントロール パネルの画面で、[ オプションの使用方法について オプションの使用方法について オプションの使用方法について 許可 ] をタッチします。

HP Easy Start はプリンターを構成して、ネットワークに追加します。[ネットワーク設定] 画面が HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。

お使いのネットワークにプロキシ設定が必要な場合は、ソフトウェアで [ プロキシ設定の編集 ] をクリックし、設定を入力して、[ 適用 ] をクリックします。

[ネットワーク設定] 画面で、[ 続行 ] をクリックします。

ファームウェア アップデートを続行するよう求められたら、[ はい ] をクリックします。

HP Easy Start ソフトウェアに [ペアリング コードの生成] 画面が表示されたら、[ ペアリング コードの生成 ] をクリックします。

HP+ 画面が表示されたら、プリンターのコントロール パネルで、[ 続行 ] をクリックします。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

HP Easy Start ソフトウェアの [HP Smart Admin でセットアップを続行する] 画面で、[ HP Smart Adminを開く ] をクリックして、お使いの Web ブラウザーで hpsmart.com/activate ページを開きます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ オプションの使用方法について オプションの使用方法について スマートプリンターをライセンス認証します。

HP+ スマートプリンターをライセンス認証する:

プリンターと HP アカウントをペアリングし、HP+ 特典を有効にします。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/activate オプションの使用方法について にアクセスして HP Smart Setup を開きます。

HP Smart Setup ページで、以下のオプションのいずれかをクリックします。

[ サインイン ]: 以前に HP アカウントを作成している場合は、このオプションを選択し、アカウントの作成時に使用した電子メールアドレスとパスワードを入力します。

[ アカウントを作成 ]: HP アカウントをお持ちでない場合は、このオプションを選択し、必要な情報 (姓と名、電子メールアドレス、国/地域) を入力し、アカウントのパスワードを作成して、もう一度 [ アカウントを作成 ] をクリックします。

HP アカウントの作成で入力した電子メール アドレスに、確認コードが送信されます。

セットアップ ページに表示されたフィールドに、確認コード (電子メールで受信したコード) を入力し、[ 確認 ] をクリックします。アカウントが確認されたら、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、プリンターのアカウントの種類 (会社管理または個人のもの) を選択し、[ 続行 ] をクリックします。

ペアリングコードの入力を求められたら、前のステップで取得したペアリング コードを入力し、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、お使いのプリンターに名前と場所を指定して、[ 続行 ] をクリックするか、またはこれらの詳細を追加したくない場合は、[ スキップ ] をクリックします。

[ 確認 ] をクリックして、HP+ スマートプリンター要件に同意します。

HP+ ライセンス認証プロセスが開始します。HP+ ライセンス認証が完了すると、メッセージが表示されます。

[ 続行 ] をクリックして、追加のセットアップ オプションを表示します。

[プリンターのセットアップを終了する] オプションの使用方法について オプションの使用方法について ページで、[ 印刷をセットアップしてテストページを送信する ] オプションの隣の [セットアップ] をクリックします。

[印刷のセットアップとテストページの送信] Web ページが表示されたら、[印刷を有効にするには、印刷ドライバをインストールします] オプションの隣の [ インストール ] をクリックして、印刷ドライバをダウンロードします。

ドライバがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして、プリンター ドライバのインストールを開始します。

ドライバのインストールが完了したら、[テスト オプションの使用方法について ページの印刷] の隣の [ 印刷 ] をクリックして、プリンターがセットアップされ、印刷できる状態になっていることを確認します。続いて、[ 完了 ] をクリックして、[テスト ページの印刷をセットアップする] Web ページを閉じます。

[プリンターセットアップを終了] ページの下部で、[ HP Smart Admin に移動 ] をクリックし、HP Smart Admin Web ポータルを開きます。

HP Smart Admin Webポータルでは、プリンターを管理する、印刷使用状況を監視する、他のユーザーを招待してそのデバイスから印刷を有効にする、HP Instant Ink の無料トライアルに参加する、印刷の効率をあげる他の印刷ソリューションに登録する、および HP+ アカウントの設定と通知を管理することができます。

HP Smart Admin Web ポータルページ (hpsmart.com/admin) をブックマークして、プリンター管理のために簡単にアクセスできるようにすることを推奨します。

HP LaserJet Pro 多機能プリンター 3101e-3108e - プリンターのセットアップ

すでにイーサネット ケーブルをつないでいる場合は、[イーサネットの概要] 画面がコントロール パネルに表示されます。[ OK ] をタッチし、HP+ 画面がコントロール パネルに表示されたら、[ 続行 ] をタッチしてペアリング コードを取得します。ペアリング コードがコントロール パネル画面に表示されたら、それをメモし、ステップ 7 に進んで、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

接続方法を選択する:

プリンターのコントロール パネルで、接続方法を選択するように求められたら、必要なオプション ( 無線 、 イーサネット 、または ソフトウェアで接続 ) をタッチします。

プリンターがネットワークに正常に接続されると、[正常に接続] 画面がコントロール パネルに表示され、プリンターの IP アドレスが表示されます。

[正常に接続] 画面で、[ OK ] をタッチします。プリンターはファームウェア アップデートを確認して、ペアリング コードを取得します。

コントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 オプションの使用方法について ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

プリンターのコントロール パネルに [イーサネットの概要] 画面が表示されたら、[ OK ] をタッチします。

プリンターのコントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ オプションの使用方法について 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

この方法は、プリンターのコントロールパネルからではなく、ソフトウェアを使用してプリンターを無線 LAN に接続する場合に使用します。

PC またはノートブックの無線 LAN の無線が有効で、無線ネットワークに接続されていることを確認します。

この方法を選択すると、プリンターのコントロール パネルにメッセージが表示され、hpsmart.com/setup にアクセスし (オプションの使用方法について お使いのコンピューターの Web ブラウザーで)、HP Easy Start ソフトウェアをインストールし、セットアップを続行するように指示されます。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/setup にアクセスします。

[新しいプリンターのセットアップ] ページで、[ セットアップを開始 ] をクリックし、[ HP Easy Start のインストール ] をクリックしてソフトウェアをダウンロードします。

ソフトウェアがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして HP Easy Start を開きます。

HP Easy Start では、ネットワークにまだ関連付けられていない無線プリンター (無線ランプが点滅しているプリンター)、または既にネットワークに接続されているイーサネット接続プリンターおよび無線プリンターを検出します。検出されたプリンターが画面に表示されます。

HP Easy Start ソフトウェアの画面の説明に沿って、プリンターをネットワークに接続します。

プリンターを無線 LAN に接続する場合、セットアップ中はコンピューターがプリンターの近くになければなりません。

プリンターに近いことを確認するために、メッセージが HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。プリンターのコントロール パネルで [許可] を選択するよう指示するメッセージです。

プリンターのコントロール パネルの画面で、[ 許可 ] をタッチします。

HP Easy Start はプリンターを構成して、ネットワークに追加します。[ネットワーク設定] 画面が HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。

お使いのネットワークにプロキシ設定が必要な場合は、ソフトウェアで [ プロキシ設定の編集 ] をクリックし、設定を入力して、[ オプションの使用方法について 適用 ] をクリックします。

[ネットワーク設定] 画面で、[ 続行 ] をクリックします。

ファームウェア アップデートを続行するよう求められたら、[ はい ] をクリックします。

HP Easy Start ソフトウェアに [ペアリング コードの生成] 画面が表示されたら、[ ペアリング コードの生成 ] をクリックします。

HP+ 画面が表示されたら、プリンターのコントロール パネルで、[ 続行 ] をクリックします。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

HP Easy Start ソフトウェアの [HP Smart Admin でセットアップを続行する] 画面で、[ HP Smart Adminを開く オプションの使用方法について ] をクリックして、お使いの Web ブラウザーで hpsmart.com/activate ページを開きます。

ステップ 7 オプションの使用方法について に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

HP+ スマートプリンターをライセンス認証する:

プリンターと HP アカウントをペアリングし、HP+ 特典を有効にします。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/activate にアクセスして HP Smart Setup を開きます。

HP Smart Setup ページで、以下のオプションのいずれかをクリックします。

[ サインイン ]: 以前に HP アカウントを作成している場合は、このオプションを選択し、アカウントの作成時に使用した電子メールアドレスとパスワードを入力します。

[ アカウントを作成 ]: HP アカウントをお持ちでない場合は、このオプションを選択し、必要な情報 (姓と名、電子メールアドレス、国/地域) を入力し、アカウントのパスワードを作成して、もう一度 [ アカウントを作成 ] をクリックします。

HP アカウントの作成で入力した電子メール オプションの使用方法について アドレスに、確認コードが送信されます。

セットアップ ページに表示されたフィールドに、確認コード (電子メールで受信したコード) を入力し、[ 確認 ] をクリックします。アカウントが確認されたら、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、プリンターのアカウントの種類 (会社管理または個人のもの) を選択し、[ 続行 ] をクリックします。

ペアリングコードの入力を求められたら、前のステップで取得したペアリング コードを入力し、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、お使いのプリンターに名前と場所を指定して、[ 続行 ] をクリックするか、またはこれらの詳細を追加したくない場合は、[ スキップ ] をクリックします。

[ 確認 ] をクリックして、HP+ スマートプリンター要件に同意します。

HP+ ライセンス認証プロセスが開始します。HP+ ライセンス認証が完了すると、メッセージが表示されます。

[ 続行 ] をクリックして、追加のセットアップ オプションを表示します。

[プリンターのセットアップを終了する] ページで、[ 印刷をセットアップしてテストページを送信する ] オプションの隣の [セットアップ] をクリックします。

[印刷のセットアップとテストページの送信] Web ページが表示されたら、[印刷を有効にするには、印刷ドライバをインストールします] オプションの隣の [ インストール ] をクリックして、印刷ドライバをダウンロードします。

ドライバがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして、プリンター ドライバのインストールを開始します。

ドライバのインストールが完了したら、[テスト ページの印刷] の隣の [ 印刷 ] をクリックして、プリンターがセットアップされ、印刷できる状態になっていることを確認します。続いて、[ 完了 ] をクリックして、[テスト ページの印刷をセットアップする] Web ページを閉じます。

[プリンターセットアップを終了] ページの下部で、[ HP Smart Admin に移動 ] をクリックし、HP Smart Admin Web ポータルを開きます。

HP Smart Admin Webポータルでは、プリンターを管理する、印刷使用状況を監視する、他のユーザーを招待してそのデバイスから印刷を有効にする、HP Instant Ink の無料トライアルに参加する、印刷の効率をあげる他の印刷ソリューションに登録する、および HP+ アカウントの設定と通知を管理することができます。

HP Smart Admin Web ポータルページ (hpsmart.com/admin) をブックマークして、プリンター管理のために簡単にアクセスできるようにすることを推奨します。

Virtual Machines と Virtual Machine Scale Sets を可用性ゾーンのサポートに移行する

アプリケーション層とデータ層の間で適度に短いネットワーク待機時間と良好なパフォーマンスが必要なゾーン デプロイの場合は、近接通信配置グループを使用します。 近接グループは、1 つのネットワーク スパインの下で異なる オプションの使用方法について VM リソースを強制的にグループ化できます。 近接通信配置グループを使用する SAP ワークロードの例については、「SAP アプリケーションで最適なネットワーク待ち時間を実現するための Azure 近接通信配置グループ」を参照してください。

再デプロイ方法

再デプロイするには、VM と VMSS リソースを再作成する必要があります。 コンピューティング リソースの高可用性を確保するには、新しい VM と VMSS に複数のゾーンを選択することをお勧めします。

可用性ゾーンに VM を作成する方法については、以下を参照してください。

移行オプション 2: Azure Resource Mover

Azure Resource Mover を使用する場合

可用性ゾーンがないリージョンから、可用性ゾーンがある別のリージョンに VM または暗号化された VM を簡単に移動するには、Azure Resource Mover を使用します。 Azure Resource Mover を使用するメリットの詳細については、「Azure Resource Mover を使用する理由」を参照してください。

Azure Resource Mover オプションの使用方法について に関する考慮事項

Azure Resource Mover を使用すると、すべてのキーとシークレットがソース キー コンテナーから、ターゲット リージョン内で新しく作成された宛先キー コンテナーにコピーされます。 オプションの使用方法について お使いのカスタマー マネージド キー (Azure Key Vault、ディスク暗号化セット、VM、ディスク、およびスナップショットなど) に関連するすべてのリソースは、同じサブスクリプションとリージョンに存在する必要があります。 ターゲット リージョンがソース キー コンテナーのレプリケート先のセカンダリ リージョンである場合でも、Azure Key Vault の既定の可用性と冗長性の機能は、移動された VM リソースの宛先キー コンテナーとして使用できません。

Azure Resource Mover の使用法

ディザスター リカバリーの考慮事項

通常、可用性ゾーンは VM を高可用性構成でデプロイするのに使用されます。 可用性ゾーンは、ゾーン間の間隔が狭すぎて、自然災害時にディザスター リカバリー ソリューションとしての役割を果たせないことがあります。 ただし、ディザスター リカバリーに可用性ゾーンを使用できるシナリオがあります。 詳細については、「ディザスター リカバリーへの可用性ゾーンの使用」を参照してください。

Excelデータの自動保存について:保存場所と復元する方法

Excel データ 自動保存

ステップ1: パソコンにおけるExcel自動保存の設定に移動します。
Microsoft Excel 2013および2016バージョンにおける自動保存されたExcelファイルの保存先:Excelで、「ファイル」> 「オプション」> 「保存」 の順にクリックします。
Microsoft Excel 2007バージョンにおける自動保存されたExcelファイルの保存先:「Microsoft」メニュー> 「Excel オプションの使用方法について のオプション」>「保存」 をクリックします。

ステップ2: 自動保存をX分ごとに行うことと、保存せずに閉じた場合、最後に自動保存されたバージョンを保存することの両方にチェックマークをつけておいてください。

ステップ3: 自動保存が行われる間隔を短くしたり長くしたりできます。保存したファイルの保存先を指定することもできます。

Excel 設定 保存

三、自動保存が動作しない場合、未保存のExcelファイルを復元する方法

ステップ1. 「FonePaw データ復元」 をダウンロードしてパソコンにインストールしてください。

ステップ2.「ドキュメント」 を選択し、「スキャン」 を開始します。
ホームページでは、ファイルの種類とハードドライブを選択できます。紛失したExcelファイルを検索するには、「ドキュメント」 をクリックし、ハードディスク(たとえばC :)をクリックし、そして 「スキャン」 をクリックしてプロセスを開始します。

Excel データ スキャン

ステップ3. オプションの使用方法について スキャンの結果をプレビューします。
「FonePaw データ復元」 でスキャンされたファイルは2つのリストに表示されます。ひとつは、フォーマットによって分類されるタイプリストです。もうひとつは、保存先によって分類されたリストです。
タイプリストで、「.xlsx」 を選択します。「.xlk」 ドキュメントがExcelファイルのバックアップコピーであるため、それを見つけた場合は、選ぶ必要があります。

Excel XLSX データ レビュー

ステップ4. 失われたExcelファイルを復元します。
紛失したExcelファイルを見つけたら、そのファイルを選択して 「復元」 をクリックすると、お持ちのデバイスに戻されます。

四、Excelファイルを保存するときに注意すべきこと

自動保存と自動復元は素晴らしい機能で、「FonePawデータ復元」 も優れたプログラムであるが、ただの解決策に過ぎません。重要なデータを保存し、Excelファイルをバックアップする意識を持つことは、問題を防ぐための、一番の良策です。Excelファイルを保存するときに注意すべきことを幾つか書き残しました。下にあるヒントをちゃんと従ってくださいね。

1、Excelにおける自動保存機能のタイミングの間隔を短くします。

2、 Excelファイルをバックアップします。

Excelには自動バックアップというあまり知られていない機能があります。これは実に便利な機能です。重要なデータの損失を避けるだけでなく、以前に保存したバージョンにアクセスすることもできます。この機能をオンにすると、ファイルを保存する瞬間に、「.オプションの使用方法について xlk」 形式のバックアップファイルも作成されます。データは常にバックアップされるので、ファイルが消えてしまうことを心配する必要はありません。

ステップ1:「ファイル」>「名前を付けて保存」>「このPC」 に進みます。

Excel パソコン 保存

ステップ2:「その他のオプション」 を選んで、オプション画面に入ります。

Excel パソコン その他

ステップ3: 「全般オプション」>「バックアップファイルを作成する」 を選択します。

Excel 保存 オプションExcel バックアップ ファイル 作成

ステップ4:「OK」 をクリックします。 これで、ファイルを保存するたびにバックアップコピーが自動的に作成されます。

未保存のExcelファイルを復元する方法を分かりましたでしょうか?どの方法も効かない場合、「FonePaw データ復元」 を利用してみてください。復元する方法を覚えておくことも大事ですが、ちゃんとファイルを保存して、バックアップすることもどうか忘れないでくださいね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる