高金利通貨でのFX

FX取引以外に株取引も可能な証券会社

FX取引以外に株取引も可能な証券会社
https://www.invast.jp/lp/triauto/hp/

インヴァスト証券の口コミ・評判を徹底解説|メリット・デメリットは?

インヴァスト証券

簡単に自動売買の設定ができる

https://www.invast.jp/lp/triauto/hp/

1つ目のメリットは簡単に自動売買の設定ができることです。

トライオートFXでアカウントを作成すると、用意されている自動売買プログラムの中から自分の好きなものを選択し取引を開始できます。

オリジナルの自動売買プログラムを作成できる

2つ目のメリットはオリジナルの自動売買プログラムを作成できることです。

オリジナルの自動売買プログラムを作成できる

https://www.invast.jp/lp/triauto/hp/

既存のプログラムを改変するのはもちろんのこと、全く新しいプログラムを作り出すことも可能です。

複数のプログラムの長所と短所を組み合わせ、最適化させることで資産に合わせた運用が可能となります。

少額から取引できる

3つ目のメリットは少額から取引できることです。

トライオートFXの最小取引単位は1,000通貨(0.1lot)です。

顧客資産が信託保全で守られている

顧客資産が信託保全で守られている

https://www.invast.jp/triauto/

4つ目のメリットは顧客資産が信託保全で守られていることです。

インヴァスト証券では、証券会社の資産と顧客から預かった資産を明確に分離し、顧客資産を三井住友銀行に信託保全しています。

【要人発言】官房長官「各国と緊密な意思疎通図り必要な場合は適切な対応」

blockHeadVisual

2022年6月13日、仮想通貨(暗号資産)取引所のBybit(バイビット)は、トークン「WLKN」をローンチパッドで配布すると発表しました。WLKNとは、Play to Earnゲーム「Walken」で使用されるトークンで、バトルで勝利したり歩いたりするともらえます。また、ローンチパッドとはBybitの独自サービスで、Bybitに上場予定の仮想通貨を先行購入できます。WLKNの上場予定日時は、2022年6月21日午後9時です。ローンチパッドで上場直前に購入して、上場直後の上昇を狙って売り抜けることも可能です。目次[非表示]Walken(WLKN)とはWLKNの使い道と将来性ローンチパッドの詳細と参加方法BITを使って購入するUSDTを使った抽選で購入BITトークンでの参加が人気Walken(WLKN)とはWalken(WLKN)とは、ブロックチェーンゲームの1つであり、ソラナ(SOL)で構築されています。「ポケモンGO」や「たまごっち」から発想を得ており、2つの要素を持ち合わせています。すなわち、動物のキャラクター「CAThlete」でバトルするPlay to Earnと、育成に必要なジェム(GEM)を歩いて獲得するMove to Earnです。CAThleteはNFTとして発行され、それぞれ能力が異なり、ジェムを消費して強化することができます。画像引用:WalkenPlay to EarnとはPlay to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。Play to FX取引以外に株取引も可能な証券会社 Earnから派生したMove to Earn(運動して稼ぐ)なども、流行しつつあります。近年、仮想通貨市場では、STEPNの流行もあり、多数のMove to Earnゲームがリリースされています。Walkenは、iOS版とAndroid版のアプリで遊べます。初めにNFTが無料でもらえるので、高額な初期投資がなくても誰でもゲームを楽しむことができます。WLKNの使い道と将来性WLKNは、Walkenのガバナンストークンとして発行されます。プレイヤーは、プレイヤー同士のバトルを通じてWLKNを獲得でき、外部の取引所で現金化するか、NFTマーケットプレイスなどで購入対価として使用できます。NFTマーケットプレイスでは、服や装備などゲーム内アイテムが売買可能になる見通しです。加えて、ステーキングなどDeFi(分散型金融)関連サービスを通じて、収益を得られます。Walkenの開発計画では、2022年第2四半期までにステーキングの実装、その後、DeFi関連サービスなどの機能実装が予定されています。当記事執筆時点(2022年6月)で、WalkenはAndroid版だけで10万件以上のダウンロードを達成しています。今後もアクティブユーザーが増加していけば、それに伴ってWLKN価格が上昇していく可能性もあるでしょう。ローンチパッドの詳細と参加方法Bybit(バイビット)のローンチパッドは、以下の2種類のいずれかの方法で参加可能です。預け入れトークントークン購入方法BIT自分と他のユーザーのBIT数量の比率によって、購入可能数量が決まるUSDT抽選に当たったら購入できる預け入れトークンとトークン購入方法BIT自分と他のユーザーのBIT数量の比率によって、購入可能数量が決まるUSDT抽選に当たったら購入できるなお、ローンチパッドに参加するには、Bybitのアカウントと本人確認レベル1(KYC)が必要です。BITを使って購入する1つ目の参加方法は、BITトークン(BIT)をBybitに預け入れて、自分と他のユーザーの預け入れたBITの比率によって購入可能額が決定します。ローンチパッドの開催期間は、2022年6月16日午前9時から2022年6月21日午後8時59分までです(日本時間)。3つの期間に分かれており、それぞれで必要な手続きが異なります。計測期間(2022年6月16日午前9時~2022年6月21日午前8時59分)コミット期間(2022年6月21日午後0時30分~午後7時59分)配布期間(2022年6月21日午後8時~午後8時59分)計測期間とは、WLKNをどれだけ購入する資格があるかを決定する期間です。そして、コミット期間中に、得られた資格の範囲内でWLKNの購入に使用したいBIT数量を入力します。以下、各期間で必要な手続きを解説します。計測期間5日間にわたって、保有しているBITの数量を計測します。計測対象になるのは、Bybitの現物アカウント・デリバティブアカウント・資産運用アカウント(旧ByFiアカウント)です。日々の残高は、日本時間の午後0時に更新されます。計測対象外に注意資産運用アカウントに入金されているBITのうち、ローンチプールと積立ステーキングの残高が集計対象になります。デュアル資産投資(旧二重資産マイニング)など、他のサービスに預け入れているBITは計測されません。計測期間前または期間中に、Bybitの現物取引でBITを購入して参加できます。コミット期間コミットできるBIT数量の上限は、計測期間中の日次平均BIT残高に応じて異なります。つまり、コミット期間が始まる6月21日だけBITを保有していても、期待通りの数量でコミットできない可能性があります。コミット期間になると、ローンチパッドのページで「今すぐコミット」ボタンが押せるようになります。そこで、「コミット」と書かれたオレンジ色の枠内にある「今すぐコミット」ボタンを押して、交換するBITの量を入力します。コミットするためには、現物アカウントにBIT残高が必要です。片方のみ選択できる参加方法は2種類ありますが、どちらか片方のみ参加できます。希望する参加方法の「今すぐコミット」ボタンを押してください。なお、「今すぐコミット」ボタンは、コミット期間以外は灰色で表示されており、押すことができません。コミット期間に関する注意点は、以下の2つです。コミット期間は7時間半のみであることコミットしたBITはロックされ、期間終了まで出金や取引を含む全ての操作ができなくなること配布期間コミットしたBITの量に応じて、WLKNが配布されます。なお、獲得できる最大数量は1人あたり20,000 WLKNであり、以下の計算式に基づいて算出されます。(獲得できるWLKNの数量) = (自分がコミットしたBIT ÷ 参加者全員がコミットしたBIT) × (本イベントに割り当てられたWLKN数量)獲得できるWLKNの数量が決定すると、コミットしたBITから対応する数量が差し引かれます。1WLKN=0.0165米ドルとして計算され、WLKNとBITの交換レートはコミット期間開始時に確定します。獲得できるWLKNの数量は、他の参加者がコミットしたBITに対する割合に応じて決まります。自身がコミットした数量でない点に注意が必要です。ただし、より多くのBITをコミットすると、より多くのWLKNを購入できます。WLKNを多く獲得したい人は、積極的にBIT保有量を増やすと良いでしょう。なお、ローンチパッドとは、新規上場の仮想通貨を購入できる制度です。すなわち、株式で考えると新規株式公開にあたります。ローンチパッドも新規株式公開と同様に、先行購入では安く買え、価格が上がりやすい傾向があります。以前開催されたローンチパッドに登場したトークン「KASTA」は、上場から1週目の平均収益率が2,089%を記録しました。USDTを使った抽選で購入もう一つの参加方法は、USDTを預け入れて、購入の権利を抽選で得る方法です。抽選券を獲得したユーザーの中から、ランダムで当選者が決定されます。参加条件計測期間中のUSDTの日次平均残高が100USDT以上コミット金額100USDT当選者数8,000人割り当て750 WLKN参加条件は、計測期間中のUSDTの日次平均残高が100USDT以上であることです。抽選券は、100USDTのコミットで1人1枚まで獲得可能です。当選者数は8,000人と定められており、当選すれば750 WLKNを購入できます。仮に40,000人が参加した場合、当選確率は20%です。なお、トークン「APEX」を使った過去のローンチパッドでは、BIT利用の参加者数は5万名以上、USDTでの参加者は1万2,000人台でした。そのため、当選確率も39%と高めになり、お得なキャンペーンでした。USDTを預け入れて抽選に参加する場合も、以下3つの期間に分かれています。計測期間(2022年6月16日午前9時~2022年6月21日午前8時59分)コミット期間(2022年6月21日午後0時30分~午後7時59分)配布期間(2022年6月21日午後8時~午後8時59分)計測期間5日間にわたって、ユーザー保有のUSDTの数量を計測します。計測対象となるのは、Bybitの現物アカウント・デリバティブアカウント・資産運用アカウント(旧ByFiアカウント)です。記録された日々の残高は、日本時間の午後0時に更新されます。5日間のUSDTの日次平均残高が100USDT以上であれば、参加条件を満たします。BIT預け入れの場合とは異なり、100USDT以上あれば、日次残高の額そのものはいくらでも構いません。計測対象外に注意資産運用アカウントに入金されているUSDTのうち、ローンチプールと積立ステーキングの残高が集計対象になります。デュアル資産投資(旧二重資産マイニング)など、他のサービスに預け入れているUSDTは計測されません。コミット期間コミット期間になると、ローンチパッドのページで「今すぐコミット」ボタンが押せるようになります。そこで、「抽選」と書かれた緑色の枠内にある「今すぐコミット」ボタンをクリックします。コミットするためには、現物アカウントにUSDT残高が必要です。なお、「今すぐコミット」ボタンは、コミット期間外は灰色で表示され、押すことができません。片方のみ選択できる参加方法は2種類ありますが、どちらか片方のみ参加できます。希望する参加方法の「今すぐコミット」ボタンを押してください。コミット期間に関する注意点は、以下の2つです。期間が7時間半のみであることコミットしたUSDTトークンはロックされ、期間終了まで出金や取引などを含むいかなる操作もできなくなること配布期間抽選に当選した場合、配布期間中に750WLKNが自動的に現物アカウントに付与され、コミットした100USDTから750WLKN分のUSDTが差し引かれます。残ったUSDTは、現物アカウントに払い戻されます。なお、抽選に当選しなかった場合、コミットした100USDTは全額現物アカウントに払い戻しされます。BITトークンでの参加が人気過去のローンチパッドを振り返りますと、BIT利用者数はUSDT利用者数の2倍弱~4倍強であり、BITの人気の方が高いです。まとまった数量のBITを保有している場合は、BITを利用するとWLKNをたくさん購入できます。一方、BITを持っていない、または少額のみ保有している場合は、USDTの抽選で参加する方が有利になります。ご自身の状況を踏まえつつ、参加方法を選択できるのがメリットです。

2022.06.13 (月) 21:00

大手ゲーム会社のネクソン、NFT対応ブロックチェーンゲームを発表

2022年6月8日、大手ゲーム会社ネクソンが、メイプルストーリーのNFT化を発表しました。メイプルストーリーはネクソンの大人気ゲームであり、この構想は、韓国最大規模の開発者向け年次イベント「Nexon Developers Conference 2022」で発表されました。メイプルストーリーは、2003年に公開されたゲームです。オンラインゲームの先駆者でありながら、今でも韓国や日本で根強い人気を誇っています。今回の発表を受けて、Twitter(ツイッター)ではメイプルストーリーがトレンド入りするなど、日本国内の仮想通貨(暗号資産)コミュニティやゲームファンが盛り上がっています。目次[非表示]メイプルストーリー・ユニバースメイプルストーリー NMOD NメイプルストーリーN SDKメイプルストーリー Nモバイル他のゲームと差別化ゲーム業界の進化に期待メイプルストーリー・ユニバースメイプルストーリーは、全世界に1億8,000万人のユーザーを抱えるMMORPGです。MMORPGとは、大人数のプレイヤーが同時接続してプレイするゲームであり、他のプレイヤーと協力しながらモンスターを倒したり、プレイヤー同士で戦ったりしながらゲームを進めていきます。メイプルストーリーは、2Dの横スクロール型のアクションRPGで、かわいいキャラクターデザインが特徴的です。画像引用:ネクソン今回、ネクソンは「メイプルストーリー・ユニバース」構想を発表しました。その目的は、メイプルストーリーを仮想通貨に対応させることです。第一弾として、「メイプルストーリー FX取引以外に株取引も可能な証券会社 N」の公開が決まっており、順次合計4つの機能が公開されます。メイプルストーリー Nメイプルストーリー Nは、従来のオンラインゲームとは異なり、NFTを核としています。例えば、ゲーム内のキャラクターやアイテムが全てNFTとして発行され、プレイヤーはクエストなどを通じて獲得できます。課金アイテムの仕組みがなく、獲得したNFTをNFTマーケットプレイスで売却したり、あるいは買ったりできます。ネクソンは、このNFT取引に手数料を課すことで収益を上げる予定です。この手数料の大きさは、ユーザーの利用度によって変動し、ゲームへの貢献度が高いと有利な手数料水準で売買できます。MOD N「MOD FX取引以外に株取引も可能な証券会社 N」は、クリエイターが自由に創作できる仕組みです。これは「サンドボックスプラットフォーム」と呼ばれ、人気ゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」などが採用しています。クリエイターは、MOD N内でミニゲームやデジタルアートを作成する際、メイプルストーリー NなどのNFTを活用可能です。そして、それを公開して収益を得ることもできます。メイプルストーリーN SDK独自NFT作成ツール「メイプルストーリーN SDK」も、実装予定です。このツールで作成されたNFTも、NFTマーケットプレイスで売買可能となる見込みです。また、独立した機能として公開されるため、他のサービスが終了しても継続的に利用可能です。メイプルストーリー Nモバイルその他の特徴として、モバイルとの連動性が高い点が挙げられます。メイプルストーリー NのNFTを移管してモバイルアプリを通じてゲームができるようになります。他のゲームと差別化これまでネクソンは、パソコンやモバイル向けのオンラインゲームを展開してきました。主なタイトルとしては、メイプルストーリーの他に、「アラド戦記」や「マギノビ」などを有しており、ゲーム業界の老舗です。しかし、NFTやPlay to Earnの流行などを受け、仮想通貨市場に積極的な動きを見せ始めています。Play to Earn(GameFi)Play to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。最近では、Play to Earnから派生したMove to Earn(運動して稼ぐ)なども流行しつつあります。そして、Play to Earnへの参入に際し、他のゲームとの差別化を強く意識しています。従来のPlay to Earn(GameFi)は、稼ぐ面に注目が集まりました。その結果、低品質なゲームが溢れる結果となり、ユーザーに継続的に遊んでもらえない結果となりました。そこで、ブロックチェーンの特徴を生かし、ユーザーに継続的に遊んでもらえるゲームの開発を重視しています。大半のPlay to Earnゲームは短期間でユーザーが離れてしまい、トークン価格は暴落してきました。ネクソンは、この現状を打破しようとしています。ゲーム業界の進化に期待ネクソンは、仮想通貨市場での動きを加速させています。例えば、仮想通貨決済を導入しており、ビットコインやイーサリアム(ETH)、USDコイン(USDC)など、約10種類の仮想通貨を利用可能です。親会社NXCは、ビットスタンプやコルビットなどの大手取引所を所有しています。その親会社の方針もあり、ネクソンは仮想通貨をエコシステムに取り込み始めています。メイプルストーリー・ユニバースが成功すれば、ネクソンはPlay to Earnゲームをさらに開発する可能性もあるでしょう。仮想通貨市場では、メイプルストーリーだけでなく、人気タイトルが続々と登場しています。例えば、「元素騎士オンライン-META WORLD-」は、NFTや仮想通貨などを採用しています。このような流れを受けて、スクウェア・エニックスなどの大手ゲーム会社も、将来的なブロックチェーンやNFTへの対応を示唆しています。ネクソンは、早い段階で仮想通貨市場に関心を示しました。次は、どの企業がゲーム業界から参入してくるでしょうか。メイプルストーリーに続くタイトルに注目です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる