弱気相場での取引

エリオット波動分析とNYダウの下落相場

エリオット波動分析とNYダウの下落相場
FXの基本・メンタル

【エリオット波動】 ドル円の長期エリオット波動をマジで分析 / 円の過去50年の歴史を振り返る

ドル円のようなレンジ通貨にエリオット波動があるのか?と思う方もいるかもしれませんが、ドル円が比較的限られた範囲での動きになったのはここ数年の話。
長い時間軸で見れば、現在は大きな流れの中の保ちあいのフェーズと見ることもできます。
また、裏で売買しているのが人間(人間がチューニングしているAIも)である以上、人間の心理·行動がチャートにうねりとなって現れるものです。

月足(マクロ)
こちらは月足を過去50年スパンで捉えたチャートです。

長期スパンでの動きを振り返った時に一番目立つのはやはり1985年プラザ合意以降の円高の進行でしょう。
当時ドル高·貿易赤字に苦しんでいた米国の呼びかけにより、先進5カ国間で発表されたドル安に向けた各国協調為替介入の合意です。
これにより、プラザ合意前は1ドル240円だったドル円レートは1988年年初には1ドル120円まで円高が進行しました。
同時に円高進行によって打撃を受けた輸出産業救済のために、日銀は公定歩合を引き下げ。
金融市場では円高に伴って海外投資資産に為替差損が発生したため、多くの運用資金は為替リスクのない国内市場(株式·不動産など)へ向かい、結果としてバブル景気を発生させたと言われています。
1990年代にバブルが崩壊した後も、土地や株式の売却による財政健全化が必要になり、多くの海外資産も売却せざるを得ず、結果として海外資産を円に戻す作業(=円買い)が続き、1995年に底を打つまで円高が進むこととなりました。
その後20世紀末に140円台を回復するまでドル円は上昇するものの、21世紀に入ってからは140円を下回る水準で推移しています。

<エリオット波動の観点①>
大きな流れを捉えると、チャート中央のブルーの垂直線(75円水準)を境にトレンドが変わっていることがわかると思います。
垂直線よりも左側は下降トレンド。右側はトレンドレスで持合い相場のように見えます。
チャートの左側では大きな塊での3段下げが見て取れるため、75円水準を底とする下降5波(ブラック(Ⅰ)~(Ⅴ))をプロット。
(Ⅴ)波終点からは高値を切り上げ、その後は現在に至るまで横ばい調整が継続していることから、現在はブラック(Ⅰ)~(Ⅴ)の5波に対する調整波(a)~(c)の(b)波を形成している段階と捉えています。

(Ⅰ)波の始点である1975年頃から現在まで約50年の期間です。
エリオット波動理論では約50年スパンの波動サイクルであるスーパーサイクルという考え方が提唱されていますが、現在は1975年頃から始まる50年規模のサイクルの中にあるのではと見ています。
チャートの横軸に着目してみると、Ⅰ波の視点を仮に1976年とすると、現在はⅠーⅤ波のフィボナッチ1.272の水準にあります。
次の目安である1.414がちょうど2026年。この頃には現在の想定ベースでもFRBのゼロ金利政策は終了=つまり利上げが始まっている可能性があるので、(c)波の終了は2025-2026年あたりになるのかもしれません。

月足(ミクロ)
直近20年の月足に主要経済イベント・経済危機をプロットしたチャートです。

90年代から2000年初頭のドットコムバブルではIT関連企業への投資が活発になり、株式相場は異常な熱気を持って上昇。
しかしFRBが利上げに踏み切ると株価は急速に崩壊し2001年にはバブルは完全に崩壊したと言われています。
当時のドル円の動きを振り返ると、ドットコムバブルのピークから途中9.エリオット波動分析とNYダウの下落相場 11を挟み2002年1月に135円台を記録するまで上昇を続けます。
この間はFRBの利上げ期間であると同時に、株価下落に伴うリスクオフから逃避先としてのドル買いが一層進んだものと思われます。

月足(ミクロ)②

2002年に入ってからは9.11同時多発テロを受けた米国がテロとの戦いを国家戦略に定め、2003年にはイラク戦争を開始。
ドル円は2005年1月につけた101円台まで円高が進行します。
ドルには「有事のドル買い」という言葉に表されるように、経済危機や地政学的リスクに伴うリスクオフ時の逃避資産として買われるという側面もありますが、9.11ではその米国が有事の標的となったことで、ドルが売られ円がより買われる事になったと見られています。
実際にドルインデックスは9.11以降下落の一途をたどっています。(月足(ミクロ)②)

【コラム】ドルインデックスの長期エリオット波動で過去20年間のドルの動きを振り返る

以下のチャートはドル円チャートにドルインデックス(水色)と、米国10年国債利回り(オレンジ)、円インデックス(赤)を重ねたものです。
ドルに関しては、リーマンショック直後は上昇しているものの、直後にFRBが導入した量的緩和政策によりドルは下落。
一方の円インデックスはリーマンショック直後から急上昇。
完全なドル安円高相場と言えるでしょう。(月足(ミクロ)③)

月足(ミクロ)③

2012年に入ると第2次安倍政権によるアベノミクス経済がスタート。
日銀の量的金融緩和政策も導入され、一転して円安が進みます。
米国では2013年5月に当時のFRBバーナンキ議長が突如リーマンショック後の量的緩和政策の終了を発表。
日本側では円安誘導政策が取られる一方で、米国側は金融引き締めへと向かう動きが重なり、ドル円相場は2015年6月に125円台を記録するまで急上昇しました。(月足(ミクロ)③)

円高になった背景として一般的には、
・マイナス金利政策は金融機関(特に銀行)の収益を犠牲にして緩和効果を得るもの
=>銀行の収益悪化懸念材料
=>銀行株の株価押し下げ要因(日本株全体の上昇の重し)
=>株価下落に伴うリスクオフの円買い
という因果関係が考えられています。


<エリオット波動の観点②>

2000年以降の動きをエリオット波動の観点から追ってみます。

エリオット波動理論を使って株価の未来を予測し、大きく儲ける方法とは

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 エリオット波動分析とNYダウの下落相場 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご エリオット波動分析とNYダウの下落相場 ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

エリオット波動理論を使って株価の未来を予測し、大きく儲ける方法とは

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

エリオット波動理論とは?基本と相場傾向【FXテクニカル分析】

FXの基本・メンタル

エリオット波動理論の基本と傾向を学び、
FX相場の傾向を読み取り、テクニカル分析に活かしましょう。

エリオット波動理論とは?

米国のチャーチスト「ラルフ・ネルソン・エリオット」が、
約75年間の「NYダウ」の株価波動を分析して発見した
「相場サイクルの波動理論」が「エリオット波動理論」です。

このエリオット波動理論は「フィボナッチ」が大きく関係しています。

エリオット波動理論の基本

この中で最も重要なのが「波動パターン」と言われています。

エリオット波動理論の「波動パターン」

エリオット波動理論は、相場の1サイクルが
「上昇5波」と「下降3波」の「計8波」で構成されているという理論です。

エリオット波動理論

上昇 ・ 下降 ・ 上昇 ・ 下降 ・ 上昇 = 計5波
下降 ・ 上昇 ・ 下降 = 計3波 =「合計8波」となります。

同じ値幅の動きなのに、上昇時には時間をかけ、ゆっくりと上昇しているのに対し、
下降時には上昇にかけた時間よりも早く下降し、一つの波の値幅が大きくなっています。

中二病

エリオット波動理論の傾向

エリオット波動理論を実際にトレードに使用するといっても、 エリオット波動分析とNYダウの下落相場
「コレ!」といった明確なトレードサインでではなく、
「理論」ですから、相場の展開予想に加えるのが一般的です。

など、今後の展開の予想に使いましょう。

厨二病

あくまでも「その傾向がある」という理論なので、
上昇トレンドが続く事もありますし、下降トレンドが続く事ももちろんあります。

【FX】ドル円【エリオット波動デイトレ】買いは15分レベル戻高値135.973を抜けたら、売りは15分レベルが上昇ダウになり押安値を割り込だらエントリー考えます。

エリオット波動

日足レベル 上昇7波 買い目線※そろそろ下降する可能性あり
4時間レベル 上昇6波 買い目線※そろそろ下降する可能性あり
1時間レベル 上昇4波 買い目線
15分レベル 下降8波 売り目線※そろそろ上昇する可能性あり
5分レベル 下降10波 売り目線※そろそろ上昇する可能性あり

136.4波のライフラインとN波動(調整3波)

0 エリオット波動を制する者は相場を制し、人生を制する。 為替相場にはランダムに見えて実は一定の法則が働いております。 非常にためになるので、遊びに来てください。 #FX#ダウ理論#エリオット波動#N波動#メリマンサイクル理論#フィボ.

エリオット波動のカウント練習(2021/10/21)

0 2021/07/13は14週 2021/07/14は14週 2021/07/15は4週 2021/07/16は0週 2021/07/17は12週 2021/07/18は8週 2021/07/19は12週 2021/07/20は3週 2.

【第761 回】ポンド円:超長期足のレジサポが面白い。エリオット波動のオススメな使い方も解説 後半はスパイクボトム講座 2021年6月24日

0 ■動画によく出てくる「エリオット波動」を勉強したい方はコチラ ※僕のエリオット波動の知識は、全てこの本で習得しました ______________ ■最新雑談:子供観察日記【狭いところに入ると落ち着くのは、人間の本能?】動画後半は.

225先物エリオット分析No.465(2021/08/29 14時)チャート:1時間足

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移を.

【億トレーダーHAYA】16日21時~ 相場考察公開生配信

0 【Narrow Focus MEMBER】イベント・グループへの参加はコチラです 億トレーダーHAYAの朝一、リアルタイム情報等のグループです 【Narrow Focus HP】 【Twitter】 しぐまん(YouTubeネ.

225先物エリオット分析:ちょっとブレイク(2021/02/27 0時)

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座は準備中です。 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移をエリオット分析に基づき.

エリオット波動理論についての解説だよ。とってもテクニカル分析だから、みんなも知っておこう!

0 Hello World!神ヶ谷舞です! 今日はエリオット波動理論についてお話するよ。 舞のサイトと株の初心者ガイドは以下のリンクから見れるよ! Twitterも毎日更新しているのでフォローしてくれたら嬉しいな! #投.

ライブ配信 FX超初心者動画 エリオット波動について 妻降臨3

0 エリオット波動分析とNYダウの下落相場 ___FX勉強の手助け動画____ 【FX初心者向け】FXの勉強方法 世界一分かりやすい【トレンドフォローとは?】 親波を見て、安全にトレードできる範囲を把握する方法 ヤキイモ手法 神の一手か?【進化版ヤキイモ手法が凄す.

金は依然として米ドルが下げ傾向なこととビットコインが暴落したのでじわじわと買われています。やはりインフレヘッジは「金」ということかもしれません。エリオットとサイクルでズバリ予測。2021年5月25日

2022年は日本のインフレ元年!? 日経平均も上昇トレンド入りか?

0 これからトラリピデビューをされる方へお得な口座開設特典をプレゼント! 「エリオットView」では、エリオット波動分析の第一人者・宮田直彦が、エリオット波動を豊富に図示しながら今後の展望と注目点をコンパクトに解説! エリオット波動分析とNYダウの下落相場 (2022年1月.

2022年の金価格動向を予想する

エリオット波動分析 2020年12月17日 ドル円103.17の攻防、割った時と割らない時の戦略

0 エリオット波動分析とNYダウの下落相場 ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレ.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる