FX口座開設

FXのトレンドラインとは

FXのトレンドラインとは

先週からの上昇ペースのまま、1月高値(先週高値)をブレイク、11/16高値に挟まれて少し揉んだが、ブル派の勝利で4日木曜に目的値の11月高値まで買われた。

fxTrade 操作マニュアル(Desktop版)

トレンドラインを追加するには、チャート右上のボタンをクリックします。表示されるメニューには使用可能なトレンドラインの種類とオプションを選択できます。

ベーシックトレンドライン

垂直線を引く 時間を確認するときに使用します。
水平線を引く 為替レートを確認するときに使用します。
トレンドライン チャート上に斜めの線で、トレンドまたは動きを確認するときに使用します。([ツール]>[ユーザー設定]>[チャート]タブをから[トレンドラインの左側を自動延長]または[トレンドラインの右側を自動延長]を選択できます。)

アドバンストレンドライン

  • フィボナッチ アーク
  • フィボナッチ ファン
  • フィボナッチ リトレースメント
  • フィボナッチ タイムゾーン
  • ピボット
  • スピードライン

トレンドラインを引いた順番を確認する

トレンドラインの各種設定

チャート右上のボタンをクリックします。下記メニューがご利用いただけます。

  • トレンドラインの表示/非表示
  • トレンドライン情報の表示/非表示
  • マグネチックトレンドラインの表示/非表示(トレンドラインを引く際にチャート上の高値・安値を固定できます。)
  • 現在表示しているチャート内のすべてのトレンドラインの表示/非表示

トレンドラインを修正・削除する

  • トレンドラインの削除
  • トレンドラインの移動またはコピー(移動先またはコピー先部分をクリックにて選択します。移動・コピーをキャンセルするにはチャートの外にカーソルを移動させます。)
  • トレンドラインの終点を修正
  • フィボナッチまたはスピードラインをトレンドラインに追加または削除
  • トレンドラインの色またはスタイルを変更

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号
加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved. "OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are FXのトレンドラインとは FXのトレンドラインとは owned by OANDA Corporation. All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

トレンドスカウターの評判は?稼げるFX・株ツールなの?

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

トレンドスカウター

↓トレンドスカウターのホームページ↓

実はこのホームページ、「ヘッジファンドバンキング株式会社」の傘下であり、行政処分を受けて絶賛営業停止中の「カブトレックス投資顧問」が利用していたホームページの使い回しです。

カブトレックス投資顧問

↓カブトレックス投資顧問のホームページ↓

同じグループのサービスなので、使い回していること自体が決して悪いことではないんですが、手抜き感が否めず、 業務停止期間中に少しでも売上を立てようという浅はかな魂胆 が垣間見えます。業務を改善してクリーンな運営を行っていこうという姿勢が一切見えないのは管理人だけでしょうか?

ホームページ内では「山崎毅が考案したから凄い」的な煽りをしていますが、創業メンバーということは行政処分の原因となった 悪事に大きく加担していた ということ。正々堂々と実力で集客できていなかった人間が考案したツールで稼げるとは思えないのが正直なところです。

なお、「トレンドスカウター」を購入することで可能になることは「買い時、売り時を教えてくれる」という非常に単純明快なもの。

内容がショボいことに加え、「1ヶ月4万9,800円」というボッタくり料金 では売れないと判断したのか、在庫数限定でノートパソコンもプレゼントしてくれる模様。一見お得に見えますが、1ヶ月の使用料金でノートパソコンなんて買えるので、ただの釣りにすぎません。

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
爆発的高騰銘柄を選別するAI!
最大株価上昇率1951.9% の衝撃。
至高の銘柄を次々に輩出!
⇒グローイングAIの記事を確認

fxTrade 操作マニュアル(Desktop版)

トレンドラインを追加するには、チャート右上のボタンをクリックします。表示されるメニューには使用可能なトレンドラインの種類とオプションを選択できます。

ベーシックトレンドライン

垂直線を引く 時間を確認するときに使用します。
水平線を引く 為替レートを確認するときに使用します。
トレンドライン チャート上に斜めの線で、トレンドまたは動きを確認するときに使用します。([ツール]>[ユーザー設定]>[チャート]タブをから[トレンドラインの左側を自動延長]または[トレンドラインの右側を自動延長]を選択できます。)
FXのトレンドラインとは

アドバンストレンドライン

  • フィボナッチ アーク
  • フィボナッチ ファン
  • フィボナッチ リトレースメント
  • フィボナッチ タイムゾーン
  • ピボット
  • スピードライン

トレンドラインを引いた順番を確認する

トレンドラインの各種設定

チャート右上のボタンをクリックします。下記メニューがご利用いただけます。

  • トレンドラインの表示/非表示
  • トレンドライン情報の表示/非表示
  • マグネチックトレンドラインの表示/非表示(トレンドラインを引く際にチャート上の高値・安値を固定できます。)
  • 現在表示しているチャート内のすべてのトレンドラインの表示/非表示

トレンドラインを修正・削除する

  • トレンドラインの削除
  • トレンドラインの移動またはコピー(移動先またはコピー先部分をクリックにて選択します。移動・コピーをキャンセルするにはチャートの外にカーソルを移動させます。)
  • トレンドラインの終点を修正
  • フィボナッチまたはスピードラインをトレンドラインに追加または削除
  • トレンドラインの色またはスタイルを変更

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号
加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved. "OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are FXのトレンドラインとは owned by OANDA Corporation. All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

三角持ち合いとは?

三角持ち合いとは?

日本FP協会認定 FXのトレンドラインとは CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表
<プロフィール>
25歳でお金の知識・営業経験ゼロから保険営業の世界に飛び込み6年半従事。2年目に将来の資産形成のため金融知識が必要なことに気が付き、FPの勉強を始めて金融・経済の知識を学ぶ。その後、保険に限らずあらゆるお金の面でクライアントにとってベストな提案をしたいという想いで、商品販売ではなく相談業務を開始。2013年より資産形成の考え方に関するセミナーを自主開催。その他、大手金融機関からの委託により実施。現在は小規模事業者の年金や資産運用のサポートを中心に相談・経営支援の業務に携わり、確定拠出年金など起業家の将来の資産形成と経営のサポートを行っている。投資信託や資産形成の分野を得意としている。

ファンドとはどういうもの?

株主優待について詳しく知りたい

FXのフラッグ/ペナントとは?

レバレッジとは?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。 FXのトレンドラインとは
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

知ってスッキリ!トレンドラインとチャネルラインの違い。/週ナビ#320

今週の見通し

  • 4時間足上昇フラッグが成功して12月高値に到達。
  • 1月陽線終値は12月高値でクローズ。
売り手の材料
  • 先週高値11月戻り高値下降波の戻り目。
  • 1月安値上昇波はN値達成。
  • 1月終値が12月高値でクローズ。
買い手の材料
  • 4時間足レベルはラス戻り高値(12/28)を上抜きアゲダウ。
  • 先週足140ピプスの大陽線押し目買いを意識。

TR上段㊤:11月高値

TR中段:先週高値と先週大陽線押し安値。

TR下段㊦:先週安値

4時間足ベアの視点:①先週高値レジスタンスで先週大陽線の押し目Nボックスまで売り。②先週ペースで11月高値を目指して上げ止まったら売りを検討。③先週陽線押し目Nボックス崩れで先週安値を目安に売り。

4時間足ブルの視点:①先週陽線の押し目Nボックスから先週高値まで買い。②先週の上昇ペースで11月高値を目安に買い。③先週大陽線押し目崩れで先週安値付近まで売られれば買いを検討。


今週の値動き


先週からの上昇ペースのまま、1月高値(先週高値)をブレイク、11/16高値に挟まれて少し揉んだが、ブル派の勝利で4日木曜に目的値の11月高値まで買われた。

毎日の見通し

02/01月曜

1時間足ベアの視点:先週高値への2回目の試しから仮ネック104.61までショート。

1時間足ブルの視点:金曜陽線を押し目買い、仮ネック104.61への下値試しから先週高値までロング。

02/02火曜
  • 先週高値への2回目の試しが完了、高値を更新したが前日陽線終値は先週高値でクローズ。
  • 前日陽線が12月高値をブレイク。

1時間足ベアの視点:前日高値105.0への2回目の試し(11/16高値に付ける可能性アリ)から、先週陽線終値を試す動きをショート。

1時間足ブルの視点:先週陽線終値への下値試しが仮ネック104.61、または、12月高値でサポートされれば先週高値までロング。

02/03水曜
  • 先週高値+105.FXのトレンドラインとは 0を上抜き11/16高値で反発、前日陽線終値は105.0でクローズ。
  • 前日陽線はピンバー

1時間足ベアの視点:11/16高値への2回目の試しから前日安値までショート。

1時間足ブルの視点:上昇波押し目買い。前日安値×4時間SMA21が押し目候補。

02/04木曜

1時間足ベアの視点:11/16高値での強反発、または、1時間上昇CH安値を割れば、火曜安値の買いを受けて戻り売り。

1時間足ブルの視点:11/16高値Mトップ崩れ狙い。①このまま11/16高値上抜けでロング。②先週高値×1時間上昇CH安値反発でロング。③火曜安値まで売られて安値をキリアゲればロング。

02/05金曜 22:30米雇用統計

1時間足ベアの視点:①11月高値Mトップで前日陽線の半値押し辺りまでショート。②106.0まで買われればショートを検討。

1時間足ブルの視点:①前日上昇波の押し目買い。浅押しは105.5、中押しは前日陽線の半値辺り、11月高値を上抜けば106.0まで。

毎日の値動き

02/01月曜
02/02火曜
02/03水曜
02/04木曜
02/05金曜

ユーロドル

今週の見通し

  • 2020高値と1.160上昇波38.2%押し目(1月安値Wボトム)の戦場。
  • 1月はコマ足陰線で2020高値更新ならず。
  • 2018年高値まで上昇の余地があるが、この2020高値から切り下げる可能性もある。
  • 3週前高値下降波のハラミ。
売り手の材料
買い手の材料

TR上段㊤:1月高値

TR中段:1月安値+先週安値(1.160上昇38.2%押し目)と3週前戻り高値。

TR下段㊦:11月終値

4時間足ベアの視点:①1月安値Wボトム崩れ狙い。②2020高値まで買われれば2番天井からの売りを考える。

4時間足ブルの視点:①1月安値Wボトム押し目買いで目標値2020高値を狙う。②一段下の押し目Nボックス(11月終値と1.2000)まで売られれば買いを検討。

今週の値動き


2日火曜終値が1月安値の押し目を崩して、次の押し目Nボックス高値1.2000まで売られ、その後、4日木曜陰線終値が押し目Nボックス安値1.195(11月終値打消し線のネック側)を試して急騰、このレートは週足SMA21もあった。

毎日の見通し

02/01月曜
  • 1月安値にWボトム(上位足38.2%押し目)を形成中。
  • FXのトレンドラインとは
  • 3週前戻り高値下降波ハラミのなか。

1時間足ベアの視点:Wネックを目指す流れのあや押し。金曜高値、または、水曜高値への2回目の試しから1.210に向けてショート。

1時間足ブルの視点:Wネックまで押し目買い。1.210への下値試しがあれば買いやすい。

02/02火曜

1時間足ベアの視点:①前日陰線(1時間SMA21と1.210が戻り目)戻り売り。②1月安値Wボトム2番底崩れから、次の押し目Nボックス(高値11月高値1.2000)までショート。

1時間足ブルの視点:①1月安値への2回目の試しがサポートされれば、前日高値を目安にロング。②次の押し目Nボックス高値1.2000まで売られればロングを検討。

02/03水曜

1時間足ベアの視点:前日陰線の戻り売り。1.205×1時間SMA21が戻り目候補。これを上抜けば前日高値までロング。

1時間足ブルの視点:押し目Nボックス高値1.2000(4時間下降CH安値を含む)まで売られて反発すれば1.205までロング。

02/04木曜

1時間足ベアの視点:①1時間下降CH高値、または、1.205反発から、11月高値1.2000への試しをショート。②火曜戻り高値まで高値まで買われればショートを検討。

1時間足ブルの視点:①11月高値1.2000への下値試しから1.205上抜け期待でロング。②1.FXのトレンドラインとは FXのトレンドラインとは 205戻り目崩れで火曜高値までロング。

02/05金曜 22:30米雇用統計
  • 押し目Nボックス高値を割り込み中央まで売られた。
  • 4時間下降CH安値を前日陰線終値がブレイク。

1時間足ベアの視点:前日陰線を11月終値目安に戻り売り、戻り目候補は逆Nボックス。

1時間足ブルの視点:①1.195Wボトムから1.200を試す動きをロング。②11月終値まで売られればロングを検討。

毎日の値動き

02/01月曜
02/02火曜
02/03水曜
02/04木曜
02/05金曜

今週の見通し

  • 2020高値と1月安値(11月安値上昇波38.2%押し目)の戦場。
  • 2020年高値は同年8月高値に対する2番天井になっていて、ここでMトップになる可能性がある。
売り手の材料
買い手の材料

TR上段㊤:129.0

TR中段:1月高値と先週安値

TR下段㊦:1月安値

4時間足ベアの視点:2020高値レジを根拠に、先週陽線押し目候補(金曜Nボックス)まで売り。

4時間足ブルの視点:先週陽線の押し目買い。先週金曜Nボックスが押し目候補。

今週の値動き

毎日の見通し

02/01月曜

1時間足ベアの視点:①2020高値への2回目の試しから仮ネック126.88までショート。②仮ネック126.88を割れば、押し目Nボックス高値での買いを受けて戻り売り。

1時間足ブルの視点:126.88仮ネックのサポートから先週高値への2回目の試しをロング。

02/02火曜

1時間足ベアの視点:前日陰線戻り売り。前日戻り高値への上値試しから金曜陽線押し目ボックス安値を目安にショート。

1時間足ブルの視点:前日安値Wボトム形成後にロング。

02/03水曜

1時間足ベアの視点:1時間下降CH戻り売り。戻り目は126.5×1時間下降CH高値で、前日安値を割れば126.0まで。

1時間足ブルの視点:①先週陽線の押し目買い。金曜押し目ボックス安値の2回目サポートで126.5までロング。②126.5戻り目崩れで火曜高値までロング。

02/04木曜
    FXのトレンドラインとは
  • 金曜押し目Nボックス安値を割るも、前日足は同時線。
  • ドル円が買われ、ユロドルが売られればユロ円は浮動する。

1時間足ベアの視点:先週陽線押し目買いボックス安値までサゲ幅がない、火曜高値まで買われればショートを検討。

1時間足ブルの視点:先週陽線の押し目買い。金曜押し目Nボックス安値(逆三尊肩ライン)サポートで、126.5上抜け期待ロング。②126.5戻り目崩れで火曜高値までロング。

02/05金曜

1時間足ベアの視点:先週陽線押し目崩れで先週安値目安にショート、126.0反発を確認!

1時間足ブルの視点:先週陽線の押し目買い。前日安値への試しから126.5までロング。

毎日の値動き

02/01月曜
02/02火曜
02/03水曜
02/04木曜
02/05金曜

今週の視点

トレンドラインとは「波動のペース」をみるもの。

チャネルラインとは「波動の幅」をみるもの。

初心者時代はこの2つの分析ツールを混同してましたが、苦い経験から別物として扱うようになりました。


今週は1月安値Wボトム押し目候補が崩れました。


グレーのトレンドラインを3日終値が上抜いても、下降ペースが変わるだけで3日高値を上抜くまで下目線キープです。

一見似ているが、本質は異なるものを「似て非なるもの」といいます。

イモリとヤモリ

チャーハンと焼き飯

中華ソバと高山ラーメン

これだけ!トレンドラインの核心、超有名だけど勘違いしている人が多いテクニカルツール。

エントリータイミングをとるのに有名なトレンドラインですが、ラインの引き方を勘違いしている人も多いです。今回はそんなトレンドラインの正しい使い方と役割についてお話します。 photo credit: 96dpi via photopin.

ダウ理論を目線の基準にしているトレーダーは、世界的にも相当数いると思われます。相場は大衆心理で動くので、なるべく多くのトレーーダーが愛用していて信頼できる理論やツールを使うべきです。 photo credit: Ben Lepley .

N値とE値でチキン利食いのクセを治す。

利食いの目安として、N値とE値は使えます。特にチキン利食いをするクセのある方は、N値やE値を目標にしてみるのがいいかもしれません。 photo credit: Lincolnian (Brian) via photopin cc .

【週ナビ#265】ドル円は「夏底」から500ピプスの上昇。

来年のための2020年値動きまとめ/週ナビ#315

相場の骨子は目線付けとレジサポ、そして波のイメージ。 週刊チャート分析(ユロ円)Vol.9

【週ナビ#200】投資心理で考える一週間のシナリオ

  • 猫チャギラ
  • 2021年 2月 06日
  • NoN
  • 2021年 2月 07日
  • MATSU
  • 2021年 2月 06日

今週も動画アップありがとうございます。
トレンドライン・チャネル マヨハレ様からトレードを学び続けている為、 FXのトレンドラインとは
僕は自然と身についている感じですが改めて再確認できました。
確かにマヨハレ様オリジナルで、他で聞いたことありません。
そこら辺の教科書通りにラインを引いていても、実戦では上手くいかず迷宮入りします。
マヨハレ流は必須だと考えます。

今週の振り返りのテーマとして、僕は木曜ドル円上昇についていくことができなかったのですが、
マヨハレ様は、とのように考察されていたのかを週ナビで確認することでした。
当日の買い目線・売り目線は同様の見立てをたてることができていましたが、
ジリジリ上昇していく値動きに入れず仕舞いでした。
「雇用統計の前日だから小動きだろう」とよぎったのも原因です。
テクニカル的には「抜けるのを確認し押し戻しを待ってエントリー」
一旦の目標となる105.5まで上昇。
シンプルに考えエントリーできる場面でした。

前回動画のコメントで「3Dマップチャートの習得!おめでとうございます」とお言葉を頂きました。
「いえいえ、まだまだですよ~」なんてことは言わず、
「僕はマヨハレ様を通じて、習得することができました!」と素直に思いたいと考えています。
あとは僕自身で実践しながら整理し固め紡ぐ場面です。

  • NoN
  • 2021年 2月 07日
  • H
  • 2021年 2月 07日
  • NoN
  • 2021年 2月 07日
  • 黒蜜
  • 2021年 2月 07日

ほんとそうですね^^;
私は迷晴さんに考察してもらって依頼、トレンドラインは(超長期以外は)今でも封印したままです。
トレンドラインは移動平均線があるので、引かなくても十分戦えると思っています。
その代わりチャネルラインは波幅のガイドかつ到達予測ができるのでとても役立っています。
そして私は独自にそのチャネルラインをもう一本上か下にコピーしてます。
その波にN値、E値が働いているならチャネルを割っても、またその波幅が続く可能性が割と高いからです。

  • NoN
  • 2021年 2月 08日
  • ぴっく
  • 2021年 2月 08日

迷晴れさん、はじめまして。
昨年の7月から動画やブログで勉強させていただいております。
いつも学びの多い内容で感謝しております。
ブログのコメント欄に憧れていたのと、自分のアウトプットも兼ねてコメントさせていただきます。

ユロドルの月曜黄色1の見送りショートを、私は実際にショートしておりました。
運よく利益を出すことができましたが、上位足で押し目候補であったことやWボトムを形成していることを考えると、キリ番が近いということは今思うとリスクのあるエントリーだったなと思いました。
そして、翌日の黄色1の1hSMA反発での見送りショートでも私は実際にショートし跳ね返されて微損になりました(結局は下抜けしたのですが…)。
FT4では、エントリーポイントの近くに障害になりそうなラインがあると見送るということができるのですが、実際にリアルトレードとなると、「長時間チャートを監視していたんだしエントリーしたい」という欲が沸き上がってきてしまいます。
迷晴れさんは、1日チャートを監視していたにも関わらず、シナリオ通りならなかったり、リスクのあるトレードを避けてノーポジションの日もあることに、いつも素晴らしいなと感じておりました。
私にはまだまだスルースキルがないので、無茶なエントリーをしがちなところを気を付けなければいけないなと感じた1週間でした。

  • NoN
  • 2021年 2月 08日
  • 別件バウアー
  • 2021年 2月 08日

TLとCLの違いについて僕はnonさんほど明確な定義はつけておりませんでした。CLは比較的大きな波の幅、TLはその名の如くその時間足のトレンド、と考えておりました。TLを割るということはその時間足のトレンドが終わったということですが、それ以上の意味は持たせず、上位のダウが生きている状況では常にその一回り大きな波の押し戻しが入る可能性を考慮するようにはしていました。
その上で値動きを観察していると上位の押し戻しポイントとCLが合致することが多かったのでTL≒短期CLという認識でした。
よく考えると僕はCLだけはH1以上足で引くようにしているのでそう考えるようになったのかも知れません。
TLは上手く使えるようになりたいのですが現状では惑わされるだけなので引きたくないのが本音です。(まぁ引いてしまうんですが)

  • NoN
  • 2021年 2月 08日
  • ノーマ
  • 2021年 2月 09日

トレンドラインもチャネルラインもやはり斜め線は個人の以降といかバイアスがかかってしまいそうで、僕のような素人には今一信用できません。
結果が出た後で引けば「ああ、こう引いていれば機能したのか…」と思うことが多いです。
まぁ引き方が悪いと言われればそれまでなのですが(;^_^A
結局節目やレンジ、サポートに引く水平線が目線をつけやすいですね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる