バイナリーオプション講座

ブロックチェーンが社会を変える

ブロックチェーンが社会を変える
2-1. 日本銀行とその役割

ビットコイン・暗号資産の衝撃。仮想と現実をつなぐ「ブロックチェーン技術」が拓く未来 -- 追手門学院大学のニュース発信サイト「OTEMON VIEW」に掲載

【ポイント】
■ビットコインの衝撃とブロックチェーン革命
○ビットコインを支える「ブロックチェーン技術」とは?
○ブロックチェーンが起こした革命 ブロックチェーンが社会を変える
■ブロックチェーンとスマートコントラクトの融合
○19歳の天才がもたらした大きな転機
■ブロックチェーンのビジネスへの適用
○サプライチェーン・レジリエンスにおける優位性
○企業によるブロックチェーン活用の実例
■ブロックチェーンが起こした技術革新でアートや暮らしも変わる!?

●「OTEMON VIEW」
学校法人追手門学院が大学公式ホームページに開設している特設サイト。「ニュースの面白さは、見方次第。」をコンセプトに、日々移り変わる世の中の出来事を同大の教員らが教育・研究成果などの専門的知見に基づいて読み解いた記事を掲載している。
・URL: リンク


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・仲西
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590
メール:[email protected]

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

編集部おすすめの記事

読まれている記事

  • 1 Twitterでのヲタ活に「検索避け」を使う若者たち--つながりすぎたくない理由とは
  • 2 シリコンバレーで起業する(1)--「英語も話せない。お金もない」渡米から事業立ち上げまで
  • 3 創作活動に使える、架空の人名を作成できるジェネレータサービス5選

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial ブロックチェーンが社会を変える items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' ブロックチェーンが社会を変える are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or ブロックチェーンが社会を変える republication without written permission.

ブロックチェーンが社会を変える

2-1. 日本銀行とその役割

2-4-2. 1929年 暗黒の木曜日(ウォール街大暴落)

2-1. 日本銀行とその役割

2-1. 日本銀行とその役割

1-1. 日本の経済

2-4-1. 1927年 昭和金融恐慌

ビットコイン・暗号資産の衝撃。仮想と現実をつなぐ「ブロックチェーン技術」が拓く未来 -- ブロックチェーンが社会を変える 追手門学院大学のニュース発信サイト「OTEMON VIEW」に掲載

【ポイント】
■ビットコインの衝撃とブロックチェーン革命
○ビットコインを支える「ブロックチェーン技術」とは?
○ブロックチェーンが起こした革命
■ブロックチェーンとスマートコントラクトの融合
○19歳の天才がもたらした大きな転機
■ブロックチェーンのビジネスへの適用
○サプライチェーン・レジリエンスにおける優位性
○企業によるブロックチェーン活用の実例
■ブロックチェーンが起こした技術革新でアートや暮らしも変わる!?

●「OTEMON VIEW」
学校法人追手門学院が大学公式ホームページに開設している特設サイト。「ニュースの面白さは、見方次第。」をコンセプトに、日々移り変わる世の中の出来事を同大の教員らが教育・研究成果などの専門的知見に基づいて読み解いた記事を掲載している。
・URL: リンク


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・仲西
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590
メール:[email protected]

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

編集部おすすめの記事

読まれている記事

  • 1 Twitterでのヲタ活に「検索避け」を使う若者たち--つながりすぎたくない理由とは
  • 2 シリコンバレーで起業する(1)--「英語も話せない。お金もない」渡米から事業立ち上げまで
  • 3 創作活動に使える、架空の人名を作成できるジェネレータサービス5選

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.ブロックチェーンが社会を変える com' are the copyright properties of A Red Ventures ブロックチェーンが社会を変える Company. or its suppliers. Copyright (ブロックチェーンが社会を変える c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ブロックチェーンが社会を変える ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) ブロックチェーンが社会を変える 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.ブロックチェーンが社会を変える

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.ブロックチェーンが社会を変える com' are the copyright properties ブロックチェーンが社会を変える of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' ブロックチェーンが社会を変える and 'CNET News.com' ブロックチェーンが社会を変える are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 ブロックチェーンが社会を変える 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ブロックチェーンが社会を変える ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

NFTって結局何なの? ブロックチェーンが社会を変える 数十億円以上の価値を生むデジタル資産が世界を変える

HACK! THE NEW SOCIETY with &e. より良い未来の作り方

「お金の科学者」として活躍する国際人。1980年、東京・品川で生まれる。両親はパキスタン人。日興シティグループ証券、イギリス系のヘッジファンド、ドイツ証券などでディーラーとして活躍。著書に『毎月5000円で自動的にお金が増える方法』(かんき出版)、『教養としての投資入門』(朝日新書)など。現在はタイ・プーケット在住。Blade Web3 Foundationの創設者であり、ブロックチェーン技術等を活かした複数の企業の経営者でもある。

教養としての投資入門 (朝日新書)

Twitterの元CEOの初ツイートが3億円超で落札

2021年3月、Twitterの元CEOであるジャック・ドーシー氏の初ツイートのNFTが、オークションで約3億円超で落札され(売り上げは全額寄付したとツイート)、話題になりました。

同様に、デジタルアート作家のマイク・ヴィンケルマンのNFT作品は約75億円で落札されました。日本でも、人気漫画のカラープリントや人気アイドルのトレーディングカードなどのNFTが高額で取引されるなど、市場が活発化してきています。

実態を持たないデジタル資産であるNFTがなぜそのような高値で取引されるのか? 不思議に思う人は少なくないでしょう。

「NFT」とは、「Non-Fungible Token」の略称。Fungible(ファンジブル)とは「代替・交換可能な」という意味があるため、NFTは「非代替性トークン」と呼ばれています。唯一無二、他と交換することができない世界に一つしかないデジタル資産ということです。

Token(トークン)とは、ブロックチェーン等の技術を活用して発行された仮想通貨のこと。今では誰でも簡単にあらゆるデータを「NFT化」することができます。写真、動画、文字、著作権や.walletや.cryptoのようなドメイン名まで「NFT化」できるようになりました。

「そう言われても、よくわからない…」という人も多いはず。ブロックチェーン技術を生かしたさまざまなビジネスで活躍中のミアン・サミさんは「『所有権』と考えるとわかりやすい」と話します。

例えば、あなたが戸建てやマンションなどの不動産を買ったとして、それを「自分のもの」と所有権を他社に証明できるのは、“登記簿”があるからですよね。登記簿は現在だけでなく、過去の所有者の情報もさかのぼることができます。

それと同じように、NFTは「誰のものか」という所有権を第三者に証明できる、デジタル署名が刻まれた資産ということなのです。

「このデジタル資産(データ)は私のもの!」と他者に証明できるようになったことで、公益(著作権なし)だったものが私益(著作権あり)になり、デジタル資産(データ)に価値をつけることもできるようになります。

今では、実世界で取引されている土地や建物と同様に、インターネットの世界でしか存在しない土地や建物の所有権を証明するNFTも自由に取引できるようになっています。

他にも、例えばこれまでゲームの世界で得たお金やアイテムはそのゲーム内でしか使えなかったし、取り引きできないものでした。しかし、ゲーム内のアイテムを「NFT化」することでそのゲーム外でも第三者に対してアイテムの所有権を証明できるようになります。

つまり、ゲーム外でもそのアイテムが取引できるようになるので、アイテムを買ってくれるかもしれない人が増え、価値が上がったりするようになるのです。

NFTの価値は「コミュニティーの大きさ」で決まる

例えば子どものころ、お菓子についているシールやトレーディングカードに希少価値がついて、本来の価格の何倍も高値で取引されたりしましたよね。

これは、ただの紙やプラスチックに過ぎないものに、多くの人が高い価値を感じ、欲しいと思ったから付加価値がついた。

これと同様に、NFTの価値もその作品に対するファンの多さ、ひいてはコミュニティーの大きさや強さで決まるのです。

それでもなお「リアルな資産じゃない」と思う人もいるかもしれませんが、今や時代は消費できたり使用できたりするものの付加価値は、社会的欲求や承認欲求を満たす「リアル以外の資産」に移行してきています。特に先進国ではこの流れが鮮明、とサミさんは話します。

リアルとデジタルの垣根がどんどん薄いものになりつつある中、リアルかデジタルか、は些末な違いになっていく可能性があります。

NFTの価値はファンの数やコミュニティーの大きさで決まると言いましたが、これはSNSのように「いいね!」の数やフォロワーが多ければ多いほど、そのアカウントの「価値」が上がることと同じような現象です。

しかし、これまでの「WEB2.ブロックチェーンが社会を変える 0」のSNSでは、FacebookやTwitterなど、特定の企業が無料で参加する人の個人情報を第三者に売却して、荒稼ぎするようなシステムでした。

一方、「Web3.0」時代になると、SNS上でシェアした写真やコンテンツをブロックチェーン等の技術を用いて「NFT化」し、個人が利益を上げることもできるようになります。

資産の一点集中などが生まれにくく、より公平に多くの人が機会を得ることができるようになるでしょう。私は、今後世界全体が中央集権型の一極集中から各コミュニティーや個人に権限や価値が戻っていく、そんな流れを予想しています。

Web2.0のインターネットでは情報、写真、動画や他のコンテンツがいつでも簡単に無料で手に入るという利便性がある一方、そのコンテンツを元々作ったクリエイターが搾取される副作用もありました。

また、無料コンテンツがあふれることによって資金や影響力のある企業や個人のコンテンツばかりが目立つようになり、「デジタル格差」が広がってしまう面もあります。

Web3.0では価値を提供した人に価値が自動的に還元される仕組みをNFTのデータに書き込むことができるので、より公平な経済活動が行われると期待されています。

インターネット同様、試してみることで理解は深まる

昔、インターネットが出てきたとき「これは便利だ」といっても、使いはじめるまではその価値を理解しづらかったと思います。

実際に使い始めてみると、わざわざ図書館に行ったり、書店にいったりして本を買わなくても、インターネット上で本や記事を読めるようになりました。要件を手紙に書いて送るよりも、ネット上で文字を打って送るメールのほうが圧倒的に早いですよね。

それと同じで、“機能性”としての価値を感じるようになると、人は対価を支払うようになります。NFTも、それを持っていることで価値を感じるという“所有欲”が刺激され、コレクションしたくなるようなものがどんどん出てきています。

例えば、アイドルのトレーディングカードやゲーム上でのサッカー選手のキャラクターアイテムなど、ファン心理や所有欲などの気持ちが刺激され、満たされるような存在がNFTとして続々と市場に出てきています。

NFTを投資として考えるのはまだ時期尚早だと感じます。NFTに関係するどのコミュニティーが今後広がるかというのは予想しづらいので、値上がり益を狙って得るのはまだ難しいでしょう。

それよりも、ファンとしてそのコミュニティーが好き、コミュニティーの一部になりたいという気持ちから、NFTを買って参加するほうがいいと思います。

ぜひ、自分の価値観に合ったNFTを見つけて、楽しんでいただけたらと思います。

ブロックチェーンが社会を変える

2-1. 日本銀行とその役割

2-4-2. 1929年 暗黒の木曜日(ウォール街大暴落)

2-1. 日本銀行とその役割

2-1. 日本銀行とその役割

1-1. 日本の経済

2-4-1. 1927年 昭和金融恐慌

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる