仮想通貨のメリット

トレンド系指標

トレンド系指標
移動平均線(収束線を引く)

テクニカル分析指標:目次

株価移動平均線(1)
株価移動平均線(2) 一定の期間内に売買した投資家の平均コスト。テクニカル分析ではローソク足と並んで基本中の基本。(あり) 加重移動平均線
(指数)平滑移動平均線 単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置いた移動平均線です。相場の動きに早く反応します。 ボリンジャーバンド 株価移動平均線と標準偏差で株価のリスクを見る。(あり) バンド幅 ボリンジャーバンドのバンド幅。株価の変動を表します。 パラボリック RSIの考案者が手がけたテクニカル指標。放物線のラインを使い相場の売買を行う。(あり) 陰陽足 終値をベースに、相場のトレンドと勢いを視覚的に捉える。 (あり) 転換足 株の達人オリジナルの株価の短期間における上昇と下降の方向の転換点を判別するための指標です。(あり) 線形回帰トレンド 相場がどのトレンドに位置するのか判断するのに有益。 モメンタム 短期的に価格の変化率をみるためのテクニカル指標。 ATR ボラティリティの確認に使うテクニカル指標。 ベクトル 一定期間の株価の動きの転換点を捉えるのに有効。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線を基準に、短期移動平均線がどれだけ離れているかを見る指標。 平均足(コマ足) トレンドを捉えられるようにローソク足に修正を加えたテクニカル指標。 カギ足 一定の幅や率以上の株価の変化からトレンドを予測。 新値足 相場の流れの転機を知る日本の代表的チャートの1つ。 ポイント&フィギュア 時間の経過を考慮しない代表的な非時系チャート。カギ足・新値足と類似。 HLバンド ダウ理論でいう直近の高値・安値のブレイクをいかに捕らえるかというテクニカル指標。 バーチャート ローソク足と同様に相場のトレンドや強弱を確認する為に用いられる。 ラインチャート 終値を一本の線でつないだ折れ線グラフ状のシンプルなチャート。 三日平均線 日々の値動きを平均化することにより、トレンドを見極める。 ジグザグ 株価の大きな流れと波動を読み取るための指標。

オシレーター系のテクニカル指標

RCI 「上がり(下がり)始め」の時期とタイミングを捉えるテクニカル指標。 (あり) SRV-K・D(ストキャスティクス) 一定期間の高値・安値・終値から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。中期的な方向性を見るのに適しています。 SRV-%K・%D・SLOW%D(ストキャスティクス) 一定期間の株価変動幅をとらえ、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。短期売買に向いています。 RSI 値上がり幅・値下がり幅から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見る。(あり) ストキャスティクスRSI(SRV%RSI) ストキャスティクスの計算式にRSIの値を組み込んだ指標。RSIと比較して、感度が高い。 DMI 相場の上昇と下降をそれぞれ指数化し、トレンドの強弱を計算し、チャート化。(あり) ADX・R トレンドの強さの指数であるADXとその向きを確認するADXRを用いて判断。 MACD 2本の移動平均線を用い、相場の周期とタイミングを捉える。(あり) MACDヒストグラム MACDラインと同平均(シグナル)ラインとのカイリを棒グラフで表したもの。(あり) 株価移動平均乖離率(1)計算式とパターン
株価移動平均乖離率(2)基本と応用 株価が移動平均値とどれだけ離れているかを数値化したもの。
移動平均線に対する大幅なカイリ現象は必ず修正されるという経験則に基づいています。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線と短期移動平均線を用いて天井圏・底値圏を確認。 サイコロジカルライン 値上がり(値下がり)の継続をみて、短期の売買タイミングをとらえる。 %Rオシレーター 一定期間の最高値・最安値と現在値との比較から強弱の度合いを見る。 篠原レシオ 仕手性の強い人気銘柄の売買ポイントを把握するために便利。 ピボット 先物市場で開発された、短期売買をするためのテクニカル指標。 コポック 本来月足に使用するために開発されたテクニカル指標。

トレンド系を学ぶ前に

新人女性

3830661037-dollar-544956_1920_1-ero0-1280x853-mm-100



トレンドとは、
「指定した期間においての、株価の方向性」
のことを言います。


株価が上昇する流れにあることを、
「上昇トレンド」
下落の流れにあることを、
「下降トレンド」と言います。

株価の大まかな流れを
見ることができるため、
上昇トレンドのときは、買いポジション、
下降トレンドのときは、売りポジション
保有、または売買を
行うのがセオリーです。

例えば、移動平均線であれば、
「上向きでは上昇トレンド」
「下向きでは下降トレンド」
というふうに判断をします。

特に移動平均線は、
トレンド系テクニカル指標の
基礎の基礎でありますので、
しっかりと把握しておくようにしましょう。

また、上昇と下降、
どちらのトレンドもでておらず、
方向感の見えない相場のことを、

「もみあい」と言います。
(レンジ相場、ボックス相場などとも言います。)

トレンド系指標を使うことで、
「今、どういったトレンドなのか」
見極めるということを
理解しておきましょう。

一般的には、
「順張り」に使用される

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

株価のトレンドを表すものであるため、 トレンド系指標
「中長期的に、
トレンドに沿った売買を行い、 利益を得る」 トレンド系指標
場合に、よく使用されます。

そのため、
株価の流れに沿って売買を行う、
「順張り」に向いた分析ともよく言われます。

しかし、トレンド系を逆張りに
使うことも可能であり、
しっかりと一つ一つの、
指標の特性をつかむことが オススメです。

期間の設定をどうするか

3398f3d2992476c81dedce7ebc9e42e5_s


トレンド系指標では、
「計算の設定」を変えることができます。

例えば移動平均線は、
「○本分の終値の平均」であるため、
何本あたりの平均にするのかを、
自分で設定できるのです。

証券サイトなどでは、
指標ごとに、
「一般的によく使われる数値」が、 トレンド系指標
設定されています。

トレンド系指標の場合、
その期間が広すぎると、
株価からの遅れが
大きくなってしまいます。
逆に、株価からの設定が短すぎると、
ほぼ実際の株価との動きが
一緒になってしまいます。

そのため、
設定をいくつにするのかというのが、
一つのポイントになりますが、
「この設定が1番利益がでる」という
ものは存在しない 為、
自分で見つけていく必要があります。

そして、
「この期間の設定を変えるかどうか」 トレンド系指標
にもまた、答えはありません。

期間の設定を、
場面・状況に応じて変える場合、
その場面に合った設定を
見つけることができれば、非常に有効です。

設定を常に変えない場合、
長い期間同じものを見続けていることから、
「その設定の癖をつかむ」ことが
できるようになることができるように
なる可能性があります。

著者のオススメは、
「同じ設定を見続ける」ですが、
最初のうちは、
様々なことを試したほうが
いいかもしれません。

応援する女性

そして、多くの証券会社では、
携帯のアプリでも2つ以上の
テクニカルチャートを
表示させることができ、
トレンド系と対をなす、
「オシレ―タ系」も抑えておきましょう。

トレンド系を学んでいくのであれば、
愛用者も非常に多く奥が深い、
移動平均線から学び

始めるのがオススメです(^^)

テクニカル指標/トレンド系

  • n=0の算出式
    trend[0] = 1
    EP[0] = 高値[0]
    AF[0] = AF(設定値)
    SAR[0] = 安値[0]
  • n≧1の算出式
    • trend[n]の算出
      trend[n-1] = 1 の場合(一つ前が買いトレンドの場合)
      trend[n] = (安値[n] ≦ SAR[n-1] : -1, 1)
      上記以外の場合(一つ前が売りトレンドの場合)
      trend[n] = (高値[n] ≧ SAR[n-1] : 1, -1)
    • EP[n] の算出
      trend[n] = 1 の場合(買いトレンドの場合)
      EP[n] = MAX(高値[n], EP[n-1])
      上記以外の場合(売りトレンドの場合)
      EP[n] = MIN(安値[n], EP[n-1])
    • AF[n] の算出
      trend[n] = trend[n-1] トレンド系指標 の場合
      AF[n] = (EP[n] ≠ EP[n-1] : AF[n] + AF(設定値), AF[n-1])
      ※最大値:AF[n] ≦ 0.2とする

    エンベローブ

    t : 基準日
    Term : 期間 …設定画面より変更可(2≦Term≦100、デフォルト:25)
    W: 幅(%)…設定画面より変更可(0.01≦w≦10、デフォルト:1.トレンド系指標 トレンド系指標 0)

    ピークボトム

    当日を含まず指定期間内での高値を「ピーク」、安値を「ボトム」とし、チャート上に「ピーク」と「ボトム」の 日付、レートを表示します。 また、日柄を指定した場合は高値から高値、安値から安値、高値(安値)から安値(高値)のローソクの本数を表示します。

    PP : 最高値(当日を含まず指定期間の過去の範囲)
    PB : 最安値(当日を含まず指定期間の過去の範囲)
    FP : 最高値(当日を含まず指定期間の未来の範囲)
    FB : 最安値(当日を含まず指定期間の未来の範囲)
    H : 高値
    L : 安値
    t : 基準日
    Term : 期間 …設定画面より変更可(5≦Term≦99、デフォルト:10)

    Peak候補日 = H t > PP t and H t トレンド系指標 ≧ FP t

    • 初回のみPeakとBottomが共に候補日の場合は、Peakを優先する。
    • Peak候補の次がPeak候補且つBottom候補の場合は、値の比較は行わずBottom候補を優先する。
    • Bottom候補の次がPeak候補且つBottom候補の場合は、値の比較は行わずPeak候補を優先する。

    指数平滑移動平均線

    EMA : 指数平滑移動平均線(Exponential Moving トレンド系指標 Average)
    C : 終値
    t : 基準日
    Term : 期間 …設定画面より変更可(1≦Term≦200、デフォルト:5, 25, 75)

    • 1日目の算出式(Term=5の場合、チャートの5本目の値を算出)
      指定期間の直近n日の移動平均とする。 移動平均の算出は「移動平均線」参照
    • 2日目以降の算出式(Term=5の場合、チャートの6本目以降の値を算出)

    HLバンド

    MH : 最高値
    ML : 最安値
    H : 高値
    L トレンド系指標 : 安値
    t : 基準日
    Term : 期間 …設定画面より変更可(1≦Term≦200、デフォルト:20)

    Variable Volatility Stops

    H : 高値
    L : 安値
    C : 終値
    EP : 極大値(Extreme Price)
    TR : トレンド系指標 トゥルー・レンジ(True Range)
    ATR : アベレージ・トゥルー・レンジ(Average True Range)
    t : 基準日
    Term : 期間 …設定画面より変更可(2≦Term≦100、デフォルト:21)
    M : 乗数 …設定画面より変更可(0.2≦M≦10、デフォルト:1.5)
    n : ローソク足のインデックス

    “トレンド系指標 トレンド系指標”と“オシレーター系指標”

    “トレンド系指標”と“オシレーター系指標”

    FXにおける重要な分析ツールの1つが、“テクニカル指標”です。 テクニカル指標と一口に言っても、1つ1つの指標が活躍する場面は異なります。 トレーダーは、FX相場の状況に適したテクニカル指標を用いて、取引をしていく必要があります。 テクニカル指標は、大きく2つの種類に分けることができます。 それが“トレンド系指標”と“オシレーター系指標”です。 それぞれの強みと弱みを知っておけば、自分が置かれている状況でどちらの指標を使えばいいのか、素早く判断することができるでしょう。

    名前の通りトレンドの分析に着目した“トレンド系指標”

    トレンド系指標とは、その名の通り“トレンドの発生を判断する”という目的のテクニカル指標です。

    大きなトレンドの流れが読みやすく、中長期のトレードにも有効なのが、トレンド系指標の長所です。

    逆に、相場の転換にすぐ反応できず、行き過ぎたFX相場には強くないという面も持っています。

    トレンドが発生しているFX相場のときは、相場に逆らわない“トレンド系指標 順張り”でのトレードが効果的です。

    トレンドの見極めが大切

    トレンドが発生していると分かっても、それがトレンドの始まりなのか、はたまた終わりなのかを見極めることが大切です。

    主なトレンド系指標は、過去の終値の平均値を線で表した“移動平均線”、標準偏差という数字を使って、これからのFX相場の動きを予想する“ボリンジャーバンド”などが有名です。

    “FX相場の過熱感”を重視する“オシレーター系指標”

    一方、オシレーター系指標は、トレンドの発生ではなく、FX相場の売られすぎ・買われすぎという状況を判断するための指標です。

    つまり、FX相場の“過熱感”を確かめるための指標ですね。

    レンジ相場からトレンド相場に転換するポイントは、“ブレイクアウト”、または“レンジブレイク”と呼ばれています。

    売買ポイントの一つ

    オシレーター系指標として有名なのは、一定期間の上昇値幅をパーセンテージで表す“RSI”が有名です。

    複数のテクニカル指標を組み合わせて、FX分析の精度を上げる

    テクニカル指標は、複数の指標を組み合わせることで、初めて精度の高い分析が可能になります。

    1つだけでは必ず弱点があり、安定した利益を上げ続けることはできません。

    上手く使いこなすコツは、“両方の指標が矛盾していない状況のときに、アクションを起こす”ということです。

    分かりやすく言うと、“FX相場が売られすぎのときに、トレンドが買いに転換する”、“買われすぎのときに、トレンドが売りに転換する”という状況です。

    より精度の高い分析が必要

    しかしトレンド系指標で考えるなら、“過熱しているほど大きなトレンドが発生している”という考え方もできます。

    FX初心者にとって、ここまでいろんな角度で分析するのは簡単ではありませんが、いずれは異なる指標の特性を生かして、より精度の高い分析ができるようにならないといけません。

    初心者が覚えたいテクニカル分析指標。トレンド系とオシレータ系とは?

    テクニカル指標_初心者向け

    移動平均線

    ゴールデンクロスとデッドクロス

    ゴールデンクロス 短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上へクロスする。
    デッドクロス 短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下へクロスする。

    移動平均線(ゴールデンクロスとデッドクロス)

    移動平均線の推移の向き

    移動平均線(移動平均線の向き)

    短期線、中期線、長期線の上下関係

    移動平均線(移動平均線の上下関係)

    移動平均線と直近の価格の位置

    移動平均線(移動平均線と直近の価格の位置)

    収束先を探す先を引く

    移動平均線(収束線を引く)

    グランビルの法則

    ボリンジャーバンド

    ボリンジャーバンド

    スクイーズ

    ボリンジャーバンド(トレンド系指標 スクイーズ)

    エクスパンション

    ボリンジャーバンド(エクスパンション)

    バンドウォーク

    ボリンジャーバンド(バンドウォーク)

    これだけは押さえたいオシレータ系指標

    RSI

    • 買われすぎ:70%~100%
    • 売られすぎ:0%~30%

    RSI_押し目判断

    MACD(マックディー)

    MACD

    ゴールデンクロス MACDがシグナルを下から上へクロスする。
    デッドクロス MACDがシグナルを上から下へクロスする。

    MACD_トレンドと転換点

    【 PayPay証券 】
    1,000円から日本株、米国株を取引できる。米国株の積立も可能。

    【 GMOクリック証券 】
    CFD取引に必須。米国株CFD、株価指数CFD、商品CFDなど。

    【 LINE証券 】
    日本株を1株から買え、LINEアプリで簡単に売買できる。

    【 アイネット証券 】
    FXの自動売買「ループイフダン」でほったらかし投資。

    【 ひまわり証券 】
    高レバレッジのくりっく株365。

    【 SBI証券 】
    ネット証券最大手。つみたてNISAやiDeCoも。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる